大掃除で爪がボロボロに!綺麗な爪を取り戻すためのケア方法は?

爪が綺麗だと清潔感があり、気持ちの良いものです。しかし、毎日の家事で手を酷使していると爪が割れたり、ジェルが剥がれてしまったりすることがあります。今回は爪がボロボロになってしまったときにできるケア方法を紹介します。

乾燥が爪荒れの原因に

pak89_shibuyanomachiwoseisou_tp_v4

大掃除では洗剤を使うことが多いですが、洗剤の使用は爪を乾燥させてしまいます。爪は乾燥すると割れやすくなりますから、洗剤を使うときにはゴム手袋をして爪を乾燥から守ってあげてください。また、日頃から爪の保湿ケアを行うことも大切です。ネイルオイルには爪内部の潤いを保つ効果、ハンドクリームには爪の表面を乾燥から守る効果があるため、併用することでしっかりと保湿することができます。

カルジェルで爪を保護

ジェルネイルでは、ジェルと爪の密着を良くするために爪を削る必要があります。また、ジェルをオフする際もジェルを無理矢理剥がしたり削ったりと爪に負担がかかってしまいます。そのため、ジェルネイルは爪に悪そうというイメージを持たれやすく、爪がボロボロのときには敬遠されがちです。しかし、カルジェルなら爪を削る必要がなく、オフも専用リムーバーで簡単にできるので、割れた爪や薄い爪の補強に使うことができます。また、カルジェルは水分の蒸散作用を備えているため、爪とジェルの間に水分が溜まってジェルが剥がれてしまうことが少ないです。水が溜まったまま放置するとカビが生えてしまうこともありますが、通気性の良いカルジェルならカビの心配もほとんどありません。

ジェルが剥がれたときの応急処置は?

ジェルが剥がれたときはサロンに行ったり、リムーバーでオフしたりすることが望ましいですが、すぐにはできないこともあるでしょう。そんなときは、浮いたジェルネイルが何かに引っかかってしまうことを防ぐためにも剥がれた部分を爪切りでカットし、絆創膏などで保護しておくのがおすすめです。また、剥がれかけているジェルはトップコートを塗ることで、一時的ですがジェルネイルの浮きを抑えることができます。ただし、どちらも応急処置なので、できるだけ早く適切な方法でジェルをオフしてください。

なお、爪が伸びてきたときには爪切りではなくファイルを使うことをおすすめします。爪切りだと爪に圧をかけてしまい、ジェルが浮いてきてしまうことがあるからです。ファイルなら爪に圧をかけずに、形を整えることができます。

▶モガブルックのファイルはこちらから

適切なケアで美しい爪に

cri_img_6004_tp_v4

爪のケアは爪がボロボロになってしまったときはもちろん、普段からやり続けることで綺麗な状態をキープすることができます。今回紹介したケア方法を取り入れて、美しい指先を目指しましょう。

爪のケア、困ってない?