Calgel Wiki

カルジェル イベント&セミナー情報

カルジェル イベント&セイナー情報一覧 無料ウェビナーも開催中!皆様のご参加を楽しみにお待ちしております!

Calgel無料体験&セミナー情報

爪をすこやかに保ち保護する爪化粧料ジェルネイル”カルジェル”の 【無料お試し・最新情報デモ・スキルアップセミナー】などを開催しております。※新型肺炎の感染が懸念されているため各販売代理店様のセミナーは中止が決定しております。こちらは随時更新致します。             Calgel無料体験&セミナースケジュール     3月5日(木) もっともっと新しいがいっぱいのカルジェル無料体験セミナー 場所:ネイルパートナー 名古屋店 開催中止 3月5日(木) サロンですぐに施術ができるカルジェルレッスン(ディプロマ発行の2時間集中正規カルジェルコース)場所:ネイルパートナー 名古屋店 開催中止 3月18日(水) 進化中!「カルジェル」無料体験会~10年後も爪を美しく保つためには~ 場所:TAT 名古屋店 開催中止 4月23日(木) 進化中!「カルジェル」無料体験会~10年後も爪を美しく保つためには~ 場所:TAT 梅田本店 開催中止 4月24日(金) もっともっと新しいがいっぱいのカルジェル無料体験セミナー 場所:ネイルパートナー 恵比寿店 開催中止 4月24日(木) サロンですぐに施術ができるカルジェルレッスン(ディプロマ発行の2時間集中正規カルジェルコース) 場所:ネイルパートナー 恵比寿店 開催中止 4月27日(月) もっともっと新しいがいっぱいのカルジェル無料体験セミナー 場所:ネイルパートナー 名古屋店 開催中止 4月27日(月) サロンですぐに施術ができるカルジェルレッスン(ディプロマ発行の2時間集中正規カルジェルコース) 場所:ネイルパートナー 名古屋店 開催中止 5月19日(火) もっともっと新しいがいっぱいのカルジェル無料体験セミナー 場所:ネイルパートナー 札幌店 5月19日(火) サロンですぐに施術ができるカルジェルレッスン(ディプロマ発行の2時間集中正規カルジェルコース) 場所:ネイルパートナー 札幌店 5月22日(金) もっともっと新しいがいっぱいのカルジェル無料体験セミナー 場所:ネイルパートナー 新宿店 5月22日(金) サロンですぐに施術ができるカルジェルレッスン(ディプロマ発行の2時間集中正規カルジェルコース) 場所:ネイルパートナー 新宿店 6月16日(火) もっともっと新しいがいっぱいのカルジェル無料体験セミナー 場所:ネイルパートナー 名古屋店 6月16日(火) サロンですぐに施術ができるカルジェルレッスン(ディプロマ発行の2時間集中正規カルジェルコース) 場所:ネイルパートナー 名古屋店 もっともっと新しいがいっぱいのカルジェル無料体験会 日程 ・2020年3月5日(木) ネイルパートナー名古屋店 南 伸明 先生 開催中止 詳細はこちら ・2020年4月24日(金) ネイルパートナー恵比寿店 薬王寺 祥子 先生 開催中止 予約申し込みはこちら ・2020年4月27日(月) ネイルパートナー大阪店 南 伸明 先生 開催中止 予約申し込みはこちら ・2020年5月19日(火) ネイルパートナー札幌店 杉谷 綾子 先生 予約申し込みはこちら ・2020年5月22日(金) ネイルパートナー新宿店 薬王寺 祥子 先生 予約申し込みはこちら ・2020年6月16日(火) ネイルパートナー名古屋店 南 伸明 先生 予約申し込みはこちら 時間 各会場とも、 11:00~12:30 費用 無料 サロンですぐに施術ができるカルジェルレッスン(ディプロマ発行の2時間集中 正規カルジェルコース) 日程 ・2020年3月5日(木) ネイルパートナー名古屋店 南 伸明 先生 開催中止 詳細はこちら ・2020年4月24日(金) ネイルパートナー恵比寿店 薬王寺 祥子 先生 開催中止 予約申し込みはこちら ・2020年4月27日(月) ネイルパートナー大阪店 南 伸明 先生 開催中止 予約申し込みはこちら ・2020年5月19日(火) ネイルパートナー札幌店 杉谷 綾子 先生 予約申し込みはこちら ・2020年5月22日(金) ネイルパートナー新宿店 薬王寺 祥子 先生 予約申し込みはこちら ・2020年6月16日(火) ネイルパートナー名古屋店 南 伸明 先生 予約申し込みはこちら 時間 各会場とも、 14:00~16:00 費用 有料  受講料・教材費 20,000円(税別) ★セミナー受講後、カルジェルコース修了証(ディプロマ)を発行します。 進化中!「カルジェル」無料体験会 ~10年後も爪を美しく保つためには~ 日程 ・2020年3月18日(水) TAT名古屋店 南 伸明 先生 開催中止 予約申し込みはこちら ・2020年4月23日(木) TAT梅田本店 南 伸明 先生 開催中止 予約申し込みはこちら 時間 各会場とも、 11:00~13:00 費用 無料 最新のCalgel情報をいち早くキャッチ!「CALGEL WEEK」もオススメ♪

すべて解決!カルジェル施術のお手入について Q & A 特集!

