How to

カルジェルウィーク 2019年5月開催!

令和時代 最初のカルジェルウィーク!5月は5日間連続開催!最新のCalgel情報をいち早くキャッチできるMOGA・BROOK主催イベント「CALGEL WEEK」。お待たせしました!201

Calgel無料体験&セミナー情報

「爪飾手帖 技巧の巻」特別出版記念セミナー「爪飾手帖 技巧の巻」特別出版記念セミナー

カルジェル マットトップジェルのご紹介【動画】

発売から“汚れにくい”として人気を集めている「カルジェル マットトップジェル」その特徴や性質は、カルジェルの品質を大きく向上させていますが、デザイン性でも広がりを作る事ができ、ユーザーの皆様より好評を頂いております。 今回は動画を踏まえてマットトップジェルについて、ご紹介をいたします。 カルジェル マットトップジェルの使い方 Calgelクリア、またはCalgelカラーの上に仕上げとして塗布。ノンワイプトップジェルと併せて一部マット仕上げなども楽しめます! 硬化(カルジェルのデュアルネイルライト 60秒 クリスタランプ 180秒) 他社ランプの硬化について、弊社では一切の保証は致しかねます。 未硬化ジェルを、ネイルワイプにカルガードを浸し、力を入れず優しく拭き取るとマットに仕上がります。 オフの際は、トップジェル層をファイリングしてから、通常通りの方法でオフができます。 カルジェル マットトップジェルの注意点 カラージェルなどにも当てはまる内容もありますが、以下の点についてご注意ください。 トップジェル専用のため、クリアジェル、カラージェルとは混ぜないでください。 筆はマットトップジェル専用として使い分けてください。 地爪に直接塗布しないでください。 他のジェルとは混ぜないでください。 厚塗りしないように注意してください。 カルジェル マットトップジェルを使ったネイルデザイン 涼しげマリンなハイビスカスネイル art by Misuzu Taga 艶×マット!ワンランク上のマットデザインネイル! 光を抑えた優しい大人のブラウン&グレーネイル art by Reina Oonuma カルジェル マットトップジェルの紹介動画公開 ※再生すると音楽が流れます。 カルジェル マットトップジェル関連の記事 新色紹介 マットトップジェル

身だしなみは美爪から!メンズ向け爪の切り方とは

爪の弱い人は、なぜ爪が割れたり二枚爪になりやすかったりするのかを知っておくといいでしょう。爪がいつもボロボロの状態では、ビジネスマンとしての身だしなみにも影響してくるかもしれませんね。 そこで、このような爪トラブルを解消するためにも、まずは負担のかからない正しい爪の切り方を身につけましょう。 ビジネスマンの身だしなみ できるビジネスマンにとって清潔感のある身だしなみはとても大切です。ピシッとアイロンのかかかったスーツ、綺麗に整えられた髪の毛、丁寧に磨かれた靴であれば、ほとんどの人が身だしなみは完璧だと思うかもしれません。ですがそれだけでは見過ごされている部分があります。 手は意外と他人から注目されやすく、握手したときや名刺交換したとき、ホワイトボードや資料などを指差して発言したときなど、あらゆるビジネスシーンで見られています。このとき、爪が伸びすぎていたり、割れていたり二枚爪になっていたりしてはかなりのマイナスイメージです。 それを解消するためにも普段から爪を綺麗に整え、傷みのない健康的な爪で清潔感のあるビジネスマンを目指してみましょう。 ▼できる男のビジネスネイルシリーズ 爪を切るタイミングは? 爪は個人差や年齢などにもよりますが1日におよそ0.1mm伸びていきます。爪は伸ばしすぎると先が割れることもあるため、少なくとも2mm程度伸びたら切るようにします。そのため、爪を切る時期は2週間から3週間に1度を目安として考えておくといいでしょう。 また、1日のうちで爪を切るのに一番いいタイミングは、入浴後です。入浴後は爪が保湿され柔らかくなっているため、乾燥している状態で切るよりも割れやヒビが入りにくくなります。 もしも入浴後以外のタイミングで爪を切りたい場合は、ぬるま湯を用意して指先を3~5分ほどつけてから切ると爪が柔らかい状態で切ることができます。 爪に負担がかからない切り方とは? 一般的に「爪切り」を使って「ラウンド型」に爪を切る人が多いですが、この切り方では爪に大きな負担がかかります。爪切りは爪を挟んで一気にパチンと切ってしまうため、衝撃が大きく、割れやヒビの原因になることがあります。 爪に負担がかからず切るためには、ネイルニッパーや爪ヤスリなどを使うといいでしょう。また、ラウンド型に切るという方法は爪の先端だけに負担がかかるため、一番強度の高い「スクエア型」にすることをおすすめします。 スクエア型に切るには、まずネイルニッパーで爪を指先の皮膚の高さになるように端からまっすぐ横に切っていきます。このとき、あまり爪が伸びていないようであれば、ネイルニッパーではなく爪ヤスリを使ってもいいでしょう。次に爪の角を丸めていきますが、これは爪ヤスリを使って一定方向に優しく動かします。最後に爪ヤスリで引っかかりがないように全体を整えれば完成です。 ▼ファイルを使った爪の切り方 爪が弱い人の対策方法 爪が弱い人の場合、その原因として加齢によるものや遺伝によるもの、手が水に濡れたり洗剤を使う機会が多かったりすることが考えられます。 いずれの場合でも、爪に含まれる水分が減少し乾燥すると弱くなってきます。それを解決するためには、ハンドクリームやネイルクリームなどを小まめに爪に塗って保湿を心掛けるようにします。さらに爪切りの際は、ネイルニッパーや爪ヤスリを使ってスクエア型の爪に整えるようにするといいでしょう。 ▼ケアの方法をもっと知りたい方はこちら ▶ケア用品一覧 ▶ファイル・バッファー(爪やすり)一覧 ▶トップコート一覧 ▶キューティクルオイル一覧 男の身だしなみネイル

ネイルテクニシャン必見!カルジェルをメニュー提供するにはどうしたらいいの? 導入までのHOW TOをご紹介!

