Calgel Wiki

カルジェルウィーク2019 7月開催!

地爪をすこやかに保ち保護する爪化粧料ソフトジェルネイルのCalgel(カルジェル)。そのCalgelを深く知っていただくためのイベントです。MOGA・BROOK本社(原宿)で開催しております。来場者全員に新色のサンプルをプレゼント!入場無料ですのでお気軽にご来場ください!

Calgel無料体験&セミナー情報

爪をすこやかに保ち保護する爪化粧料ジェルネイル”カルジェル”の 【無料お試し・最新情報デモ・スキルアップセミナー】などを開催しております。 Calgel無料体験&セミナースケジュール 6月18日(火) カルジェル無料アート体験会 場所:Calgel House 6月20日(木) 新しいがいっぱいのカルジェル無料体験会 場所:ネイルパートナー名古屋店 7月2日(火) 匠なブラシワークを極める神業アートトレーニング 場所:TAT梅田店 7月3日(水) 匠なブラシワークを極める神業アートトレーニング 場所:TAT名古屋店 7月12日(金) 新しいがいっぱいのカルジェル無料体験会 場所:ネイルパートナー恵比寿 7月16日(火)~ 17日(水) 【Calgel Week】Calgel Houseに来て見て触って学ぶ 場所:Calgel House 7月23日(火) 匠なブラシワークを極める神業アートトレーニング 場所:TAT新宿店 7月26日(金) 新しいがいっぱいのカルジェル無料体験会 場所:ネイルパートナー大阪 8月1日(木) カルジェル無料体験会~10年後も爪を美しく保つためには~ 場所:TAT梅田店 8月6日(火) 新しいがいっぱいのカルジェル無料体験会 場所:ネイルパートナー新宿店 8月23日(金) 新しいがいっぱいのカルジェル無料体験会 場所:ネイルパートナー札幌店 8月23日(金) カルジェル無料体験会~10年後も爪を美しく保つためには~ 場所:TAT名古屋店 8月27日(火) カルジェル無料体験会~10年後も爪を美しく保つためには~ 場所:TAT新宿店 9月5日(木) 新しいがいっぱいのカルジェル無料体験会 場所:ネイルパートナー名古屋店 匠なブラシワークを極める神業アートトレーニング 日程 ・7月2日(火)TAT梅田店 田賀美鈴先生 【1部】予約申し込みはこちら【2部】予約申し込みはこちら ・7月3日(水)TAT名古屋店 田賀美鈴先生 【1部】予約申し込みはこちら【2部】予約申し込みはこちら ・7月23日(火)TAT新宿店 田賀美鈴先生 【1部】予約申し込みはこちら【2部】予約申し込みはこちら 時間 各会場とも、 【1部】 11時~14時 / 【2部】 15時~18時 費用 【1部】:6,000円 【2部】:6,000円 新しいがいっぱいのカルジェル無料体験会 日程 ・6月20日(木)ネイルパートナー名古屋店 南伸明先生 【1部】予約申し込みはこちら【2部】予約申し込みはこちら ・7月12日(金)ネイルパートナー恵比寿 薬王寺祥子先生 【1部】予約申し込みはこちら【2部】予約申し込みはこちら ・7月26日(金)ネイルパートナー大阪 南伸明先生 【1部】予約申し込みはこちら【2部】予約申し込みはこちら ・8月6日(火)ネイルパートナー新宿店 薬王寺祥子先生 【1部】予約申し込みはこちら【2部】予約申し込みはこちら ・8月23日(金)ネイルパートナー札幌店 杉谷綾子先生 【1部】予約申し込みはこちら【2部】予約申し込みはこちら ・9月5日(木)ネイルパートナー名古屋店 南伸明先生 【1部】予約申し込みはこちら【2部】予約申し込みはこちら 時間 各会場とも、 【1部】 11時~12時半 / 【2部】 14時~15時半 ※1部、2部ともに同じ内容 費用 無料 新しいがいっぱいのカルジェル無料体験会 予約申し込みはこちら カルジェル無料アート無料体験会 日程 ・6月18日(火)Calgel House Calgelエデュケーター 時間 各会場とも、 【1部】 11時~13時 / 【2部】 14時~16時 ※1部、2部ともに同じ内容 費用 無料 カルジェル無料アート無料体験会予約申し込みはこちら カルジェル無料体験会~10年後も爪を美しく保つためには~ 日程 ・8月1日(木)TAT梅田店 南伸明先生 予約申し込みはこちら ・8月23日(金)TAT名古屋店 南伸明先生 予約申し込みはこちら ・8月27日(火)TAT新宿店 薬王寺祥子先生 予約申し込みはこちら 時間 各会場とも、 11時~12時半 費用 無料 【Calgel Week】Calgel Houseに来て見て触って学ぶ 講師 ・fumi先生 × 田賀美鈴先生 ・杉崎千尋先生 ・大沼令奈先生 日程 ・7月16日(火)~17日(水)Calgel House 時間 10:00~17:00 費用 セミナー一部有料 【Calgel Week】Calgel Houseに来て見て触って学ぶ予約申し込みはこちら 最新のCalgel情報をいち早くキャッチ!「CALGEL WEEK」もオススメ♪

ジェルネイルのなかでも爪に優しい!爪のケアにもなるカルジェルとは?

