ユーザーズボイス

カルジェル イベント&セミナー情報

カルジェル イベント&セイナー情報一覧 無料ウェビナーも開催中!皆様のご参加を楽しみにお待ちしております!

Calgel無料体験&セミナー情報

爪をすこやかに保ち保護する爪化粧料ジェルネイル”カルジェル”の 【無料お試し・最新情報デモ・スキルアップセミナー】などを開催しております。※新型肺炎の感染が懸念されているため各販売代理店様のセミナーは中止が決定しております。こちらは随時更新致します。             Calgel無料体験&セミナースケジュール     3月5日(木) もっともっと新しいがいっぱいのカルジェル無料体験セミナー 場所:ネイルパートナー 名古屋店 開催中止 3月5日(木) サロンですぐに施術ができるカルジェルレッスン(ディプロマ発行の2時間集中正規カルジェルコース)場所:ネイルパートナー 名古屋店 開催中止 3月18日(水) 進化中!「カルジェル」無料体験会~10年後も爪を美しく保つためには~ 場所:TAT 名古屋店 開催中止 4月23日(木) 進化中!「カルジェル」無料体験会~10年後も爪を美しく保つためには~ 場所:TAT 梅田本店 開催中止 4月24日(金) もっともっと新しいがいっぱいのカルジェル無料体験セミナー 場所:ネイルパートナー 恵比寿店 開催中止 4月24日(木) サロンですぐに施術ができるカルジェルレッスン(ディプロマ発行の2時間集中正規カルジェルコース) 場所:ネイルパートナー 恵比寿店 開催中止 4月27日(月) もっともっと新しいがいっぱいのカルジェル無料体験セミナー 場所:ネイルパートナー 名古屋店 開催中止 4月27日(月) サロンですぐに施術ができるカルジェルレッスン(ディプロマ発行の2時間集中正規カルジェルコース) 場所:ネイルパートナー 名古屋店 開催中止 5月19日(火) もっともっと新しいがいっぱいのカルジェル無料体験セミナー 場所:ネイルパートナー 札幌店 5月19日(火) サロンですぐに施術ができるカルジェルレッスン(ディプロマ発行の2時間集中正規カルジェルコース) 場所:ネイルパートナー 札幌店 5月22日(金) もっともっと新しいがいっぱいのカルジェル無料体験セミナー 場所:ネイルパートナー 新宿店 5月22日(金) サロンですぐに施術ができるカルジェルレッスン(ディプロマ発行の2時間集中正規カルジェルコース) 場所:ネイルパートナー 新宿店 6月16日(火) もっともっと新しいがいっぱいのカルジェル無料体験セミナー 場所:ネイルパートナー 名古屋店 6月16日(火) サロンですぐに施術ができるカルジェルレッスン(ディプロマ発行の2時間集中正規カルジェルコース) 場所:ネイルパートナー 名古屋店 もっともっと新しいがいっぱいのカルジェル無料体験会 日程 ・2020年3月5日(木) ネイルパートナー名古屋店 南 伸明 先生 開催中止 詳細はこちら ・2020年4月24日(金) ネイルパートナー恵比寿店 薬王寺 祥子 先生 開催中止 予約申し込みはこちら ・2020年4月27日(月) ネイルパートナー大阪店 南 伸明 先生 開催中止 予約申し込みはこちら ・2020年5月19日(火) ネイルパートナー札幌店 杉谷 綾子 先生 予約申し込みはこちら ・2020年5月22日(金) ネイルパートナー新宿店 薬王寺 祥子 先生 予約申し込みはこちら ・2020年6月16日(火) ネイルパートナー名古屋店 南 伸明 先生 予約申し込みはこちら 時間 各会場とも、 11:00~12:30 費用 無料 サロンですぐに施術ができるカルジェルレッスン(ディプロマ発行の2時間集中 正規カルジェルコース) 日程 ・2020年3月5日(木) ネイルパートナー名古屋店 南 伸明 先生 開催中止 詳細はこちら ・2020年4月24日(金) ネイルパートナー恵比寿店 薬王寺 祥子 先生 開催中止 予約申し込みはこちら ・2020年4月27日(月) ネイルパートナー大阪店 南 伸明 先生 開催中止 予約申し込みはこちら ・2020年5月19日(火) ネイルパートナー札幌店 杉谷 綾子 先生 予約申し込みはこちら ・2020年5月22日(金) ネイルパートナー新宿店 薬王寺 祥子 先生 予約申し込みはこちら ・2020年6月16日(火) ネイルパートナー名古屋店 南 伸明 先生 予約申し込みはこちら 時間 各会場とも、 14:00~16:00 費用 有料  受講料・教材費 20,000円(税別) ★セミナー受講後、カルジェルコース修了証(ディプロマ)を発行します。 進化中!「カルジェル」無料体験会 ~10年後も爪を美しく保つためには~ 日程 ・2020年3月18日(水) TAT名古屋店 南 伸明 先生 開催中止 予約申し込みはこちら ・2020年4月23日(木) TAT梅田本店 南 伸明 先生 開催中止 予約申し込みはこちら 時間 各会場とも、 11:00~13:00 費用 無料 最新のCalgel情報をいち早くキャッチ!「CALGEL WEEK」もオススメ♪