すでにネイルテクニシャンとして開業されている方も、これからネイルテクニシャンになりたい! という方も、カルジェルを自分のサロンで扱いたい時、どうしたらいいのでしょう…? カルジェルは誰でもゲットできる! たしか、カルジェルってIDがいるんじゃなかったっけ? 学校に通わないとだめ? そんな風に思っている方も多いのでは? 2015年10月まではコース修了者のみ購入ができるシステムだったのですが、現在はどなたでも購入いただけます! カルジェルの魅力はなんといっても 薄つきで柔軟性があり、長持ち(3~4週間) サンディング不要、溶液で簡単にオフできるので爪に優しい。 匂い・ダストが少なくサロンワークに最適 技術に沿ってコースが選択できる優れた教育制度 というところ。 また、世界で20年以上も愛され続けているブランドであり、日本で初めてのソフトジェル(ソークオフジェル)ネイルで信頼性が高く高品質なプロダクトです。使用しているジェルブランドを謳うことでサロンのブランディングにもつながります。 技術・心構え・知識が必要なネイルテクニシャン(ネイリスト) 実は、ネイルテクニンシャン(ネイリスト)というのは日本においては免許制度がありません。 なので、技術を身につければ仕事にできる職種になります。 ネットで独学…という手もあるでしょうが、自分の爪を施術する分には問題ないでしょうが、お客様に施術するとなると、技術・心構え・知識とも求められるレベルは違ってきます。また、各メーカーで使い方や塗り方は異なりますので、間違った情報をもとに施術していたらとんでもありませんね。 そこで、ネイルスクールで学んだり、資格を取得した後サロンに就職、または一気に開業、という流れが一般的です。 カルジェルスクールは全国にあり! すでにネイルテクニンシャンとして働いている方でも、全くの初心者の方でもご自分にあったコースを下図の中から選んで受けていただくことができます。 全国にカルジェルを習えるスクールがあるので、家の近くで探せるのも嬉しい! お近くのスクールはこちら   カルジェルを触ってみたいかも・・・ まずはどんなジェルか試してみたい方には、自由にカルジェルを体験できるタッチ&トライや無料体験セミナー、Calgel Week(月1回開催)などをご利用ください。 カルジェルの本社Calgel HOUSE(原宿)では常時全商品をお試しいただける他、エデュケーターが常駐しておりますので、どんなご質問にもお答えいたします。 カルジェルコースは高い?! では、費用はどのくらいかかるのか・・・? 学校によって様々ですが、初心者が一般にサロン就職レベル(サロンに面接を申込めるレベル)までいくには 約30〜100万(70〜200時間) と、言われています。   MOGA・BROOKネイルアカデミーの場合、例えば初心者の方が「ネイルケアコース&ファンデーションコース」を受けたとすると 120,000円(税別) 講習費用。教材費別途 全12回(24時間) となっています。   基本的なネイルケアからカルジェルのフラットアート、フレンチ、グラデーション、スカルプチュア、チップオーバーレイなど様々な技術が学べる、ケアから応用までを網羅したコースです。短期間で質のいい授業をぎゅっと吸収できるという点ではおすすめです! すでにネイルテクニシャンとして基礎的な技術がある方は「スタンダードコース」がおすすめ。こちらは 60,000円(税別) 講習費用。教材費別途 全6回(12時間)   また任意で、もっと技術を高めたい! 資格が欲しい!という方にも、「アート講習や復習レッスンの受講」や「各種試験」を設けています。 カルジェルの資格が欲しい方は試験にチャレンジ! 試験は「カルジェルエデュケーター試験」「プラクティカル・カルジェル・サーティフィケイト試験」の2種。それぞれ下記の特性があります。 ●カルジェルエデュケーター試験 基礎技術を中心としたカルジェルの最難関試験。合格するとカルジェルエデュケーターライセンスが取得でき、カルジェルスクールが開校できます。 ●プラクティカル・カルジェル・サーティフィケイト試験 サロンワークで中心となるアート技術を中心とした試験。難易度でJunior、Second、Firstと3段階に分かれています。   ご存知のように、カルジェルは長期にわたってお客様への施術が可能な、爪に優しいジェルネイルシステムです。このジェルの長所を活かすためには、施術の技術のみならず、ネイルケアや衛生、病理学を含めた知識と商品知識が必要不可欠になります。 Calgelistになって、確かな技術と知識を蓄え、今よりももっと、(初心者の方は初めから)お客様に安心して施術を受けていただけるネイルテクニシャンを目指しませんか? MOGA BLOOKネイルアカデミー詳細を見る ▶カルジェルを購入する カルジェル カルクレンズ 600mL カテゴリ: 溶液・トップコート>溶液 ショップ: Calgel Plaza カルクリスタルUVトップコート CTCJ カテゴリ: 溶液・トップコート>トップコート ショップ: Calgel Plaza クリスタライン VC キューティクルオイル ローズS 2.7mL カテゴリ: 溶液・トップコート>キューティクルオイル ショップ: Calgel Plaza カルジェル カルリムーブ 600mL カテゴリ: 溶液・トップコート>溶液 ショップ: Calgel Plaza お近くのおすすめサロンはこちら

初心者でも簡単!カルジェルの混ぜ方テクニック!