ジェルネイルがしたいけど、爪が弱いので心配という人や爪が痛みそうと思っているかたにおすすめなのが「カルジェル」です。 カルジェルなら、爪が弱い人でも比較的安心して、ネイルアートを楽しむことができます。 ここでは、カルジェル初心者が知りたい様々なメリットについて、ご紹介いたします。 カルジェルとは? ネイルアートに興味のある人であれば、一度は「カルジェル」というワードを聞いたことがあるのではないでしょうか。 カルジェルとは「自爪ケア」と「指先の美しさ」を両立させた、自爪にやさしいジェルネイルのことです。 そのため、爪が弱い人や、割れやすい人でも安心して楽しめるジェルネイルブランドとして注目を集めています。 他のジェルネイルとの違いは、爪に負担のかかるサンディング不要・プライマー不要、スピーディで簡単なジェルオフ、自然な装着感でダメージレスなことが特徴です。 ジェルが剥がれないけれど、オフもしにくいとされるジェルとは異なり、オフの時に自爪を傷めてしまうことは無く、剥がれにくいけど、オフはしやすい、という独自の設計をされたジェルネイルです。 また、カルジェルは爪にやさしいだけではなく、自爪のサポートもしてくれるので、二枚爪や爪が弱い、深爪、爪に筋があるなどのお悩みを抱えている人にもおすすめのジェルネイルブランドなのです。 カルジェルのメリットって? カルジェル最大のメリットの1つが「自爪を保護する」ということです。 ジェルネイルでは、それぞれのメーカーにより柔軟性が異なりますが、カルジェルは自爪の形に沿ってセルフレベリングする柔らかさで、硬化後は自爪の固さに近いジェルです。 そのため固いジェルと異なり、自爪にフィットし自爪の成長の負担になりません。 折れたり欠けたりしにくく自爪を保護します。 その他にも、ガス・パーマブルシステムで自爪の蒸散作用を妨げないため、自爪とジェルの間に水分が溜まってジェルが剥がれることが少なくカビの心配もほとんどありません。 爪への圧迫感が無く軽い付け心地で地爪を健やかに保ちます。 爪回りをきれいにケアできるウェットケアが出来るのも特徴です。 独自の設計のカルジェルは、医療博士が監修 安心の爪化粧料ソフトジェルで、つまり、爪が弱い人でも安心して、指先のケアとおしゃれを楽しむことができるのです。 さらに、カルジェルの美しい発色は3~4週間も長持ちするので、頻繁にネイルサロンに通えないという人にもおすすめだと言えます。 また、無理にジェルを剥がしてしまうと、自爪を痛めやすいジェルオフですが、カルジェルは「カルリムーブ 」という溶液で手早く落とせるのも、カルジェルのメリットの1つでしょう。 カルジェルはセルフで楽しめるの? カルジェルの商品はプロ(カルジェル講習修了者)しか購入できないと思われがちですが、実はそうではありません。 一部の商品を除いて、一般の方でもカルジェルを楽しめる、さまざまなアイテムを購入することができるのです。 カルジェル公式サイトのオンラインショップで購入できるカラーは非常に豊富なので、つい迷ってしまうかもしれません。 溶液も購入できますが、カルジェルをセルフで楽しむ際は、爪を痛めてしまわないためにも、ホームページで公開されている取り扱い方法などにきっちりと目を通し、全国のカルジェルエデュケーターに使い方を習うことをおすすめします。 カルジェルで地爪美人に爪のおしゃれを楽しもう カルジェルは、セルフでも正しい使い方を学ぶことで楽しめるうえに爪にやさしい、という画期的なジェルネイルブランドです。 最初からセルフにチャレンジするのはハードルが高いという人は、一度プロのカルジェリストから施術を受けてはいかがでしょうか。 カルジェルを熟知したプロフェッショナルな技術は、爪のケアからカルジェルの扱いまでセルフとは異なる美しい仕上がりを楽しめます。 カルジェルのメーカーMOGA・BROOK本社(原宿)では気軽に受けられるセミナーを予定しておりますので、未経験の方もこの機会に是非、カルジェルを体験してみてください。 爪に関する疑問をピックアップ!

