【カルジェリストインタビュー海外編】Yuko Ho(ユウコ・ホー)先生/Honolulu Nail Academy(ホノルルネイルアカデミー)、Pure nails(ピュアネイルズ)オーナー

カルジェルは世界各国で使用されている、世界基準のソフトジェルです!そこで、海外ではどんなネイルが流行っているのか?ネイルサロン事情は?そんな疑問を解消すべく海外のネイルサロンの生の声をお届けいたします。

今回は、日本でも馴染みが深いリゾート地ハワイのオアフ島にあるHonolulu Nail Academy(ホノルルネイルアカデミー)/Pure nails(ピュアネイルズ)のオーナーYuko Ho(ユウコ・ホー)先生へインタビュー。ホノルルでネイルスクールとネイルサロンを経営、また日本でもネイルサロンの経営及び他のネイルサロンのマネージメントを担当するなど、グローバルに活躍されていらっしゃいます。

1

気になるハワイのトレンドネイルとは

サロンへ来る方はどのような方が多いですか?

yuko72x76

ハワイに住んでいる方が多くいらっしゃいます。ほぼ予約で埋まってしまっていますが、スーパーマーケットの1階にあるので、ショッピングの合間などで立ち寄っていただける方もいらっしゃいます。シンプルなネイルを好まれるお客様もいらっしゃいますが、ネイルアートを楽しまれるお客様のほうが多いです。アメリカ本土は、実は場所によりネイルアートがまだまだ主流になっていないエリアもあるので、ラスベガスからネイルアートをやりにいらしたお客様もいました。

2

ハワイのトレンドネイルを教えてください。

yuko72x76

ハワイはデザインの流行りはあまりなく、季節感やイベントでネイルを楽しむ方が多いですが、最近はクロムネイルや淡い感じのデザインが良く好まれます。日本では、ミラーネイルと呼ぶようですが、ハワイではクロムネイル(クロムとは、“合金” “めっき”という意味)と呼びます。その中でもオーロラが最近よく選ばれますね。日本でも流行っていると聞いています。
ネイルアートを試されるお客様が多いですが、細かいアートより、色やラメ、ストーンなどの素材を好まれる方が多いです。ネイルスクールとしても活動をしているので、各国のネイル商品情報がいち早くE-mailで送られてきます。世界のネイル商品情報が届くのはアメリカならではだと思います。

3

ハワイで今人気のカラーはありますか?

yuko72x76

デザインと同じでカラーも季節感やイベントでネイルを楽しむ方が多いです。

例えばバレンタイン時期はピンクや赤、

Saint Patrick’s Day (セント・パトリックス・デー/キリスト教をアイルランドに広めた聖パトリックの命日。アメリカ合衆国では「緑の日」とも呼ばれ、緑色の物を身につけて祝う)の時期は緑、

ハロウィンの時期はパープル(紫)、

Thanksgiving Day(サンクスギビング・デー/感謝祭と呼ばれるアメリカ合衆国とカナダの祝日。日本では「収穫記念日」とも呼ぶ)はゴールド・茶色・ベージュ等、

クリスマス時期は濃いカラーのバーガンディー(ワインレッドより暗めの赤茶色)やブラック、ネイビーなどが良く選ばれます。

yuko72x76

ハワイは通年通して暖かい気候なので、ネイルで四季を楽しむ方が多いように感じます。
春だとパステルカラー、夏になるとネオンカラーやラメのネイル、冬になると白グラデーションなど、職業に関わらず様々なカラーを楽しむお客様が多いのもハワイの特徴だと思います。

ハワイのネイルサロン事情とは?