カルジェル施術のお手入について Q & A特集 世界中で約40年間使用され続けているカルジェルは、地爪にかかる負担を最小限に抑えるよう設計されたジェルネイルです。 しかし『お手入れ』を行わないと、カルジェルは本来の特性・特長を最大限に発揮することが出来ません。 そのため、カルジェル施術の『お手入れ』は、地爪を美しくすこやかに保つための最も重要な工程となります。 今回の記事では、皆様からいただいた『お手入れ』のお悩みやご質問を解決するために、カルジェル施術の『お手入れ』についてのQ & Aを特集いたします。 カルジェル施術の『お手入れ』で悩まないよう1つずつ回答していきますので、ぜひ最後まで目を通してください! Q1 ウエットケアをした後にカルジェルを塗布しても大丈夫でしょうか?ジェルが剥がれる原因になりますか? <回答> ウェットケアしても大丈夫です。その場合は、ジェルを塗る前にカルガードで数回(2~3回)拭いて水分を除去してからジェルを塗布してください。 Q2 ウエットケアの時にキューティクルリムーバーを使用しても良いですか? <回答> ルビーストーンだけで処理しきれない場合は、キューティクルリムーバーを使ってウェットケアしても問題ありません。 その際はしっかりカルガードで2~3回拭き取って水分を除去してからジェルを塗布してください。 Q3 ウエットケアの後に、ルビーストーンでの甘皮周りの押し上げは必要ですか?バッフィングだけで良いですか? <回答> プッシャーできれいに押し上がっている場合はルビーストーンを省き、240グリットのファイルでキューティクル周りの確認作業、フリーエッジのファイリング、240グリットのバッファーで爪の付け根から縦にバッフィングの順で進めてください。 また、ルースキューティクルが取れているか確認のためにルビーストーンを使っても問題ありません。 Q4 ルビーストーンは斜めにカットされている面を爪に当て、甘皮を押し上げるのでしょうか?キューテイクルのコーナー部分はルビーストーンの先端を使用しても良いですか? <回答> 斜めにカットされた楕円の面を下にして、楕円の先端部分を爪に当てて使用します。キューティクルのコーナーに使用する場合も同じです。 また、ルビーストーンのエッジはかなりシャープです。初めて使用するときは、必ずファイルで面取りしてからご使用ください。 Q5 甘皮のお手入れは必要ですか? <回答> お手入れをしなければ、カルジェルがしっかり定着出来ず長持ちしません。ルビーストーンで甘皮を押し上げルースキューティクルを取り除いてください。 ルースキューティクルが少ない人でも爪甲にこびりついているルースキューティクルはあります。もし、ルースキューティクルが多かったり、取れずらい場合はウェットケアをしてください。 その際は、しっかりタオルドライしてカルガードで数回拭き取って水分を除去してからジェルを塗布します。 Q6 初めての方にカルジェルを施術をしたのですが、4~5日で甘皮部分から剥がれてしまいました。甘皮の成長がとても早いようです。 <回答> 甘皮際から剥がれてしまう原因は、甘皮にジェルがついている、お手入れが不十分、などが考えられます。 ルースキューティクルは個人差があります。全くお手入れしていなくても綺麗な方もいらっしゃいますし、定期的にお手入れをしても、すぐにびっしりという方もいらっしゃいます。 ルースキューティクルの上にジェルを定着することは出来ませんので、爪表面のルースキューティクルは必ず取り除いてください。 カルジェルを長持ちさせるためには、お手入れが大切です。 Q7 甘皮がとても薄いお客様が甘皮処理なしで施術をご希望されているのですが、どうなのでしょうか?以前、施術後にささくれが出来たそうです。甘皮を取りすぎたのでしょうか? <回答> 甘皮のお手入れ無しでは、カルジェルを長持ちさせることは出来ません。 お手入れでニッパーを使用する場合、上手に使えないとささくれの原因になります。またドライケアであまり無理をしてもささくれの原因となります。 もしひどく乾燥していたりルースキューティクルが取れずらい場合は、ウエットケアをお勧めします。 Q8 お直し(リフィル)の時のお手入れは、ルビーストーンだけで大丈夫でしょうか?フィンガーボールを使用しウエットケアした方が良いでしょうか? <回答> リフィルする場合もお手入れは通常通りです。フィンガーボールなしでもお手入れ出来る場合は使わなくても大丈夫です。 ルースキューティクルが多かったり取れずらい場合はウエットケアしても問題ありません。 Q9 爪が薄い人、ジェルがとれやすい方、何か対策はあるのでしょうか? <回答> 爪が薄い場合、短く整えた方がジェルが剥がれるリスクが少なくなります。ジェルが取れやすい場合は、どのように取れるかにもよります。 キューティクル際から剥離する場合、お手入れ不足が考えられます。 ・ルースキューティクルが残っていないか ・240グリットのバッファーが古くなっていないか ・しっかりバッフィングした後にカルガードで爪の表面を拭いているか こちらをしっかり確認しましょう。 また、お客様の手の使い方によっても剥がれる原因になります。素手でお庭の手入れをしない。中性洗剤を使用する場合はゴム手袋の着用をお勧めします。など、カウンセリングしながらお客様へお伝えしましょう。 それでもジェルが剥がれてしまう場合はシルクラップやスカルプチュア、チップオーバーレイで補強することをお勧めします。 カルジェルケアの HOW TO 動画 カルジェルのHOW TO 動画の『ケア編』がリニューアルされました! カルジェルの定着に最適な地爪を作るには、『お手入れ』が最も重要になります。 カルジェルの特性を最大限活かせる地爪の状態を作れるように、カルジェルケアのHOW TO 動画をご覧になってください! カルジェルケア 使用アイテム ブルースポンジスタンダード240 BBS カテゴリ: ファイル・バッファー ショップ: Calgel Plaza バゲットファイル240パープル BF240P カテゴリ: ファイル・バッファー ショップ: Calgel Plaza ブラックファイル120N WB120N カテゴリ: ファイル・バッファー ショップ: Calgel Plaza モガブルック ルビーストーン RS カテゴリ: ケア用品 ショップ: Calgel Plaza ダストブラシ DBR カテゴリ: ケア用品 ショップ: Calgel Plaza MOGA・BROOKキューティクルニッパー CUNP カテゴリ: ケア用品 ショップ: Calgel Plaza MOGA・BROOKキューティクルニッパーケース CUNPCS カテゴリ: ケア用品 ショップ: Calgel Plaza mogabrookネイルガーゼ50 NG50 カテゴリ: ケア用品 ショップ: Calgel Plaza カルジェル カルガード 50mL CD50 カテゴリ: 溶液 ショップ: Calgel Plaza カルジェル施術の関連記事 カルジェル施術の『ポイント』や『定着の仕組み』についてまとめた記事がこちらです。 ▲すぐ出来る!10年後も美しい爪を保つ Calgel施術のポイント教えます! ▲読んで納得!Calgelの接着の仕組みとオフを徹底解説!