カルジェルの蒸散作用は他メーカーにはない爪に優しいシステム

カルジェルの導入・使用を考えているサロン様/ネイリスト様へカルジェルの良さをご紹介する「カルジェル使用の声」。 今回は元公務員ネイリストという異色の経歴を持ちながら、JNAネイリスト技能検定1級を始めInternational Nail Associationネイルスペシャリスト技能検定指導員やCalgel International Educator Licenseなど数々の資格を持つネイルサロン&スクール ラフェルモのオーナーネイリスト田中美里さんの声をご紹介します! 爪に優しいカルジェルの蒸散作用 元公務員でありながら、カルジェル歴はなんと16年というカルジェリスト田中さん。カルジェルに関するものだけでも ・an authorized Calgel Studio 認定校 ・Calgel International Educator License ・Practical Calgel Certificate 試験官 ・Practical Calgel Certificate First Technician ・MOGA・BROOK公認Calgel外部認定講師 と多くの資格を持つ田中さんに「カルジェルの好きな点」を聞いてみたところ、 ・爪に優しい ・蒸散作用ができる ・付け心地が軽い ・柔軟性に優れている ・セルフレベリングが◎ ・硬化熱が少ない ・オフの際、マシンを使用する必要がない と、お客様目線+ネイリスト目線での好きな点を教えてくれました! カルジェルの優れた特徴の一つ「蒸散作用」 ジェルと爪の間に水分が入り込み蒸発できないとグリーンネイルになったり、ジェルが剥がれやすくなってしまうのですが、カルジェルはこの蒸発を邪魔しない「蒸散作用」を備えているので爪に優しい…というわけなんですね。 参考画像:ネイルサロン&スクール ラフェルモ 柔軟性にも優れているので、多少の衝撃にも爪が欠けたり折れたりしないのもお客様にとっては嬉しいポイント。 また、硬化熱がない点やオフの際マシンを使用する必要がなく、またフィルインもできるためお客様にとっては爪を痛める心配がありません。 さらにネイリストからしてもカルジェルの柔らかさはセルフレベリングで素早く綺麗に塗れるというメリットがあります。 「グラデーションやマーブル、タイダイ柄などは特に綺麗に仕上げられる」と田中さんもおっしゃっていましたよ。 ネイルサロン&スクール ラフェルモの人気メニューは月ごとに変わる定額デザイン ネイルサロン&スクール ラフェルモではアートによって多様なメニューを取り揃えています。新規ご来店の方はなんとオフ・ケア込み3,000円(※)でカルジェルを楽しむことができるとのこと! 「カルジェルってどうなんだろう?ジェルネイルってどうなんだろう?」とジェルネイルが初めての方にとってこの価格はすごく嬉しいですね。 ※2回目以降7,000円いずれも税抜価格 参考画像:ネイルサロン&スクール ラフェルモ また、特に人気のメニューは季節に合わせ流行を取り入れた毎月変わる定額デザイン(新規5,000円、2回目以降10,000円)。 こちらは以前の定額デザインです。エレガンスなフレンチネイルに、可愛らしいお花が!どんなスタイルにもマッチしますね 参考画像:ネイルサロン&スクール ラフェルモ ネイルサロン&スクール ラフェルモについてはこちらで詳しくご紹介していますので、メニューやアートなどぜひチェックしてみてください! アートのバリエーションを増やしたカルジェルの「カルジェルプラスアート」 数多くの製品を取り揃えるカルジェル、田中さんが特に好きな製品を教えてくれました。 ・CG00 クリアジェル ・CR50N カルリムーブN ・CGA04WH カラーカルジェルプラスアート クリームソフト ・CGA05WH カラーカルジェルプラスアート クリームハード クリアジェルは蒸散作用・通気性に優れている点、そしてカルリムーブはマシンを使用せず溶液だけで溶解できるということでオフの際に必須!とのことです。 参考画像:Calgel公式オンラインショップ そしてカラーカルジェルプラスアートのクリームソフトとクリームハードはアート用の少し硬めのジェル。 このジェルによってお花アートなど繊細なものが描きやすくなり、アートのバリエーションがかなり広がったそうですよ。 こちらがクリームソフトを使ったデザインとのことですが…本当に細かくて見惚れてしまう繊細さですね…! 参考画像:ネイルサロン&スクール ラフェルモ お客様が安心して愛用できるカルジェル 最後にネイルサロン&スクール ラフェルモ田中さんから、カルジェルの導入を迷っているネイルサロン/ネイリストに一言頂きました。 「爪に優しい素材と爪に優しい施術、またフィルインも可能なジェルになりますので、長くお客様にご愛用いただけるかと思います!」 ネイリストにとって「扱いやすいジェル」というのはもちろん大事ですが、なにより一番大切なのはお客様のお爪の負担にならないこと。 日本で一番長い実績を持つ高品質なジェルネイルであるカルジェルは、お客様にも安心して愛用いただけるジェルですね。 参考画像:ネイルサロン&スクール ラフェルモ ということで今回はネイルサロン&スクール ラフェルモ田中さんの声をご紹介しました。 ネイルサロン&スクール ラフェルモについて、そして田中さんへのインタビューもぜひご覧ください。 ・ネイルサロン&スクール ラフェルモについてはこちら ・田中美里さんへのインタビューはこちら Calgel使用者の声【ユーザーズボイスの他の記事はこちら!】 p#table_explanation{ font-size: 13px; } #entry-content table { font-size: 12px; table-layout: fixed; width:100%; white-space: nowrap; /* overflow-x: unset; */ } #entry-content table td, #entry-content table th { padding: .5em 0.5em; /* word-break: break-all; */ word-wrap:break-word; /* overflow-wrap: break-word; */ } /* #entry-content table tr th, #entry-content table tr td { width: 100px; max-width: 100px; } */ #entry-content table tr td:nth-child(1) { text-align: center; } #entry-content table tr th:nth-child(2), #entry-content table tr td:nth-child(2) { width: 300px; max-width: 300px; text-align: center; } #entry-content table tr td:nth-child(3) { text-align: left; } /* #entry-content table tr th:nth-child(n+4), #entry-content table tr td:nth-child(n+4) { width: 300px; max-width: 300px; } */ #entry-content p#annotation{font-size: 13px;}

カルジェルだからこそできるマシン不使用の丁寧な施術

カルジェルの導入・使用を考えているサロン様/ネイリスト様へカルジェルの良さをご紹介する「カルジェル使用の声」。 今回はJNA日本ネイリスト協会の本部認定講師であり、カルジェルエデュケーター、そしてカルジェルPCC試験官としても活動しているnail salon Latte(ネイルサロン ラテ)のオーナーネイリスト間柴友梨子さんの声をご紹介します! お客様に合わせた色をその場で カルジェル歴約13年というカルジェリスト間柴さん。まずはカルジェルの好きなところを教えてください!と聞いてみたところ、 塗りやすいテクスチャー 肌馴染みの良いカラーがたくさんある オフがしやすい 硬化熱が少ない などたくさん挙げていただきました(嬉)。また、「カラージェルを混ぜ合わせた時に顔料が重すぎないところ」と間柴さんの技術力が垣間見えるお答えも。 カルジェルのカラーバリエーションは100色以上、混ぜ合わせても綺麗な色が作れるということでnail salon Latteではお客様のパーソナルカラーに沿った色を提案、その場で色を混ぜて作るそうですよ。 参考画像:nail salon Latte もう少しピンクが強い方が…もう少し落ち着いた色の方が…という声に答えてくれるのは嬉しいですよね。 また、お客さまからは「カルジェルは薄づきで生活しやすい」と爪への負担が少ないところも人気とのことです。 最近はマシンを使ってジェルをオフするネイルサロンも多いですが、nail salon Latteではマシンは不使用。薄づきでオフしやすいカルジェルだからこそできる、丁寧な施術と言えるかもしれません。 nail salon Latteではシンプルなグラデーションが人気 nail salon Latteではクリアのジェルネイルが6,600円、そこに単色・グラデーション・フレンチなどカラー(2,200円)やアート(1本110円〜)などをプラスできるメニューとなっています。 1番人気はナチュラルなグラデーション(8,800円)。 シンプルだからこそ高い技術力を求められるグラデーションですが、写真を見て頂いてわかる通りどこを見ても美しい…! 参考画像:nail salon Latte また、nail salon Latteでは伸びてきたところだけをお直しするリフィル(6,600円)にも対応しているとのこと。爪への負担をとにかく最小にしたい…という間柴さんの思いが伝わるメニューですね。 ちなみに他メーカーではフィルインともいう技法ですが、カルジェルのリフィルは少し工程が異なります。興味がある方は毎月第3火曜日に対応している何でも疑問に答えてくれる「Calgel導入ウェビナー」にぜひご参加くださいね! そしてnail salon Latteについてはこちらで詳しくご紹介していますので、ぜひチェックしてみてください! Instagramのいいねが増えるカラーとは カラーバリエーション豊富なカルジェルですが、間柴さんに「特に好きな3つを教えてください!」と聞いてみたところ、 CG00クリアジェル CGA01SL カラーカルジェルプラス アートシルバー プレミアム CGBB18 カラーカルジェル ベイクドラテ の3つを挙げていただきました。 クリアジェルはセルフレベリングに優れているので凹凸がある爪でも綺麗なフォルムが作りやすいという点はもちろんのこと、ストーンと爪の隙間に流しこめるところもお気に入りのポイントだそうです。 ストーンと爪の間の隙間を埋めると持ちが良くなるので、その点柔軟に使えるクリアジェルは本当に万能なジェルと言えますね。 参考画像:nail salon Latte 「CGA01SL アートシルバープレミアム」はアートに使えるメタリックなシルバー。カルジェルのライナー筆との相性が良く、細いラインもスルスル描けるので重宝しているとのことですよ。 繊細なアート、見惚れてしまいますね…! 参考画像:nail salon Latte 豊富なカラーバリエーションの中でも特に人気のベージュですが、その中でも間柴さんのお気に入りは「CGBB18 ベイクドラテ」。 ほどよい透け感で、グラデーションがとても綺麗に仕上がるそうです。「CGBB18 ベイクドラテ」を使ったデザインをInstagramに投稿すると、いつもよりいいねや保存数が増えることが多いとのことですよ! たしかに肌なじみが良く、爪も綺麗に見えるカラー。上品なネイルにピッタリですね。 参考画像:nail salon Latte カルジェルは爪の健康を考えられるジェル 最後にnail salon Latte間柴さんから、カルジェルの導入を迷っているネイルサロン/ネイリストに一言頂きました。 「わたし自身カルジェルに出会ったことでネイルはデザインも大切だけれど、爪の健康あってこそなんだと実感することができました。ナチュラルなフィット感や、手を綺麗に見せるカラーデザインを求めるならカルジェルがぴったりだと思います!」 爪への負担が少ないカルジェルは爪のケアを考えたジェル。地爪の大切さを大事にする方にピッタリです。 参考画像:nail salon Latte さらに「老舗ならではの敷居の高いイメージもあるかもしれないですが、これだけ長年愛され続けるジェルはそう多くはないと思います。それだけの安心、信頼のあるブランドですのでぜひ使ってみていただきたいです!」 と嬉しい一言も頂きました!導入を迷っている方がいたらぜひ一度使ってみてくださいね。 ということで今回はnail salon Latte間柴さんの声をご紹介しました。nail salon Latteについて、そして間柴さんへのインタビューもぜひご覧ください。 ・nail salon Latteについてはこちら ・間柴さんへのインタビューはこちら Calgel 導入ウェビナー Calgel に興味がある方はぜひ無料導入ウェビナーに!詳細はこちら

