金色とのマリアージュが素敵!カルジェル冬の新色

季節のイベントが盛りだくさんで、パーティやお呼ばれの機会も増えてくるこのシーズン。いつもより念入りにおめかしをして、周りの皆さんと差をつけたい気持ちにもなります。この冬もカルジェルには素敵な新色が仲間入りし、おしゃれを楽しみたい女性たちをしっかりとエスコートしてくれます。ヴィクトリアン・コレクションとして発表された3色のニューフェイスを、素敵なデザインと合わせてご紹介しましょう。

11月の新色をご紹介♡

ライトグレージュで上品な指先!冬の大人ネイル!

art-bb13s

肌なじみの良いライトグレージュは、ベージュとグレーとの中間の色です。マットな質感なので、アートのベースとしてはもちろんのこと、単色塗りにもおすすめのカラージェル。ストーンやメタルパーツでデコレーションした爪を挟んだ両側には、クリアジェルで紋章アートを施し、ゴールドのネイルホイルを貼りつけています。ネイルホイルは未硬化ジェルの上にだけ貼りつく性質を利用しています。ネイルホイルを貼らない部分の未硬化ジェルは拭き取っておくことでアートが浮き出てきます。ジェルブラシのタッチに工夫をこらし、アンティーク感のある仕上がりです。向かって右側の2本にもゴールドを合わせ、天然石ネイル風のアートが描かれていますが、黒ジェルのラインはあえてぼかさずに引いてあるので、全体を引き締めるアクセントになっています。普段はショートネイルにすることが多い方も、いつもより少し長めのオーバルに整えて、優雅な気分を味わいたくなってしまいそうなカルジェルの冬の新色です。

カルジェルのカーキはグレイッシュ!

art-gr07s

アッシュグリーンはグレーを帯びたカーキ色。メインにも、そしてアクセントカラーとしても大活躍してくれます。また、フレンチネイルに使うと、大人っぽいシックな指先に仕上がりそうです。こちらのサンプルデザインですが、金色のラインテープでブロッキングをし、そこにフラワーアートが描かれています。ヴィンテージのヴィクトリアン陶器を思わせるクラシカルな薔薇の花が、優雅な印象のネイルです。マットなアッシュグリーンは、単色塗りにもよく合います。新色のライトグレージュとの相性も抜群なので、これら2色を組み合わせて、単色塗りのネイルデザインにするのも素敵です。5本の指を1本と4本、あるいは2本と3本に分け、それぞれの爪にアッシュグリーンかライトグレージュを使って塗布します。シンプルな単色塗りデザインも、2つの色のコラボレーションで、おしゃれ度がワンランクアップしそうです。カルジェルのカラージェルには優れたセルフレベリングが働くため、ナチュラルな薄付きなのにつややかな爪に仕上がります。

肌色を美しく!アルバートローズで彩る!

art-re08s

アルバートローズはグロッシィな大人のレッド。わずかに青みがかったこの赤は、手肌の色を美しく見せてくれます。グラデーションにして、濃淡をつけて塗るのも綺麗です。サンプルデザインでは、清楚なイメージの白いカラージェルを使って、フラワーアートを描きました。アートはネイルベッドの中心ではなくサイドに寄せてあるため、ベースの色味が強調され、白ジェルのアートと鮮やかなコントラストをなしています。ゴールドラメの極細ラインで、上品なアクセントを加えました。ストーンやブリオンも、使用したカラージェルとの同系色でまとめてあるため、すっきりと洗練された印象です。こちらの繊細で優美なネイルは、和装にもよく合うデザインなのではないでしょうか。

サロンで実感!カルジェリストのテクニック!

e146_su-dori-jyouwindow_tp_v4

今回ご紹介した冬の新色デザインは、セルフネイラーには少し複雑かもしれません。自分で試してみる前にサロンでカルジェリストに施術してもらい、手順をしっかり観察させてもらうのも良いアイディアでしょう。

2017年新色ジェルネイル勢揃い!