すぐ出来る!10年後も美しい爪を保つ Calgel施術のポイント教えます!

Calgelをご使用中、または導入を検討されているネイリストの皆様へ、ここではCalgelの特性・特長を最大限生かすための施術のポイントをご紹介させていただきます。 ネイルサロンでCalgelの施術を受けられているお客様には、Calgelの施術をよりご理解いただけるポイントが記載されておりますので、ぜひご購読ください! Calgelは施術前のケアが最重要 Calgelは『地爪を美しくすこやかに保つ』ジェルネイルで、地爪にかかる負担を最小限に抑えるように設計しています。 そんなCalgelがもっとも重要視しているのは『施術前のケア』です。長年Calgelを使用されているCalgelistは、1人のお客様の施術の内、『施術前のケア(クリアベース10本硬化まで)に約2/3の時間を費やす』と言われています。 土台である地爪の状態が良ければ良いほどCalgelは塗りやすく接着がよくなり、本来の特性・特長を生かすことができるため、施術前のケアが最重要と言われているのです。 ★Calgel Point!★ -Calgelを使い続けるメリット- ケアを丁寧におこなうことで地爪(土台)が美しくなります。土台がしっかりしているためCalgel本来の特性を最大限生かすことができ『地爪への負荷を最小限にする』ことが可能になります。 施術毎にこのサイクルを繰り返すことで土台となる地爪がきれいになり、使い続けることで地爪を美しくすこやかに保つことにつながるのです。 Calgelの接着をよくするポイント 接着しやすい土台を作ることが大切だという事はご理解いただけたと思います。そこでさらに接着を良くするポイントをここからご紹介していきます。 1. 接着を良くするには体温も関係がある Calgelは体温が低い方よりも体温が高い方の方が接着が良くなる傾向があります。夏場の施術ではあまり影響はないと思いますが、冷え性の方や冬場の施術の際には指先を温められるよう温かいお湯を使用したウェットケアを推奨します。また施術前に軽くマッサージするなども効果があり、冷えた指先の体温を上げておくことがより接着を良くするポイントになるのです。 逆に夏場では体温が上がる事で、指先にも汗や油分が出やすくなりジェルの縮みや接着に影響を及ぼす可能性があります。その場合は指を1本だけカルガード(ネイルプレップ)でふき取った後にすぐにジェルを塗布するワイプアンドアプライでの対応や、ジェルの塗布に時間をかけないよう普段より塗る本数を減らして1本ずつ硬化することで防ぐことが出来ます。 どんな時もお客様の体質や状況、季節や環境に合わせた対応がポイントになります。 2. 爪表面にジェルがなじむように塗布する Calgelのベース(カルジェルクリアジェル CG00/CG0/CG0S)を上手に塗布するポイントは爪表面にジェルがなじむのを待つことです。基本形で薄く塗ったCalgelはセルフレベリングで爪表面になじみ、綺麗に整っていきます。この時に、塗ってすぐにライトで硬化せず、十分にレベリングさせること、つまり爪表面にジェルを行き渡らせる事が重要です。そうすることでCalgelの接着力が向上します。 また、ジェルを厚く塗り過ぎてしまうとレベリングする時に爪表面からはみ出してしまう事があるので、常に薄く塗ることを意識しましょう。硬化に慌てないことがポイントです。ジェル塗りのきれいさはベースで決まります。 ★Calgel Point!★ -カラージェルやトップジェルも薄塗り- ナチュラルな装着感が特徴のCalgelはベースジェル(カルジェルクリアジェル CG00/CG0/CG0S)と同様にカラージェル・トップジェルも薄塗りです。厚く塗り過ぎてしまうとジェル内部の硬化不良の原因になりますので気を付けましょう。 またトップジェル(カルジェルトップジェルCGTGS、カルジェルノンワイプトップジェルCGNWTGS)で仕上げたのに綺麗にツヤが出なかったり、くもったように見える原因は、トップジェルがきちんとレベリングする前に硬化させてしまう事が考えられます。 厚くならないよう適量を塗布し、レベリングで表面が均一に整うのをしっかり待ってから硬化することで解消することが出来ます。 3. UVライトで硬化する位置や時間 ジェルネイルはライトで硬化しないと地爪に接着しないので、しっかりと硬化させることが大切です。 まず基本形でジェルを厚く塗り過ぎない事、そして爪全体にまんべんなく光が当たるように親指は一本ずつ、残りは人差指・中指、薬指・小指と二本ずつ硬化するなどライトに入れる工夫も必要です。 この時に爪がまっすぐ上を向いていないと、光で硬化する前にジェルが流れてしまったり、光が当たらず硬化不良の原因となる可能性があります。施術者はお客様に手の入れ方を適切にアナウンスすることが大切なポイントになるでしょう。 またライト毎に推奨された硬化時間を守ることはもちろんですが、状況に応じて少し長めにライトで硬化させることで硬化不良を防ぐことも出来ます。 4. 長いよりも短いネイルの方がもちが良い 長い爪は短い爪よりも外的ストレス(生活上の衝撃や圧力)を受ける影響が多いためジェルが浮きやすかったり、剥がれやすかったりします。Calgelは自然な付け心地とオフ性、柔軟性が高く設計されているので長い爪よりも短い爪の方がもちは良くなります。 長さを出したネイルを施術する場合は生活する上での取り扱いの注意アナウンスを心掛けましょう。 ジェルネイルを愛する皆様へ Calgel施術のポイントは『Calgelの基本的な工程を丁寧におこなうこと』で、最大限のパフォーマンスを発揮することが出来るということです。また施術を受けられるお客様にとって最高のパフォーマンスとは、このポイントをきちんと丁寧におこない、10年後を見越してケアしていく、お客様にとって爪のアドバイザーであることだと思います。 Calgelは「正しい施術」と「お客様の特性」を把握ししっかりと施術することで『指先を彩るネイルを楽しむ』だけでなく、安心して『10年先も美しい地爪を保つ』ことが出来るジェルネイルです。ジェルネイルを愛する皆様にCalgelをご使用いただき、より多くの方にCalgelを体験していただけたらと思います。 Calgelの基本の使い方を動画でチェック♪