カルジェル一筋12年のネイリストがカルジェルを選んだ理由は…優しさ?

カルジェルの導入・使用を考えているサロン様/ネイリスト様へカルジェルの良さをご紹介する「カルジェル使用者の声」。 今回はカルジェル歴12年、「自爪に良いのはやっぱりカルジェル」とカルジェルの優しさを実感しているA bientotカルジェルネイルサロンのオーナーネイリスト三谷優子さんの声をご紹介したいと思います! お客様からも驚かれるカルジェルの優しさ A bientotカルジェルネイルサロンのオーナーネイリスト三谷さんが挙げるカルジェルの特に好きなところは、 ・上品で優しいカラーで肌馴染みが良いところ ・地爪傷めず健康な自爪へと成長を促してくれるところ の2点!肌なじみの良いカラーなので、オフィスネイルなどシンプルなネイルが好きなお客様から非常に評判が良いとのことですよ。 また、カルジェルは製法や性状、貯法や品質までさまざまな安全基準を満たしたジェルネイル。薄付きで柔軟性があり、爪にフィットするので自爪が傷つきにくいというのが特徴です。 三谷さんのお客様は「カルジェルにしてから爪のトラブルがない!」と驚かれているそうですよ。カルジェルは専用のリムーバーで簡単にオフができるので、自爪を痛めがちなオフも安心というのが嬉しいポイントですね! 参考画像:Calgel official ちなみに三谷さんは「安定した技術をお客様にお届けしたい」とPCCの試験を受け、現在はカルジェル PCCファーストテクニシャン。試験の練習中はモデルさんに手のケアをお願いしたり、仕事で疲れている中練習に付き合っていただくことに申し訳無さを感じたりもしたそうです。 ただそうしたモデルさんの協力もあり、いまは「お客様に安心してサロンに来店いただく1つの目安なので、PCCファーストテクニシャンをとって良かったと思います」と話してくれました。 PCCは「プラクティカル・カルジェル・サーティフィケイト」の略で、サロンワークのエキスパートとしてカルジェル施術の向上を目的としたプログラム。 サーティフィケイト(証書)を持つことによりお客様へ安心感を与えたり、自身のスキルアップにも繋がります。気になる方はCalgelのスクール制度などもありますので、ぜひこちらをチェックしてみてくださいね! A bientotカルジェルネイルサロンのカルジェルメニューは A bientotカルジェルネイルサロンのジェルネイルメニューはすべてカルジェルを使用しています。基本的にアートの本数によって価格が異なりますが、 ・クリアジェルのみ ・・・・・4,400円 ・ラメグラデーション ・・・・5,500円 ・シンプル2本アート・・・・・6,600円 ・シンプルデザイン4本・・・・7,700円 ・アートデザイン6本まで・・・8,800円 ・フルアートコース ・・・・・11000円 と分かりやすいメニューとなっていますよ。 A bientotカルジェルネイルサロンについてはこちらの記事で詳しくご紹介していますのでぜひチェックしてみてくださいね。 カルジェルで特に好きな商品は カラーラインナップは100種類以上のカルジェル。その中で三谷さんが好きな商品は、 ・CG00 クリアジェル ・CGBB02S シャイニーグレージュ ・CGWH01 パールホワイト だそうです。 クリアジェルはカルジェルをする上で必須のジェル!塗りやすさはもちろん輝きも抜群です。そしてシャイニーグレージュはふんわりとした落ち着きのあるカラー。グラデーションにもピッタリですよ。 参考画像:mogabrook そしてパールホワイトがこちら。肌に馴染むカラーで、指がシュッと綺麗に見えますね!シェルを使ったアートもとっても可愛いです♡ 画像:CGWH01 パールホワイト photo by A bientotカルジェルネイルサロン カルジェルの導入を迷っているサロン/ネイリストに一言 最後にA bientotカルジェルネイルサロンの三谷さんから、カルジェルの導入を迷っているネイルサロン/ネイリストに一言頂きました! 「ベースからトップ、長さ出し、ミキシング全てオールインワンなカルジェルのクリアジェルはとっても便利でサロンワークにすごくオススメです!!グリーンネイルの心配もなく、ジェルネイルのしすぎで地爪が薄くなってお客様が地爪を休めるためサロンから足が遠のくという心配もありません」 ベースジェル、トップジェル、長さ出しジェル…と色んな種類を使い分けるジェルが多い中、その必要がないカルジェルはシンプルで使いやすいようです。施術時間の短縮にもつながるかもしれませんね! ということで今回はA bientotカルジェルネイルサロンの三谷さんの声をご紹介しました。 「A bientotカルジェルネイルサロンについてはこちら」 「三谷さんへのインタビューはこちら」 また、記事内でご紹介したCalgelのスクール制度についてはぜひこちらをご覧ください。