カルジェルは縮みやすい!? 見落としがちな原因と対策

せっかくサイドウォールギリギリまで塗っているのに、硬化の時に1ミリくらいの隙間が・・・カルジェルは縮みやすくて難しい・・・なんて思っていませんか? 意外と見落としがちな縮みの原因をご紹介いたします。 原因①お手入れが不十分でサイドから剥がれている カルジェルはテクスチャーが柔らかく、セルフレベリング(ジェルの粘度を利用して自然に広がっていくこと)で薄く自爪にフィットさせることができます。 そのため、カルジェルを塗る前の自爪のお手入れが不十分だと、動いたり、縮んだりすることがあります。 では、なぜお手入れが不十分だと縮むのでしょうか? 爪の表面にルースキューティクル(爪表面を覆っている薄い角質)が残っていると、カルジェルがルースキューティクルに阻まれて、自爪に密着出来なくなってしまいます。 そのため、ルースキューティクルの上に乗っているところからジェルが剥がれてしまい、結果的に縮んでいるように見えてしまいます。 原因②お客様の体質 妊娠中の方や生理中の方、体温が上がっている方、お客様自身の元々の体質で爪表面に油分・水分が多い状態ですと、リフトや縮みの原因となることがあります。 これも本質的には、お手入れ不足と同じ理由になります。 油分がカルジェルをはじくことで、地爪に密着できていない箇所から剥がれてしまい、縮んでいるように見えるというわけです。 どうしたら縮まずに綺麗に保てるの? では、どうすれば縮まずに綺麗な状態を保つことができるのでしょうか? お手入れが不十分 ⇒ お手入れを徹底的に見直そう! お手入れが不十分な方は、一度、徹底的にお手入れを見直しましょう。 チェック項目は下記の3つ。 ルビーストーンでのルースキューティクルの処理がしっかり出来ているか バッフィングは満遍なく出来ているか ※上記2つは、ベテランネイリストでもおろそかになりがちなポイントです。 道具のケアはできているか ネイルケアは完璧!なのに・・・という方は道具を見直してみましょう。 ルビーストーンやバッファーは消耗品です。 交換しないで使い続けいていると目が磨耗し、正しい使い方でもケアの効果が半減してしまいます。 お客様の体質 ⇒ 「ワイプアンドアプライ」で自爪とジェルを密着! 油分・水分が多い方にはワイプアンドアプライの手順を試してみましょう。 通常、ジェルの塗布前にお客様の爪10本をカルガードで拭いて油分除去を行ってから施術をしますが、縮みやリフトなどの症状が見られるお客様の場合は「指を1本だけカルガードで拭いて、すぐにジェルを塗る」という手順を試してみてはいかがでしょうか。 油分・水分が多い方の場合、通常の手順では、ジェルを塗るころには油分・水分が浮き出てきてしまいます。 ワイプアンドアプライは油分除去後すぐにジェルを塗布することで、地爪にジェルを密着させることが出来ます。 モガブルックのケア各種商品はこちら セルフでもスクールで基礎をしっかり学べば大丈夫! このように、ケアや体質に合わせた施術は美しいネイルを作る基礎になります。 リフト・縮みにお悩みの方や、独学でやってきたけれど一度ちゃんと習ってみたいという方はネイルケアのスクールで基礎をしっかり学ぶのもオススメです。 ネイルケアの基礎がしっかり学べる! ネイルスクールはこちら お近くのおすすめサロンはこちら ▼ケア関連の話題記事!

アセトンって使っても大丈夫?アセトンの安全性について聞いてみました。

「アセトン」という名前を聞いた事がありますか? ネイルポリッシュやジェルネイルをオフするリムーバーによく含まれている成分です。 しかし、ネット等ではアセトンの危険性についての記載を目にする事がありますし、ノンアセトンのリムーバーなども販売されています。 アセトンを使っても大丈夫な成分なのでしょうか? 安全性は高いことは証明されている アセトンは引火性があり、揮発しやすく、独特の匂い、そして目に対する刺激性もあります。 分類的には有機溶媒(水に溶けない物質を溶かす、常温常圧で液体の有機化合物の総称。)の仲間とされています。 皮膚からの吸収もあることから、様々な悪評もみられます。 しかしながら、その安全性は高く、妊婦や授乳中の赤ちゃん、小児への影響もないと考えられます。 アセトンは人体で自然に生成される物質 その根拠は以下のようなものです。 体の中に入ったアセトンが体内で蓄積することもありません。体の一部なんですから。 アセトンは体の中で常時生成され、体に必要な成分として常に代謝の過程で利用されています。 発がん性や催奇形性作用も無いことが証明されています。 では毒性は全くないかというと、それはあります。水や砂糖、塩だってたくさん服用すれば毒性がでてきます。 では、どの程度かといえば、ほぼアルコールと同様と考えてみてはいかがでしょうか。 このように安全性が高いアセトンです。 ではなぜ、悪い風評があるのか? ではなぜ、悪い風評{「アセトンの発がん性」、「毒性がある」、「生殖機能や胎児への悪影響が懸念」、「一部で発がん性の危険を指摘」、等々}があるのでしょうか? 「アセトンの発がん性」、「毒性がある」、「生殖機能や胎児への悪影響が懸念」、「一部で発がん性の危険を指摘」はいずれも根拠はありません。 製薬企業研究者の間では、体の構成成分というだけで、安全なものと判断されます。 さらに、発がん性、催奇形性等、一通りの安全性試験で安全とされたら、以後問題とされることはありません。 ただ、この場合でも文章上は、注意すべき成分と記述されます。 これが一般的な専門家の安全な化合物に対する記述の仕方です。 この最後の修飾語的な部分について、妙に過大な評価がなされてしまっているのがこの状況の原因ような気がします。 乾燥には気をつけて アセトンは、その揮発性の高さと両親媒性(水と油、相反する両方に溶けること)により、皮膚や爪の水分・油分を短時間で取り去ってしまいます。 リムーブの際の爪や皮膚のトラブルはアセトン自体ではなく、この「乾燥」が原因の事がとても多いのです。 アセトンを使った後には、キューティクルオイルやハンドクリームなどで乾燥を防ぐように気をつけましょう! 記事協力 株式会社モガブルック 顧問・医学博士 勝田公雄 ▼アセトンフリーのリムーバーはこちら カルジェル カルクレンズ 600mL カテゴリ: 溶液・トップコート>溶液 ショップ: Calgel Plaza カルジェルについてもっと知りたい ▼カルジェルのオフの方法について知りたい!

