カルジェルで梅雨のジメジメにも負けない健康的な爪を

女性にとってネイルはファッションの一部であり、おしゃれには欠かせない要素であると言っても過言ではないでしょう。しかし、さまざまなデザインや技法で指先のおしゃれを演出してくれるネイルが引き金となって、爪にグリーンネイルと呼ばれるカビが生えることがあります。ここでは、グリーンネイルの原因や予防などについて説明していきます。

グリーンネイルにはカルジェルが良いってホント?

019yama077_tp_v

カルジェルはマニキュアとは違い、特殊な樹脂に光を当てて硬化させるジェルネイルの一種です。ネイルジェルと言っても、実際はハードとソフトの2種類に分けられ、カルジェルはソフトジェルに分類されています。ソフトジェルはハードジェルに比べ、溶液などでオフができるので手間が掛らず、水や空気も通す特徴があります。ネイルを行う際には、爪との間に水分が溜まらない状態を保つことが、グリーンネイルの発生を予防する観点からも重要なポイントになるので、カルジェルが持つこの特徴は大きなメリットと言えるでしょう。

どうしてこうなった!?グリーンネイルの原因

di_img_5697_tp_v

グリーンネイルを引き起こす原因は緑膿菌というカビ菌です。緑膿菌は至る所に存在している菌で、人間の体内にも僅かにあります。通常は、人体に悪影響をもたらすほどの力はないので心配しなくても良いのですが、ネイルと爪の間に水分が残っていると増殖してしまうことがあるのです。グリーンネイルには痛みやかゆみなどの自覚症状はほとんど現れず、ネイルを落としたタイミングで認識するケースが多いようです。また、他者に感染することは稀であるため、人との接触に関しては特段の注意は必要ありませんが、免疫力の落ちた高齢者や赤ちゃんとの接触はできるだけ避けたほうが無難であると言えます。

グリーンネイルの予防法は?

ozpa87_shinsatusuruisya20140321_tp_v

指先は水に濡らさないで暮らすことの難しい部位であり、梅雨時ともなれば空気中の湿気も多くなるので、通常のネイルではグリーンネイルのリスクが高まってしまいます。グリーンネイルの発生を予防するためには、オイルなどで指先の乾燥を防いでネイルの浮き上がりが起きないように注意したり、カルジェルのような通気性に優れたネイルを使用したりするのが最も簡単で手っ取り早い方法です。しかし、これらの対策を講じたとしても、緑膿菌に感染する可能性を完全には否定できません。万が一、グリーンネイルになってしまった場合には、爪の表面を軽く削ってから消毒を行う必要があります。軽度であれば数週間で元の状態に戻りますが、治りが遅いようなら病院へ行くことも検討した方が良いでしょう。

大切なのは清潔さとカルジェル

グリーンネイルは命に関わるようなものではありませんが、おしゃれを楽しむ上で邪魔になるのは確実です。カルジェルはグリーンネイルの発生にそれほど気を使わなくても良いので、純粋にファッションとしてのネイルを楽しむことができますし、健康的な爪を守るために大切となる「常に清潔な状態にしておく」という条件も達成できる可能性が高いので、梅雨時に限らずカルジェルの使用はとてもおすすめです。

カルジェル(クリアジェル)を購入する

ファイル・バッファーを購入する

自爪の表面には240グリットのブルーバッファーがオススメ!

爪のケアについて