【カルジェリストインタビューVol.2】吉田 志緒里さん/アプレ ラ プリュイ恵比寿店
IMG_7501

卓越した技術と抜群のトレンド感覚で絶大な支持を集める、人気ネイルサロンのカルジェリストにインタビュー! 今回は、東京から神奈川まで7店舗を展開する「アプレ ラ プリュイ」(APRES LA PLUIE)の恵比寿店に勤務する、吉田 志緒里さんが登場。吉田さんのこれまでのキャリアや最新のネイルトレンドまで、恵比寿の客層に至るまでじっくりとお話をお伺いした。

IMG_7476

現在のネイルトレンドを教えてください。

夏は白や透明など、爽やかなカラーが人気です。特に、クリア感を残したベースに白いシェルを散りばめたデザインは人気が高いですね。今年はカルジェルから、真っ白な発色の“(CGWH04)ピュアホワイト”というカラーや、“トップジェル”というセミハードなトップコートが登場しています。“トップジェル”は変色しづらく、約1カ月間キレイな白を持続させることができるので、この2つは今夏よく使っているアイテムです。

通年で人気のあるカラーはありますか?

OLの方には、やはりオフィスでもトライしやすいピンクベージュが圧倒的に人気です。当店では、カルジェルの“(CGWH01)ベールホワイト”に、プルメリアカラーのラメのパウダーを混ぜて作るナチュラルなピンクベージュがよく出ますね。ただ、ピンクベージュは人それぞれ、肌にマッチするトーンが微妙に異なるので、実は色の似合わせが非常に難しいカラーです。ですがカルジェルであれば、他のカラーやパウダーなど何でも混ぜて使用ができるので、お客様の肌に一番似合う、絶妙なピンクベージュを調合して作ることができます。

IMG_7349

秋に向けて注目のトレンドはありますか?

ここ数年秋は、元の色に黒やグレー、茶色を少し混ぜたくすみカラーが人気です。“くすみ”ではありますが、肌自体がくすんで見えることはなく、逆にワントーン明るくみせてくれる効果がありますね。先ほどお話ししたピンクベージュのように、肌のトーンに近いナチュラルなカラーの方が、手肌になじみすぎてしまい、くすみやすい危険性があります。そのため思い切って、グレイッシュなブルーやグリーンなど、ビビッドなくすみカラーを選ぶのが正解です。中でもサンドベージュは、お洋服にも合わせやすいので取り入れやすい色だと思いますよ。

「アプレ ラ プリュイ」のサロンコンセプトを教えてください。

「アプレ ラ プリュイ」は、フランス語で“雨上がりのあとの青空”という意味です。雨上がりのあとに心が晴れるように、働く女性も、家事に追われる主婦の方も、ネイルをすることで一息ついてもらいたい。ネイルとともに、そんな心のリフレッシュを提案するネイルサロンです。施術中はDVDを見たりおしゃべりを楽しまれたり、アットホームな雰囲気でネイルを楽しんでもらえるよう工夫しています。

IMG_7389

お客様はどのような方多くいらっしゃいますか?

20代から60代まで、OLの方やご近所の方など幅広くお越し頂いています。恵比寿という場所柄、ビビッドカラーやデザイン性の高いものを好まれる方が多いのが特徴ですね。50代、60代のお客さまも緑といったスタイリッシュなカラーを取り入れるなど、遊び心のあるネイルを楽しまれる方が多いです。恵比寿店は11年営業していますが、長年通われているお客様が多いので、皆さんネイルへの感度が非常に高いですね。

「アプレ ラ プリュイ」で導入しているカルジェルは、どのような魅力がありますか?

先ほども言ったように、色を混ぜられるので、その人が求めるカラーに近い色合いを提案できるのは最大の魅力ですね。また、カルジェルは定着が非常によく、薄付きでナチュラルに仕上げられるので、初めてネイルに挑戦する人でもトライしやすいと思います。またオフがしやすく、専用の溶液を浸透させるとふわっと解けてスルッと取れるので、自爪を痛めずにオフできるのもポイントです。現在たくさんのメーカーからジェルネイルが登場していますが、中には爪を痛めやすい成分の製品もあると聞いています。その人の爪に合う、合わない成分はもちろんありますが、カルジェルが長い間多くの人に愛用されていることからも、信頼度の高いメーカーだという印象を受けます。

「アプレ ラ プリュイ」独自のサロンの取り組みはありますか?