開発者インタビュー「オフの負担が少ない理由-カルジェル開発秘話」

カルジェルが爪に優しいとはよく聞きますが、なぜ優しいのか? あなたは知っていますか? ネイルテクニシャンはもちろん、ネイルに興味のある人は知っているとちょっと頭がよくなったような気がする!? カルジェル開発者インタビュー! 本日も、皆さんおなじみ!? 商品開発部小沼マサユキさんに伺いました! オフがしやすい、しにくいって? ——今週もよろしくお願いいたします。 こんにちは。今日は、学生時代に戻って理科の勉強です。 ——理科、苦手ですが頑張ります。 そもそもなんでジェルのオフの時に剥がしやすい物と剥がしにくい物と違いが出るんですか? みんな剥がしやすかったらいいと思うのですが。 大雑把ですね! えーと、そもそも「くっつく」って一言で言いますけど、3つの要素があるんですよ。 ——3つも? はい。下記の図を見てください。 接着力としては③の化学的結合が一番強いのですが、その分、この結合に頼っていると、オフがしにくい。つまり、爪も痛みやすいということです。もちろん、長持ちするというメリットもありますが。 なので、この3つをどういうバランスで作るかで剥がしやすさが変わってくるんです。 ——なるほど。 サッカーのフォーメーションみたいなもの!? サッカーのフォーメーションのような感じで考えてもらってもいいかもしれないですね。 例えば、ノンサンディングのジェルの配分を仮に 1:3:6 とすると、カルジェルの場合は 1:6:3 みたいな感じです。 さすがに、サッカーではフォワード6とかはないですけど。このバランスは、オフはしやすいけど、長持ちするカルジェルの特徴ですね。 ——つまり、化学的結合の配分を減らして物理的結合の割合を増やした、と。 その通りです! 実際にジェルを落とす時に全然違うなと感じられると思います。 他のソフトジェルですと、ジェルリムーバー(カルリムーブ)で浸した後、5割方表面が剥がれて、付着したジェルを念入りにこそげ落としたりすると思うんですが、カルジェルの場合は、一気にベロンと剥がれて、ささっとカスを落とすぐらいです。 ——付箋と接着剤の違いのような感じですね。 ネイルテクニシャンのレベルの高さも大事な要素 そんな感じで捉えてもらえると良いかと思います。 また、カルジェルは2015年10月までID制度という免許方式をとっていたので、ネイルテクニシャンのレベルが非常に高いのも、オフの負担が少ない理由の一つですね。 ——なるほど。今はID方式ではないんですか? はい。ジェルネイルの普及に合わせて制度を緩和し、現在はご希望のみなさんにお使いいただけます。 ですが、任意の教育プランは引き続き行っておりますので、よりレベルアップしたいネイルテクニシャンさんにはオススメです。 ——常にスキルをアップデートされているプロの方って素敵です! カルジェルが「カルジェルウィーク」で毎月無料で試せる! カルジェルが無料で試せる「カルジェルウィーク」毎月開催中! そうですね。良いジェルを正しく使っていただくことが、結果、長持ちもするし、爪にも優しいので。カルジェルを検討されているネイルテクニシャンの方も、お客様も一度カルジェルを試していただけたら嬉しいですね! ——ありがとうございました。 カルジェルが無料で試せる! ↓↓↓↓↓↓↓↓↓ カルジェルウィークのお知らせはこちら カルジェルに関わる方々のインタビュー

開発者インタビュー「ノンワイプトップジェル&マットトップジェル 開発秘話」

前回に引き続き、2018年夏の新商品開発秘話第2弾! 今回は、「ノンワイプトップジェル」「マットトップジェル」の開発秘話を、商品開発部小沼マサユキさん、荒川慈美さん、杉崎千尋さんに伺います! 社長の強い思いで実現した化粧品成分でのツヤ出し ——「ノンワイプトップジェル」の方は、今回、2018年3月に新たに化粧品登録をされた成分が入っているとのことですが… はい。弊社で登録しました。 ——え! すごい、世紀の発見ですか!? いえ、化粧品としての登録はなかったのですが、もともと存在していた成分です。弊社は「化粧品成分」にこだわって商品作りをしていますので、「化粧品成分」でないものはジェルに入れてないんです。 ——というと、そういう作り方をしていないところもあると… 残念ながらそのようですね。もちろんそうではないメーカーがほとんどだとは思いますが、グレーな部分ではあるのが現状です。弊社は社長が「化粧品成分で作りたい」という熱い理念を持っています。そして化粧品成分だけを使用することによって、ネイルテクニシャンの健康を守り、お客様へ安心感を与える、爪に良いものを作り続けたいという熱い理念のもと私どもも製造をしています。 (写真)右から商品開発部 荒川慈美さん、杉崎千尋さん、小沼マサユキさん ——やはり体に直接つけるものなので、そういうこだわりがある商品は安心ですね。ところで、「極ツヤ」とありますが、どのくらい違うものでしょうか? ジェルネイルというだけでツヤっとしたイメージがあるのですが。 そうですね。さくらんぼをイメージしてください。 さくらんぼってもともとツヤっとしてますよね。これが従来のトップジェル。そのさくらんぼをゼリーで包んだぐらいのツヤ感が「ノンワイプトップジェル」ですね。 ——透明感がすごそうです! ツヤの持ちも実験を重ねましたので、3週間くらいは、目では違いがわからないくらいだと思います。 ——ノンワイプトップジェルって硬化熱が気になってしまうのですが・・・ ご安心ください。今回同時発売のカルジェルデュアルネイルライトはカルジェルに合わせて硬化熱が発生しにくい設計になっています。普段硬化熱でお悩みの方は特に実感頂けると思います。 きめ細やかな質感で汚れにくさを実現したマットジェル ——では続いて、「マットジェル」についてもお聞きしたいと思います。マットジェルの「汚れにくい」とは? 従来のマットトップジェルは表面をザラザラさせることで、マットな質感を出していました。 従来のジェルは、言ってしまえば大きな穴がボコボコ空いている地面のようなものなんです。そこにサッカーボールを転がすと穴にはまりますよね。ボールを汚れの粒子として考えていただくと、汚れが付着しやすいことがわかるかと思います。 対して、今回のマットジェルは足踏み健康器のくらいのつぶつぶがついた地面と想像していください。そこにサッカーボールを転がしても、そのくらいの穴だと穴にはまらず、するすると転がっていきますよね。 ——なるほど! なので、触った感じも非常にスムースなんです。 触ると明らかに違うスムース感! ——開発で一番苦労した点は? ジェルの表面が非常に細かいギザギザになるようになっています。 この細かいギザギザの表面で光を乱反射させるのが難しかったです。 ——どう解決したんですか? そうなる原料の組み合わせを、無数に実験して・・・という感じです。荒川さんと杉崎さんのレビューが非常に素晴らしくて、とても助けられました。 ——レビュアーによってそんなに違うものですか? そうですね。レビューによって実験が全く進まなかったり、下手すると後退することもあるので。 ——なるほど・・・みなさんの苦労の結晶ということですね。ありがとうございました。 こだわりのトップジェル詳細はこちら カルジェルに関わる方々のインタビュー

