男も爪は気にするべし!男のビジネスネイル(入門編)その4

1re-min

(施術前なのにキラキラしている自爪。不思議な感覚です…)

ネイルの仕事に携わって半年以上。カルジェリストさんの取材に立ち会わせてもらうことで、ネイルの仕事に携わっているみなさんの技術力、そして職業意識の高さには信頼感さえ抱くようになっています。

前回の「男のビジネスネイル(入門編)その3」ではネイルサロン未経験のおっさんが「爪を保護、強化したい!」という目的を達成した次のステップとして、カラーポリッシュの重ね塗りからトップコートを塗って、荒れている爪の凹凸をしっかり埋めてもらうなどディフェンス力を大幅アップ。また施術してもらったことが一目でわかる光沢のある爪になりました。その効果たるや客先で自分から見せなくても指摘を受けるほど。爪や手先は本当に見られているんだなと実感する昨今でした。

しかし爪先もしっかり塗ってもらってディフェンス力が高くなったことが、数週間後に思わぬ事態を招くことに…。それではちょっと番外編的な内容になった「ビジネスネイル その4」を始めます。

前回と同じ施術を受けて、違いを確認するはずでした。が…

「男のビジネスネイル」企画での施術は3回目。4月某日の夕方、恵比寿にお店を構える「プライベートネイルサロンCHOUETTE(シュエット)」へ足を運びました。

毎回行く前に何をしてもらうかを漠然と考えているのですが、今回はさしていいアイディアも思いつかないまま。それなら「いわゆるメンテナンス的な施術をしてもらって、細かい違いを表現しよう!」。最初はそんなことを考えていました。しかし筆者に軽い異変が起きます。ケチのつき始めはアトピー持ちの筆者が爪を切らなかったことでした。

 

話は少しそれますが、アトピー持ちの人間は何かの拍子で身体をかいてしまいがちです。起きているときにかゆいのをガマンできていても、寝ているときまではコントロールできません。身体をボリボリとかいてしまい、朝起きると皮膚は乾燥して熱を持ち、全身がやたらかゆくなってしまうという悪循環に陥りがち。

そうなってしまうと、とっとと支度して家を出ないといけないのに保湿して、かゆみを止める薬を塗って、かいてしまったことで火照った身体を冷ますメンテナンス作業に時間を取られ、大幅なタイムロスというのはアトピー持ちなら誰しもきっと一度は経験しているであろう、ものすごく不本意な“アトピーあるある”です。

 

前段が長くなってしまいましたが、賢明な読者の皆さんはもうお気づきのことと思います。筆者は通常ルーティンとも言える帰宅後の作業(シャワー浴びて、メンテして、寝る)において、メンテですべき「爪を切る」作業をサボったことによって、睡眠時に少し伸びた状態のいつもよりも頑丈な爪で身体をぼっりぼりとかいてしまったのです。当然目を覚ました頃には「ひさしぶりにやっちまったなー」と自分でもドン引きする体調の悪さ。。。ぶっちゃけ体調を整えて元に戻すのに数日かかってしまいました。

今回爪を切らなかったのを「仕事が遅くなった」とか「クライアントと深酒した」とか言ってみたところで、結局のところは全部自分に返ってくるタダの言い訳でしかないわけで。なによりここまでの2カ月間で話をしながら爪を整えてもらったネイリストさんに顔向けできません、なんと報告すればよいのやら。。。、ホント情けない話です。

それでも自分が身をもって体験する本企画ですから、そこからどうするかを考えなければいけません。と言うわけで、正直に事情を話して今回は爪先の形を整えて、ベースコートを塗ってもらうところまでやっていただくことになりました。

2re-min

(オフ)

3re-min

(ネイルサロンで爪切りってどうなんだろう…)

まず、前回施術してもらった爪をオフ(ネイルを除去)する作業から。通常なら除光液をガーゼにつけてひと拭きなんですが、凹凸のある荒れた爪にガッツリと塗ってもらったのでしっかり、丁寧に落としてもらいます。そして少し伸びていた爪をカットしてもらいました。

そして前回、前々回同様の爪の手入れを左手から。まずエタノールで手指の消毒をしてからファイリング(ファイルという名称の爪やすりを用いた爪の形整)、軽いバッフィング(爪の表面を軽く磨く)を経て、専用のスポンジで磨いてもらいます。

4re-min

(キューティクルリムーバーを塗布しているところ)

5re-min

(フィンガーボールに指をイン!)

そしてキューティクルリムーバーを左手の爪の周りにつけてお湯の入ったフィンガーボールに指先をイン。続けて右手の爪にも同じ手順の作業を施します。右手の施術が完了したところで、左側の指先も次の工程へと進むべく、軽く水分を取ってから、甘皮周りのお手入れがスタートです。

6re-min

(爪を軽く磨いてもらっています)

7re-min

(ベースコートを塗布して仕上げへ)

ニッパーで甘皮回りの余分な皮を取り除く工程を経て、指先の油脂をしっかりアルコールで除去してから、爪にベースコートを塗って仕上げてもらい、前回よりも簡略化した本日の施術が完了となりました。

今回の施術は約1.5時間、前回から1時間の短縮に成功。とは言ってもやはり質問に答えてもらいながらの施術をお願いしているので、途中で止まる時間もありながら、通常の施術よりは倍近い時間がかかっていると思います。

シンプルな爪に違和感を覚える辺り、成長したのかも!?

8re-min

(すっぴん爪 ※正確にはすっぴんではありません…)

全ての工程を終えて、手先を写真に収めてもらったのですが、前回の劇的な変化を知っている自分が今回の手先に連想したのは女性の“すっぴん”顔でした。特に若い女性は自分のすっぴん顔を恥ずかしがる傾向にありますが、この時の自分が感じたのもまさにそのような気持ちでした…。まさか自分がこんな気持ちを自爪を見て体験するなんて(笑)! また毛の生えた指先を写真に撮られながら、どうにも恥ずかしくなった気持ちも前回と同様でした。夏に向けてどうにかしないといけませんね…!

17%e5%b9%b41%e6%9c%88-4%e6%9c%88re-min

(左上から時計回りに1月(施術前)、2月(初回施術後)、3月(施術から1週間後)、4月。3月と比べるとシンプルになりました)

 

後日、長谷川さんからは爪が伸びてきた際の対処方法に関して丁寧なLINEをいただきました。そこに書いてあった内容を要約すると「爪をカットしたら、そこで終えずにしっかりやすり掛けをするのが何より大事」というアドバイスでした。全く持ってその通りです、ありがとうございます…! 今回の経験を経て、自分に起きた出来事をしっかりと反省し、爪に最も潤いのあるお風呂上がりのタイミングでカットするなどの対応をして、自分に合ったネイルをしていこうと気持ちも新たに誓ったのでした。

 

ビジネスネイル第二弾はこちら

ビジネスネイル第三弾はこちら

店舗情報

プライベートネイルサロンCHOUETTE
渋谷区恵比寿1丁目
営業時間:11:00~20:00(受付18:00まで)
定休日:不定休

※「プライベートネイルサロンCHOUETTE(シュエット)」さんは通常は女性専用のサロンです。本企画の趣旨・目的を伝えたうえで特別に施術を受けさせてもらっています