「アプレ ラ プリュイ」では、通常のサロン営業の他に、カルジェリストを目指す人たちのために、ネイルアカデミーを併設しています。現在社内に9名のカルジェルエデュケーターが在籍しているのですが、彼女たちが講師となり、弊社の新人ネイリストと一般の方を対象にした講習会を、月4回開催しています。講習は“初心者向けコース”、“経験者向けコース”、“修了者向けコース”の3段階に分けています。また、“プレミアステイタス”と呼ばれるカルジェルの基礎を学びなおす試験と、“カルジェルエデュケーター(講師)”を目指すための試験も定期的に開催しており、外部の方も受験できる仕組みになっています。テストだけを受けにくるカルジェリストさんは大勢いますね。特に、個人サロンを経営されていらっしゃる方は、他のカルジェリストと関わる機会が少なく、「自分の技術は今どのくらいのレベルなのか?」と不安に感じる方が多くいらっしゃいます。なので「アプレ ラ プリュイ」でカルジェルのテストを受けることで、自分自身の技術力を見直すキッカケにしているようです。弊社としても、2年後には30名いるカルジェリスト全員がカルジェルエデュケーターになることを目標に掲げています。「エデュケーターが多いサロン=技術力が高い」という安心感に繋がりますので、アカデミーでの学びをサロンで発揮できるようスタッフ一同励んでいます。

IMG_7442

新人のカルジェリストが上達するために、何かアドバイスはありますか?

新人の時はとにかく回数をこなして、ネイルの技術を向上させることですね。家族や友人の爪を練習台に、とにかく片っ端から練習することです(笑)。また、その際にコミュニケーションをしっかりとる練習をすることも大切です。ネイリストは高い技術だけでなく、コミュニケーション力も求められる職業です。約2時間、手を触りながらネイルをする環境ですから、お客さまに心を開いてもらうこと、リラックスしてもらう環境づくりが何よりも重要です。だからこそ、新人の時ほどコミュニケーションを意識しながら、たくさん練習を重ねると良いと思います。

カルジェルが一般の方でも購入できるようになりましたが、カルジェルにチャレンジしたい素人の方に向けて何かアドバイスはありますか?

初めてカルジェルでネイルをするなら、単色にホログラムやラメを重ねるデザインが簡単でおすすめです。「字をのせたい!」ということでしたら、シールタイプのパーツもありますから、パーツをうまく利用して簡単に仕上げるのも良いですね。ネイルをしている時は、デザインの一点に集中しがちですが、ネイルは全体のバランスが大切です。最初に大まかなイメージをつけて、ネイルの最中は時々デザインを引いて見ながら、全体的にバランスよくネイルを完成させてください。また、ネイルの持ちをよくするために、事前に爪のお手入れも忘れずに行ってくださいね。

吉田さんがネイリストを志したキッカケは何ですか?

小さい頃から絵を描いたり、モノ作りが好きな子供でした。母が和裁をやっていて、家にたくさんの布切れがあったので、それらを組み合わせてカラフルな小物を作る姿を見るのがすごく好きでした。組み合わせ次第で自由にモノを生み出せるのが素敵だなと。このモノ作りの概念が、ネイルに共通していると感じたんです。ネイルも、カラー、ライン、デコレーション…組み合わせ次第で無限大にデザインを作れますから。それで、ネイリストを目指すようになりました。また、ネイリストはたくさんの人に知り合え、お客様から色んな話を聞けるのも魅力的な仕事だと感じています。ただ、座り仕事ではありますが細かい作業を集中して行わなければならないので、非常に体力がいる仕事です。一緒に働くスタッフもみんな、体調管理には気を配っていますね。

IMG_7378

お客様にネイルをする際に心がけていることはありますか?

