つい噛んでしまう “ダメージ爪”や“深爪”をカルジェルで克服しよう♪

カルジェルで一石三鳥の効果?!

「つい、爪を噛んでしまう」「やめたいのにやめられない」「爪の見た目が気になってしまう」そんなダメージ爪や深爪のお悩みがある方は、カルジェルで楽しく克服してみてはいかがでしょうか。


写真提供元:スタイルプロデュース
Calgelエデュケーター門馬 礼子先生 ブログ

ジェルで爪を保護することで、爪先に触れなくなるため

  • 噛んだりむしったりするクセが減る
  • 自爪が復活してくる
  • 綺麗な爪を見て気分が良い

という、まさに一石三鳥の効果が期待できます。

まずは短くなった爪の長さ出し

噛んで短くなった爪には「チップオーバーレイ」という技法で、長さを出しましょう。

傷んでしまった爪にネイルしても大丈夫? と思われるかもしれませんが、「爪用化粧品(爪化粧料)」のカルジェルであれば安心してお使いいただけます。

プラスチックの土台をつけて、爪の形を作ります。

写真提供元:スタイルプロデュース
Calgelエデュケーター門馬 礼子先生 ブログ

違和感なく長さを出すことができました。

あとはお好きなデザインで♪

土台の上に、クリアラメグラデーションの人気色「ルビークォーツ」を塗っていきます。

<華やかな手元に!>

施術にかかるほんの数時間で、あっという間に美しい手元になりました。

カルジェルを続けて、約1ヶ月半で地爪も復活!

こちらは上記とは別の例になりますが、カルジェルで爪を保護し、約1ヶ月半経った地爪の状態がこちら。

爪の先に盛り上がっていた部分を、自爪がしっかりカバーするまで成長していますね!
※効果には個人差があります。

地爪が伸びると、チップをつけなくてもそのままネイルを楽しめます。

<地爪でネイルを楽しめる!>
写真提供元:スタイルプロデュース
Calgelエデュケーター門馬 礼子先生 ブログ

カルジェルおすすめサロン

カルジェル使用のサロン様では、噛み爪やその他のネイルトラブルのお悩みに強いサロン様があります!ぜひお近くのカルジェルサロンへお問合せください。

チップオーバーレイをネイルスクールで学ぶなら

また、ネイリストさんで噛み爪のお客様のお悩みに応えたい!という方は、ネイルスクールで学ぶことができます。

【関連記事】