【カルジェリストインタビューVol.20】中里拡美さん/Melia

卓越した技術とセンスで絶大な支持を集める、人気カルジェリストを取材するこのコーナー。今回は東京都文京区本郷でネイルサロンMelia(メリア)を開かれている中里拡美さんにご登場いただきます。 中里さんは、シンプル・ナチュラルなネイルバリエーションを豊富に取り揃えながら、ハンドケアにも力を入れられています。 また、「コピンヌ」というネイリストユニットとしても活動中。 独立して8年というキャリアを生かし、ネイリスト同士で、肩の力を抜きながら情報交換できる場を提供しています。 社員旅行のスパでネイルとの出会い ——どんな経緯でネイリストになられたのですか? 企業に就職していた頃に社員旅行で訪れたホテルのスパでネイルをしてもらって、ネイルに興味を持ちました。 ——そこからネイリストになるとは思いもよらないですよね。 はい。カルチャースクールのようなところで、まずは自分にできるようになればと思い、会社員をしながら一年ネイルスクールに通いました。 ——なるほど。 そこから施術をすることに興味を持って、サロンに就職しました。ただ、お客さまに施術をするには技術が足りなくてサロンに勤務しながら今度はJNA認定校に通い直しました。 自分のサロンに何を置こうと考えた時 「カルジェル」だった ——カルジェルとはその頃に出会ったのですか? 就職したサロンはマニキュアとスカルプチュアとケアがメインでしたね。 その後、ジェルの人気が出てきて、サロンでもジェルを取り扱うようになったのですが、カルジェルは扱っていなかったんです。 独立して、自分のサロンで導入するジェルを考えたときに、お客様の爪が痛まない、カルジェルが自分のサロンに一番あっているなと思って。それで、カルジェルのネイリストが通えるコースに行きましたね。 私自身、爪の健康には人一倍気を遣っていたのでネイルによって爪が傷むのは避けたいと思っていました。実際に使用してみてカルジェルはオフの際にも負担が少なく、これならサロンでも使い続けたいと思ってオープンから今までずっと使っています。 お客さまには薄付きで自然な仕上がりを喜んでいただいてます。 また、サロンの顧客層に合ったナチュラル系カラーが多いのも気に入っている理由の一つです。 カルジェルエデュケーターライセンス保持者による、正規のカルジェル講習が受講できる全国のカルジェルスクール一覧はこちら 「コピンヌ」ではネイリストがゆるっと心がほぐれる場を提供したい ——「コピンヌ」(フランス語で「女友達」の意味)というネイリストのユニット活動もされていますが、どのように始まったのですか? 一人でサロンを経営すると、なかなか横のつながりがなかったりして行き詰まることが多いと思うんです。 私自身も困った時に相談できる相手というのが必要だと感じました。ネイリスト同士がもっと気軽に相談できる関係が広がるといいなと思って始めました。 ——ネイルスクールでのお友達に近いようなイメージですか? スクールにもよると思いますが、クラスがずっと一緒というのがあまりなく、卒業後も相談できる人がいるといいなと思っていました。 実際、私も4校通ったのですが残念ながら今も続いているネイリストの友達はほとんどいません。 ——相方のkaoriさんとは? ネイリストが集まる会で知りあいました。 色々なセミナーがある中で、経営セミナーとは異なる、もっと気軽に相談しながら技術やサロン運用について話し合い、学びあえるコミュニティが無いと感じていました。 数字を追うのは大事なプロセスではあると思っていますが、「売上!」「数字!」ばかりを追うセミナーではなく、コピンヌでは、ゆるっと心がほぐれるような場を提供したいなと思っています。 例えば、「ネイルの雑談をしていたらいいアイディアが浮かんだ!」みたいな。 ——なるほど。 初めての人や、これからサロン経営を考えている人にも参加しやすいようにしたいですね。始めたばかりの頃って、小さな聞きたいことってたくさんあると思うので、ハードルを下げて情報交換ができる場ができればと思っています。 ほんわかしたセミナーですが、日本ネイリスト協会の認定講師として正しい知識と技術はお伝えできるのでご安心くださいね。 コピンヌの活動はこちら アートだけでなくケアメニューも充実 ——サロンでは、ケアにも力を入れられていますよね? はじめに就職したサロンがケアに力を入れていたということもありますが、場所柄お客様の年齢層が高く、手全体のケアの需要が思った以上にありました。 また、一色塗りを希望される方も多いので、そうすると、一色がどうしたら映えるのか? と考えた時に、やはりお手入れが大事だなと。 ——オーガニックのものを使用されるなど、こだわられてますよね。 せっかくお手入れするならいいものを使いたいなと思っています。今は、ヴィーガンの精神で作られているものを使っています。原料を作る土地から買って土地から綺麗にして作られていますね。香りは「ゼラニウム」が人気です。 「やりたい事」と「求められている事」を消化して提供 ——ネイリストとして大切にしていることはありますか? お客様に求められているものに応えられるように勉強していくことですね。ネイリスト同士の情報交換もそうですし、新しい商品や技術などを身につけるため、2ヶ月に1回はセミナーに行くようにしています。 ——中里さんは独立されて8年になりますが、長く続けるコツなどあれば教えてください。 ネイルが好きだと、つい自分の好きなものになってしまいがちかと思います。例えば、流行りのアートが好きだとしてもそれは果たして自分のお客さまに求められているのだろうか…? と、客観的に考えていただきたいと思います。 以前、セミナーで習ったままのお色でデザインサンプルを作ったのですが、お客様に「らしくない」と言われたことがありました。やりたいことと求められていることがあっているのか、自分の中で消化して提供する大切さを感じましたね。 「翌日から使えるメニュー」を作るコピンヌのセミナー ——今後の展開や挑戦してみたいことを教えてください。 コピンヌのセミナーは今年の1月から始めました。徐々に参加者も増えてきたのでコピンヌメンバーを集めてピクニックをしたり・・・。 ——ピクニック! 楽しそうですね! 内容は、月ごとに変わりますが、これからも継続して活動していく予定です。 次回は、「ネイルケアをどうやってメニューにするか」がテーマです。 翌日から使えるものにしたくて、価格や内容をその場で詰めていきます。 それを他の参加者の方にも意見をもらってブラッシュアップしていって…。 ——めちゃくちゃ実用的ですね! はい。技術は教えてくれるけど、何をどうやって売っていくか、みたいなところまで教えてくれるセミナーってなかなかないと思います。メニュー作りに行き詰まりを感じている方に来ていただきたいなと思っています。 Calgel Houseでの「コピンヌのケア談」はこちら! ——他にもありますか? サロンでの個人レッスンや日本ネイリスト協会の認定講師としての講師のお仕事も増えてきているので、そちらも頑張っていきたいです。プライベートサロンを検討しているネイリストさんや他のサロンはどんな感じか気になるネイリストさんにサロンの中を自由に見ていただくことができる「サロンまるごと公開」も開催しています。ですが、やはりベースはサロンワークです。サロンのスパのメニューをもっと認知してもらえるようにしていきたいですね! ——ありがとうございました! 店舗情報 Melia メリア 東京都文京区本郷5-1-2 シャープ本郷201 webサイト:http://www.melia-nail.com/ 中里拡美さんのサロン「Melia」のサロン紹介!

