爪のスジや変色の原因は?できる男の簡単ネイルケア

スポーツに親しむ男性ならば、何度か爪のトラブルを経験したことがあるかもしれません。割れや変色などは爪に強い力が加わることによりできることが多く、非常に痛い思いをすることがあります。

また、普段から爪が弱い人は二枚爪になりやすかったり、気づかないうちに縦や横のスジができてしまったりすることもあるでしょう。このような爪のトラブルには、さまざまな原因と対処方法があります。

爪が弱い人の正しいカット方法

仕事ができるビジネスマンというイメージを大切にしたいのであれば、身だしなみは非常に大切です。身だしなみに気をつける人は、仕事に対しても心配りができるという印象を得られやすくなります。

そのためには、服装や髪形を綺麗に整え、爪は清潔感のある長さにします。爪が弱いために二枚爪や割れなどを起こしやすい人は、爪の形はラウンド型ではなくスクエア型にするといいでしょう。スクエア型はラウンド型よりも爪の先端に圧力がかかりにくく、強度があります。カットするときに使用する道具は、爪切りよりもニッパーやエメリーボード(爪やすり)の方が爪への負担が少なくなります。

<スクエア型にする方法>
① まずは指の先端と爪の先端が同じ長さになるようにまっすぐに切ります。
② 次に角を落としますが、このとき爪やすりを優しく動かしながらなめらかに整えると綺麗に仕上がります。

爪のさまざまなトラブル

爪にスジや割れ、変色などが生じることがあります。縦スジは、爪の乾燥や偏食が原因の場合は改善すればスジが薄くなる可能性もありますので、それほど心配する必要はないでしょう。

また、加齢と共に目立つようになることもあります。横スジができやすい場合は少し注意した方がいいと言われています。体調が優れなかったり、疲労がたまってなかなか解消できなかったり、栄養不足が続くと、その時期に爪の成長が悪くなり横スジが入ることがあります。気づいた時には、過去の体調や栄養状態を振り返ってみましょう。

また、シミやホクロを作るメラニン色素が爪の根元に存在すると、そこから爪の成長と共に黒い点や線が出てくることがあります。これはそれほど心配することはありませんが、この黒い線が急に濃くなったり、太くなったりした場合は、病気が隠れている可能性がありますのですぐに皮膚科を受診しましょう。

スポーツでの爪トラブル

スポーツは健康的で若々しいカラダ作りのために大切ですが、これが思わぬ爪トラブルを招くこともあります。スポーツを行った際に、「爪を何かで挟む」、「爪を強い力で打ち付ける」、「爪に長い時間圧力が加わる」などが原因で内出血を起こして、割れたり色が赤黒く変色したりすることがあります。

このような内出血による変色の場合は、ほとんどは自然治癒で治ります。ですが、血液が多くたまってしまい痛みがなかなか引かないのであれば、病院で治療してもらうことをおすすめします。

爪が弱い人のセルフケア

爪が「すぐに割れる」、「二枚爪になる」という人は、乾燥が大きく影響していることがあります。このように爪の弱い人は、手洗いのたびにハンドクリームを爪や周囲にもみこむようにして塗っておきましょう。

それでもまだ乾燥が改善しないようであれば、就寝前などに爪専用のオイルを塗って十分なマッサージを行えば、次第に潤いが戻ってきます。また、過度な紫外線を浴びることにより乾燥が進むこともありますので、外出や外でのスポーツの際には必ず手にも日焼け止めを塗るようにしましょう。

丈夫で健康的な爪作りのために

仕事ができるビジネスマンであれば、爪の先まで身だしなみの一つとして丈夫で健康に保ちたいものです。そのためには、スポーツで健康的なカラダを作り、栄養バランスを考えた食事を摂取し、爪の乾燥を防ぐためのお手入れをコツコツと積み重ねていきましょう。

状態がすでに悪く、セルフでのお手入れが難しいのであれば、ネイルサロンなどでプロの手を借りてケアを行うと早めに改善することもありますので、ぜひ利用してみましょう。

男の身だしなみネイル