【カルジェリストインタビューVol.15】吉井あすかさん/Beauty&Nail Salon riche

卓越した技術と抜群のトレンド感覚で絶大な支持を集める、人気カルジェリストを取材するこのコーナー。今回は、福岡市大名にあるネイル・ビューティサロン「Beauty&Nail Salon riche」のオーナー兼ネイリスト、吉井あすかさんにご登場頂きました。ネイルの他、エステやまつ毛エクステなどにも力を入れ、現在は福岡県内で3店舗を運営。最近大阪にも新たに1店舗出店した吉井さん。ネイル歴は14年。福岡でサロンをオープンさせて11年目になる彼女は、ネイリストとして活躍する傍でオーナーとしてスタッフの育成にも力を注いでいるそうです。そんな彼女のネイルに対するこだわりやキャリアについてなど、興味深いお話を伺うことができました。

人生初のサロンがネイリストを目指すきっかけに

元々美容の分野に興味があって地元の百貨店で美容部員をしていたのですが、実は交通事故に遭って入院した時期があってそれをきっかけに退職したんです。その後、何か他のジャンルの仕事がしてみたいと思い切って上京。アパレル業界に転職したんですが、ある日ネイルサロンで体験したネイルアートに衝撃を受けて、「ネイリストってすごい! 私もネイリストになりたい!」と思ったのが、ネイルの世界へ行ったきっかけ。それまでネイルサロンに行ったことがなかったのですが、たまたま行ったネイルサロンですごく繊細なお花のアートネイルをやって頂き、心を奪われてしまって。強く感動したのを覚えています。それからネイルスクールに通い、ネイルの資格を取りました。

カルジェルの凄さを身をもって実感

——初めて行ったネイルサロンで転職を決意するほどの衝撃を受けたんですね! カルジェルとの出会いはどんなものでしたか?

koukami
ネイルサロンで働き出した時に友人がカルジェルを教えてくれたのが最初。当時、今のようなソフトソークオフのジェルネイルはなかったので感動しました!「薄づきでマニキュアみたいなツヤと発色が出せるすごいジェル」というのが初めての印象。おまけに爪に優しいなんて素晴らしいと思い、早速カルジェルの知識を習いにMOGA・BROOKさんのスクールへ行き、自分が働くサロンでも取り入れることにしました。カルジェルが登場して間もない頃だったと思います。それからは私自身もずっとカルジェルをつけています。オフしたらすぐに新しいものをつけているので、よくよく考えたらネイリストとしてのキャリアと同じくらいの間付けっ放しにしています(笑)。

——ということはほぼ14年間ずっと!?

koukami
昔は長い期間ネイルを塗ったらある程度爪を休めないといけないと言われていたのですが、カルジェルに出会ってから全然休めなくて平気になりました。自爪が傷んでないんですよ。まあ、傷んでいたらこんなに長い間付けてないと思いますけど(笑)。きちんと空気を通してくれるので爪に負担をかけずカビも生えにくい、それにオフがしやすいという点も大きいですね。自分の身をもって証明できます!

——そう聞くとかなり説得力ありますね!

koukami
もちろん爪に良いだけではなく、カラーバリエーションも豊富なところも気に入っています。お客様の満足度もすごく高いですよ。

福岡はハワイ、大阪はNYを意識した空間に

yoshii-2

——当時は東京のサロンで働いていたそうですが、福岡でサロンをオープンしたきっかけは?

koukami
もともと私も福岡県内の出身なんです。上京してからはずっと東京のサロンで働いていましたが、出張などで福岡へ帰った際、友人が私の爪を見て「それ何!? 私もやりたい」ってカルジェルに興味を持ってくれて。友人限定で個人的に施術してあげることにしたんです。そしたらそこからどんどん話が広まっていってしまって、いつしか出張や帰省で帰った際は常にカルジェルの予約が入っているという状態に(笑)。そういった流れの中で、福岡でお店を出してみようかなと思うようになりました。当時、東京では流行っていたカルジェルですが、まだ福岡にはほとんど浸透してなかったんですよ。

——今年で福岡にサロンをオープンして11年目だそうですが、お店にはどんな特徴があるのでしょうか?

koukami
うちはトータルビューティと、ネイル専門、まつ毛専門のサロンを運営していて、福岡県内に3店舗出店しているんですが、ネイルのお客様がほとんどですね。自爪を大切にしている、意識の高いお客様が多いので、下準備やケアに力を入れています。オフのときにも絶対に負担をかけないよう心がけていますし、施術後に少しでも良い状態でネイルを保っていただきたいので、ホームケアの商品なども取り扱っています。他サロンで他のジェルに浮気したものの、爪が薄くなってしまって戻ってきてくださったお客様もいらっしゃいます(笑)。長いおつきあいのお客様が多いですね。また、お店の空間づくりにもこわっていて、本店はハワイのホテルをイメージし、ハワイアンミュージックを流しています。ネイルする時間って意外と長いですよね。2時間くらいの間ただネイルだけするっていうのではなく、お客様に極力リラックスしてほしいという願いから、壁紙からBGMに至るまでこだわっています。ちなみに、サロンによってコンセプトを変えているんですが、新店舗の大阪店はNYテイストを取り入れています。昨年自分が行っていてインスピレーションを受けたもので、ぜひサロンの要素として取り入れたいと思いまして(笑)。店舗のデザインをする際にも、「こんなデザインにしたい」と意見を出し、イメージ写真など参考資料をたくさん用意しました。