【カルジェリストインタビューVol.19】吉田奈未さん/ojas

卓越した技術とセンスで絶大な支持を集める、人気カルジェリストを取材するこのコーナー。今回は京都市北区でネイルサロンojas(オージャス)を開かれている吉田奈未さんにご登場いただきます。 吉田さんは深爪や噛み爪など、爪にトラブルのお持ちの方、何百人もの地爪を回復させ、ネイルを楽しむよう導いてきたネイルケアのエキスパートです。 爪にトラブルをお持ちのお客様にもネイルを楽しんでいただきたい、と考えているネイリストさんは必見です。 私の思っている宇宙じゃない! ——どんな経緯でネイリストになられたのですか? 母がネイルサロンに通っていて、連れて行ってもらったのがネイルとの出会いです。 個性的なアートが好きだったので、「宇宙っぽいネイルにしてください」ってオーダーしたのですが、紺色一色になってしまいまして・・・(苦笑) ——それはちょっと悲しいですね 初ネイルの感想は「私の思っている宇宙じゃない!」でした(笑) 自分で塗った方がきっとうまく表現できるだろうと考え、セルフネイルを始めました。  好きなファッションや音楽、芸術からインスピレーションを得てネイルに落とし込んだり、友達に似合うデザインをしたりして、ネイルアートの楽しさにのめり込んでいきましたね。 ——カルジェルとの出会いもその頃ですか? そうですね。カルジェルは地爪に優しい上質なジェルで、講習で基礎からしっかり学べると聞いたのでネイルスクールに通って学ぶことにしました。 試行錯誤しながら深爪のお客様にトライ ——ケアはどのように始められたのですか? ディプロマ取得後にネイルサロンで働くことになり、そこで深爪で悩む方への施術をしました。コンプレックスを解消しながらお洒落が楽しめるということでお客様がとても喜んでくださって・・・。 そういった反応に触れて非常にやりがいを感じましたね。 ——それは嬉しいですね。 これだ! と私自身も深爪の経験があったので、共感というか、本当に嬉しくて。深爪などで困っている人の役に立てたら・・・と思って独立をしました。 ——トラブルのケアは、リスクは0ではないと思うのですが、施術する側も緊張するところはなかったですか? 当時カルジェルを使うにあたっては講習を受ける必要がありました。 カリキュラムでは、爪の病理学やトラブルのケースも習います。施術可能な範囲がわかるので、そこは安心して取り組めていました。 ただ、極度の深爪などそれぞれが抱える問題が異なるので、自分なりの試行錯誤は必要でした。 ——なるほどですね。 カルジェルエデュケーターライセンス保持者による、正規のカルジェル講習が受講できる全国のカルジェルスクール一覧はこちら 他のお店で断られた方も大丈夫! ——ojasのブログには爪にトラブルをお持ちのお客様が地爪を回復されていく事例が、本当にたくさんありますよね。 そうですね。深爪にも、ほとんど爪がない状態から軽度なものまで色んなタイプがあります。 施術不可能な場合は皮膚科の医師による診断を勧めますが、許可が出たら対応しています。 他のお店では断られたけど、当店で回復されたお客様もたくさんいらっしゃいますね。 ——すごいですね・・・! カルジェルはトラブルネイルを克服するだけではなくて、お洒落を楽しみながらできるのがいいなと思っていて。 ストレスフルな時にうっかり爪を噛んだりしがちですよね。 でも爪が可愛かったら眺めるだけで癒されるし、ぼろぼろにしたくないので触りにくくなります。 爪が治ってからも、アートをご希望で来ていただく方も多いです。 一人一人とじっくり向き合って、今いるお客様を大事にして続けていきたい ——ネイリストとして大切にしていることはありますか? 技術面とコミュニケーション面と2つあります。 まず、技術面については、 きちんと習ったことに従って施術することです。 また、新しいアートや材料を積極的に取り入れておすすめしたり、トレンドに遅れないように気をつけています。 あと、カウンセリングを行いカルテをしっかり取ることでしょうか。 写真も毎回撮りますし、前回を振り返って「あ、ちゃんと伸びてるな」とか「この時はお客様の仕事が忙しく、爪に負荷がかかりやすい時期だったな」など経過を細かくメモして、チェックしやすいようにしています。 ——コミュニケーション面については? 当たり前ですが、お客様のプライバシーを大事にするということですね。 サロンには一人しか入れないので、他人に爪を見られることを気にされるお客様にも、安心して施術を受けてもらえたらと思います。 また、生活習慣や職業を伺ってどんなネイルが最適かを考えたり、日常会話から趣味嗜好をキャッチしてお客様に寄り添えるようにしています。 ——今後の展開や挑戦してみたいことはありますか? 今いるお客様を大事にして続けていきたいですね。 店舗を増やさないんですか?と言われることもあるのですが、それよりも、一対一で、自分がきちんと把握できる状態で接していって、丁寧にお客様と向き合っていきたいです。 それから、深爪が治るということをまだ知らない方も多いです。 「楽しく爪を伸ばせるんだ!」ということをもっと知ってもらえるように、引き続き情報発信をしていきます。 ——ありがとうございました! 店舗情報 ojas 京都市北区紫竹東高縄町59-1 CUBE上堀川202 webサイト:http://ojas.jugem.jp/ 吉田奈未さんのサロン「ojas」のサロン紹介! 過去にはこんな方にもインタビューしています☆