「Calgel デュアル ネイルライト」開発者インタビュー

(写真)右から商品開発部 小沼マサユキさん、荒川慈美さん、杉崎千尋さん カルジェルは好きだけど、硬化にちょっと時間がかかるのよね・・・と、思っていたネイルテクニシャンさん、お待たせいたしました! 2018年7月25日に発売される「Calgel デュアル ネイルライト」 なんと硬化時間が従来のカルジェルカラージェルクリスタランプに比べ約3分の1の時間に短縮(*1)することができました。 *1:商品によって、15秒〜60秒 さらに、どんなネイルサロンにもなじむデザイン、使い心地の良さにこだわったという今回のライト。開発秘話を開発担当の小沼さん、荒川さん、杉崎さんに伺ってきました。 時短よりも悩んだのは機能を維持しつつサロンに馴染むデザインにすること ——本日はよろしくお願い致します。早速ですが、3分の1の時間短縮ってすごいですよね!やはり、相当な苦労があったのでしょうか・・・? いや、実はそこはそんなでもなくてですね。今回、一番苦労したのは実は外観なんです。 ——たしかに、洗練されたデザインですよね。 ありがとうございます。カルジェルはいろんなサロン様にお使いいただいてるので、どんなサロンにもなじんで使い易いものを…ということで、サロン様にもご意見をいただきました。シンプルで良いものになったんじゃないかなと思っています。 手馴染みが良く汚れにくいラバーグリップ ——他に大きく変わった点は? ラバーグリップですね。従来のものはグリップが付いていなかったので、持ち運びの際に落としてしまったりすることがありました。また、持ち運ぶ際も、中に手を入れると、ライトに触れることもあるので、使い方によっては危ない時もあるかなと… ——グリップ部分と操作部がラバー素材になっていますね。 はい、シリコンラバーを使用しました。これは柔らかい手触りが特徴で、そしてお手入れが簡単です。ジェルで汚れてしまった時は、中性洗剤で楽に落とすことができます。 ——白なのに汚れに強いっていいですね。 そうなんです。汚れが目立たない色だとおしゃれじゃなかったりして・・・。それに、ラバーグリップだと耐久性もあるんですよ。 ——素人目には、こういう硬い素材の方が丈夫な感じがしますが? 持ち手の部分が薄いので、そこを握ったりすると圧がかかります。そうすると、金属よりもラバー素材の方が、耐久力があるんです。 ——なるほど! それに従来のものに比べ軽くなっていますので、持ち運びは本当に楽になったと思いますね。 ——持ち運びというと、フットをするときも便利そうですね。 そうなんです。フットに関して言うともう1点ありまして。底の部分がかぱっと外れます。従来は、差し込み式だったのですが、今回はマグネット式になっているので、ガバッと外せるんです。 ワンタッチで取り外しが簡単!&ポジションのナビゲーターも。 ——これは便利ですね。 はい、それと従来のものより全体の大きさは小さくなっているんですが、内側は逆に広くなっていますので、5本を一度に照射できます。中には手のポジションがわかりやすい工夫もありますし、手足の出し入れがしやすくなっています。 もしぶつけてしまうと、ジェルがよれて修正をしなければならないので、そういうリスクも減らせたかと思います。 ジェルを自社開発しているMOGAだからこそ!硬化熱をできるだけ軽減。 ——ところで、私ネイルをするとき硬化するとき、すごく熱く感じて苦手なんですが、今回は、それが軽減されているとか…?一体どういうことなんでしょう? それは、企業秘密です。 ——いやいや、そこをなんとか! たとえ話になりますが、そもそも熱さをなぜ感じるか、というとジェル硬化のキーである光の波長、そのジェルの守備範囲とライトの守備範囲にズレがあるために、余力を取っているからなんですね。一般的に、ライトもジェルもOEMの場合、ライトとジェルの守備範囲はお互い厳密には分からないわけです。 ——じゃあ、全く違うとすごく熱くて、守備範囲が似ているとあまり熱くないということですね? はい。もちろん個人差はありますが、理論上はそうなります。当社は、両方作っているのでジェルとライトの守備範囲をぴったり合わせることができるんです。なのでズレによる硬化不良がおこらない上、パワフルなのに熱く感じにくいという性能を実現しました。 ——すごい! MOGAさんならではですね。では、最後にみなさんに一言お願いします。 お客様や商品取り扱いチームにもたくさん協力を頂き約1年半かけて、痒いところに手が届く使いやすさとデザイン性を実現しました!ぜひ使ってみてください! カルジェル デュアル ネイルライトの詳細はこちら カルジェルに関わる方々のインタビュー