知れば安心して使い続けられる!Calgelの爪化粧料としてのこだわり

ジェルネイルが幅広い年代層に普及している現代、今ではネイルサロンに通うだけでなく、自身で簡単に楽しむことが出来るセルフネイルも普及し、より身近にジェルネイルを感じられる時代になりました。 そのジェルネイルの先駆者として世界で約40年の使用実績をほこる『Calgel』の『こだわり』を紹介していきます! Calgelは「日本のもの造り品質」に まずはCalgelをご理解いただくため世界で約40年の歴史を紹介していきます。 1981年、CALBROOK(Pty)Ltd.(南アフリカ)により「Calgel」が生み出され、ジェルネイルと言えばハードジェルしかなかった時代に、溶液で簡単にオフ出来る「Calgel」は画期的でした。 2002年に当社社長の太田波子がアジア総代理店として販売を始め、日本で初めてのソフトジェルネイルとして瞬く間に口コミで広がりました。 そして2009年、より高い品質を求めて南アフリカの製造元を買収し、代理店からジェルネイルメーカーとなりました。それ以来、研究・開発は主に日本で製造は南アフリカで、販売は世界各国でグローバル展開しています。 「日本のもの造り品質」として世界から高い評価を受けています。 『爪への優しさ』を一番に考えた商品開発ポリシー ~ 10年後も美しくすこやかな爪を保つ ~ 『ネイルテクニシャンにもお客様にも​​永く安心してご使用いただける商材でありたい​』という思いからコスメティック(化粧品)であること、『爪への優しさ』『付け心地』にこだわりを持ち商品開発を実施しております。 爪に最も優しく、且つ爪の持つ柔軟性に合わせ密着性を高めながらオフもしやすい、相反する条件を常に試行錯誤し、トライ&エラーを繰り返し、様々な検証をおこなって製造しているジェルネイルです。 この確かな実績と開発努力が今日のCalgelを生み出しています。 『全て爪化粧料でラインナップ』されたCalgel商品の理由 永く安心してご使用いただけるジェルネイルでありたいという思いから、株式会社 MOGA・BROOK「原材料基礎研究開発室」で化粧品に使用が認められている顔料、法定色素(※厚生労働省が定めた化粧品に使用できる色素)のみを使用して商品の製造をしています。 直接地爪に塗布する『ベースジェル』はもちろん、法定色素のみを使用した『カラージェル』、爪以外の体に触れることの多い『トップジェル』、ジェルオフや未硬化ジェルを拭き取る『溶液類』、メンテナンスに使用する『トップコート』まで全ラインナップがコスメティック(化粧品)です。 オフやリフィル(フィルイン)の際に削って出るダスト(粉塵)にも注目し害の有無では無く、長期使用を念頭に予防できることの一つとして製造しております。また、国内のみにとどまらず、国により化粧品法規が異なりますが、販売している全ての国の化粧品法規をクリアしています。 カラージェルに使用している化粧品顔料は、1日で落としてしまうメイクアップ用に作られているため、3週間退色しないことは想定されておらず苦労して調色したとしてもテスト落ちしてしまうこともあります。しかし、利益や利便性よりも安全性を重視してコスメティック(化粧品)であることにこだわり続けています。 『コスメティック(化粧品)』&『Calgel』故の安心の実績! 法定色素・化粧品成分を使用したコスメティック(化粧品)という点に加え、Calgelは世界で約40年以上使用されているという安心の実績があります。この長期の使用実績は他社にはないCalgelの強みです。 また、新商品については原料の選定からこだわりをもって開発している完全オリジナル商品になります。使い易さと合わせてCalgelをすることが快適であると思っていただける本当に良い商品を今後も追及していきます。 ▲「原材料基礎研究開発室」の小沼マサユキさんのインタビュー記事 Calgelの基本の使い方を動画でチェック♪

読んで納得!Calgelの接着の仕組みとオフを徹底解説!