時間を有効に使うことは意識していますね。2時間以上時間がかかってしまうと、お客様にも体力的に負担がかかりますから、効率的にテキパキ仕上げて、リラックスした状態でご帰宅頂けるように心掛けています。ネイルをしながらお客さまとコミュニケーションを取り、時間をかけ過ぎずに完成させるのは非常に大変ですが、リラックスした時間を提供することを優先に取り組んでいます。

ネイルデザインのアイディアは、どのようなところから生まれますか?

instagramなど、SNSで見たデザインを参考にすることは多いですね。芸能人だと辺見えみりさん(@emiri_hemmi)や森星さん(@xxhikarixx)をフォローしているのですが、お二人はファッションもすごくおしゃれで、素敵なネイルをされているのでチェックしています。また、買い物の最中に「こういう洋服には、こんなネイルが似合うかな?」とデザインのアイディアが浮かぶことも多いですね。アパレル店員の方はジェルネイルをされている人が多いので、「素敵だな」と思ったネイルは写真を撮らせて頂くこともあります(笑)。お客様の中にはファッションスタイリストの方などおしゃれに敏感な人も多いので、情報交換をしながら、一緒にデザインを練ることもありますよ。

吉田さんが得意とするネイルカラーやデザインはありますか?

淡い色同士を組み合わせたり、ぼかしたようなカラーリングが得意です。キャンディカラーのような女性らしいカラーが好きですね。デザインで言えばレースやペイズリー柄など、細かい線を描く作業も得意です。お店にあるネイルサンプルの中から自分のデザインのものを選んで頂けたときはすごく嬉しいですが、他のスタッフが作ったデザインのネイルを作る時間も楽しいです。自分が普段は選ばないような意外なカラーの組み合わせを知ったり、勉強になることが多いので刺激を受けますね。

IMG_7374

ネイルポリッシュではなく、ジェルネイルをおすすめする理由は何ですか?

ジェルネイル特有のツヤや少し厚みのある質感は、指先をエレガントに見せてくれます。この質感が生み出す高級感は、やはりネイルポリッシュでは出せないものだと思います。ポリッシュに比べネイルの持ちが長いことはもちろんですし、爪の弱い方にとってはカルジェルがネイル保護にもなります。爪に自信がない人ほど、是非カルジェルにトライしてもらいたいですね。

最後に、ネイルをすることの魅力は何だと思いますか?

爪は体の中ですごく小さな部位ですが、だからこそ個性が出せる場所だと思います。小さいからこそメイクと違って冒険もできますし、さりげなく個性を主張できるのがネイルだと思うんです。自分の好きなネイルをしているだけで、なんだかご機嫌になれて、心が潤いますよね。他の人の目を気にするのではなく、自分のためにネイルを楽しんでいる方が非常に多いと思います。そんな風に人の気持ちを明るくできるのが、ネイルの魅力ではないでしょうか。是非「アプレ ラ プリュイ」で多くの方に、気軽にカルジェルを楽しんでもらいたいなと思っています。

IMG_7383
ピンクや黄色、ブルーなど、淡いカラーを絶妙にグラデーションで組み合わせた、吉田さんお得意の女性らしいデザイン。シェルやヒトデのモチーフのパーツが、夏らしさたっぷり。
 

吉田 志緒里さんはじめ、プロが教えるジェルネイル長持ちテク!