【カルジェリストインタビューVol.18】永岡寛子さん/arcas

卓越した技術とセンスで絶大な支持を集める、人気カルジェリストを取材するこのコーナー。 今回は、東京都目黒区の閑静な住宅街で、ネイルサロン arcas(アーカス)を開かれている永岡寛子さんにご登場いただきます。 なんと永岡さんの前のキャリアは法律事務所。カルジェルに出会い、感銘を受けネイリストに転身。ネイルサロンで経験を積んだ後、自宅で開業されました。 そんな彼女のキャリアやサロン経営のコツについてお話を伺います! きっかけはなんとお父さん?! カルジェルとの運命的な出会い ——ネイリストになる前は法律事務所で働かれていたとのことですが、ネイリストを目指されたきっかけは? 実は、きっかけは父なんです。 父が帰ってきて、会社の女性の爪がすごく綺麗だったという話をしていて、それが「ジェルネイル」だと。2003年だったのですが、当時は珍しくて、綺麗でしかも1ヶ月くらい持つ、そんなものがあるんだ!と思って興味を持ちました。 それですぐ予約して、実際にジェルネイル(カルジェル)を体験したのですが、これだ! と思って。翌日からネイルスクールを探しましたね。 ——すごい行動力ですね。 マニキュアやスカルプならここまで興味を持たなかったかもしれません。 はっきりとプロになる! というつもりは初めからあったわけではないのですが、スクールも初めからMOGA BROOKの基本から応用まで幅広く学べるコースに通っていました。 カルジェルエデュケーターライセンス保持者による、正規のカルジェル講習が受講できる全国のカルジェルスクール一覧はこちら> MOGA BROOKで美容業界のキャリアをスタート ネイルのカリスマに師事 ——スクールを卒業されて、MOGA BROOKのスタッフとして働き始められますが、どのくらい働かれていたのでしょうか? 2004年から2010年の7年間ですね。 実はスクールを卒業する頃、まだプロになる、というような決意はなかったのですが、たまたま田賀先生(田賀美鈴氏)に「この後どうするの?」と声をかけていただいたのがきっかけですね。 ——田賀先生の初めの頃のお弟子さんなんですね。 はい。 当時は先生や先輩方から本当に色々なことを学ばせていただきました。 技術はもちろんですが、美容業界が初めてでしたので、本当に一からですね。 フレンドリーであるけれども失礼のないような接客や、講師としての話し方・心構えなど。 あと、撮影に参加させていただいたりもしましたね。 ——その他、サロン経験が役に立ったことは? そうですね、接客全般ですが、一番は様々なトラブル対処法や事例を学べたことでしょうか。 デザインだけでなく、お客様によって爪質、爪の形、もちなど全然違うので、開業前に色々なケースを経験できたことはとても役立ってます。 自宅でサロンを開くコツ 開業時のノウハウ ——現在はご自宅でネイルサロンを開業されているとのことですが、ご家族の理解はどのようにして得られたのでしょうか? 反対は特になかったのですが、自分がこうしたい、というのを家族に一つ一つ丁寧に説明して確認をとりました。 それこそ、看板は出していいか? とか、お子様を連れていらっしゃるお客様の場合多少にぎやかかもしれないがよいか? などですね。 また、家族に不安に思っていることがないか、なども聞きました。 本当に小さなことかもしれませんが、そういった一つ一つの理解を得ながら進めていきましたね。 ——なるほど、でも自宅に知らない方がいらっしゃる怖さもありますよね。 幸い私は今まで怖い思いをしたことはないのですが、諸々のご事情で自宅での開業がどうしても難しい方もいらっしゃると思います。 MOGA BROOKさんの2Fスペースをレンタルされているようなので、ご利用されるのも手だと思いますね。 表参道駅すぐ近く!MOGA BROOKのおしゃれなスペースで サテライト店舗が開ける! ——開業時、資金面などのやりくりのコツなどはありますか? 自宅のリビングを使っていますので新たに家賃などがかかることはありませんでした。 もともとネイリストをしていたので、材料はありましたし、チラシや、インテリアを整えるなどはしましたが、ものすごく費用がかかったという感じではないですね。 あ、でも名刺はこだわりました。 カメラマンさんに写真を撮っていただいて。 そこはしっかりとお金をかけました。 おしゃれで高級感のある素敵な名刺 開業時の集客は戦略的に!ポジショニングとタイミングを検討 ——集客などではどんな工夫をされましたか? サロンで働いていた後半は講師としての活動がメインで、ネイリストとしてはあまり活動していなかったので、開業当時、実はお客様リストのようなものはほとんどありませんでした。 ——えー! なので、知り合いや近所の方に来ていただけるようにチラシを作成したりして。 もともとお店のコンセプトに「ママさんたちに、サンダル履きで気軽に来てもらえる」というのがありまして…。 私自身が子どもがいますので、お子様連れでも来ていただけるサロンにしています。 自分の子育ての経験や、ママ同士の話の中でそういった気楽なサロンの要望は感じていました。 例えば、店舗を構えたスタイリッシュでおしゃれなサロンはもちろん素敵です。 ですが、子育て中のママのことを考えると、今のスタイルのサロンがいいなぁ。と。 今の生活やスペースの中でできることを活かし、こういった環境に共感してくださる方にいらしていただけたらうれしいと思っています。 ——なるほどですね。 あと、オープン日はこだわりましたね。 引越しなども重なって、スケジュール的にはタイトだったのですが、オープンを6月に間に合わせて、フットのお客様を狙いました。 ——かなり戦略的ですね! ネイリスト×整理収納アドバイザー ——ちなみに、整理収納アドバイザーとしてもご活躍されていますよね。 はい。 自宅をサロンにしていますと、生活感を消して、いかに寛げるスペースにするか、という課題があります。 サロンにも整理収納のメソッドを生かしているのですが、お客様に「普段は生活スペースなんですよ」とお伝えすると驚かれることも多いです。 そこから雑談でお片づけのご相談に乗ったりすることもあります。 整理収納アドバイザーとしては「子どものお片づけ」を専門にしていて、ネイルのお客様との層も近いので相乗効果になればいいですね。 ——今度、MOGAでもネイリストさん向けの整理収納アドバイスのセミナーをされるとのことなので、読者の皆さんはページ下のリンクをチェックしてください! 目の前のお客様をいかに大事にすることができるか ——独立後、気をつけていることはありますか? ネイリスト仲間との繋がり、インスタやネットなどでトレンドの情報収集は欠かさずしています。 子どもに手がかからなくなってきたので、セミナーなどにも行きたいと思っています。 ——開業を考えているネイリストさんに経営的なアドバイスはありますか? 例えば価格設定の仕方など。 そうですね…。 私の場合ですが、「安くしすぎない」というのは気をつけています。 技術と材料(Calgel)はきちんとしたものを提供していますので、格安のサロンも増えていますが、一定のラインは保ちたいですね。 というのも、多少金額が高くても、お客様に納得いただければ、また来ていただけたり、ご紹介までしていただくことができるんだなというのが実感としてあるからです。本当にありがたいことです。 目の前のお客様をいかに大事にする事ができるかだと思っています。 ——素敵ですね。最後に今後のお知らせなどあれば教えてください。 はい、先ほども少しお話ししましたが、ネイリストさん向けの整理収納セミナーをMOGA BROOKさんの1Fのスペースで開催させていただきます。 前回は6月に開催したのですが、非常に好評で内容もバージョンアップしております! ご興味いただけましたら、ぜひいらしてください。 ネイリスト必見! 自宅をサロンに変貌させる「自宅でネイルサロンを始めたい方のための整理収納セミナー」はこちら 店舗情報 arcas 東京都目黒区 webサイト:https://ameblo.jp/arcas-ykm/ 永岡寛子さん/arcasのサロンarcasのサロン紹介! 過去にはこんな方にもインタビューしています☆