ネイリストの中で常に存在する悩みの一つに『ジェルがしっかり爪に接着しない』という事があると思います。ネイルサロンで施術を受けたのにすぐに剥がれてしまった…なんて声も耳にしますよね。残念ながらCalgelは『絶対に取れないジェルネイル』とは言い切ることが出来ません。 またCalgelは『オフがしやすい』という特性から『取れやすいのでは?』という疑問をもつ事もあると思います。 ここではそんな疑問を解消できるようCalgel/ジェルネイルの接着について分かりやすくご説明していきたいと思います! 接着とは濡れやすさがポイント! ジェルネイルは光(紫外線)を照射して硬化させることで接着するように設計されています。少し化学的なお話になりますが、接着という現象には『濡れ性』というものがとても重要になります。ここでの『濡れ』とは物に水がかかることではなく、接着するものの表面が濡れて良く馴染んだ状態の事を言います。 その表面に『良く馴染んだ状態』が固定されることで『馴染みっぱなし』になることをくっつく(接着)と言うのです。反対に『濡れない』とは表面に馴染んでいないという状態なので、固定しようとしてもしっかりとくっつく(接着)ことはできません。つまり、よく『濡れる』という事が接着という現象には不可欠な要素になります。 上の図と合わせて濡れを分かりやすく表現をすると・・・ ・濡れる・・・使い古された鉄フライパンに垂らしたサラダ油が表面に馴染む状態 ・濡れない・・・テフロン加工されたフライパンに垂らしたサラダ油が表面に弾かれて馴染まない状態 ジェルネイルにおいては、施術前に土台となる地爪を『濡れやすい』状態にすることがジェルの接着を良くするポイントとなります。ジェルが弾いたり、縮んだりしてしまうのは地爪が『濡れにくい』状態の場合であるということです。ジェルネイルを塗布する前にケア・プレパレーションをするのは、この『濡れやすさ』を向上させる意味もあるのです。 ★Calgel Point!★ Calgelの施術前のケア・プレパレーションは地爪との相性を考慮し、濡れやすさの向上を図るよう最適化しています。カルジェルネイルの接着が上手くいかない場合は、今一度、ケア・プレパレーションを見直してみるといいかもしれません。 Calgelはサンディング不要 前文でジェルネイルの濡れ性と接着のお話をさせていただきました。Calgelの施術ではジェルの接着をよくするためのサンディングはしません。代わり『バッフィング』という工程があります。この『バッフィング』には、爪表面のツヤを消して機械的結合力の増大や、カルガード(ネイルプレップ)で落としきれない爪の物理的掃除、さらに爪というキャンパスを整え、仕上がりを美しくするという意味があります。 『えっ、バッフィングも削る作業でしょ?』と思う方もいるかと思いますが、Calgelがバッフィングに使用する240Gのファイルは目が細かく研磨力が穏やかなので、爪を削ることなく表面を磨いてツヤを消し、接着に適した状態に整えることになります。 『Calgel施術の適切なバッフィングは地爪を痛めることがない』という事は、3週間に1度の施術を20年休むことなくCalgelをつけ続られていらっしゃいますお客様が証明になるかと思います。この適切なバッフィングはCalgelの接着をより良くするポイントになるのです。 『取れない=オフできないは危険!? 『取れない』という事は一見素晴らしい事のように思えますが、いざオフしようとした時にその危険性は現れるのです。取れないように接着したジェルネイルは、取るのに時間がかかったり、ジェルを剥がすために爪表面を傷つけながらオフしてしまうことがあります。 『ジェルが取れない=すぐオフが出来ない=オフするのに必要以上に地爪に負荷がかかる』という事をどうか覚えておいてください。 Calgelは『取りやすく・長持ち』にこだわった設計 『取れないジェル』についての地爪への負荷は先ほどお話ししました。『地爪を美しくすこやかに保つ』ということにこだわったCalgelはその負荷を考慮し、『オフがしやすい』という設計にしております。 ここで疑問に思われるのは『簡単にオフ出来る=取れやすい』なのか?という事ですが、Calgelの接着は適切な施術(指示)に従い地爪とジェルがしっかりと手を繋ぐ『握手』のようなものになっています。正しい施術(指示)は接着(握手)する力をより高めてくれるため、決して『取れやすい』とは言えません。またオフの時にも施術(指示)に従い優しく『握手』を離してくれるため、簡単にオフすることが出来るのです。 つまりCalgelは、『地爪を美しくすこやかに保つ』ために『必要以上の接着』を避け、地爪への負荷を最小限にするために『取りやすく・長持ち』という事にこだわった設計のジェルネイルなのです。 ▲カルジェル リムーブの解説 動画 Calgelにご興味をお持ちの皆様へ ここまでCalgelの接着についてお話してきましたが、これはあくまでも『Calgelの特徴』にすぎません。実際のネイルサロンの現場では扱う商材、ネイリストの施術(技術)、お客様の生活環境・爪の状態など、様々な要因が重なることで一概に全てを言い切ることは出来ないと思います。しかし、Calgelは取り扱う人の指示(施術)に忠実です。爪の状態を的確に把握し、最適な施術(指示)が出来れば、Calgelはしっかりとその施術(指示)に応えてくれるのです。 長い文章になってしまいましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました!こちらの記事でCalgelに興味をもっていただき、より理解を深めて頂ければ嬉しく思います。 ▶全国のCalgelサロンを探す ▶全国のCalgelスクールを探す

爪のトラブル解消!地爪を美しく保つ Calgelとは!?

ジェルネイルで爪が痛んでしまったと感じている方や、元々爪が弱いからジェルネイルを敬遠してきた方にも、ぜひおすすめしたいのが『Calgel』。 ジェルネイルで指先を美しくするだけではなく地爪のケアにもこだわる『Calgel』には『10年後も美しい爪を保つ』というポリシーがあります。 それを実現できるプロダクツだという事を、ここではご説明したいと思います。 爪への負担を最小限にすることが出来る商材&施術方法 サンディング・プライマー不要 『Calgel』のプレパレーション(事前処理)の特長は、サンディング・プライマーを使わなくてもしっかり定着し、爪を傷つける心配はありません。 ■サンディングとは・・・ジェルの定着をよくするため地爪の表面を軽く削り、凹凸を作ること ■プライマーとは・・・ジェルと地爪の密着性を高めるために使用する接着剤(化粧品ではありません) またジェルが剥がれにくいとオフがしにくくなり、結果として地爪を傷つけてしまうケースがありますが、『Calgel』は専用の溶液で驚くほどスピーディーに、簡単にオフすることが出来ます。しっかり定着するのにオフがしやすいという相反する性質を、独自の設計で可能にしたジェルネイル、それが『Calgel』です。 【Calgelの設計】 【完全密着型の設計】 地爪に使用するのは表面が滑らかなファイル・バッファー カルジェルを塗る前にファイル、バッファー、ルビーストーンを使用し甘皮やルーススキンを綺麗にする工程(プレパレーション)があります。その際に地爪の表面には表面が滑らかな240G以上しか使わないことも地爪への優しさにこだわるカルジェルならではの特徴です! ぜひサロンで240Gの表面を触ってみてください! ▶モガブルックのファイルをチェック! 選べるドライケア・ウェットケア方法も魅力 カルジェルはドライケアとしっかりと甘皮のケアをしたい方向けのウェットケアの両方出来るソフトジェルであることも魅力の一つ。 ケアメニューにもこだわってみてはいかがですか? ネイルサロンではお店のスタイルやお客様のご要望に合わせたメニュープランニングが可能です! 地爪のトラブル防止にも対応できるジェルネイル 爪の薄い方や弱い方は、生活の中で『割れ爪』や『二枚爪』などの悩みを持っていることが多いと思います。少しぶつけただけで割れてしまう…、気が付くと表面が剥離して二枚爪になってしまう…そんなお悩みにも『Calgel』は対応できるジェルネイルなのです。 『Calgel』には柔軟性を保ち自然な装着感で爪を保護するという特徴があります。 柔軟性を保つというのは爪に対して優しくフィットするという事。 地爪への追従性が高いので日常レベルの衝撃でジェルが割れたり剥がれたりすることはほとんどありません。 更に付けていることを忘れるほど自然な装着感でストレスなく爪を保護できます。これは簡単に言うと『爪の上に爪をもう一枚重ねて保護・強化する』というイメージかもしれません。 これらの特長をふまえた『カルジェルの正しい施術』は噛み爪や深爪なども矯正することができ、美しくすこやかな地爪へと導きます。 10年先、さらに遠い未来までのケアを… ここまでで『Calgel』の地爪ケアについて語らせて頂きました。メイクやファッションもそうですが、ネイルは指先を美しく彩るだけでなく、心も華やかにしてくれる『魔法』のようなアイテムだと思います。そんなジェルネイルで必要以上に爪を傷めてしまう、痛めたことでジェルネイルから離れてしまう方がいるのはとても残念なことです。爪への負担を最小限にとどめ、トラブルから爪を保護し、美しくすこやかに保つことにこだわった『Calgel』は使い続けることでその効果を発揮し、10年先、さらに遠い未来の爪のケアまでを考えているジェルネイルなのです。 爪のお悩みを抱える方はぜひ1度『Calgel』を体験してみてはいかがでしょうか? また『魔法使い』であるネイリストの方は、ぜひネイルという『魔法』に10年先も美しい地爪を保つ『Calgel』を取り入れてみてはいかがでしょうか? ▶全国のCalgelサロンを探す ▶全国のCalgelスクールを探す Calgelの基本の使い方を動画でチェック♪