——福岡と大阪ではかなり雰囲気が異なるんですね。

koukami
あと、福岡と大阪ではオーダーされるデザインの傾向も違いますね。大阪はオープンしたばかりなのでそんなにデータはないんですが、大きなパーツを載せるのが主流で色々な色を使うことが多い気がします。どちらかというと派手なデザインを好まれる方が多いですね。福岡はもっとシンプル寄りで東京と似ているような印象。色も割と控えめで、ピンクやグレージュが人気です。

——ネイルデザインにも地域差があるんですね! 興味深いです(笑)。

koukami
そうですね(笑)。全体的なことをいうと、うちのサロンはカラーの種類をたくさん揃えているので、お客様から色に関するリクエストをされることが結構あります。カルジェルは複数の色を混ぜてオリジナルの色を作れるので、カラー+ニュアンスで遊ぶお客様が多いんです。同じ色でもその方の好みによってかなり表情が変わってくるので面白いですね。私もお客様と一緒に色々試してみています。

研修制度が半端じゃない!スタッフがデビューするまでの高いハードル

——吉井さんがネイリストとして大切にしていることは?

koukami
初めてネイルサロンに行った時、自分自身がすごく感動して幸せな気持ちになったので、お客様に私と同じように幸せな気分になってほしい。その想いを忘れずに今日までやってきています。ネイルが終わった後のお客様の嬉しそうなお顔を見ると私も幸せな気持ちになりますし、ネイリストの仕事って楽しいって思えるんです。今はサロンスタッフの指導に回ることも多いんですが、「なんでこの仕事を選んだのか」ってスタッフに聞くと、「お客様の笑顔がみたいから」っていう声が多いのが嬉しいです。そういうスタッフを採用できてよかったなと思いますし、そうやって同じ気持ちを共有できるスタッフを厳選していますね。スタッフミーティングでも常に、お客様の満足度をいかに上げていくかってことばかり話し合っています。

——スタッフの方の教育にも力を入れているそうですね。カルジェルの資格を持った方も多いのだとか。

koukami
ほぼ全員がカルジェルの資格を持っています。カルジェルを適切に扱うためには、カルジェルメーカーが教えてくださるやり方を学ぶのが一番だと思うんですよね。レベルアップしたいスタッフばかりなので自主的に受けたいと言って学んでくれます。また、サロン内では勉強会やテスト制度を設けていて、外部講師を招くことも。個人差はありますが、デビューまでだいたい8ヶ月かかります。ネイルの資格を持っていてもお客様へのネイル施術経験がないと、もっと時間がかかる場合もあります。うちのサロンはサービスや接客の方にも力を入れていて、講習にも独自のカリキュラムを組んでいるんです。ロールプレイを行ったり、ネイルだけではなく爪や肌など美容の知識を教えたりと、それぞれの専門知識を持ったスタッフが研修を行っているんです。「このネイリストに担当してもらったら、色々な知識や情報を教えてもらえる」っていうくらいのスペシャリストを育てたいですね。なお、技術の他に接客の実技テストもあって、デビューする前に「ジュニアデビュー」という段階があるんです。ジュニアを経て最後の試験に合格して、ようやく一人前のプロになれるという流れです。

——接客のテストまであるとは驚きです。デビューまではなかなかハードな道のりですが、その分スタッフの方はネイリストとして自信を持って対応することができそうですね。

koukami
お客様からお金を頂く以上は、プロとしての責任を果たして高い技術を提供しなければければ、満足度の向上には繋がらないですよね。ネイルサロンやセルフネイルが増えてきている時代なので、お客様の目も超えてきていますし。

——最後に、これからの展望や挑戦してみたいことを聞かせてください。

koukami
大阪店に続いて店舗を増やして行きたいなと思っています。そして、子供もいるのですぐにというわけにはいきませんが、いつか海外でもやってみたいなというのが夢ですね。また、スタッフの育成にももっと力入れていきたいです。ネイリストってお給料が安いとか、それだけじゃ生計を立てていけないようなイメージがあるんですが、それを払拭したいと考えています。どこでもやっていけるような立派なネイリストを増やしていきたいし、お客様を幸せにして自分も幸せになって、ちゃんとしっかりお給料もいただいて生きていけたら最高ですよね!

yoshii-3

店舗情報

Beauty&Nail Salon riche
福岡市中央区大名1丁目2-37-1 Selva西大名Ⅱ 2F
お問い合わせ:092-210-2921
定休日:不定休
webサイト:http://www.riche-nail.com

過去にはこんなカルジェリストさんにもインタビューしています