様々なネイル商材を試されている中、カルジェルをご使用になる理由は?

yuko72x76

他のソフトジェルメーカーより、カルジェルをハワイでいち早く使用しているので、ソフトジェルといえばカルジェル!という知名度が高いです。お客様もカルジェルというブランド名をご存知ですし、ファンのお客様も多いですね。しかし、カルジェルは高価なジェルなので、カルジェルを使っていないのにカルジェル使用と言っているサロンもあります……。
私たちは、サロンでは10年間、スクールでは12年間使用していますが、正しい使い方をすれば、何よりも定着が良く、簡単にオフすることができるのが使い続けている理由です。商品の安定性も高く、他社メーカーへ変更ができません。

ピュアネイルズサロンのこだわりを教えてください。

yuko72x76

6月にサロンをリニューアルしましたが、どなたでも入りやすく気軽に楽しめるような空間を大切にしています。お買い物の後などにもいらしていただけるように営業時間も夜中の12時まで営業しています。季節やイベントに併せて必ずネイルデザインのサンプル準備や新しいネイル商品も揃えていること、何より衛星面はスクールでの教育同様、徹底しております。

4

ハワイのネイルスクールではどの様な事を学ぶのか

スクールに来られる方はどのような方ですか?

yuko72x76

ハワイのネイルライセンスを取得するコースがメインですので、現地ハワイのネイリスト志望の方がほとんどですが、日本からネイルを学びに来られる留学生の方もいらっしゃいます。夏休み期間になると短期コースで主婦の方がセルフネイルを習いにいらっしゃることもありますね。

5

ネイルスクールについて日本との違いはありますか?

yuko72x76

日本とは異なり、ネイルテクニシャンになるためには各州で決められたネイルライセンスを取得する必要があります。日本でも衛生学がありますがアメリカのほうが、より多くのことを学びます。基礎的要素から応用まで、ネイルライセンスを取得するために必要な内容だと思います。怪我から菌の繁殖で大きな事故になった事例もありますから、詳しい内容を勉強します。

ホノルルネイルアカデミーのおすすめポイントは?

yuko72x76

州のライセンス取得コースの他、州のライセンス以上のものをオリジナルでカリキュラムにしており、卒業したらすぐ働ける実技メインの授業構成にしています。ネイルサロンも経営しているので、サロンからすくい上げた実技トレーニングができる事がおすすめです。また、そのほかにも様々な種類のコースをご用意しております。

最後にハワイのおすすめスポットを教えてください。

yuko72x76

ビーチはカイルア・ビーチ・パーク、ノースエリアは ハレイワ・アリ・ビーチ・パークがきれいです。
お買い物はハワイケレ・プレミアム・アウトレットがおすすめですよ!ぜひハワイへいらしてみてくださいね!

 
カイルア・ビーチ・パーク(Kailua Beach Park)
526 Kawailoa Rd, Kailua, HI 96734

6

ハレイワ・アリ・ビーチ・パーク(Haleiwa Alii Beach Park)
66-167 Haleiwa Rd, Haleiwa, HI 96712

ワイケレ・プレミアム・アウトレット(Waikele Premium Outlets)Waikele Premium Outlets
94-790 Lumiaina St, Waipahu, HI 96797

 
ネイルサロンでは、店舗リニューアル記念に商品をオーガニックで揃え、マッサージも付いた贅沢な『スペシャルディラックスペディキュアコース』(1時間半)のコースが限定で用意されているそう。ショッピングで、歩き疲れた後のケアにぜひ。日本語ができるスタッフさんもいらっしゃるそうなので、ロコの雰囲気を感じたい方や世界のネイル商品を試してみたい方にぜひお試しいただきたいサロンです。
ネイルスクールでは、どなたでも受けられるネイルアートの授業もあるそう。日本とは異なるアメリカのネイル知識を身に着けてみては?※日本語授業要問合せ

過去にはこんなカルジェリストさんにもインタビューしています♪



店舗情報

Pure Nails Hawaii (ピュアネイルズ)
801 Kaheka St, Honolulu, HI 96814
お問い合わせ:+1(808) 955-1121
営業時間:9:00AM~12:00AM (ハワイタイム)
定休日:年中無休
webサイト:https://pure-nails.com/

 