【カルジェリストインタビューVol.17】田賀美鈴さん/爪飾工房~カルジェルと出会い

卓越した技術と抜群のトレンド感覚で絶大な支持を集める、人気カルジェリストを取材するこのコーナー。 今回は、カルジェルと非常に長い付き合いのある田賀美鈴先生のご登場です。 美大時代のイギリス留学をきっかけにネイルキャリアをスタート。 イギリスで出会ったカルジェルを日本に持ち込み、ジェルネイル普及の立役者となりました。 10月29日(月)に発売される、最新作「爪飾手帖~技巧の巻」の作成を終えて、改めてカルジェルの魅力や今の心境などを伺いました。 瞬く間に広まったソフトジェル ——田賀先生が最初にカルジェルと出会った経緯をお聞かせください。 私がイギリスにいた頃なので、1998年の話ですね。 イギリスに到着したのが3月くらいで、その3ヶ月後にはネイルサロンでバイトをしていました。 カルジェルが来たのは、確かその年の冬だったと思います。 だから、1999年にはもうカルジェルに出会っていますね。 日本ではネイリストという造語で一括りにしますけど、イギリスのサロンでは、マニュキュアリストとネイルテクニシャンに分かれていました。 マニュキュアリストはエステシャンの資格を持っている方も多く、ハンドマッサージから甘皮の処理、ネイルカラーを塗るところまで、主にケアを中心とした施術を行います。 テクニシャンは造形がメインで、ジェルやアクリルパウダーで爪の伸長を行ったり(ネイルエクステンション)、アートを施したりするのが主な仕事です。 私が滞在していた当時は、同じ大学に日本人が多かったので、なんとか現地の友人を作って英語を話せるようになりたかった。 それで、ホストファミリーの紹介で近所の方にネイルアートをしていて、サロンもそのつながりで紹介されました。 日本では考えられないことですが、1日だけトレーニングを受けて、そのままテクニシャンとして現場に出されました。 その時私を雇ってくれたイギリスのサロンでは、スタッフのグレードが4段階あって、階級はお客様にはっきり分かるように制服の色で別れていました。 最初は時間かかって下手だから安いというところから、だんだん経験を積んで育っていくんですね。 一番下っ端の訓練生は10本ネイルエクステンション1,000円くらいでした。 私がサロンに入った当初、現場ではアクリルパウダーシステムが1種類、ハードジェルだけでも3種類ありました。 でも、私がいる間にどんどん増えて、一時はジェルだけで7種類くらいまで膨れ上がったり…。 オーナーが良いと思ったものをどんどん取り入れるのが災いしたんですね(笑) イギリスはハードジェルの種類が豊富だったですが、ニオイはきついし、硬化熱はあるし、剥がせずに爪がボロボロになるしで、なかなか良いシステムが見つからなかったんです。 オーナーが良いものを手探りで探しては、ダメな既存品を淘汰する日々が続いていました。 サロンのメンバーもハードジェルに慣れてきたころに、突然オーナーがカルジェルをもってきたんです。 「うちのジェルは全部これにする!ハードジェルは捨てなさい!仕事を一旦キャンセルして、カルジェルの教育を受けさせる!」って強引にカルジェルに切り替えたんです。 当時の私たちにとっては、溶けるジェルは初めてで、カラージェルをつけたらポロっと取れたりするのではないかと心配していました。 オーナーの英断で、メンバー全員が教育を受けたおかげで、先入観なく素直にカルジェルシステムを受け入れることができたんです。 そしたら、導入後半年で売上4倍です! 私たちスタッフというよりは、お客様からの反応がとても良かったです。 まず、お客様につけたジェルネイルが+1~2週間ほど長持ちするようになりました。 そのおかげで来店間隔が伸び、隙間に新規のお客様を入れることができるようになったんです。 それで、売上が2倍になって。 さらに、お客様の爪が傷まないことでオフやケアなどのお手入れを時間短縮することができました。 1日5人が限界だったのが、10人に伸びたんです。 私個人の売上でも、当時2.3倍になりました。 爪が傷まないことは、特に反響があって、口コミでご新規が来店されるようになりました。 首都ロンドンから1時間半離れたノッティンガムから更に30分のところにある住宅地のサロンだったんですが、その田舎のサロンがスタッフを増やしたんです。 元々フルタイムで2人だったのを、お客様が増えたことで、慌ててスタッフを増やして教育して8人体制になったんですね。 当時、お客様から言われた感想は「薄付きで自然である」ということでした。イギリスのお客様は、いかにも「ジェルネイルつけてます」といった感じではなく、「自爪がキレイ」というのがステータスでした。 その価値観がカルジェルにハマったのだと思います。 あとは、長持ちする、爪が傷まない、ニオイがしない、柔軟性があるから爪が折れない。 この5個がものすごくお客様に受け入れられました。 当時のカルジェルは、赤とかベージュとかニュートラルな色味だったこともあり、ヨーロッパですぐに広がりました。 逆に、アメリカではロングが流行っていて人気が出なかったんです。 アメリカではネイルはファッション。ヨーロッパでは、ネイルは身だしなみ。 その違いもあって、ヨーロッパでは自然な仕上がりのカルジェルとぴったりハマったんですね。 ——では、それからはずっとカルジェルを使われているのですか? そうですね。 アクリルパウダーを使っていたのは最初の1年にも満たないです。 ただ一方で、サロンで最後までハードにこだわっていたのも、私でした(笑)。 アートを書く時に、ハードのほうが長さが出せるのでよかったんです。 当時は、コンペとかにも出場していたのでハードは必要でした。 サロンではカルジェル以外は買ってくれなくなったので、実費で買ってたんですけども、ニオイがきついと言われて以後使えなくなり…。 もうそれからは、カルジェル1本に絞りました。 その後、私のコンペ優勝を機にロンドンのサロンさんと繋がって、そこでモガブルックの社長と出会い、日本にカルジェルを持ち込む形になりました。 爪飾手帖~技巧の巻を購入する 店舗情報 爪飾工房東京都港区南青山5-4-44ラポール南青山54 207号室 お問い合わせ:info@suzietaga.com webサイト:https://ameblo.jp/tagamisuzu/ GoogleMap トップネイルアーティスト・田賀美鈴先生の他の記事はこちら 過去にはこんな方にもインタビューしています☆