アプレラプリュイおすすめのバレンタインネイル♪

店舗情報

アプレ ラ プリュイ恵比寿店
東京都渋谷区恵比寿西1-14-2
お問い合わせ:03-3461-1573
営業時間:月〜土 11:00~21:00 / 日・祝 11:00~20:00
REI
東京在住のライター。カルチャー・ライフスタイルを中心にWebマガジンや女性誌で執筆。幼少期より海外を転々とする生活を経験した後、20代半ばで日本の食文化の素晴らしさに開眼。現在は和食作り&研究が趣味に。ネイルも日本人らしさを感じさせる「赤ネイル」が定番。
vlcsnap-2016-11-04-16h38m17s621
カルジェルを長く楽しむために!トップコートの塗り替え方法を動画で解説
2016/12/04
カルジェルの上に塗ったトップコートは、一定の紫外線を浴びると効果が薄れてきます。そのため、1週間に一度の塗り替えをおすすめしています。それではさっそく Calgel トップコートの塗り替え方法を工程ごとに分けて解説をしていきます。今回は以下の器材を使用していきます。 カルクレンズ 50mL (店販用) カルクレンズは、カルジェル専用のアセトン・フリー・ポリッシュリムーバーです。 ネイルポリッシュにもご使用できます。<日本製> カルクリスタルUVトップコート Calgelの仕上げや美しさを保つためのホームメンテナンスにご使用いただけます。ネイルポ...
oh98_koudainasetugen_tp_vmin-min
冬は落ち着いたカラー・デザイン!おすすめネイル5選
2017/11/28
冬らしいネイルというとどんなものを思い浮かべるでしょうか。ホワイトやグレーなど落ち着いた色合いのネイル、イルミネーションを想起させるきらきら輝くネイルなど。ここでは、そんな冬におすすめのネイルデザインをご紹介します。 冬といえば雪!シンプルなデザインを楽しもう 冬といえば雪。雪の結晶をモチーフとしたデザインはどのようなカラーとも合わせやすいため、多くの女性から好まれています。寒色、特に透明感のあるパステルカラーのブルーに合わせればまるで夜空から星が降ってくるようです。ホワイトの雪の結晶もよく映えます。シンプルなデザインなので普段その...
29201015cd9c18dbe50a1516215764ae_s
定番アイテムで叶える、ネイル×ファッションのコーディネート術3選
2017/02/14
ネイルを思いっきり楽しむ秘訣、それはズバリ「コーディネート」です。ネイルがバッチリ決まっていても、ファッションやメイクのテイストとマッチしていなければ、なんとなくネイルだけが浮いて見えてしまってもったいない! 逆にネイルとファッションをリンクさせれば、シンプルなコーデでもグッと垢抜けて見えてくるんです。ネイルとファッションは切っても切れない関係にある、そう言っても過言ではありません。この記事では、定番アイテムを取り入れた3タイプのファッション×ネイルの組み合わせを提案! 接客のプロとして活躍する女性店員さんたちのコメントも交えてご紹介します。 ...
s_393cb69c8223566314a922cfea8ff10f_m
【勝手にランキング】ネイリストに対する世間のイメージ調査
2017/10/06
なんとなく華やかなイメージのあるネイル業界ですが、みなさんはネイリストという職業にどのようなイメージをお持ちですか? この度、現役ネイリストさんたちにヒアリングし、世間からのネイリストに対するイメージを調査。その結果、最も多かった声を発表します。ネイリストなら共感必至!? リアルな“ネイリストあるある”ネタとしてご紹介したいと思います。 よく言われる! ネイリストのイメージランキング 1位.「手先が器用そう」「絵が上手そう」 ネイルアート=小さなキャンバスの芸術。ゆえに「ネイリストというと必ずと言っていいほど言われます」という声が多数でした。...
s_image2-1
【月刊トレンドネイル】ジューンブライドにオススメのネイル~スタイルプロデュース ネイルサ...
2017/06/07
毎月、HOTなネイルデザインを人気のカルジェルサロンに紹介してもらうこのコーナー。今回は、「スタイルプロデュース ネイルサロン&アカデミー」の門馬礼子さんによる、結婚式や華やかなシーンにオススメのネイルデザインをご紹介。自分や大切な人のハレの日はもちろん、この夏にも大活躍しそうです! 1.サムシングブルーで流れるようなデザイン 「ジューンブライドといえば、日本は水のイメージもあるし、幸せのサムシングブルーもかけて」ということで、爽やかなブルー系をチョイスした門馬さん。ドットとラインで指先がきれいに見える、流れるようなラインがポイントです。...

