好印象のパールピンク!ネイルの色でセラピー効果?

ピンク色は桜や桃の花を連想させる、女性らしくてかわいいカラーの代表です。温かみのあるやさしい印象で肌なじみがとても良いため、カルジェルのサロンでもピンクは人気の色です。ピンクのネイルは年齢も季節も問わず、たくさんのお客様に愛され続けています。今回は数あるピンク色の中でもパステルカラーにスポットを当て、その魅力と色の持つ効果についてご紹介します。

パールピンクは女性の心強い味方!

パールカラーとは、鮮やかな純色に白い色を混ぜて出来るカラーのことです。配合する白色が少ない場合には、パールカラーといえどもビビッドカラーに近い色になります。また、逆に多い場合には明度が高くなり、ほんのりとした淡い色になります。色彩は見る人の心にさまざまな影響を及ぼしますが、パールカラーのような明度の高い色にはやわらかな印象があるので、目にした人の気持ちを軽やかで優しくしてくれる効果を持っているのです。また、ピンク色は幸福をイメージさせるカラーで、イライラやネガティブな気持ちを抑えてくれます。更に、女性ホルモンの活性化にも手を貸してくれるので、ピンクのジェルネイルを装えば、指先から美と健康へのセラピー効果が期待できそうです。

こんなにも優美!淡いトーンのパールピンク!

主張が強すぎるネイルが苦手という人は、明るくやさしげなトーンのパールピンクがオススメです。シンプルに単色塗りにしてから、根元のあたりにだけシルバーのグリッターを散らしてあるデザインはいかがでしょうか。最初はピンクのカラージェルだけを使ってナチュラルに仕上げ、数日経って爪が伸び、リペアが必要になったときに初めてグリッターを乗せても、ニュアンスの違う指先を楽しむことができます。
ほんのりとやわらかいピンクのグラデーションをベースにして、シルバーのメタルパーツと組み合わせれば、上品なのにゴージャスな印象です。もちろん、メタルパーツをゴールドで統一しても、華やかなよそいきネイルになります。

大人っぽいピンクネイルがお好み?

パールピンクも好きだけれど、甘さを抑えた大人のピンクネイルにしてみたいという人には、カルジェルのダスティピンクがおすすめです。スモーキーカラーのピンク色なので、キュートになり過ぎることもなく、しっとりとした大人の女性にふさわしい指先に仕上げてくれます。サンプルでは色彩豊かなタイダイフレンチと、パールやゴールドのパーツで、モード感のあるデザインになっていますが、ダスティピンクはオーソドックスな白フレンチや単色塗りにもよく合います。

鮮やかなピンクで心弾ませて!

ふんわりとしたやさしい雰囲気のピンクも素敵ですが、元気になりたいときにはビビットカラーのネイルが効果的です。ネイルベット全体に鮮やかなピンクのジェルを塗布してからグリッターやホログラムをトッピングしたり、2本の爪にだけクロコダイルのアートにしたりすると、グレード感のある華やかなネイルに仕上がります。彩度の高いビビットな色は人目を引きつけるため、試してみたいけれど気後れしてしまうという人もいるかもしれません。そんな時は白いカラージェルを少し混ぜてみてはいかがでしょうか。カルジェルならカラージェルを混ぜ合わせて、自分だけの色をカスタマイズできます。鮮やかなピンクに白いカラージェル混ぜることでパステルカラーの魔法が発動し、やさしいトーンが加わります。

カルジェルで指先からセラピー効果?

パールカラーのピンクは、見る人の心を軽やかで優しくしてくれる色です。カルジェルで大人のピンクネイルを装えば、自分の指先から周りの人たちへ幸せをおくることができるでしょう。

色彩学から見る色の効果