地爪へのダメージが少なく、爪が弱い人でも無理なく使えるネイルケアシステムでおなじみのカルジェル。自宅でセルフネイルを楽しむ女性も増えています。カルジェルのカラーバリエーションは豊富ですが、一度にたくさんの色を買い揃えるのも大変です。しかし、カルジェルならジェルをミックスすることにより、ビギナーでも簡単にオリジナルカラーを作ることができ、色彩豊かなネイルを楽しめます。 混色の基本ルールをご紹介!カラージェルのミックスはこうすればOK! 複数の色を混ぜ合わせて新しい色を作り出すテクニックを混色と言いますが、大きく分けると2つのルールに分類されています。片方は、例えば舞台の演出に使われるスポットライトなどの光のミックスに活用され、もう一方は塗料やカラー印刷で色を作り出す方法として使われるのです。カルジェルを混ぜ合わせて新しい色をカスタマイズする際には、この後者のルールであり「減法混色」を活用して行います。 揃えたいのはマゼンタ・シアン・イエローの三原色! 減法混色にはベースになる3つのカラーがあり、その3色を混ぜ合わせて新しい色を作ります。マゼンタ、シアン、イエローが三原色となりますが、カルジェルのカラージェルに当てはめると、エンパイアローズ、モアナブルー、レモンイエローなども近い色味だと言えるでしょう。 この三原色にホワイトとブラックが加われば、初心者でも混ぜ方の加減次第で、原理的にはあらゆる色を作り出すことが可能になるわけです。一般的にカラージェルをミックスする時は、数センチ四方程度のペーパーパレット等の上でつまようじで混ぜていきます。 エンパイアローズ CGPI01S 容量: 4g カテゴリ: カラージェル>ピンク ショップ: Calgel Plaza モアナブルー CGBL09S 容量: 4g カテゴリ: カラージェル>ブルー ショップ: Calgel Plaza レモンイエロー CGYE01S 容量: 4g カテゴリ: カラージェル>イエロー ショップ: Calgel Plaza たとえばベージュ!大人の上品ネイルもセルフカスタマイズ! 肌なじみがよく、控えめな印象のためオフィスネイルにもふさわしいベージュ。カルジェルのカラージェルにも赤みのある優しいベージュからグレーがかったクールなタイプまで、豊富なカラーバリエーションが揃っている人気色です。ベージュは演出次第で知的な印象にもセクシーなイメージにも仕上がるので、自分でいろいろな種類を作ることが出来るのも楽しみの1つです。 慣れるまでは少しずつミックスするのが基本! カラージェルでベージュは多くありますので、まずは基本となるベージュを選んでみましょう。自分好みのベージュのカラージェルに、ホワイトやマゼンタ、ブラックを少量混ぜて肌の色に近づけたり、好みのパステルカラーを作るなど、自分のオリジナルカラーを楽しみながらミックスする事に慣れていけます。 チュールベージュ4g CGBB15S 容量: 4g カテゴリ: カラージェル>ベージュ/ブラウン ショップ: Calgel Plaza カルジェルでセルフネイル!色混ぜをマスターすれば楽しさ無限大! 混色のテクニックを使えば、いろいろなデザインに挑戦することが可能です。濃淡の違うカラーバリエーションを2~3種類用意すれば、自分だけのカスタムカラーで初心者でも素敵な天然石ネイルも作れます。クリアジェルを塗布した後、それぞれのカラージェルを爪の上にランダムに置き、きれいにワイプした筆でS字を描くようにうねらせるだけです。 地爪に優しいカルジェルは、柔軟性がありナチュラルな仕上がり。蒸散作用を妨げないので、3~4週間 美しい状態をキープすることも可能です。色混ぜのテクニックを覚えれば、ネイルのアイデアもますます広がるのではないでしょうか。 ▶カルジェルを購入する エンパイアローズ CGPI01S 容量: 4g カテゴリ: カラージェル>ピンク ショップ: Calgel Plaza モアナブルー CGBL09S 容量: 4g カテゴリ: カラージェル>ブルー ショップ: Calgel Plaza レモンイエロー CGYE01S 容量: 4g カテゴリ: カラージェル>イエロー ショップ: Calgel Plaza ピュアホワイト CGWH04S 容量: 4g カテゴリ: カラージェル>ホワイト ショップ: Calgel Plaza クラシックブラック CGBK01S 容量: 4g カテゴリ: カラージェル>グレー/ブラック ショップ: Calgel Plaza クリアジェル 25g CG00 容量: 25g カテゴリ: カルジェル>クリアジェル ショップ: Calgel Plaza もっと自分でデザインを楽しみたい方はこちら