週間ランキング

週間ランキング
25
「カッコいいインタビュー」に飽きたから、はあちゅうさんに「ダサい話」を聞いてきた
2016/12/19
こんにちは。ヨッピーです。     本日はネイルアートで大活躍の「カルジェル」の提供でお送りしております。 女性でネイルが好きな方なら「カルジェル」の名前をご存知の人も多いかと思います。「カルジェル」は一般的なものより、ダメージを最小限に抑える、爪に優しいジェルネイルシステムなんだそうです。   そしてその宣伝を担当する事になった僕はふと気付きました。 「おっさんの僕がネイルの宣伝しても意味無くない!?」   いや、マジで。なんで僕に依頼してきたのかがサッパリわかりません。 担当者はクビになったりしないのでしょうか。 &nb...
4%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%81-min-1
男も爪は気にするべし!男のビジネスネイル(入門編)その2
2017/03/07
前回「男も爪は気にするべし!男のビジネスネイル(入門編)」ではネイルサロンではどういうことをするのか。その説明を受け、流れを確認し、導入を踏まえてその内容を説明しました。「爪を保護、強化したい!」その目的の元、覚悟を決めて、サロンへ行ってきました。その結果はと言うと…自分でも驚くことの連続でした。それでは早速第二弾に行ってみたいと思います。 キレイで強い爪を求めて…ネイルサロン初体験 これまでカルジェリストさんたちの取材に何度か立ち会わせてもらった経験から言わせてもらうと、ネイルの仕事に携わっているみなさんの技術力、そして目的意識の高さには...
vlcsnap-2016-11-04-16h48m12s572
これで基本はばっちり!ジェル基本形の塗り方(クリア&カラー)を動画で解説
2016/11/28
それではさっそく Calgel を使ったジェル基本形の塗り方(クリア&カラー)を工程ごとに分けて解説をしていきます。今回は以下の機材を使用していきます。 カルクリスタルUVトップコート Calgelの仕上げや美しさを保つためのホームメンテナンスにご使用いただけます。ネイルポリッシュの上にも。日光や汚れ、洗剤などの刺激からカルジェルを保護する速乾性のトップコートです。 カルジェルに塗ると美しく発色し、ツヤツヤの仕上がりに。また地爪そのものを美しく見せる効果があります。<日本製> ジェル筆フラット オールマイティに使えます。単色塗りはもち...
dawn-782773_1920
水面ネイルがすぐに作れるカルジェルを使ったドロップアートの作り方
2016/08/22
「MOGA・BROOK BEAUTY STUDIO」からの転載記事です。   こんにちは! Calgel エデュケーターの長橋です。 夏は海に、プールに、花火に、お祭りに、、!とたくさんイベントがあって、毎日暑いですがとても楽しい季節ですね。今回はそんな暑い夏をより盛り上げる、さらに涼しく過ごせる、指先からも涼が感じられるようなCalgelを使った『水面ネイル』の作り方 を公開したいと思います!簡単に作れるので、絵を描くのが苦手!という方でも大丈夫です。   Calgelを使った水面ネイルの作り方 それではさっそく Calgel を使った水面ネイルの作り方を、工程ごとに分けて...
b3d91c1f04de064e488b3a60f36ce97e_m-min
爪に優しい「カルジェル」で叶える!コンプレックス劇的before/after
2017/06/02
「爪が短い」「爪の表面が凸凹している」―そんな悩みを解消してくれるのが、爪を美しく整え長さ調節にも対応する“ジェルネイル”。だけど「ジェルって爪に悪そう……」と不安を抱いている人も多いのでは? でも、地爪に優しい設計で作られている“カルジェル”なら心配ご無用。爪を優しく保護しながらジェルネイルを楽しむことができるのです! ロシア版のカルジェル公式SNSでは、カルジェルを使用して自爪の悩みを解決した事例を公開中。今回はそんな事例集をご紹介します♪ カルジェルが爪に優しい理由とは? 事例集を紹介する前に、どうしてカルジェルは地爪に優しいのか? そんな疑問に...
vlcsnap-2016-11-04-16h38m17s621
