カルジェルが映える爪に!食事で気をつけるポイント

身だしなみの一つとして常に気を遣っている女性も多いネイル。カルジェルは爪を健康に、また美しく保つことができるジェルとして、数多くのネイルサロンで使用されています。カルジェルでさらにネイルをきれいに見せるためには、食生活に気をつけて爪を丈夫にすることが大切です。普段の食事でどんなことを意識すればいいのか、解説していきます。

知ってた?意外な爪の主成分

爪は皮膚の表面の角質が硬化してできたものなので、皮膚と同じケラチンという成分から構成されています。皮膚に比べて硬い爪は、骨の主成分であるカルシウムでできていると思われることも多いですが、ケラチンはタンパク質が繊維状に硬く変化したものです。そのほか、爪には約15%の水分も含まれています。タンパク質や水分が不足していると、爪が薄く、折れやすくなる原因となります。

美しい爪を育てる!とるべき栄養素3つ

https___www-pakutaso-com_shared_img_thumb_smimgl3714
健康な爪を保つために最も重要な栄養素は、やはりタンパク質。爪に弾力を与えてくれる動物性タンパク質爪を丈夫にする働きがある植物性タンパク質の2種類に分けられます。卵や乳製品、豆類、肉類、魚介類をバランスよく取り入れた食事を意識することが大切です。また、爪を形成する際に必要とされるカルシウム、鉄、亜鉛などのミネラルも意識的に摂取しましょう。このミネラルは、ひじき、レバー、大豆などに多く含まれています。爪が薄く、二枚爪や割れやすい爪に悩んでいる方は、ビタミンAが豊富な黄色野菜やウナギなどの食材をとることで改善が期待できます。

https___www-pakutaso-com_shared_img_thumb_fcfg100141621
こういった普段の食生活の意識に加え、こまめな水分補給も爪の健康には欠かせません。正常な爪の水分含有量は15%前後ですが、水分が不足した爪の場合、5%にまで減少するといわれています。喉の渇きを感じてからではなく、2時間おきを目安に水を飲む習慣をつけることが大切です。

https___www-pakutaso-com_shared_img_thumb_skincareimgl7994

カルジェルは爪へのダメージが少ない

ジェルネイルで爪をきれいに手入れすると、ツヤのある可愛らしいアートが目に入るたびに気分も上がります。しかし、ジェルネイルの施術やオフによって、爪に多少の負担がかかるのも確か。施術前にはサンディングという処理が行われることがあります。これは、ジェルがはがれにくくなるように爪の表面を削り、キズを付けるというものです。また、ジェルネイルのオフの際には爪をリムーバーに10分ほど浸します。このような処理が必要となることから、爪が薄かったり折れやすかったりするために、ジェルネイルを諦めている方も多いかもしれません。
爪への負担を気にせず、丈夫な爪を保ちながらネイルを楽しみたい方に注目されているのが、カルジェルです。カルジェルの特徴はジェルと爪の密着度がきわめて高いこと。施術前のサンディングが不要であるうえ、3週間から4週間ほどきれいな状態をキープできるのでオフして付け替える頻度が大幅に下がります。また、硬度が高く美しいツヤが出るため、見た目も美しいネイルに仕上げることが可能です。

カルジェル(クリアジェル)を購入する

きれいな爪の第一歩はまず食生活の見直しから

ジェルネイルによる爪へのダメージを払拭し、美しい見た目のネイルができるカルジェル。ネイルできれいな指先を保つためには、爪の健康を考えた食事を意識することが大切です。タンパク質、ミネラル、ビタミンなどの栄養素を多く摂取することで、カルジェルの美しさが映える丈夫できれいな爪を育てることができます。

爪をキレイに保つ秘訣はコチラ!