ボロボロ、巻き爪…爪のトラブル時、ジェルネイルをしても大丈夫?

いつもツヤツヤのきれいな爪をキープしていたいということで、ジェルネイルをしている女性も多いのではないでしょうか。特殊な樹脂に紫外線を当てて硬化させるため、普通のマニキュアよりもはるかに長持ちするのがジェルネイルの特長です。しかし、巻き爪などのトラブルがある時は、ジェルネイルをしても大丈夫なのか、気になりますよね。 ジェルネイルが薄い爪を守ってくれることも マニキュアよりもツヤが出て長持ちするジェルネイルですが、爪にトラブルがある時につけても大丈夫なのでしょうか。もともと爪が薄く、すぐボロボロになってしまったり、簡単に割れるという人は、ジェルネイルが爪を割れにくく保護し、トラブルから守ってくれることもあるでしょう。 爪が薄い人には、サンディング不要のジェルがおすすめ ただし、注意が必要なケースもあります。 多くの場合、ジェルネイルは爪の表面の筋や凹凸を均一に馴らして、ジェルを塗りやすくする工程があります。これが、やすりをかけるサンディングという作業です。これによって、爪がさらに薄くなってしまうのです。中には、このサンディングを行なわないジェルネイルのやり方もあるので、もともと爪が薄いという人は、サンディングなしで使えるジェルを探してみると良いでしょう。また、その中でも爪に優しいタイプを選ぶことが重要です。カルジェルはサンディング不要のジェルブランドのうちの1つです。 巻き爪にジェルネイルをしても大丈夫? 一度なってしまうと、とにかく痛い巻き爪。 原因はさまざまですが、遺伝や合わない靴を履いていることによってなりやすいといわれています。そんな巻き爪になってしまったとき、ジェルネイルをしても大丈夫なのでしょうか。 ジェルネイルの厚みが巻き爪を圧迫してしまうことも ジェルネイルは、ボロボロになってしまいがちな爪を守ってくれそうというイメージがあるかもしれません。 しかし、巻き爪の場合には注意が必要です。 ジェルに厚みがある分、巻き爪の患部を圧迫してしまい、さらに痛むことがあるのです。 ただでさえ爪のカーブがきつくなり、何もしていない状態でも痛い巻き爪が、常に圧迫されている状態になってしまいます。 巻き爪が気になる場合は、サイドを少し空けて塗ることが良いでしょう。 カルジェルは薄付きなので、フットにもおすすめです。 痛みがある場合は、医師にご相談してください。 爪を短く切りすぎるのも巻き爪には悪影響 巻き爪になってくると、痛みを少しでも減らそうとして爪をできる限り短く切ろうとする人がいます。いわゆる、深爪という状態にすると、しばらくは痛みが楽になるのですが、結局は爪が伸びてきたときに、さらに強く食い込むようになってしまいかねません。 ですから、巻き爪になってきたと気づいたら、爪を短く切ったりするのではなく、医療機関の診察を受けるようにしましょう。 足元のおしゃれを楽しみたい季節。 爪のコンディションと相談して、素敵なネイルを楽しんでくださいね! お近くのおすすめサロンはこちら 爪のケアについて