カルジェルを長く楽しむために!トップコートの塗り替え方法を動画で解説
2016/12/04
カルジェルの上に塗ったトップコートは、一定の紫外線を浴びると効果が薄れてきます。そのため、1週間に一度の塗り替えをおすすめしています。それではさっそく Calgel トップコートの塗り替え方法を工程ごとに分けて解説をしていきます。今回は以下の器材を使用していきます。 カルクレンズ 50mL (店販用) カルクレンズは、カルジェル専用のアセトン・フリー・ポリッシュリムーバーです。 ネイルポリッシュにもご使用できます。<日本製> カルクリスタルUVトップコート Calgelの仕上げや美しさを保つためのホームメンテナンスにご使用いただけます。ネイルポ...
vlcsnap-2016-11-04-16h32m52s602
カルジェルは、ツルッと簡単に落ちる!ジェルリムーブ(オフ)の方法を動画で解説
2016/12/01
それではさっそく ジェルリムーブの方法を工程ごとに分けて解説をしていきます。今回は以下の器材を使用していきます。     カルリムーブ カルリムーブは、カルジェルをしっかり落とすための専用ジェルリムーバーです。地爪を保護しながらカルジェルをスピーディーに落とします。<日本製> クリスタラインVCキューティクルオイル(ローズ) 指先に潤いと柔軟性を与え、浸透性に優れた皮脂に近いホホバ油が乾燥を防ぎます。ビタミンA・C・E 配合(ビタミン誘導体配合)により健やかな指先へと導きます。 クロワッサンファイル80 ジェル&チ...
%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%81-min
割れる、薄い、剥がれやすい…プロが解決、爪のお悩みワースト3解決法!
2017/04/11
ネイルをしている方もしていない方も、人知れず爪の悩みをお持ちの方は意外と多いんじゃないでしょうか? Calgelistでは、「ストリートネイルSNAP」にご協力頂いた方々を対象に独自アンケートを実施。集計結果をもとにした「爪のお悩みワースト3」を発表するとともに、プロのネイリストさんに伺った解決策をご紹介します。同じような悩みを抱えている方々には、きっと参考になるはず!   それでは、爪の悩みワースト3位から発表! 悩みを解決してくれるアドバイザーは、ネイルサロン「Annabel Lee(アナベルリー)」新宿店にお勤めの根達 あずささん(ネイル歴10年、日本ネイリ...
img_8389%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%81-min
【カルジェリストインタビューVol.12】鈴木 朋弥さん/AYOMOTオーナー
2017/09/10
卓越した技術と抜群のトレンド感覚で絶大な支持を集める、人気カルジェリストをインタビューするこのコーナー。今回は、青山にある完全紹介制のプライベートサロン「AYOMOT」のオーナーであり、美容師・ヘアメイクアーティストとしても活躍中の鈴木 朋弥(すずき ともや)さんにご登場いただきました。 元々はフランス料理のシェフだったという、驚きの経歴を持つ鈴木さん。しかしその経験は、現在のサロン運営において大いに役に立っているようです。再来年で創業20周年。宣伝活動を一切行わずに大きくなってきた「AYOMOT」と、凄腕の経営者兼、トータルビューティのエキスパートでも...
img_7329min-min
ジェルネイル(カルジェル)長持ち生活習慣術~ジェルネイルを長持ちさせるためのマル秘テク...
2017/01/31
ジェルネイルはネイルポリッシュに比べ強度が高いとはいえ、扱い方によっては剥がれる、色がくすむなど不測の出来事が起きてしまう可能性も否定できません。そこで、ジェルの破損を防ぎ、ツヤや鮮やかな色合いをキープするために気をつけるべきマル秘テクニックを、これまでに「Calgelist」がお話を伺った人気サロンで活躍するトップカルジェリストたちの発言からピックアップしてみました。 【TIPS1】乾燥はジェルネイルの天敵! 食器洗浄や風呂掃除など、水回りの掃除には手袋を着用必須 ジェルネイルにとって一番の天敵は乾燥です。特に乾燥を引き起こしやすい洗剤からジェルネ...