カルジェルを使ったツイードネイルの作り方

冬の定番ツイードネイル 季節は冬真っ只中・・ネイルサンプルも冬仕様ですね。今回はそんなサンプル達にぜひ仲間入りさせたい、毎年冬に大人気のツイードネイルの作り方をご紹介します!使う色によって雰囲気が変えられ、何通りもの色の組み合わせができる飽きのこない万能デザインを今回はカルジェルの人気カラーベージュを使って工程ごとに分けて詳しく説明していきます。 基本的に人の爪に塗る場合は必ず最初にクリアジェルを塗りますが、今回はネイルチップに作成するためクリアジェルは省略していきます。 工程1 ベースカラーとなるジュリアベージュ(CGBB10)を基本形で2回塗る ジュリアベージュ CGBB10S 容量: 4g カテゴリ: カラージェル>ベージュ/ブラウン ショップ: Calgel Plaza ジェルポットからジュリアベージュ(CGBB10)をフラット筆にとります。 筆の片面にジェルを取るのが綺麗に塗るコツです! 量はこれくらい 基本形で1回塗り、硬化。 さらにもう1回基本形で塗り、硬化します。 -これでベースの出来上がり。- 工程2 ツイードの柄となるラインをモーヴ(CGPU05)、ダスティピンク(CGPI09)、ピュアホワイト(CGWH04)で縦に描いていく。 モーヴ CGPU05S 容量: 4g カテゴリ: カラージェル>パープル ショップ: Calgel Plaza ダスティピンク CGPI09S 容量: 4g カテゴリ: カラージェル>ピンク ショップ: Calgel Plaza ピュアホワイト CGWH04S 容量: 4g カテゴリ: カラージェル>ホワイト ショップ: Calgel Plaza 細筆に適量ジェルを取り、ランダムに線を描いていき、硬化します。 あまり筆圧が強いとラインが太くなってしまうので注意しましょう。 また、セルフレベリングが進むとラインが太くなってしますので、なるべくすばやく。 一色ずつその都度硬化するとシャープな線がキープできます。 ラインは重なっても大丈夫です。適当に全体が3色のラインで80%埋まるくらい描いていきます。 工程3 横のラインを描いていく。 縦のラインと同じ要領で、同じ3色を使いこんどは横のラインを縦のラインに交差するように重ねて描いていきます。 各色ごとに硬化をし、細いラインを保ちましょう。 縦も横も、ラインは不規則なほうが、ツイードの雰囲気がでていい感じに仕上がります! 工程4 バランスをみて縦、横のラインを書き足し、ラメライン(ハニーゴールド)を加える。 一通り縦、横とラインを描き終わったら、バランスをみて隙間や気になるところにさらに縦でも、横でも、ラインを書き足します。ここでも一度硬化します。 最後にクリアで混ぜたラメ(ハニーゴールド)で縦、横とラメラインを描き硬化します。 ラメは少し入れることによって締りがでます。 工程5 トップジェルで仕上げる。 仕上げにトップジェルを塗ります。 前の工程でラインをたくさん重ねたことによって、表面がデコボコしているので、フラット筆にジェルをたっぷりとり、まんべんなく塗っていきます。 表面がつるんとするまで少し待ち、クリスタランプで30秒硬化します。 (表面に大きく凹凸が残っている場合はトップジェルが少ない可能性があるので足して再度塗りなおしてみてください) 硬化後、表面の未硬化ジェルをカルガードで拭きとります。 ラインが重なることでツィードらしさが増します! 地道な作業ですが、とっても簡単なので、ぜひ試してみてください!

弱い爪もカルジェルならキレイに見せられる?!爪の形を変える方法とは?

爪が弱くて伸ばせない、横幅があってキレイに見えない、そんな悩みを持っていませんか。ネイルのデザインや見せ方を工夫すれば形の悩みをカバーすることは可能です。ここでは、自爪はそのままで爪の形を変える方法を紹介します。 爪で抱えがちなトラブルや悩みとは? 爪が弱いと、少し伸ばすだけでもすぐに折れてしまったり表面がでこぼこしたりというトラブルを抱えがちです。マニキュアやネイルは爪に負担をかけやすく、思うように楽しめない人は多いでしょう。爪が弱いと長さが十分に保てないばかりか、ネイルも負担になることがあります。自爪にクセがあったり伸ばせなかったりするのにカバーもなかなかできないと、それがコンプレックスになってしまう人もいるかもしれません。 また、自爪の横幅があることでネイルのデザインが限られてしまうという人もいます。指先は人目に触れやすい部位でもあるので、気になる人は多いのではないでしょうか。自爪の形の問題や表面のトラブルなど、何らかの爪の悩みを抱える女性は少なくはありません。 爪に負担をかけにくいカルジェルとは? 自爪の表面をカバーするならジェルネイルもありますが、爪の弱い人にとって心配なのが爪への負担です。表面を整える作業だけでも、爪が折れてしまわないか不安に感じる人もいるでしょう。カルジェルは従来のジェルネイルとは方法も工程も違うため、爪への負担がかかりにくいのです。まず、カルジェルはサンディング作業を行いません。サンディングがないので自爪を削って薄くなるという心配からは解放されます。下地も不要なので薬品に弱いという人でも安心してトライできるでしょう。折れてしまった、あるいは短かったりする爪には、クリアジェルでフリーエッジを作る「スカルプチュア」という方法か、ネイルチップを爪先に装着しその上にクリアジェルを塗布して作る「チップオーバーレイ」という方法で補強し、形を整えていきます。オフするときには専用のリムーバーですっと落とせるので爪への負担が軽減できます。 爪のコンプレックスは見せ方でカバー #カルジェル #calgel # ジェルネイル #gelnails #젤네일 #ネイル #nails #nailart #原宿ネイルサロン #ネイルサロン #美甲店 #原宿 #harajuku #明治神宮前 #Calgelist #カルジェリスト #大人ネイル #上品ネイル #オフィスネイル #爪に優しい #オフがしやすい #マットコート #mattetopcoat #mode #モード Calgelさん(@calgel_japan)がシェアした投稿 - 2017 3月 24 1:30午前 PDT カルジェルはスカルプチュアやチップオーバーレイを行い爪の形状を整えたり補強したりしてネイルを施していきます。横幅のある爪や短い爪がコンプレックスでも、負担を抑えながら形を変える効果が期待できるのです。また、デザインによっては指を長く見せる方法もあります。爪や指を長く見せたい場合にはカルジェリストに相談してデザインを工夫してもらいましょう。縦にラインを入れるデザインや細く塗り分けるデザインなどを選ぶだけでも爪をシュッと長く見せることができます。カルジェルは自爪自体を変えることが難しい人でも、見せ方を変えることが可能なのです。爪の表面や形状にコンプレックスを抱えているなら、是非カルジェルを試してみましょう。 カルジェルでボロボロの爪がこんなに変わる!! 実際に爪を伸ばしてみた どうして爪が割れるの?

