カルジェルで誰でも簡単に出来るラインストーンアートのレシピ

「MOGA・BROOK BEAUTY STUDIO」からの転載記事です。

 

こんにちは! Calgel エデュケーターの杉崎です。
ゴールデンウイークまであともう少しですね、だいぶ暖かくなりました。
これからは、服装やネイルデザインも華やかになる季節ですね。

 

今回はそんな華やかさを題材にして、Calgelを使った『ラインストーンアート』の作り方 を公開したいと思います!
簡単に作れるので、絵を描くのが苦手!という方でも大丈夫です。
ラインストーンだけでなく、ベースにはフレンチとグラデーションの技法も使い、盛りだくさんの内容となっております!

 

Calgelを使ったラインストーンアートの作り方

それではさっそく Calgel を使ったラインストーンネイルの作り方を、工程ごとに分けて詳しく解説をしていきます。慣れてくれば1本10分以内で塗ることができるようになります。

 

手順1 – Calgel クリアを塗る

まずはじめにベースとなる Calgel クリアを塗っていきます。この工程はデザインに関わらず、ネイルをする際には必要な工程です。この後に塗るカラージェルが塗りやすくなったり、爪への色素沈着を防ぐ役割があります。

 

下に見える黒い容器がジェルポットで、中の透明な液体がクリアジェルです。
ジェルネイル用の筆にジェルポットからジェルをとります。ジェルを取る量は爪のサイズにもよりますが、塗っていて少ないな~と思ったら足せばいいので少なめがおススメです。
img_2877-1024x1024
 

ジェルを筆に取る際にもう1つ大切なのが筆の片面にジェルを取ることです。
筆の片側に取ることによって薄く、綺麗に塗ることができます。ジェルが皮膚につきにくくもなりますよ!
img_2883-1024x1024

まず最初に爪の真ん中あたりにに筆を寝かせて塗ります。まずはトップからサイドまできちんと塗ります。
img_20160420_111608-1024x768

 

続いて甘皮際の輪郭を塗ります。皮膚にジェルが付かないように筆はやや立て気味です。
最初に塗った爪の真ん中までつなげていきます。
img_20160420_111622-1024x768

 

爪の先端(爪の厚みの部分)にジェルを塗ります。かるく押さえるような感じです。
img_20160420_111635-1024x768

 

最後は根元から先端までのばしていきます。この時は、筆を寝かせて筆圧が強くならないように気をつけて下さい。
筆の形が変わらない程度の圧力です。
img_20160420_111646-1-1024x768

img_20160420_111824-768x1024ここでUVライト60秒硬化します。

 

手順2 – BB01 を逆フレンチ1層塗り

カラージェルは使用する前にしっかり混ぜておきます。
img_20160420_112032-1-768x1024

 

ジェルの量は、最初に塗ったクリアジェルよりも少なく取ります。足りなければ、後から足せば大丈夫です。
img_20160420_112316-1024x768

 

まずは、クリアジェルとの境目のラインをとり、それから爪先にのばします。
img_20160420_112114-1024x768

 

私は、硬化前に皮膚にジェルがついていないかスティック等でチェックしています。

img_20160420_112242-1024x768

img_20160420_112307-1-1024x768

ここで一度UVライトで180秒硬化します。

 

手順3 – PU03BB02の半分からぼかす(2回塗り)

PU03をほんの少量筆に取り、爪の先端に置いてからBB02の半分まで少しずつぼかします。
この時、ジェルの量が多いとうまくぼかせません。

img_20160420_112717-1024x768

 

ぼかす時は、筆を立てて先端までのばす時は、筆をやや寝かせて塗ります。
筆圧が強くならないように気をつけて下さい。
筆のが毛先が広がらないように、優しくなでるようにぼかします。img_20160420_112758-1024x768

ここで180秒硬化します。
今回は、1回塗りだと色が薄いので、2回塗りしました。
2回塗りの場合は、同じことをもう1度繰り返します。
ほんのり色づく程度がお好みでしたら、1回塗りでも大丈夫です。

 

手順4 – ステラナイトをクリアジェルに混ぜ、フレンチの境目にラメラインを引く

パレットにクリアジェルをとり、ステラナイトと混ぜます。
img_20160420_113459-768x1024

 

ラメとクリアジェルの割合は、1:1くらい。
持ち上げると一瞬、角が立つくらいです。

img_20160420_113620-768x1024

 

マーブル筆でフレンチの境目にラメラインを引いていきます。
筆を立てて、ジェルを置いたら、引っ張っていくように描きます。

img_20160420_113729-768x1024

 

左右の両方から、真ん中につなげると左右対称になりやすいです。
img_20160420_113835-768x1024

 

img_20160420_114023-1024x768
ここでUVライト60秒硬化します。

 

手順5 – クリアジェルを塗ってからラインストーンを乗せる

ストーンを置きたいところに薄くクリアジェルを塗り、
その上にラインストーンを並べます。
img_20160420_114616-768x1024

 

 ラインストーンの並べ方で、デザインも変わります。いろいろな組み合わせで試してみて下さいね。
ラインストーンにはサイズや色が豊富にあります。
同じサイズばかりだと動きが出にくいので、サイズをいくつか揃えておくのがポイントです。

img_20160420_114644-1024x768

img_20160420_114710-1024x768
ラインストーンを並べたら、UVライトで60秒硬化します。
1度、硬化することでラインストーンを固定し、トップジェルを塗りやすくします。

 

手順6 – トップジェルを塗り硬化させ、完成

最初に塗ったベースと同じように、トップジェルを1層塗ります。
トップジェルでコーティングしないとラインストーンがすぐに取れてしまいます。

 

でも、ストーンが置いてあるところは薄くコーティングする程度で大丈夫です。
ラインストーンの頭まですっぽり埋め込んでしまうと、せっかくのラインストーンの輝きが見えづらくなってしまいますので、
気をつけてください。
 
img_20160420_115101-1024x768

 

トップジェルを塗ったらUVライトで30秒硬化させ完成です。
img_20160420_114940-1-1024x768


硬化後は、カルガードで未硬化ジェルを拭き取ります。
img_20160420_115326-1-768x1024

 

 

Calgelを使ったラインストーンアートの完成

 

上記の手順で塗っていった結果、このような作品になりました。sugizaki_linestoneartec-1024x592 ラメやラインストーンを使うだけで、誰でも華やかなネイルデザインを簡単に作ることが出来ます。

 

トップジェルでコーティングしてしまえば、ラインストーンが取れることもなく長い期間楽しめます。もちろん、炊事洗濯など家事をしても大丈夫です!
ライン、ストーンをマスターできると、デザインの幅がグッと広がると思います。ぜひ皆様もCalgelを使ったラインストーンアートにトライしてみてください。

 

 商品の販売も行っております

ECサイトの他に、店頭でも商品の販売を行っております。カラージェルはご購入前に色味をご確認いただけます。
ご来店お待ちしております。