ネイル色の効果で肌の印象が違う?基本の赤を徹底分析

ネイルでイメージする色は人それぞれですが「赤」は代表的なカラーのひとつでしょう。赤いネイルは魅力的で女性らしい指先を演出できるため、昔から根強い人気があります。普段は控えめな色のネイルがメインという人もパーティやブライダル、食事会などでは思い切って赤ネイルにトライしてみましょう。そこでここでは肌をより美しく、指先を長く見せるための赤ネイルの魅力についてご紹介いたします。

肌をきれいに見せるなら赤ネイル

re04

ネイルカラーによって指先から手の甲にかけての肌の色がまったく違った印象になることがあります。肌をきれいに見せる色や逆にくすんで見える色、色白に見える色など、その効果はさまざまです。特に赤はどんな肌質や肌色にもピッタリとマッチし血色の良い健康的な肌のように見せてくれます。肌の色がくすみがちで、さえないという人は、ぜひ赤ネイルを試してみましょう。普段とは違ったパッと明るい手元を手に入れることができるかもしれません。手先の赤ネイルに慣れていないという人は、まずはフットネイルから試してみてもおすすめです。

赤いカラージェルを購入する

自分に合う効果的な赤の選び方

一口に赤といってもさまざまな色の「赤」があります。赤ネイルは初めてという人は、どのような赤をそろえたらいいのでしょうか。まずは自分の持っている服や靴、バッグ、口紅の色をチェックしてみましょう。自分が持っている物の赤とネイルの赤を同系色で使うことで違和感のない赤いコーディネートができます。また赤ネイルを購入するときの重要な点は必ず自分の肌色とネイルの色を合わせてみることです。肌が明るい印象になり違和感を与えない赤色をチョイスすることが大切といえます。

ファッションや印象で選ぶ赤

s_tig86_hoduewotukujyosei_tp_v

赤ネイルを選ぶときはイメージやファッションの観点から探すこともできます。少し落ち着いた印象の大人女子には赤ワインのようなボルドー系赤や深い色のブラウン系赤が似合います。秋冬コーデのダークな色合いの服装にはこれらの色がピッタリと合いますので季節に合わせて選んでみてもいいでしょう。また若々しい印象を与えるにはピンク系赤を、健康的な印象を与えるにはオレンジ系赤をチョイスすると効果的です。赤色と他の色の組み合わせを考えるならば、ベージュやオフホワイトなどの肌に近い色との組み合わせならば失敗が少ないでしょう。これらの色をベースに赤で逆フレンチにすると指を細く長く見せる効果が期待できます。

赤いカラージェルを購入する

特別な日には赤ネイルで決める!

s_kys150922136993_tp_v

パーティやイベント、特別なデートの日などには赤いネイルが映えるでしょう。シンプルな赤1色だけのネイルもステキですが、赤をベースとしたさまざまなアートネイルも人気があります。特に暖色系の赤にはキラリと光るゴールドがとても相性が良い傾向です。ゴールドのグリッターやホログラム、ワンポイントシールなどのアイテムをプラスすることで、さらに高級感と華やかさをプラスすることができるでしょう。
また花柄やチェック柄、水玉、グラデーションなど、さまざまな模様を細い筆で描いたまるで芸術作品のようなネイルも注目されています。着物を着たときなどはネイルも上品な和風柄にしてみましょう。赤をベースに白や黒、金などのアクセントカラーを使った花柄などは和装にとてもよく合います。

re05

また赤がメインのキュートでカジュアルな印象の服装にはネイルは赤をベースにしたチェック柄などがおすすめです。このように、さまざまなシーンやファッションに合わせて、その時々のアートネイルを楽しんでみてはいかがでしょうか。

赤ネイルの魅力は使ってみてわかる

赤ネイルの魅力は実際に使ってみて初めて発見する場合もあります。単色では強いイメージの赤も他の色との組み合わせで、まったく別の印象になることもありますので自分に合った「赤」をいろいろと試してみましょう。

赤いカラージェルを購入する

色んなカラーの効果が知りたい!

赤いカラージェル、実は作るのがとっても大変なんです…

青は癒やしの色♪