爪の形を整えるには爪切りよりファイル!方法教えます!

爪が伸びてきた時は爪切りを使用するのが一般的ですが、爪のプロであるネイルテクニシャンはファイルを使用します。今回は、なぜ爪切りよりファイルで整えた方が良いのか、どんな方法で整えるのかについてまとめてみました。 爪が傷む原因は爪切りを使用しているから!? 爪の形を整える際、爪切りよりもファイルの使用をおすすめするには理由があります。そもそも、爪は1枚に見えて実は3層構造になっているんです。その為、衝撃を受けると剥がれやすいのです。二枚爪で悩む人も多くいますが、二枚爪は主に乾燥が原因で爪の一番上の層が剥がれた状態です。空気の乾燥や水仕事などで爪が乾燥している時に爪切りで爪に圧をかけると、層がバラバラになり剥がれてしまいます。特に、長年使用して切れ味が悪くなった爪切りを使用すると、爪にかかる圧が強くなり爪を痛めやすくなります。一方、ファイルを使用すると、爪に圧をかけずに形を整えることができます。そこで、爪を傷めることなく形を整えるために、爪切りよりもファイルの使用をおすすめするのです。 ファイルで爪を綺麗に整える方法は? ▲「お題ネイル」のワンシーン。 ファイルで爪を整える時は、爪に負荷をかけないように一定方向に動かすことがポイントです。まず、爪を整えたい方の手を軽く握るような形で、爪の先を自分の方に向けます。爪の先端からファイルを当てて整えていくのですが、爪に対してファイルが45度位になるよう意識して当てます。先端は平らになるよう整えましょう。次はサイドです。サイドは外側から中心に向けてファイルを動かします。45度を目安に斜めに整えます。最後は角が丸みを帯びるよう整えてください。求める爪の形によって先端にファイルを当てる際の角度が違います。ラウンド型の場合は上述のように45度ですが、スクエアネイルやポイントネイルにしたい場合は爪に対してファイルが90度になるように当てて動かします。丸みを帯びたオーバルネイルにしたい場合は、30度程度で当てるのが理想の形に仕上げるコツです。 ▶モガブルックのファイルをチェック! ファイルには種類がある!?使い分けして美しい爪に! 80グリッド、120グリッドのファイルは爪やネイルチップの長さを整える用の物です。 目が粗い為、爪を傷めてしまうので長さを整える以外には使用しません。 ▶80グリッド、120グリッドのファイルを購入する クロワッサンファイル80 CRF80 カテゴリ: 筆・ファイル・バッファー>ファイル・バッファー ショップ: Calgel Plaza ブラックファイル120N WB120N カテゴリ: 筆・ファイル・バッファー>ファイル・バッファー ショップ: Calgel Plaza バケットファイル120ローズ BF120R カテゴリ: 筆・ファイル・バッファー>ファイル・バッファー ショップ: Calgel Plaza 180グリッド、240グリッドのファイルは爪の形を整えるのに使用します。 使い分ける場合は、粗めの180Gで形を大まかに整え、240Gで仕上げます。爪の表面には使用しません。 ▶180グリッド、240グリッドのファイルを購入する バゲットファイル180チェリー BF180C カテゴリ: 筆・ファイル・バッファー>ファイル・バッファー ショップ: Calgel Plaza バゲットファイル240 BF240P カテゴリ: 筆・ファイル・バッファー>ファイル・バッファー ショップ: Calgel Plaza バッファーは爪の表面を整えるのに使用します。ジェルを塗る場合には表面をなだらかにすることで定着を良くします。 こちらも使い分ける場合は粗めの180Gで大まかに整え、240Gで仕上げます。 ファイルタイプ・ブロックタイプの形の違いは使用者の好みです。 ▶バッファーを購入する オレンジスポンジスタンダード OBS カテゴリ: 筆・ファイル・バッファー>ファイル・バッファー ショップ: Calgel Plaza ブルースポンジスタンダード BBS カテゴリ: 筆・ファイル・バッファー>ファイル・バッファー ショップ: Calgel Plaza オレンジスポンジブロック OBB カテゴリ: 筆・ファイル・バッファー>ファイル・バッファー ショップ: Calgel Plaza ブルースポンジブロック BBB カテゴリ: 筆・ファイル・バッファー>ファイル・バッファー ショップ: Calgel Plaza 優しいケアで美しい爪をキープ! 爪を整える時は、爪に優しいファイルを使用してみましょう。ファイルには種類があるので、爪を短くする時や表面を綺麗にする時など、用途に合させて使ってみてください。ネイルテクニシャンのケアを真似して美しい爪をキープしましょう。 形をキレイにしたら、カルジェル塗りたくなりますよね♪