カルジェルで梅雨のジメジメにも負けない健康的な爪を

女性にとってネイルはファッションの一部であり、おしゃれには欠かせない要素であると言っても過言ではないでしょう。しかし、さまざまなデザインや技法で指先のおしゃれを演出してくれるネイルが引き金となって、爪にグリーンネイルと呼ばれるカビが生えることがあります。ここでは、グリーンネイルの原因や予防などについて説明していきます。 グリーンネイルにはカルジェルが良いってホント? カルジェルはマニキュアとは違い、特殊な樹脂に光を当てて硬化させるジェルネイルの一種です。ネイルジェルと言っても、実際はハードとソフトの2種類に分けられ、カルジェルはソフトジェルに分類されています。ソフトジェルはハードジェルに比べ、溶液などでオフができるので手間が掛らず、水や空気も通す特徴があります。ネイルを行う際には、爪との間に水分が溜まらない状態を保つことが、グリーンネイルの発生を予防する観点からも重要なポイントになるので、カルジェルが持つこの特徴は大きなメリットと言えるでしょう。 どうしてこうなった!?グリーンネイルの原因 グリーンネイルを引き起こす原因は緑膿菌というカビ菌です。緑膿菌は至る所に存在している菌で、人間の体内にも僅かにあります。通常は、人体に悪影響をもたらすほどの力はないので心配しなくても良いのですが、ネイルと爪の間に水分が残っていると増殖してしまうことがあるのです。グリーンネイルには痛みやかゆみなどの自覚症状はほとんど現れず、ネイルを落としたタイミングで認識するケースが多いようです。また、他者に感染することは稀であるため、人との接触に関しては特段の注意は必要ありませんが、免疫力の落ちた高齢者や赤ちゃんとの接触はできるだけ避けたほうが無難であると言えます。 グリーンネイルの予防法は? 指先は水に濡らさないで暮らすことの難しい部位であり、梅雨時ともなれば空気中の湿気も多くなるので、通常のネイルではグリーンネイルのリスクが高まってしまいます。グリーンネイルの発生を予防するためには、オイルなどで指先の乾燥を防いでネイルの浮き上がりが起きないように注意したり、カルジェルのような通気性に優れたネイルを使用したりするのが最も簡単で手っ取り早い方法です。しかし、これらの対策を講じたとしても、緑膿菌に感染する可能性を完全には否定できません。万が一、グリーンネイルになってしまった場合には、爪の表面を軽く削ってから消毒を行う必要があります。軽度であれば数週間で元の状態に戻りますが、治りが遅いようなら病院へ行くことも検討した方が良いでしょう。 大切なのは清潔さとカルジェル グリーンネイルは命に関わるようなものではありませんが、おしゃれを楽しむ上で邪魔になるのは確実です。カルジェルはグリーンネイルの発生にそれほど気を使わなくても良いので、純粋にファッションとしてのネイルを楽しむことができますし、健康的な爪を守るために大切となる「常に清潔な状態にしておく」という条件も達成できる可能性が高いので、梅雨時に限らずカルジェルの使用はとてもおすすめです。 ▶カルジェル(クリアジェル)を購入する クリアジェル 25g CG00 容量: 25g カテゴリ: カルジェル>クリアジェル ショップ: Calgel Plaza ▶ファイル・バッファーを購入する 自爪の表面には240グリットのブルーバッファーがオススメ! ブルースポンジスタンダード BBS カテゴリ: 筆・ファイル・バッファー>ファイル・バッファー ショップ: Calgel Plaza ブルースポンジブロック BBB カテゴリ: 筆・ファイル・バッファー>ファイル・バッファー ショップ: Calgel Plaza 爪のケアについて

今こそカルジェルデビュー! “脱マニキュア派宣言”すべき理由とは?

ネイルを取り巻く環境は日々、進化を遂げています。カラーやストーンのバリエーションが豊富になっていることはもちろん、日常のお手入れについてもさまざまな角度から研究が重ねられています。近年では、見た目や使いやすさの問題だけではなく、ネイルの健康状態などを意識する方も急増中。そこであらためて注目を集めているのがカルジェルです。実はすでに20年以上の実績があり、世界中に愛用者がいることをご存知でしょうか? 世界から指示されている「カルジェル」 少し前まで、ネイルと言えばマニキュアという公式が成り立っていました。現在でもマニキュアを愛用している方は多いのですが、はがれてしまうため長期的な美しさのキープが難しく、また匂いに悩まされることもしばしば。そんな諸問題を解決してくれるのがジェルネイルです。そのジェルネイルには「ハードジェル」と「ソークオフジェル」の2種類が存在します。ハードジェルは強度が高いため“長さ出し”に適し、透明感が強いという特徴があります。しかし、一般的なリムーバーの主成分であるアセトンでオフすることが難しく削らなければなりません。これでは、手間がかかるうえに地爪への負担が大きくなってしまいます。 一方の「ソークオフジェル」は分かりやすく言うと“ソフトジェル”というジャンルに当てはまります。ソフトである分、地爪との密着度が高くなり、より自然な仕上がりを実現。もちろん、プライマーも必要ありません。メリットの多いソークオフジェルはネイル業界の主流になりつつあります。そのソークオフジェルの中で世界的なブランドとして支持されているのが「カルジェル」です。 カルジェルは美しさと使いやすさを両立! 柔軟性が高く薄付きであることでナチュラルな美しさを実現するカルジェルは、カラーバリエーションも豊富で、さまざまなスキンカラーやTPOによる使い分けが可能です。しかし、カルジェルをオススメする理由は見た目の美しさだけではありません。多くのメリットがある中で、今回特に“メンテナンスのしやすさ”と“地爪への影響”についてご紹介します。 ジェルの上に塗るトップコートは1週間ほどで艶が弱くなります。これに対するメテナンスがご自宅で簡単にできるのです。 「カルクレンズ」を使ってポリッシュオフ。 トップコートを塗って仕上げ。 「VCキューティクルオイル」やハンドジェルで手を保護。 上記の3項目だけで艶出しのメンテナンスは完了。また、完全にオフしたい場合は、前記のとおり溶液(「カルリムーブ」)を使うだけで簡単に落とせます。 カルジェル カルクレンズ 600mL カテゴリ: 溶液・トップコート>溶液 ショップ: Calgel Plaza カルクリスタルUVトップコート CTCJ カテゴリ: 溶液・トップコート>トップコート ショップ: Calgel Plaza クリスタライン VC キューティクルオイル ローズS 2.7mL カテゴリ: 溶液・トップコート>キューティクルオイル ショップ: Calgel Plaza カルジェル カルリムーブ 600mL カテゴリ: 溶液・トップコート>溶液 ショップ: Calgel Plaza 美しさの先にある“地爪の健康”もケア これまでご説明した見た目の問題、メンテナンスの容易さについてはネイル愛用者として憂慮すべき第一段階かもしれません。ネイル上級者へのステップを一段上がるためには、ベースとなる地爪そのものの健康状態に気を配る必要がありそうです。カルジェルの大きな特徴として、地爪が持つ蒸散作用を妨げない“ガス・パーマブルシステム”が挙げられます。「パーマブル(Parmable)」とは、「透過性」という意味です。これによって、地爪とジェルの間に蒸気などの水分がたまることを防ぎ、カビや匂いの発生を抑えます。さらに、ジェルの“剥がれにくさ”への耐性も強くなるのです。 全国のカルジェルサロン一覧ジェルネイルが初めての方にもオススメ!カルジェルなら安心です。 カルジェル講習を修了したネイルテクニシャンが施術し、カルジェルを体験できるサロンは全国各地にあります。お近くのサロンで是非お試しください。 全国のカルジェルサロン一覧はこちら>> カルジェルの基本を押さえよう! まだまだある! カルジェルの魅力 ジェルコートやチップオーバーレイ、スカルプチュアネイルが可能であること、サンディングやプライマーが不要であることなど、今回ピックアップした意外の点でもカルジェルを使うメリットは多くあります。「百聞は一見にしかず」…本当の使用感は、実際にカルジェル専用サロンで味わってみてください。ハマること間違いなしです! ▶カルジェルを購入する カルジェル カルクレンズ 600mL カテゴリ: 溶液・トップコート>溶液 ショップ: Calgel Plaza カルクリスタルUVトップコート CTCJ カテゴリ: 溶液・トップコート>トップコート ショップ: Calgel Plaza クリスタライン VC キューティクルオイル ローズS 2.7mL カテゴリ: 溶液・トップコート>キューティクルオイル ショップ: Calgel Plaza カルジェル カルリムーブ 600mL カテゴリ: 溶液・トップコート>溶液 ショップ: Calgel Plaza ジェルネイルについてもっと知りたい方はコチラ!