デュアルネイルライトのお手入れでコロナウイルス対策!

Calgelist ネイルテクニシャン向け Q&A Calgelist ネイルテクニシャンよりいただいた最新のご質問をご紹介する新コンテンツ! 皆様にもぜひ知っていただきたい、お試しいただきたい情報を随時配信して参ります。 コロナウイルス感染症の蔓延によりさまざまな影響がでております。 ネイルサロン様でもいつも以上に衛生管理に気を付け、様々な対策をされてお客様をお迎えしていらっしゃると思います。 今回は、カルジェルデュアルネイルライトの清掃についてのご質問を紹介します。 ご質問 ここのところのコロナの影響もあるので、ライトのお手入れをしっかりしたいのですが、改めて正しいお手入れ方法と、やってはいけないお手入れがあればこの機会に教えてください! 回答 デュアルネイルライトのお掃除を写真付きでご紹介します。 デュアルネイルライトは底板の取り外しが簡単で清掃も簡単(3分程度)です。特に手指が触れる底板については、施術が終わる都度、清掃しましょう! 手順 1:底面を外し清掃 消毒用エタノール or 水でうすめたエタノール or 水でうすめた中性洗剤を含ませた布で底板を拭きます。 2:本体内部も清掃 本体内部も同様に消毒用エタノール or 水でうすめたエタノール or 水でうすめた中性洗剤を含ませた布で拭きます。 ※ご注意※LEDチップに触れないよう注意しましょう。 3:本体外側を清掃 柔らかい布などに水でうすめた中性洗剤少量かエタノールを含ませ、 やさしく汚れを拭き取って下さい。 カルリムーブ、カルクレンズ、アセトン、シンナー、ベンジン、スプレー式クリーナー、次亜塩素ナトリウムなど強い溶剤類では絶対に拭かないでください。 不安が多いこの時期こそ、ネイルで癒しと元気を! そのためにも皆様もコロナウイルスの予防に気をつけて参りましょう。 ▶カルガードを購入する カルガード 50mL CD50N カテゴリ: 溶液 ショップ: Calgel PLAZA

ジェルネイルのなかでも爪に優しい!爪のケアにもなるカルジェルとは?