より綺麗な指先を目指す!セルフで甘皮処理をする方法

皆さんは甘皮処理を行う事はありますか?実はするかしないかで指先の美しさに大きく差が出ます。甘皮処理をすることでネイルをよりきれいに塗ることも可能ですし、長持ちさせることもできます。ここでは、セルフで甘皮処理する方法について紹介していきます。 甘皮処理を始める前に 甘皮処理は専用の器具で甘皮を取り除くのがメインですが、正しい方法で行わないと手間がかかったり痛みを感じたりすることがあります。いきなり始めるのではなく、まずは専用のキューティクルリムーバーを爪に塗って甘皮をやわらかくすることが大切です。キューティクルリムーバーは長年放置してかたくなってしまった甘皮でも柔らかくしてくれるので、その後の処理がしやすくなります。キューティクルリムーバーがない場合は、ぬるま湯に指をつけておくだけでもやわらかくすることが可能です。お風呂上りなどは自然と甘皮がやわらかくなっているため、初心者でも処理しやすくなっています。 ▲「お題ネイル」でおなじみ「手湯シーン」。 ▶フィンガーボウルを購入する フィンガーボウル(クリア) 通常のマニキュアボウルよりも一回り小ぶりなマニキュアボウルです。 mogabrook.jp 購入ページへ 専用の器具で押し上げて処理 甘皮をやわらかくしたら、ルビーストーンやメタルプッシャーなどを使って甘皮をやさしく押し上げていきます。ルビーストーンやメタルプッシャーは甘皮を押し上げるための専用の器具です。ルビーストーンは先端部のチップが微粒子のセラミック素材を使用しているためスリップしにくいのが特徴で、斜めにカットされていることで初心者でも使いやすくなっています。長持ちしますしキャップ付きで携帯しやすい点もメリットです。メタルプッシャーはステンレス製なので、ジェルネイルを混ぜる際にも使うことができます。 ルビーストーンでルースキューティクルを取り除きます。取りきれないルースキューティクルやささくれはキューティクルニッパーで処理します。キューティクルを傷つけないように注意しましょう。安いニッパーを使うとうまく切れないことがあるので、プロのネイルテクニシャンが使用しているキューティクルニッパーが適切です。 ▶モガブルック ルビーストーンを購入する ▶メタルプッシャーを購入する ▶MOGA・BROOKキューティクルニッパーを購入する セルフでの甘皮処理は処理後のケアも忘れずに セルフで甘皮処理した後は、キューティクルオイルで爪にうるおいを与えることが重要です。キューティクルオイルは美容成分が配合されているので、爪や甘皮のケアだけではなく、指先の保湿やささくれ防止にも役立ちます。キューティクルオイルはさまざまな物が販売されています。浸透性に優れているものやビタミンが配合されているものなど効果や成分に違いがあるため、自分に合った物を使用するようにしましょう。 ▶クリスタライン VC キューティクルオイル ローズS 2.7mLを購入する 定期的なお手入れで爪をきれいに保とう 甘皮処理をすることで、ネイルした爪をよりきれいに見せることが可能です。セルフで行う甘皮処理は間違ったやり方や適当な器具を使うとトラブルの原因になります。専用の器具と正しい方法で爪をきれいに保ちましょう。 下準備ができたら、カルジェルを塗りましょう♪

