お正月のネイルはコレ!新年の華やかネイル5選

お正月はいつもよりも人に会ったり、出掛けたりすることが多い時期ですね。この機会に「華やかな着物やドレスでおしゃれを楽しみたい」という人もいることでしょう。そこで服装ばかりでなく、ネイルもいつもより少しだけドレスアップしてみましょう。ネイルにはさまざまなデザインがありますが、その中でも新年を迎えるのに相応しいもの5つを選んでみました。

着物にはゴージャスな和の花柄がおすすめ

お正月の着物に合わせるなら、ネイルも和柄にしてみてはいかがでしょうか。パッと目を引くような華やかな和風の花柄は、お正月にはピッタリです。着物にデザインされている花と同じ花をネイルに描くというのもすてきですね。コツは、すべての指先にインパクトの強い花柄を描くとゴチャっとした感じになってしまいますので、左右の爪1つか2つずつくらいを花柄にするくらいがちょうどいいでしょう。その他の爪は、花柄ネイルを際立たせるためにシンプルなデザインがおすすめです。お正月なら、ゴールドのシンプルネイルがいいでしょう。さらにゴールドのラメを追加すると、ネイル全体の華やかさがアップします。

和装にも洋装にも合うホワイトレースネイル

全部の指先を華やかな花柄にするならば、ふわりと優しいレースのような花柄模様であれば全体が程よくまとまった感じになります。花柄が目立ちすぎないのが好みという人は、花をベースと近い色で溶け込むような感じで描いていきましょう。写真のネイルは、少し透明感のあるミルキーな白に爪先向かってほんのりとグレーのグラデーションを効かせたものがベースで、その上から不透明な白で花柄を描いたものです。新年を暖色系の服装で過ごすなら、ベースを薄いベージュ系やピンク形のグラデーションにして、オフホワイトで花を描いてみてもすてきですね。華やかさをプラスしたい場合は、ラメやビジューなどを少しプラスしてみてはいかがでしょうか。この柄であればお正月の和装にも洋装にも合います。

お正月だからこそキラリと光るビジューネイル

お正月だからこそ、ゴージャスなキラリと光るネイルでいつもよりも指先を華やかに飾ってみましょう。ゴージャスな感じを出すにはパールやビジュー、スタッズなどさまざまな光るアイテムが欠かせません。全体を見ながらバランスよく爪にのせてみましょう。コツは光ものを際立たせるためにも、ベースをあまり多色使いしすぎないことです。ベースのカラーは服装に合わせた色を使うとすてきです。シンプルな1色でまとめるか、さらにもうひと工夫してマーブルやグラデーション、フレンチなど、少し手を加えてみても面白いでしょう。

お正月の着物には和モダンな幾何学模様が似合う

お正月の着物の柄は、古典柄の他にも幾何学模様や無地などさまざまな柄が存在します。そのような着物すべてに合うのが変形フレンチネイルです。こちらの柄は変形フレンチの中でも少し和モダン風を意識して、着物の襟元のような感じにデザインされています。色の組み合わせはパステルカラーでまとめると優しい感じに、ビビッとカラーでまとめると華やかで力強い感じになります。コツは、色と色の境目をラメで上から線を描くようにすると、ぼやけずにグッと引き締まった感じに仕上がります。着物の色合いとネイルの色合いを同じにしてもすてきですね。

お正月ネイルは上品なラメのグラデーション


最後は、セルフでも簡単にできるお正月ネイルのご紹介です。お正月はシンプルな1色塗りネイルに、ラメを上からプラスしてみましょう。キラキラしたラメが加わることで、いっきにお正月にぴったりの華やかネイルに変身します。塗りがあまり上手ではないという人は、ピンクやベージュ系の色をベースにしてみてはいかがでしょうか。パーティなどに対応する華やかネイルに挑戦してみたい場合は、ベースの色をもう少し濃い色にしてみてもいいかもしれませんね。ラメは大小大きさが違うものを入れると、きらめき感に変化がプラスされます。ラメは全体に均一に塗るのではなく、指先に向かってラメが濃くなるようなグラデーションにできるのであれば、さらに上品さがアップします。

お正月はいつもと違うネイルを楽しんでみては?

着物を着るのはお正月だけという人は、この機会に和柄ネイルを楽しんでみましょう。また、お正月に着物を着ないという人も、きらめき感アップのネイルで新しい年を過ごしてみてはいかがでしょうか。

冬場にはこんなネイルもおすすめ!