ジェルネイルがしたいけど、爪が弱いので心配という人や爪が痛みそうと思っているかたにおすすめなのが「カルジェル」です。 カルジェルなら、爪が弱い人でも比較的安心して、ネイルアートを楽しむことができます。 ここでは、カルジェル初心者が知りたい様々なメリットについて、ご紹介いたします。 カルジェルとは? ネイルアートに興味のある人であれば、一度は「カルジェル」というワードを聞いたことがあるのではないでしょうか。 カルジェルとは「自爪ケア」と「指先の美しさ」を両立させた、自爪にやさしいジェルネイルのことです。 そのため、爪が弱い人や、割れやすい人でも安心して楽しめるジェルネイルブランドとして注目を集めています。 他のジェルネイルとの違いは、爪に負担のかかるサンディング不要・プライマー不要、スピーディで簡単なジェルオフ、自然な装着感でダメージレスなことが特徴です。 ジェルが剥がれないけれど、オフもしにくいとされるジェルとは異なり、オフの時に自爪を傷めてしまうことは無く、剥がれにくいけど、オフはしやすい、という独自の設計をされたジェルネイルです。 また、カルジェルは爪にやさしいだけではなく、自爪のサポートもしてくれるので、二枚爪や爪が弱い、深爪、爪に筋があるなどのお悩みを抱えている人にもおすすめのジェルネイルブランドなのです。 カルジェルのメリットって? カルジェル最大のメリットの1つが「自爪を保護する」ということです。 ジェルネイルでは、それぞれのメーカーにより柔軟性が異なりますが、カルジェルは自爪の形に沿ってセルフレベリングする柔らかさで、硬化後は自爪の固さに近いジェルです。 そのため固いジェルと異なり、自爪にフィットし自爪の成長の負担になりません。 折れたり欠けたりしにくく自爪を保護します。 その他にも、ガス・パーマブルシステムで自爪の蒸散作用を妨げないため、自爪とジェルの間に水分が溜まってジェルが剥がれることが少なくカビの心配もほとんどありません。 爪への圧迫感が無く軽い付け心地で地爪を健やかに保ちます。 爪回りをきれいにケアできるウェットケアが出来るのも特徴です。 独自の設計のカルジェルは、医療博士が監修 安心の爪化粧料ソフトジェルで、つまり、爪が弱い人でも安心して、指先のケアとおしゃれを楽しむことができるのです。 さらに、カルジェルの美しい発色は3~4週間も長持ちするので、頻繁にネイルサロンに通えないという人にもおすすめだと言えます。 また、無理にジェルを剥がしてしまうと、自爪を痛めやすいジェルオフですが、カルジェルは「カルリムーブ 」という溶液で手早く落とせるのも、カルジェルのメリットの1つでしょう。 カルジェルはセルフで楽しめるの? カルジェルの商品はプロ(カルジェル講習修了者)しか購入できないと思われがちですが、実はそうではありません。 一部の商品を除いて、一般の方でもカルジェルを楽しめる、さまざまなアイテムを購入することができるのです。 カルジェル公式サイトのオンラインショップで購入できるカラーは非常に豊富なので、つい迷ってしまうかもしれません。 溶液も購入できますが、カルジェルをセルフで楽しむ際は、爪を痛めてしまわないためにも、ホームページで公開されている取り扱い方法などにきっちりと目を通し、全国のカルジェルエデュケーターに使い方を習うことをおすすめします。 カルジェルで地爪美人に爪のおしゃれを楽しもう カルジェルは、セルフでも正しい使い方を学ぶことで楽しめるうえに爪にやさしい、という画期的なジェルネイルブランドです。 最初からセルフにチャレンジするのはハードルが高いという人は、一度プロのカルジェリストから施術を受けてはいかがでしょうか。 カルジェルを熟知したプロフェッショナルな技術は、爪のケアからカルジェルの扱いまでセルフとは異なる美しい仕上がりを楽しめます。 カルジェルのメーカーMOGA・BROOK本社(原宿)では気軽に受けられるセミナーを予定しておりますので、未経験の方もこの機会に是非、カルジェルを体験してみてください。 爪に関する疑問をピックアップ!

カルジェルは縮みやすい!? 見落としがちな原因と対策

せっかくサイドウォールギリギリまで塗っているのに、硬化の時に1ミリくらいの隙間が・・・カルジェルは縮みやすくて難しい・・・なんて思っていませんか? 意外と見落としがちな縮みの原因をご紹介いたします。 原因①お手入れが不十分でサイドから剥がれている カルジェルはテクスチャーが柔らかく、セルフレベリング(ジェルの粘度を利用して自然に広がっていくこと)で薄く自爪にフィットさせることができます。 そのため、カルジェルを塗る前の自爪のお手入れが不十分だと、動いたり、縮んだりすることがあります。 では、なぜお手入れが不十分だと縮むのでしょうか? 爪の表面にルースキューティクル(爪表面を覆っている薄い角質)が残っていると、カルジェルがルースキューティクルに阻まれて、自爪に密着出来なくなってしまいます。 そのため、ルースキューティクルの上に乗っているところからジェルが剥がれてしまい、結果的に縮んでいるように見えてしまいます。 原因②お客様の体質 妊娠中の方や生理中の方、体温が上がっている方、お客様自身の元々の体質で爪表面に油分・水分が多い状態ですと、リフトや縮みの原因となることがあります。 これも本質的には、お手入れ不足と同じ理由になります。 油分がカルジェルをはじくことで、地爪に密着できていない箇所から剥がれてしまい、縮んでいるように見えるというわけです。 どうしたら縮まずに綺麗に保てるの? では、どうすれば縮まずに綺麗な状態を保つことができるのでしょうか? お手入れが不十分 ⇒ お手入れを徹底的に見直そう! お手入れが不十分な方は、一度、徹底的にお手入れを見直しましょう。 チェック項目は下記の3つ。 ルビーストーンでのルースキューティクルの処理がしっかり出来ているか バッフィングは満遍なく出来ているか ※上記2つは、ベテランネイリストでもおろそかになりがちなポイントです。 道具のケアはできているか ネイルケアは完璧!なのに・・・という方は道具を見直してみましょう。 ルビーストーンやバッファーは消耗品です。 交換しないで使い続けいていると目が磨耗し、正しい使い方でもケアの効果が半減してしまいます。 お客様の体質 ⇒ 「ワイプアンドアプライ」で自爪とジェルを密着! 油分・水分が多い方にはワイプアンドアプライの手順を試してみましょう。 通常、ジェルの塗布前にお客様の爪10本をカルガードで拭いて油分除去を行ってから施術をしますが、縮みやリフトなどの症状が見られるお客様の場合は「指を1本だけカルガードで拭いて、すぐにジェルを塗る」という手順を試してみてはいかがでしょうか。 油分・水分が多い方の場合、通常の手順では、ジェルを塗るころには油分・水分が浮き出てきてしまいます。 ワイプアンドアプライは油分除去後すぐにジェルを塗布することで、地爪にジェルを密着させることが出来ます。 モガブルックのケア各種商品はこちら セルフでもスクールで基礎をしっかり学べば大丈夫! このように、ケアや体質に合わせた施術は美しいネイルを作る基礎になります。 リフト・縮みにお悩みの方や、独学でやってきたけれど一度ちゃんと習ってみたいという方はネイルケアのスクールで基礎をしっかり学ぶのもオススメです。 ネイルケアの基礎がしっかり学べる! ネイルスクールはこちら お近くのおすすめサロンはこちら ▼ケア関連の話題記事!