男も爪は気にするべし!男のビジネスネイル(入門編)その3

ネイルの仕事に携わって約半年。カルジェリストさんたちの取材に立ち会わせてもらうことで、ネイルの仕事に携わっているみなさんの技術力、そして職業意識の高さには信頼感さえ抱くようになっています。前回の「男も爪は気にするべし!男のビジネスネイル(入門編)その2」ではネイルサロン未経験のおっさんが「爪を保護、強化したい!」というシンプルな目的の元で覚悟を決めて、初めてのサロンへと足を運びました。そこから約1カ月、再びサロンへ足を運んできて思うことはいろいろありつつも、自分に合った活用の仕方ができるのであれば「全然アリだな」と思っています。それではその3へと行ってみましょう。 2回目のネイルでは、前回の内容に3つの工程を追加 3月某日、前回同様に恵比寿にお店を構える「プライベートネイルサロンCHOUETTE(シュエット)」を訪問しました。「男のビジネスネイル」企画での施術も2回目。今回は担当の長谷川正美さんと話をして、前回の内容に加えて3つの工程を追加してもらうことに。 <追加した工程はこちら> ①最初に施術してもらった爪をオフする ②施術後にハンドマッサージを受ける ③重ね塗りをしてもらう (施術前の手先をパシャリ。乾燥しまくってます…) (初めてのオフ) 施術は前述したオフ(ネイルを除去する作業)<①>からスタート(ビビりなので家ではやりませんでした)。話に聞いていた除光液っつーモノをガーゼにつけてサッとひと拭き、たったそれだけで除去は完了しました。思っていた以上にあっさりとしているんですね…。 (爪を磨く工程) そして前回同様に左手から爪のお手入れが始まりました。まずエタノールで手指の消毒をしてからファイル(爪やすり)で爪の形整を行う「ファイリング」で再び爪の粉がたくさん…。次にピンクの厚めのスポンジ・バッファーを用いての「バッフィング」で爪の表面を軽く磨いてもらいました。そこから専用のスポンジでさらに磨き上げて準備完了といったところ。 (キューティクルリムーバーを塗布しているところ) (フィンガーボールに指をイン!) そこから左側の指先をあたためたお湯を溜めたフィンガーボールに浸します。甘皮をふやかす為にキューティクルリムーバーを爪の周りにつけてから指先をお湯の中にイン。左手がひと段落したところで今度は手際よく右手の爪の形整を開始し、同じ手順を繰り返します。右手の施術が終わるころに左側の指先も次の工程へと進む準備が完了です。フィンガーボールに入った“指のお風呂”から上がって、タオルで軽く水分を取ってから、甘皮周りのお手入れがスタートとなります。 ネイルサロンでハンドマッサージを受けてみた (甘皮回りの処理をしているところ1) (甘皮回りの処理をしているところ2) ニッパーで余分な皮を取り除く施術を受けていると、前回同様、いやそれ以上の大きなショックを受けることに。それは取り除かれる皮の量の多さ。無理して取ってるわけでもないのにたった1カ月弱という短いインターバルで「どうしてこの量が出るの…」と思わず長谷川さんに愚痴をこぼしてしまいましたがこれも「美意識の向上」ともポジティブにとらえていいのかも(笑)。 (左下に甘皮回りの処理をした成果があります…) よーく考えてみたら定期的に爪を切っているわけだし、前回とほぼ変わらない量が出るのは当たり前なんですが、このときの自分は純粋にショックを受けたまま、左手のお手入れが完了。そして右側も同じ施術を繰り返すと「いい量の“スパム”が出るもんなんですね…」と軽口を叩きつつもやはり動揺は隠せませんでした。 (ハンドマッサージ。この日一番眠かった瞬間) (ハンドミトンでうるおいを手と爪の奥まで浸透させます) ここから新しい工程ふたつめへと入っていきます<②>。「爪をケアすることはその周りをケアすること」ということで今回はハンドローションで指先から手首までのマッサージを受けました「あー気持ちいい」。施術完了後、そのまま手をラップで包んでから、ハンドミトンに優しくインします。同じく右手も同じマッサージを受けてハンドミトンに入れてから、ローションが馴染むようにそれぞれ約10分置いて、ミトンとラップを外しマッサージは終了となりました。施術直後の手は保湿感がハンパなく、しっとり・ツルツルしていて自分の手なのに自分の手ではないみたいです。 とても自分の手と爪とは思えない美しい仕上がりに新しい扉が開く!? (やたらツヤツヤしているカラーポリッシュが登場!) (仕上げの段階に入ったところ) もちろんこれで終わりではありません。ラストスパートということで、指先の油脂をしっかりアルコールで除去してから、爪をベースコート、カラーポリッシュの2度塗り、トップコートの順で仕上げてもらいました<③>。前回とやってもらったことを複数回やってもらうだけという認識でいたのですが、「重ね塗りってすごいな」って実感することに。でこぼこな右手人差し指と親指の爪がいつもよりもわかりやすく平らになっているんです…! 最後にキューティクルオイルで保湿をして、表面が乾くまで待機。その間は雑談をしながら、滞在している間ずっと流れていた映画『グラン・ブルー』のわかりづらい結末の話をアシスタントに入ってもらった20代前半女子に中年らしく説明していました。 今回の施術は約2.5時間、前回より1時間長くなりました。長編映画がちょうど1本終わる時間と考えると、前回同様に「ただのカルジェリスト(ネイリスト)さんの手作業」と簡単には片づけられない、「ネイリストさんは体力勝負なんだな」と自分の知らなかった世界の苦労を前回と同様に思い知らされる次第です。 編集部注)今回の施術について、通常の施術時間はトータル60分位とのこと ●ネイルケア30分 ●オプションのマッサージ+ハンドパック20分 ●ポリッシュカラー10分 こちらが質問攻めして、それにひとつひとつ答えてもらったことで長くなったというのが正しい説明になります。あらためまして長谷川さん、どうもありがとうございました。 (最後に仕上がり具合を長谷川さんもパシャリ!) 最後に、全ての工程を終えて、指先~手のひら全体が乾燥しきっているところからしっとりと潤っている状態に生まれ変わった手先を写真に収めてもらったのですが、毛の生えた指先を見て「脱毛…」と自分の指周りを見て頬を赤らめるという、これまでになかった新しい気持ちが芽生えたことをこの場を借りてご報告します(笑)。ひょっとするとすでに“新しい世界”のドアを叩いてしまったのかもしれません、なんて。 (左から1月(施術前)、2月(初回施術後)、3月(施術から1週間後)。こうやって並べてみると違いは歴然!) 施術後、帰社してやたらきれいになった爪を社内で見せびらかしたところ「やりすぎ!」と言われまくったことを長谷川さんに報告しましたが、かなりウケてくれているようです。一方でその後、関連する別の取材で今回の爪を見せてみると、意外なことに笑われるどころか真顔で「すご~い!」とか言われちゃいました…「マジかよ!なんか褒められてるんですけど!!」。今はまだ、人に爪を見せることに一切慣れていませんが、今後はそんな心境にも変化が出てくるのかもしれないなと思ったり。というかむしろ、爪先を積極的に押し出しながらガツンと営業成績を上げに行く時期が早くも来たのかも…!   ビジネスネイル第一弾はこちら ビジネスネイル第二弾はこちら 続編(第四弾)はこちら 店舗情報 プライベートネイルサロンCHOUETTE渋谷区恵比寿1丁目 営業時間:11:00~20:00(受付18:00まで) 定休日:不定休 ※「プライベートネイルサロンCHOUETTE(シュエット)」さんは通常は女性専用のサロンです。本企画の趣旨・目的を伝えたうえで特別に施術を受けさせてもらっています

