カルジェルは縮みやすい!? 見落としがちな原因と対策

せっかくサイドウォールギリギリまで塗っているのに、硬化の時に1ミリくらいの隙間が・・・カルジェルは縮みやすくて難しい・・・なんて思っていませんか?

意外と見落としがちな縮みの原因をご紹介いたします。

原因①お手入れが不十分でサイドから剥がれている

カルジェルはテクスチャーが柔らかく、セルフレベリング(ジェルの粘度を利用して自然に広がっていくこと)で薄く自爪にフィットさせることができます。

そのため、カルジェルを塗る前の自爪のお手入れが不十分だと、動いたり、縮んだりすることがあります。

では、なぜお手入れが不十分だと縮むのでしょうか?

爪の表面にルースキューティクル(爪表面を覆っている薄い角質)が残っていると、カルジェルがルースキューティクルに阻まれて、自爪に密着出来なくなってしまいます。

そのため、ルースキューティクルの上に乗っているところからジェルが剥がれてしまい、結果的に縮んでいるように見えてしまいます。

原因②お客様の体質

妊娠中の方や生理中の方、体温が上がっている方、お客様自身の元々の体質で爪表面に油分・水分が多い状態ですと、リフトや縮みの原因となることがあります。

これも本質的には、お手入れ不足と同じ理由になります。

油分がカルジェルをはじくことで、地爪に密着できていない箇所から剥がれてしまい、縮んでいるように見えるというわけです。

どうしたら縮まずに綺麗に保てるの?

では、どうすれば縮まずに綺麗な状態を保つことができるのでしょうか?

お手入れが不十分 ⇒ お手入れを徹底的に見直そう!

お手入れが不十分な方は、一度、徹底的にお手入れを見直しましょう。

チェック項目は下記の3つ。

  • ルビーストーンでのルースキューティクルの処理がしっかり出来ているか
  • バッフィングは満遍なく出来ているか
  • ※上記2つは、ベテランネイリストでもおろそかになりがちなポイントです。

  • 道具のケアはできているか

ネイルケアは完璧!なのに・・・という方は道具を見直してみましょう。

ルビーストーンバッファーは消耗品です。

交換しないで使い続けいていると目が磨耗し、正しい使い方でもケアの効果が半減してしまいます。

お客様の体質 ⇒ 「ワイプアンドアプライ」で自爪とジェルを密着!

油分・水分が多い方にはワイプアンドアプライの手順を試してみましょう。

通常、ジェルの塗布前にお客様の爪10本をカルガードで拭いて油分除去を行ってから施術をしますが、縮みやリフトなどの症状が見られるお客様の場合は「指を1本だけカルガードで拭いて、すぐにジェルを塗る」という手順を試してみてはいかがでしょうか。

油分・水分が多い方の場合、通常の手順では、ジェルを塗るころには油分・水分が浮き出てきてしまいます。

ワイプアンドアプライは油分除去後すぐにジェルを塗布することで、地爪にジェルを密着させることが出来ます。

モガブルックのケア各種商品はこちら

セルフでもスクールで基礎をしっかり学べば大丈夫!

このように、ケアや体質に合わせた施術は美しいネイルを作る基礎になります。

リフト・縮みにお悩みの方や、独学でやってきたけれど一度ちゃんと習ってみたいという方はネイルケアのスクールで基礎をしっかり学ぶのもオススメです。

ネイルケアの基礎がしっかり学べる>ネイルスクールはこちら<
https://mogabrook.com/education

▼ケア関連の話題記事!