ネイルテクニシャン必見!カルジェルをメニュー提供するにはどうしたらいいの? 導入までのHOW TOをご紹介!

すでにネイルテクニシャンとして開業されている方も、これからネイルテクニシャンになりたい! という方も、カルジェルを自分のサロンで扱いたい時、どうしたらいいのでしょう…?

カルジェルは誰でもゲットできる!

top-productimg2

たしか、カルジェルってIDがいるんじゃなかったっけ?
学校に通わないとだめ?

そんな風に思っている方も多いのでは?
2015年10月まではコース修了者のみ購入ができるシステムだったのですが、現在はどなたでも購入いただけます!

カルジェルの魅力はなんといっても

  • 薄つきで柔軟性があり、長持ち(3~4週間)
  • サンディング不要、溶液で簡単にオフできるので爪に優しい
  • 匂い・ダストが少なくサロンワークに最適
  • 技術に沿ってコースが選択できる優れた教育制度

というところ。

また、世界で20年以上も愛され続けているブランドであり、日本で初めてのソフトジェル(ソークオフジェル)ネイルで信頼性が高く高品質なプロダクトです。使用しているジェルブランドを謳うことでサロンのブランディングにもつながります。

技術・心構え・知識が必要なネイルテクニシャン(ネイリスト)

実は、ネイルテクニンシャン(ネイリスト)というのは日本においては免許制度がありません
なので、技術を身につければ仕事にできる職種になります。

ネットで独学…という手もあるでしょうが、自分の爪を施術する分には問題ないでしょうが、お客様に施術するとなると、技術・心構え・知識とも求められるレベルは違ってきます。また、各メーカーで使い方や塗り方は異なりますので、間違った情報をもとに施術していたらとんでもありませんね。

そこで、ネイルスクールで学んだり、資格を取得した後サロンに就職、または一気に開業、という流れが一般的です。

カルジェルスクールは全国にあり!

すでにネイルテクニンシャンとして働いている方でも、全くの初心者の方でもご自分にあったコースを下図の中から選んで受けていただくことができます。
全国にカルジェルを習えるスクールがあるので、家の近くで探せるのも嬉しい!
お近くのスクールはこちら

 

howto

カルジェルを触ってみたいかも・・・

top-education

まずはどんなジェルか試してみたい方には、自由にカルジェルを体験できるタッチ&トライや無料体験セミナー、Calgel Week(月1回開催)などをご利用ください。
カルジェルの本社Calgel HOUSE(原宿)では常時全商品をお試しいただける他、エデュケーターが常駐しておりますので、どんなご質問にもお答えいたします。

カルジェルコースは高い?!

では、費用はどのくらいかかるのか・・・?

学校によって様々ですが、初心者が一般にサロン就職レベル(サロンに面接を申込めるレベル)までいくには

  • 約30〜100万(70〜200時間)

と、言われています。

 

MOGA・BROOKネイルアカデミーの場合、例えば初心者の方が「ネイルケアコース&ファンデーションコース」を受けたとすると

  • 120,000円(税別)
  • 講習費用。教材費別途
  • 全12回(24時間)

となっています。

 

基本的なネイルケアからカルジェルのフラットアート、フレンチ、グラデーション、スカルプチュア、チップオーバーレイなど様々な技術が学べる、ケアから応用までを網羅したコースです。短期間で質のいい授業をぎゅっと吸収できるという点ではおすすめです!

すでにネイルテクニシャンとして基礎的な技術がある方は「スタンダードコース」がおすすめ。こちらは

  • 60,000円(税別)
  • 講習費用。教材費別途
  • 全6回(12時間)

 

また任意で、もっと技術を高めたい!
資格が欲しい!という方にも、「アート講習や復習レッスンの受講」や「各種試験」を設けています。

カルジェルの資格が欲しい方は試験にチャレンジ!

top-calgelimg

試験は「カルジェルエデュケーター試験」「プラクティカル・カルジェル・サーティフィケイト試験」の2種。それぞれ下記の特性があります。

●カルジェルエデュケーター試験

基礎技術を中心としたカルジェルの最難関試験。合格するとカルジェルエデュケーターライセンスが取得でき、カルジェルスクールが開校できます。

●プラクティカル・カルジェル・サーティフィケイト試験

サロンワークで中心となるアート技術を中心とした試験。難易度でJunior、Second、Firstと3段階に分かれています。

 

ご存知のように、カルジェルは長期にわたってお客様への施術が可能な、爪に優しいジェルネイルシステムです。このジェルの長所を活かすためには、施術の技術のみならず、ネイルケアや衛生、病理学を含めた知識と商品知識が必要不可欠になります。

Calgelistになって、確かな技術と知識を蓄え、今よりももっと、(初心者の方は初めから)お客様に安心して施術を受けていただけるネイルテクニシャンを目指しませんか?

MOGA BLOOKネイルアカデミー詳細を見る

カルジェルを購入する