気になるネイリストのネイル&持ち物を拝見!〜APRIL 村野友紀さん~

第一線で活躍中のネイリストを取材し、爪先と持ち物を披露して頂くこちらのコーナー。今回は、二子玉川のネイルサロン・APRILの村野友紀(むらの ゆき)さんにご登場頂きました。元々はサロンのお客さんとして来店されていたという村野さん。ネイルアートに興味を持ち、同店が運営するネイルスクールへの通学を決意。今年で10年もの間ネイリストとして在籍されているんだとか。そんな村野さんのこだわりが詰まったネイルアートと、愛用アイテムの数々を披露して頂きました!

%e2%98%85_img_1643min-min

–こちらのネイルのポイントは?

murano

中指に施したカラフルなスクラッチネイルです。乾いたブラシを使ってちょっと掠れた感じのテクスチャーを出しているんですが、雰囲気がラグマットみたいなので「ラグマットネイル」と名付けて、Instagramなどで浸透させようと目論んでいます(笑)。

——ネイルデザインに関するマイブームありますか?

murano

ネイティブアメリカンっぽいデザインが好きで自分の爪にもよくやっていますね。今回、中指以外の爪に使用したカルジェルのBB01「サンドベージュ」は、ターコイズっぽい色とかシルバーのパーツにも合うのですごく気に入っています。しょっちゅう使っているので、常連のお客様に「いつもその色つけてない?」って言われるくらい(笑)。もちろんたまには他の色もつけているんですけど、リピート率はハンパないと思います。

愛用グッズを披露

——いつもネイルのために持ち歩いているものや愛用品を教えてください。

その1:無印グッズ

%e2%98%85_img_1590min-min

%e2%98%85img_1584min

murano

サロンでは無印さんで購入したボックスを積み上げて、使いやすいようにカスタムして使っています。他のスタッフも店で使っているんですが、すごく便利なので私は自宅でも愛用しています。この引き出しの中にさらに小分け用のボックスがあって、それをポーチにそのまま入れて持ち運ぶこともできるんですよ。ちなみに、こちらのバニティバックも無印さん。大きさも使い勝手も全てがちょうどいいんですよね。デザインもすごくシンプルだし、定番タイプの型なので壊れたりしても買い換えられて安心。サロンの近くに無印さんの店舗があるのですぐに買いに行けます(笑)。

その2:シルバーアクセ風パーツ

%e2%98%85img_1616min-min

murano

最近ハマっているのがこちらのパーツたち。色々なデザインや大きさのものがあるので組み合わせて使っています。特に気に入っているのがこの2種類で、今日の自分のネイルにも使用しているんですよ。パーツに関しては100種類以上持っていますね。問屋さんやネイル関連の展示イベントに足を運んで、直接自分の目で見て購入するようにしています。

サロンに関してもお伺いしました!

——こちらのサロンの特徴についてお伺いさせてください。

murano

APRILはスタッフ全員が業務委託の契約スタッフなんです。私はサロンが運営するスクールを卒業した後に勤務しているんですが、スタッフの半分くらいは同じくスクール卒業生ですね。他で経験を積んだ方や独立を目指している方もいて、様々なタイプのネイリストが集まっています。勤務時間も自分で選べるのですごく働きやすいし雰囲気も自由。その分、常にお店にいるスタッフというのが少ないので、タイミングが合わず直接会う機会があまりない方もいるんですが、スタッフ全員が集まるミーティングを月1回開催したり、随時LINEのグループなどで連絡を取り合ったりしてコミュニケーションは取っています。個人プレイヤーの集まりのようなお店なので、個人個人の責任感はすごく強いですね。もちろん常に情報は共有して協力し合っていますし、何かあったら他のスタッフに対応をお願いすることもありますが、極力迷惑をかけないように努めています。全員がAPRILのネイリストとして高い意識を持っているので、信頼感もありますし切磋琢磨できていると思います。

ネイルとの出会い

——ネイルとの出会いについて教えてください。

murano

実は私、元々こちらのエステサロンのお客だったんですよ。ネイルアートは学生の頃から大好きでよく自分の爪をいじったりはしていたんですけど、ネイリストになろうとは全然思っていませんでした。色々足を運んではみたもののあまり納得のいくサロンが全然見つからなくて、じゃあ自分で自分の爪にネイルしてるだけでいいかなって思ってたんですよね。でもエステに通ったのをきっかけに、ここのネイルサロンに試しに行ってみたらすごく雰囲気も接客も良くて、一気にネイルの世界に興味が湧いてきました。その時担当してくださったネイリストの方に「どこのスクールに行ったんですか?」って聞いたらここのネイルスクールの卒業生で。じゃあ、自分もやってみようって思ったんです。ここで勉強してここで働けたらすごくいいなって、一気に夢が広がりました。前からお店やスタッフの雰囲気もわかっていたので迷いはありませんでした。その時すでに30代で他の仕事もしていたので全く不安がないわけではなかったけど、実際スクールに入ってみたら自分くらいか、それよりちょっと上の年齢の方が多かったので安心しましたし、良い刺激になりました。それ以来、ちょうど10年こちらで働かせてもらっています。

ネイリストとしてのこだわり

——ネイリストとしてのこだわりを教えてください。

murano

うちのサロンは個人の個性を大切にしているので、個人のInstagramやブログなどには敢えて自分の好みのものや、得意なデザインのネイルをたくさんアップしています。最近はそういった作品を見てオーダーされることも多いですし、偏りはあるかもしれませんが、「こういうのが好きで得意なネイリストなんだな」っていうのを理解して任せていただいた方がお客様に気に入って納得していただけることが多いのかなと思います。やっぱり人と人なので嗜好や人となりがわかっていた方が意思の疎通がしやすいですよね。あと、これはサロンのポリシーとしても謳っているんですが、お客様の爪の状態なども含めて一緒に爪を育てていくといったことを意識しているので、カルテにそれぞれの爪の状態を記録したりして常に気をつけています。担当制なのでお客様ひとりひとりに寄り添い、責任を持って爪を預からせていただいています!

——ありがとうございました!

APRILオーナー・ネイリスト鴻上さんへのインタビューはこちら

色んなプロのネイル&使用品が知りたい!

店舗情報

APRIL
東京都世田谷区玉川2-24-6シルク玉川7F
お問い合わせ:03-3607-0448
営業時間:火〜金:9:30〜20:30/土:10:00〜20:00/日:10:00〜18:00
定休日:月曜日・祝日