【月刊トレンドネイル】「花火」&「夏祭り」をテーマにした和ネイル〜アトリエrensui編〜

毎月、HOTなネイルデザインを人気のカルジェルサロンに紹介してもらうこのコーナー。今回はカルジェルのカラージェルを使って、「アトリエrensui」の蓮水さんに、「花火」&「夏祭り」をテーマにしたデザインをご提案頂きました♪ ネイリスト以外にも、書道家・水墨画家・墨デザイナーといった肩書きをお持ちの蓮水さん。ユニークな世界観で描かれた“和テイスト”のネイルデザインは圧巻です!

1.夏満喫! 涼しげな花火ネイル

image1-1re-min

「昔から海で見る花火が大好きだったので、海の上に打ち上がった花火をイメージしました」と語る蓮水さん。カラフルな花火と涼しげな波模様のコントラスト、見ているだけでテンションが上がってしまいそう! よく見ると、漢字で「夏」と書かれているんですが、まさに「これぞ日本の夏!」といったイメージですよね。「花火大会や海へ行く予定の方、行けないけど夏気分を味わいたい! という方にもぴったり。和柄になり過ぎない波模様は、ポイントで取り入れて頂きたいデザインのひとつ」だそう。
※花火のペイント部分にカルジェルカラーとクリアをミックス。ブルー、黄色、ピンク、パープル、オレンジのカラーを使用。

2.金魚が優雅に泳ぐ和モダンネイル

image2re-min

着物柄のようなデザインと、繊細なタッチで描かれた鮮やかな金魚。日本の伝統美を体現したような美しさです。「渦巻柄は流水をイメージした昔からある文様。そこに夏祭りの代名詞である金魚を泳がせ、幾何学模様とマッチさせました。着物が大好きで、帯の柄などに使われる文様やパターン化された柄からインスピレーションを受けています」とのこと。本物の金泥を使用したというリッチなネイルは、他人とカブらない、アートな夏ネイルをお求めのネイル上級者にオススメ!
※「CGBL07Sカリビアンブルー」と 「CG01クリームホワイト」をミックスしたものをベースに使用。

3. 縁起良し!日本古来のお祭りネイル

image3re-min

遊び心のある夏ネイルに挑戦したい方、運気を上げたい方にもオススメ! 提灯に描かれた「祭」の文字にもご注目頂きたい、インパクト大のお祭りネイルです。

「親指いっぱいに描いたお神輿で、縁起を担いで頂きたい! そして、この顔と1ヶ月を共にしたらお別れが寂しくなる“ひょっとこ”にご注目(笑)。きっと愛着が湧いてしまう賑やかなお祭りネイルです」着物や帯の柄からインスピレーションを受けたというこちらのデザインには、“輪つなぎの吉祥”という意味のある七宝(しっぽう)文様が。「ネイルに取り入れるとオシャレ度が一段とアップ」するそう。こちらにも金泥が使用されています。
※ベースに「CGCWコンペティションホワイト」、七宝文様に「CGBB09Sココアブラウン」をクリアで薄めて使用。

コンペティションホワイト CGCW

コンペティションホワイト CGCW

蓮水さんのサロン「アトリエrensuiについても伺いました!

——お店のモットーや特徴、「ここだけは他の店舗に負けない」という点を教えてください。

rensui

お客様には、ネイルをコミュニケーションのツールとして活用して頂きたいです。ネイルを通してコミュニケーションの輪が広がったり、自分の自信に繋がったりと、ライフスタイルがより豊かになることを願ってデザインを考案させて頂いています。

——お店で人気のデザイン、オーダーの傾向があれば教えてください。

rensui

ほとんどのお客様が“お任せ”でオーダーしてくださっています。和モダン柄、和柄のレパートリーが豊富で、特に漢字を取り入れた「書ネイル」は最近OLの方からも人気。好きな言葉、干支、季節の花の漢字などをデザインに入れる方が増えてきました。

——メインの客層を教えてください。

rensui

20代〜70代までの幅広い層の方がいらっしゃいます。銀座という土地柄なのか、目の肥えたネイル上級者、こだわりのある個性的なお客様が多いですね。

——「この仕事をやっていてよかった」と感じたエピソードがあれば教えてください。

rensui

「通っているジムの仲間が自分のネイルを楽しみにしてくれている」「よく行くショップの定員さんや、美容室のスタッフさんが楽しみにしてくれている」「電車の中や旅行先で声をかけられ、色々な出会いがあった」「ネイルが自分のチャームポイントとなり自信に繋がった」といったお客様の声を生で聞くことが私のやりがいに繋がっています。お客様のライフスタイルがさらに豊かなものになっている、と実感できた時は本当に嬉しいですね。

 中でも印象に残ったエピソードをお話しさせて頂くと、ある日突然脳梗塞で意識不明になってしまい、お見えにならなくなったお客様がいて。すごく心配していていたんですが、しばらく経ってから旦那さまと一緒にサロンに来られたんです。そのときにお話してくださったのですが、入院中に病院の方から爪を切られた瞬間、「私の爪を切らないで!」って思って起きたそうで、それがその方の目が覚めるきっかけになり一命を取り止めたのだと……。その話を聞いたときは涙が出ました。ネイリストをしていて本当によかった、命をも救える仕事なんだと感動したのを覚えています。

色んな夏ネイルを見てみよう!


蓮水さん オフィシャルサイト

Sumi-e Artist RENSUI official website
http://rensui.tokyo/