ニオイがなくてケアが簡単!カルジェルとは

ニオイや刺激の少ないカルジェル カルジェルは、従来のネイル製品にはつきものだった強いニオイがなく、爪表面のファイリングもネイルマシンを使わないのでダストが少ないです。そのため、花粉症や鼻炎のために過敏になっている人でも安心して使用できます。また、事前に爪を削るサンディングやバッフィングは最小限に止められ、はがれにくくする薬剤を下地として塗る必要もありません。その結果、爪を傷めずにネイルを楽しむことが可能になりました。しかも、地爪を補強する働きもありますから、割れやすい爪や二枚爪の保護もできます。刺激が少ないというのは、カルジェルの大きなメリットだといえるでしょう。 ▶カルジェル(クリアジェル)を購入する クリアジェル 25g CG00 容量: 25g カテゴリ: カルジェル>クリアジェル ショップ: Calgel Plaza 簡単なケアで長持ち!カルジェルのホームメンテナンスとは カルジェルの層は、通気性のある「ガス・パーマブルシステム」によって、地爪の水分を自然に蒸発させています。そのため、爪とネイル層の間に水分がたまってカビが生えるという不安から解放されました。また、爪とネイル層の密着度が増して、ネイルがはがれることも防止できます。サロン帰り直後のような美しいツヤを保つためには、家庭で週に1度のトップコートの塗り替えがすすめられています。たった10分ほどの簡単なホームメンテナンスで、3~4週間もの長い間、美しさを保持することが可能です。オフしたいときも、専用の溶液を使えば無理な力を加えることなく自分で簡単に落とせます。 ▶トップコートを購入する カルクリスタルUVトップコート CTCJ 容量: 10mL カテゴリ: 溶液・トップコート>トップコート ショップ: Calgel Plaza 美しさに妥協しない!カルジェルの豊富なバリエーション カルジェルは薄付きで柔軟性があり、自分の本来の爪のように自然に仕上げられます。カラーバリエーションも豊富で、ラメやストーンによるアレンジも自由です。長さを出すチップオーバーレイやスカルプチュアネイル、さらに3Dアートも楽しめます。柔軟なので折れたり欠けたりする心配が少ないのも、カルジェルの魅力です。 カルジェルで花粉症に負けずにオシャレを! 花粉症の人も鼻炎に悩んでいる人も、爪のオシャレをあきらめる必要はありません。花粉の飛ぶ季節でも、ニオイとダストの心配の少ないカルジェルで、華やかな指先のオシャレが楽しめます。ダメージが心配でネイルができなかった人も、爪を傷めにくいカルジェルを試してみましょう。 ▶カルジェル(クリアジェル)を購入する クリアジェル 25g CG00 容量: 25g カテゴリ: カルジェル>クリアジェル ショップ: Calgel Plaza ▶ファイル・バッファーを購入する 自爪の表面には240グリットのブルーバッファーがオススメ! ブルースポンジスタンダード BBS カテゴリ: 筆・ファイル・バッファー>ファイル・バッファー ショップ: Calgel Plaza ブルースポンジブロック BBB カテゴリ: 筆・ファイル・バッファー>ファイル・バッファー ショップ: Calgel Plaza カルジェルについてもっと知る