指や生活スタイルに合う爪の形!どんな種類があるの?

爪は女性のおしゃれにおける重要なパーツのひとつです。少し形が違うだけでも、ずいぶん印象が変わってきます。形を選ぶときのポイントは、自分の指や生活スタイルを考慮することです。そこで、今回は爪の形の種類やどのような人に合うのかなどを紹介します。

邪魔にならずなじむ!「ラウンド」

サイドをストレートの状態に保ち、爪の先端にだけ若干の丸みを持たせた形をラウンドといいます。ネイルアートをしていない人の多くが該当する標準的な形です。とてもナチュラルな形であるため、多くの人の指先になじみます。ひっかかりにくいので、長くなりすぎないようにすれば、指先を使う作業の邪魔になることはないでしょう。生活スタイルを考えると爪を伸ばせないけど、休日だけマニキュアを塗っておしゃれをしたい人などに向いています。

女性らしさがアップ!「オーバル」

e049d9167e788968ac96685ef7d555de_s

オーバルは、ラウンドの先端に残っている角を削って丸みを強調した形です。シルエットが丸くなったことにより、指先の女性らしさが増します。上品なファッションをする人に選ばれやすいですが、指が大きくて男性的に見えることを悩んでいる人にも適しています。ただし、角がなくなったことで、ラウンドより強度が落ちてしまうので注意しなければなりません。日常生活で指先に力を入れる作業が多い場合は、長さを短くするなどの調整をしましょう。

華やかさを重視!「スクエア」

オーバルとは対象的に、先端の角を完全に残した形はスクエアと呼ばれています。爪の先端から根元まで、幅が同じで平行になっていることが特徴です。面積が広くネイルアートの見栄えが良くなるため、パーティなどの華やかな場に出席する機会によく選ばれます。平面的な指先や爪と相性が良く、強度が出るので割れやすい爪にもおすすめです。ただし、非常にひっかかりやすいというデメリットがあるので、日常生活では注意しなければなりません。

ひっかかり対策!「スクエアオフ」

11_2re-min

スクエアオフは、スクエアのデメリットの対策として、角に少し丸みを持たせた形です。引っかかりにくくなるのと同時に、角が欠けてしまう心配も減らせます。スクエアに近い強度がありますし、幅が広いのでネイルアートもしやすいです。指先のおしゃれにこりたいけど、日常生活への支障が心配という人は、スクエアよりこちらを選ぶと良いでしょう。特に、爪を伸ばしたい人は、引っかかりの防止を重視する意味でも向いているといえます。

他人と自分は違う!指と生活スタイルをよく確認して

4_saya160312550i9a3361_tp_v

爪の形は慎重に選びましょう。他の人には良い爪の形であっても、自分には適していない可能性があります。指や生活スタイルをもう一度よく確認して、自分に合っている形を考えてみてください。

爪を綺麗にみせるコツ