Honolulu Nail Academy(ホノルルネイルアカデミー)
438Hobron Lane #305, Hon, HI 96815
お問い合わせ:+1(808)944-1121
カルジェリスト編集部
カルジェルの魅力を伝えるため、ジェルネイルにまつわる様々な情報を発信するWEBマガジン「Calgelist」の編集部。
男も爪は気にするべし!男のビジネスネイル(入門編)
2017/02/21
ネイルケアは、女性がするものだというのが一般的な考え方です。でも…よく考えてみてください。男性こそ、名刺交換やプレゼンテーションをはじめとするビジネスでの大切な場面、すなわち接客の場で、大切な顧客(クライアント)に自分から手を出す機会が多々あるように思うのです。そして、そう考えてみるとなんだか急に自分の手先が気になり始めた男性は少なくないはずです。 見られているのはあなたの外見や仕事のやり方だけではありません。クライアントには手先まで見られている、そう考えるに越したことはありません。百歩譲ってあなたの爪がストレスなど何らかの理由で荒れている...
ストリートネイルSNAP&アンケート! 〜横浜赤レンガ倉庫「GREENROOM FESTIVAL」編〜
2017/06/12
5月21日(日)、横浜赤レンガ倉庫へ足を運んだCalgelist編集部。例年様々なイベントが開催され、観光地やデートスポットとしても知られる同所ですが、その特設会場ではこの日、音楽&アートのカルチャーフェス「GREENROOM FESTIVAL '17」が催されていました。サーフカルチャーをバックボーンに持つフェスということもあって、会場へ向かう来場客の中には、夏感満載なカジュアルルックのオシャレ女子が多数! 一足早い夏の訪れを感じさせる晴天の中、眩しく輝いていました。 というわけで今回の「ストリートネイルSNAP&アンケート!」ではオシャレな女性12人を直撃! スナップ&アンケー...
アセトンって使っても大丈夫?アセトンの安全性について聞いてみました。
2018/09/10
「アセトン」という名前を聞いた事がありますか? ネイルポリッシュやジェルネイルをオフするリムーバーによく含まれている成分です。 しかし、ネット等ではアセトンの危険性についての記載を目にする事がありますし、ノンアセトンのリムーバーなども販売されています。 アセトンを使っても大丈夫な成分なのでしょうか? 安全性は高いことは証明されている アセトンは引火性があり、揮発しやすく、独特の匂い、そして目に対する刺激性もあります。 分類的には有機溶媒(水に溶けない物質を溶かす、常温常圧で液体の有機化合物の総称。)の仲間とされています。 皮膚...
男も爪は気にするべし!男のビジネスネイル(入門編)その2
2017/03/07
前回「男も爪は気にするべし!男のビジネスネイル(入門編)」ではネイルサロンではどういうことをするのか。その説明を受け、流れを確認し、導入を踏まえてその内容を説明しました。「爪を保護、強化したい!」その目的の元、覚悟を決めて、サロンへ行ってきました。その結果はと言うと…自分でも驚くことの連続でした。それでは早速第二弾に行ってみたいと思います。 キレイで強い爪を求めて…ネイルサロン初体験 これまでカルジェリストさんたちの取材に何度か立ち会わせてもらった経験から言わせてもらうと、ネイルの仕事に携わっているみなさんの技術力、そして目的意識の高さには...
Calgelエデュケーターが作るネイルカラー別デザイン4選!~ブルー編~
2017/10/24
以前ご紹介したカラーアドバイザーによるネイルカラーの選び方についての記事(カラーアドバイザーが教える、ネイルカラーの選び方!)より、今回は癒やしも集中力も与えてくれる『ブルー』をピックアップしてカルジェルエデュケーターの鶴衛 由布子 先生にデザインをご提案頂きました!   ▶セルフネイル初心者にはこちらがオススメ   『ブルー』は海や空の色。気持ちを落ち着かせる沈静色。集中したいときにおすすめです。また知的でクールな印象を与えるカラーですので、スマートな爪先の演出に最適。 テーマ:夜空に照らされたフラワー 夏の夜空を3色のカラ...

週間ランキング

週間ランキング