男も爪は気にするべし!男のビジネスネイル(入門編)その2

前回「男も爪は気にするべし!男のビジネスネイル(入門編)」ではネイルサロンではどういうことをするのか。その説明を受け、流れを確認し、導入を踏まえてその内容を説明しました。「爪を保護、強化したい!」その目的の元、覚悟を決めて、サロンへ行ってきました。その結果はと言うと…自分でも驚くことの連続でした。それでは早速第二弾に行ってみたいと思います。 キレイで強い爪を求めて…ネイルサロン初体験 これまでカルジェリストさんたちの取材に何度か立ち会わせてもらった経験から言わせてもらうと、ネイルの仕事に携わっているみなさんの技術力、そして目的意識の高さには信頼感さえ抱き始めています。そのためサロンの予約までは安心してすんなりとできました。それでも実際に店舗に行くとなるとやはり緊張はするもの…。 今回訪問したのは、ネイルサロンが数百あると言われる激戦区・恵比寿に構える「プライベートネイルサロンCHOUETTE(シュエット)」。本来は女性専用のサロンさんですが、今回の趣旨・目的を伝えて、特別に快諾してもらいました。 待ち合わせの時間に所定の場所に到着し、早速サロンを訪問。なにせ今回施術を受けるのは他でもない自分なわけで、これまでの取材とは緊張感も段違いだ。施術を行うシートに座って、ひざ掛けを掛けてもらい、両手を台の上に置いた時がおそらく緊張のピーク。簡単な説明とカウンセリングを受けてから、初めてのネイルサロン体験が始まりました。 いざ実践!ビジネスネイルの作り方 <今回の施術の流れ> ①爪先にやすりをかける ②自爪を軽く磨く(2種類の器具を使い分ける) ③甘皮にキューティクルリムーバーを塗る ④甘皮をお湯でふやかす ⑤専用の器具を用いて甘皮を取る(おっそろしい量が取れていく) ⑥ピンで甘皮の細かい部分までしっかり取っていく ⑦トップコートを塗る ⑧保湿する(爪と指全体が対象。「爪はそれ自体ではなく周りの保湿が大事」) 第一段階(①~④)の工程は、少し伸びた爪の長さを整えるところから始まります。爪を切る、そして軽くやすりをかけて整えるということはもちろん伸びた爪に対して、それなりに日常的にやっています。それでもやはり自分以外の人に爪を「ほいっ!」と見せて、お手入れしてもらうなんて、言うまでもなく初体験! 左手、右手の順番でやすりを掛けてから、軽く磨いてもらうのですが、その作業はとにかく「優しい」のひと言。「これは寝てしまうお客様も多いんじゃないですか?」との質問に首を縦に振るスタッフの長谷川正美さん。 その一方で、自分で形状を整えるとき以上に出まくる爪の粉の大量さにはちょっとげんなり。アトピーで無意識のうちに身体をかいてしまうことが多い自分にとっては見覚えのある皮膚とおそらく同じ、削った爪が粉状になる物質を見ながら「掃除が大変だろうな~」とちょっとした罪悪感に襲われていました。 そしていよいよオイルを塗った甘皮をふやかすため、温かいお湯に右手の指を浸します。その間もムダにする時間なんて一切なし。右手の爪を整えて、いよいよ本格的な未体験ゾーンに突入していくことになります。 第二段階(⑤)では、いよいよ甘皮を処理してもらいます。想像もつかない内容に軽いビビりが入りつつ施術が始まります。けれども実際に体験してみれば淡々としたもの。痛さは全くなく、チクチクするような感じも皆無。「こういう感じなんだ~」と思わず口に出す余裕も出てくるほどで、ただただ「取ってもらっている」、その言葉に尽きます。やがて緊張も緩んできたのか、甘皮という名称すら知らなかった子どもの頃に甘皮以上の物を剥こうとして見事に失敗し、流血した思い出を披露したのですが、その場にいた女性二名からは完全スルーで、苦笑いされました。 しかしその余裕も一瞬、この工程で驚くのはここからでした。⑥も含めて、思っていた以上に自分から出る甘皮の量がスゴイんです(笑)。その量たるや…汚いものをお見せするようで少々気恥ずかしくもありますが、「未経験者のために」という目的の元、写真をご覧になってみてください。こんな量が続けざまにモリモリと出てくる様には最初はただ困惑し、絶句するのみ。「どうなってるんだ、自分の指先…」とドン引きしているところに長谷川さんからは「他の方でもそうだし、いつものことだから」と優しくフォローが入る。甘皮を大まかに取り、そしてピンで細かいところもしっかり取っていくこの作業は次の工程のために何より大事なもの。またこの工程後半からは爪の周りが随分とスッキリし始めていることに驚きを隠せませんでした。 そしていよいよ主目的でもあるネイルの仕上げに塗るトップコートを塗ってもらう⑦の工程へ。今回はキレイなネイルをするのではなく、自爪の保護と強化、そして見た目をよくすることが目的。それでも施術前に話をした際に「どんなのを塗るか」を確認があったのですが、「せっかくお願いするわけだから、施術したことがわかりやすいモノでお願いします!」とリクエスト。塗布は繊細に、そして手際よく進んでいきますが、やはり不思議な感じ。 そして最後に爪と指先をしっかりと保湿してもらう頃には、最初の緊張感はどこへやら、完全に眠くなったところで施術は完了。約1時間半が経過していましたが、説明を受けながらなので通常よりも少し時間はかかっていますが一般的な時間だそう。ネイリストというお仕事の、予想を遥かに超える繊細さと労力に尊敬の気持ちが湧いてきた瞬間でした。 左が施術前、右が施術後。 仕上がりはと言うと、肉眼でも写真でも違いは一目瞭然。事前事後の爪とその周辺の違い(と取れた甘皮の量の多さ)にただただ驚くばかり。男の自分でも人に見せたくなるし(※実際見せびらかしています)、手元に自信がつくわけだと強く実感。さらにはツルツル、スベスベになった自爪が保護されていることが確信できます。あとは個人的感想として、爪が弱く、薄いと思っていた自分でしたが、長谷川さんに「薄いわけではない」と言ってもらえたことにすごく勇気づけられました。でも、それを妄信して、PCのキーボードをたたく時などは調子に乗って爪で叩かないようにと、過去にお伺いしたプロの皆さんからの含蓄あるアドバイスを原稿を作りながら思い出して、ハッとしたのでした。 これから施術を続けていくことで「ネイルしてもらいたくなったりして」とか思っている自分、一体どこへ向かっているんでしょう…。でも初回の施術を終えて、次の変化をポジティブにとらえる気持ちに。必ず爪の形が整っていく予感があります。ちなみにトップコートははがれてきたら除光液でサッと落とすそうです。そんなこと自分にできるのかな。。。奥さんに聞いてみよっと(笑)。   ビジネスネイル第一弾はこちら 続編(第三弾)はこちら 店舗情報 プライベートネイルサロンCHOUETTE 渋谷区恵比寿1丁目 営業時間:11:00~20:00(受付18:00まで) 定休日:不定休