ジェルネイル(カルジェル)長持ち生活習慣術~ジェルネイルを長持ちさせるためのマル秘テクニック5選

ジェルネイルはネイルポリッシュに比べ強度が高いとはいえ、扱い方によっては剥がれる、色がくすむなど不測の出来事が起きてしまう可能性も否定できません。そこで、ジェルの破損を防ぎ、ツヤや鮮やかな色合いをキープするために気をつけるべきマル秘テクニックを、これまでに「Calgelist」がお話を伺った人気サロンで活躍するトップカルジェリストたちの発言からピックアップしてみました。

【TIPS1】乾燥はジェルネイルの天敵! 食器洗浄や風呂掃除など、水回りの掃除には手袋を着用必須

kote_72x76

ジェルネイルにとって一番の天敵は乾燥です。特に乾燥を引き起こしやすい洗剤からジェルネイルを守るためにも、手袋を着用しての家事をお勧めします。(小手麻菜美さん/kakimoto arms六本木ヒルズ店)

【TIPS2】新常識! 保湿ケアはオイルとクリームのW使いを

kote_72x76

ジェルネイルを乾燥から守るためにオイル、もしくはハンドクリームを塗っている方は多いと思いますが、出来ればオイル+ハンドクリームのW使いをお勧めします。スキンケアで例えるなら、ネイルオイルは深く浸透していく化粧水、ハンドクリームは最後に潤いを閉じ込めるコーディング的な存在。ふたつを併用することで、しっかりと保湿されジェルの持ちが良くなります。(小手麻菜美さん/kakimoto arms六本木ヒルズ店)

【TIPS3】意外にやってしまいがちかも!? パソコンのキーボードを爪で叩かない

watanabe_72x76

デスクワークでPC作業をする際に、「ジェルネイルは頑丈だから」と無意識に爪でキーボードを叩いてしまう人も多いと思います。確かにジェルネイルは強度がありますが、大きな衝撃は破損の元につながりますので、なるべく爪をキーボードに当てないように気をつけましょう。(渡邉季穂さん/uka)

【TIPS4】事前ケアが要! ジェルを塗る前に爪の手入れをしっかりと

watanabe_72x76

ジェルネイルを長持ちさせるには、塗布前に爪の油分や水分をきちんとオフし、甘皮の処理を丁寧にするなど、事前のネイルケアをしっかり行ってください。ジェルをのせるときは、甘皮の上にジェルがのらないよう注意しながら爪全体にキレイに塗布すること。ジェルが爪からはみ出し隙間が出来ることにより、端から剥がれやすくなります。セルフでジェルネイルを行う人は、事前のケアだけでもサロンでプロにお任せすると安心ですね。(渡邉季穂さん/uka)

【TIPS5】注意したい点は日常にも レモンやみかんなど、柑橘類にはご注意を

yoshida_72x76

カルジェルは酸に弱い特性があります。そのため、柑橘類などを扱う際は注意を。表面が目に見えて溶けることはもちろんありませんが、柑橘類の皮を剥いたり直接触ると、少なからずくすみの原因になるので注意しましょう。同様に、濃いインディゴのジーンズを触ることでデニムの染料がジェルネイルにしみ込んでしまうケースも稀にあるので気をつけてください。(吉田志緒里さん/アプレラプリュイ 恵比寿)

生活習慣術を教えて下さった皆さんのインタビューはこちら!

店舗情報

kakimoto arms六本木ヒルズ店
東京都港区六本木6-10-3 六本木ヒルズウェストウォーク2F
お問い合わせ:03-5786-9810
営業時間:11:00~21:00(年中無休)
webサイト:www.kakimoto-arms.com

アプレ ラ プリュイ恵比寿店
東京都渋谷区恵比寿西1-14-2
お問い合わせ:03-3461-1573
営業時間:月〜土 11:00~21:00 / 日・祝 11:00~20:00
webサイト:www.apres-la-pluie.co.jp/

uka東京ミッドタウン店
東京都港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン ガレリア2F ビューティー&ヘルスケアフロア
お問い合わせ:03-5413-7236
営業時間:〈ヘア〉平日・土曜日 10:00~22:00・日曜日・祝日 10:00~22:00 / 〈ネイル・アイラッシュ〉10:00~21:30