アセトンって使っても大丈夫?アセトンの安全性について聞いてみました。

「アセトン」という名前を聞いた事がありますか? ネイルポリッシュやジェルネイルをオフするリムーバーによく含まれている成分です。 しかし、ネット等ではアセトンの危険性についての記載を目にする事がありますし、ノンアセトンのリムーバーなども販売されています。 アセトンを使っても大丈夫な成分なのでしょうか? 安全性は高いことは証明されている アセトンは引火性があり、揮発しやすく、独特の匂い、そして目に対する刺激性もあります。 分類的には有機溶媒(水に溶けない物質を溶かす、常温常圧で液体の有機化合物の総称。)の仲間とされています。 皮膚からの吸収もあることから、様々な悪評もみられます。 しかしながら、その安全性は高く、妊婦や授乳中の赤ちゃん、小児への影響もないと考えられます。 アセトンは人体で自然に生成される物質 その根拠は以下のようなものです。 体の中に入ったアセトンが体内で蓄積することもありません。体の一部なんですから。 アセトンは体の中で常時生成され、体に必要な成分として常に代謝の過程で利用されています。 発がん性や催奇形性作用も無いことが証明されています。 では毒性は全くないかというと、それはあります。水や砂糖、塩だってたくさん服用すれば毒性がでてきます。 では、どの程度かといえば、ほぼアルコールと同様と考えてみてはいかがでしょうか。 このように安全性が高いアセトンです。 ではなぜ、悪い風評があるのか? ではなぜ、悪い風評{「アセトンの発がん性」、「毒性がある」、「生殖機能や胎児への悪影響が懸念」、「一部で発がん性の危険を指摘」、等々}があるのでしょうか? 「アセトンの発がん性」、「毒性がある」、「生殖機能や胎児への悪影響が懸念」、「一部で発がん性の危険を指摘」はいずれも根拠はありません。 製薬企業研究者の間では、体の構成成分というだけで、安全なものと判断されます。 さらに、発がん性、催奇形性等、一通りの安全性試験で安全とされたら、以後問題とされることはありません。 ただ、この場合でも文章上は、注意すべき成分と記述されます。 これが一般的な専門家の安全な化合物に対する記述の仕方です。 この最後の修飾語的な部分について、妙に過大な評価がなされてしまっているのがこの状況の原因ような気がします。 乾燥には気をつけて アセトンは、その揮発性の高さと両親媒性(水と油、相反する両方に溶けること)により、皮膚や爪の水分・油分を短時間で取り去ってしまいます。 リムーブの際の爪や皮膚のトラブルはアセトン自体ではなく、この「乾燥」が原因の事がとても多いのです。 アセトンを使った後には、キューティクルオイルやハンドクリームなどで乾燥を防ぐように気をつけましょう! 記事協力 株式会社モガブルック 顧問・医学博士 勝田公雄 ▼アセトンフリーのリムーバーはこちら カルジェル カルクレンズ 50mL CC50N カテゴリ: 溶液 ショップ: Calgel Plaza カルジェルについてもっと知りたい ▼カルジェルのオフの方法について知りたい!

開発者インタビュー「オフの負担が少ない理由-カルジェル開発秘話」

カルジェルが爪に優しいとはよく聞きますが、なぜ優しいのか? あなたは知っていますか? ネイルテクニシャンはもちろん、ネイルに興味のある人は知っているとちょっと頭がよくなったような気がする!? カルジェル開発者インタビュー! 本日も、皆さんおなじみ!? 商品開発部小沼マサユキさんに伺いました! オフがしやすい、しにくいって? ——今週もよろしくお願いいたします。 こんにちは。今日は、学生時代に戻って理科の勉強です。 ——理科、苦手ですが頑張ります。 そもそもなんでジェルのオフの時に剥がしやすい物と剥がしにくい物と違いが出るんですか? みんな剥がしやすかったらいいと思うのですが。 大雑把ですね! えーと、そもそも「くっつく」って一言で言いますけど、3つの要素があるんですよ。 ——3つも? はい。下記の図を見てください。 接着力としては③の化学的結合が一番強いのですが、その分、この結合に頼っていると、オフがしにくい。つまり、爪も痛みやすいということです。もちろん、長持ちするというメリットもありますが。 なので、この3つをどういうバランスで作るかで剥がしやすさが変わってくるんです。 ——なるほど。 サッカーのフォーメーションみたいなもの!? サッカーのフォーメーションのような感じで考えてもらってもいいかもしれないですね。 例えば、ノンサンディングのジェルの配分を仮に 1:3:6 とすると、カルジェルの場合は 1:6:3 みたいな感じです。 さすがに、サッカーではフォワード6とかはないですけど。このバランスは、オフはしやすいけど、長持ちするカルジェルの特徴ですね。 ——つまり、化学的結合の配分を減らして物理的結合の割合を増やした、と。 その通りです! 実際にジェルを落とす時に全然違うなと感じられると思います。 他のソフトジェルですと、ジェルリムーバー(カルリムーブ)で浸した後、5割方表面が剥がれて、付着したジェルを念入りにこそげ落としたりすると思うんですが、カルジェルの場合は、一気にベロンと剥がれて、ささっとカスを落とすぐらいです。 ——付箋と接着剤の違いのような感じですね。 ネイルテクニシャンのレベルの高さも大事な要素 そんな感じで捉えてもらえると良いかと思います。 また、カルジェルは2015年10月までID制度という免許方式をとっていたので、ネイルテクニシャンのレベルが非常に高いのも、オフの負担が少ない理由の一つですね。 ——なるほど。今はID方式ではないんですか? はい。ジェルネイルの普及に合わせて制度を緩和し、現在はご希望のみなさんにお使いいただけます。 ですが、任意の教育プランは引き続き行っておりますので、よりレベルアップしたいネイルテクニシャンさんにはオススメです。 ——常にスキルをアップデートされているプロの方って素敵です! カルジェルが「カルジェルウィーク」で毎月無料で試せる! カルジェルが無料で試せる「カルジェルウィーク」毎月開催中! そうですね。良いジェルを正しく使っていただくことが、結果、長持ちもするし、爪にも優しいので。カルジェルを検討されているネイルテクニシャンの方も、お客様も一度カルジェルを試していただけたら嬉しいですね! ——ありがとうございました。 カルジェルが無料で試せる! ↓↓↓↓↓↓↓↓↓ カルジェルウィークのお知らせはこちら カルジェルに関わる方々のインタビュー