【カルジェリストインタビューVol.14】神保靖子さん/ nailblanc

卓越した技術と抜群のトレンド感覚で絶大な支持を集める、人気カルジェリストを取材するこのコーナー。 今回は、荻窪駅徒歩1分の隠れ家ネイルサロン「nailblanc(ネイルブラン)」のオーナー兼ネイリスト、神保靖子さんにご登場頂きました。 ネイル歴は20年。 カルジェルエデュケーターのライセンスを持ち、カルジェルの技術検定であるプレミアムステイタスの試験官を務める神保さんが、サロンをオープンしたのは2002年のこと。 店内にはフルフラットになる大きなマッサージ付きチェアが1台。 丁寧なカウンセリングを行いながら、じっくり2時間以上かけて施術を行うことが多いのだそうです。 アットホームな雰囲気と、話しやすい気さくな神保さんの人柄も相まって、創業当初から足繁く通う常連客は多数! 近隣在住の女性はもちろんのこと、遠方から訪れるお客様も多いようです。 今回は、そんな彼女のネイルに対するこだわりやキャリアについてなど、興味深いお話を伺うことができました。 ネイリストを目指した理由と、カルジェルとの出会い ——まずは、神保さんのキャリアについてお伺いさせてください。ネイリストを目指したきっかけは? 大学卒業後にOLを経験し、結婚を機に退職した後、ネイル業界に入りました。 ネイルに携わって今年で20年目になります。 お恥ずかしいんですが、元々ネイルが好きだったとか得意だったわけではなく、退職して何か技術を身に付けたいと思って、色々探した結果に出会ったのがネイリストという職業で。 当時は今ほどネイルサロンも数がなくて、それほど競争率の激しい世界ではないのかなという印象だったんです。 元々ヘアメイクなどの世界には興味があったので、楽しそうだし続けられそうだと思ってネイルスクールに通い、卒業した後に独立を見据えてサロンに就職しました。 当時は今のようにネットですぐにネイルサロンが見つかる時代ではなかったので、タウンページを見て一軒一軒電話かけてという状況で、運良く見つけたサロンに3年位は在籍させて頂きました。 ここのサロンを立ち上げてからもしばらくはお客様も少なかったので、他のサロンでの営業も並行して行なっていました。 ——カルジェルとの出会いはどのようなものでしたか? モガブルックさんに通ったのは2004年位なので、比較的早い段階でカルジェルを導入させて頂きました。 以前、羽田空港のCA(客室乗務員)さんの休憩室で出張ネイルを行なっていた時期があって。 そこでCAさんから「カルジェルっていうすごいのが日本にきたらしいよ。取り扱ってもらえない?」っていう話を頂いたのがきっかけ。 その時は「カルジェルって何!?」っていうレベルだったのですが、調べれば調べるほど惹かれていきました。 当時はソークオフジェルなんてものはなかったし、正直ジェルネイルに対してあまり良いイメージなかったんです……。 落とす時に自爪に負担をかけるし、水仕事や家事を行う女性には合わないんじゃないかという疑念があって。 その点、カルジェル爪に優しいしオフが楽チン! これはいいかもって思って資格を取る決意をしました。 優しさだけじゃないカルジェルの良さ あとは、私の個人的な感想なんですけど、薄づきでも存在感を出しやすいっていうのが、カルジェルを好きなもうひとつの理由です。 色の質感やツヤ感、それに深みや奥行きみたいなものがあるところも気に入っています。 これって他のジェルにはないものなんじゃないかなって思うんですよね。 厚みを足して存在感を出さなくてもいいっていうのも利点じゃないかなと思います。 ——カラー開発担当の方、喜ぶと思います(笑)。 やっぱり色や質感に関するこだわりもすごいんでしょうね! お客様と一緒に年を重ねています(笑) ——今年でオープン16年目だそうですが、nailblancさんにはどんなお客様がいらっしゃいますか? ありがたいことにオープン当初から来てくださる方も多くて、私もお客様も一緒に年を重ねている感じなので、客層としては割と年齢層高めですね(笑)。 新規の方もいらっしゃいますが、多いのは以前から通って頂いている方やご紹介のお客様。 30代後半の方から上は80歳近い方もいらっしゃいます。 近所に住む主婦の方から一人暮らしのOLさん、CAさん関係の方まで幅広いですよ。 ——神保さんがネイリストとして大切にしていることは何ですか? 「いつもネイル綺麗にしてるね」と言われるようなシンプルなネイルを提案しています。 どうやったら手が美しく見えるかということに重点を置いていて、デザインや色はもちろんですが、カッティングもお客様にあったものをご提案するようにしています。 人によって爪や指の形が違うので、お手本通りのカットにするのではなく、バランスを見ながら「少しスクエア気味にした方がいいかな」とか「先を細くした方がいいかも」といった感じで調整しています。 常連の方が多くお任せオーダーがほとんどなので、こちらからその方に似合うものをオススメすることも多いです。 美容院もそうですが、自分に似合うもの・似合わないものについてはプロの意見を聞きたい方も多いと思うんですよね。 なので、お客様の好みや要望を優先しながらも、最終的にはその方に最も似合うものを一緒に見つけていくことが大切だと思います。 サロンの強みは心のデトックス!? ——サロンの特徴としては、どんな部分が挙げられますか? うちはチェアが1台なので、1度に1人のお客様しか施術できません。 なので、お客様に遠慮なくプライベートなお話を存分にしてもらえる点が、このサロンの強みと言えるかもしれません(笑)。 皆さん、色々あるじゃないですか。会社の人間関係だったりご家族の悩みだったりとか。 街のサロンだと人の目や耳があるので中々喋れないようなことでも、この閉鎖された空間で2人きりだと安心して喋れてしまうみたいで(笑)。 予約時にお客様からの指定がなければ2時間半の枠をお取りしているため、1日3〜4組しか施術をできないという現状もあるんですけど、だからこそお客様にリラックスして、「嫌なことも嬉しいことも、ここだから安心して話せる」と仰ってもらえています。 施術中ずっと喋っている方も、ずっと寝ている方もいらっしゃいますけど(笑)。 私がお客様のお話を聞くことで、それで少しでも気分がよくなるのなら嬉しいですね。 ——まさに心のデトックス(笑)! ストレスが多い現代女性からの需要、結構ありそうな気がします。 手が綺麗だと自律神経が安定するなんて言われていますが、それとの相乗効果で、ここでネイルして色々話して、少しでも気持ちが軽くなってもらえたらいいなって思っています。 独立する前はすごく忙しいサロンにいたんですよ。 とにかく常に沢山のお客様の施術をしていたので、気づけば「今日、お客様の爪しか見ていない」なんて日も。 お客様1人1人とじっくり向き合うというのが物理的に難しかったんです。 今のサロンのスタイルを選んだのは、その反動もあったから。 器用なタイプではないので、忙しすぎてしまうとダメなんですよね(笑)。 お客様にも落ち着いて施術を受けて欲しいのは大前提ですが、自分にとっても働きやすい環境であることが大切だと考えています。 ——今後の展望、これから挑戦してみたいことを教えてください。 nailblancをオープンした時は、この荻窪周辺にネイルサロンなんて1軒もなかったんです。 それにネイルをする人の数も全国的に少なかったですね。 でも今はネイルサロンもネイリストも、セルフネイルをする人もすごく増えているので、お客様の目が肥えてきているなっていうのはすごく感じています。 ちょっとうまく塗れたらそれでOKというわけにはいかないし、お客様にも技術やセンスの良し悪しがはっきり伝わるので、プロとして気持ちを引き締めていかなければとは思っています。 「ネイリストにやってもらうと、こんなに違うんだ」って言ってもらえるように、これからも精進していきたいと思います! 店舗情報 nailblanc 東京都杉並区天沼3-3-7 ライオンズマンション荻窪駅前602 お問い合わせ:03-3220-1655 定休日:日曜日、第二・第四月曜日 webサイト:http://www.nailblanc.net GoogleMap 過去にはこんなカルジェリストさんにもインタビューしています

【カルジェリストインタビューVol.15】吉井あすかさん/Beauty&Nail Salon riche

卓越した技術と抜群のトレンド感覚で絶大な支持を集める、人気カルジェリストを取材するこのコーナー。今回は、福岡市大名にあるネイル・ビューティサロン「Beauty&Nail Salon riche」のオーナー兼ネイリスト、吉井あすかさんにご登場頂きました。ネイルの他、エステやまつ毛エクステなどにも力を入れ、現在は福岡県内で3店舗を運営。最近大阪にも新たに1店舗出店した吉井さん。ネイル歴は14年。福岡でサロンをオープンさせて11年目になる彼女は、ネイリストとして活躍する傍でオーナーとしてスタッフの育成にも力を注いでいるそうです。そんな彼女のネイルに対するこだわりやキャリアについてなど、興味深いお話を伺うことができました。 人生初のサロンがネイリストを目指すきっかけに 元々美容の分野に興味があって地元の百貨店で美容部員をしていたのですが、実は交通事故に遭って入院した時期があってそれをきっかけに退職したんです。その後、何か他のジャンルの仕事がしてみたいと思い切って上京。アパレル業界に転職したんですが、ある日ネイルサロンで体験したネイルアートに衝撃を受けて、「ネイリストってすごい! 私もネイリストになりたい!」と思ったのが、ネイルの世界へ行ったきっかけ。それまでネイルサロンに行ったことがなかったのですが、たまたま行ったネイルサロンですごく繊細なお花のアートネイルをやって頂き、心を奪われてしまって。強く感動したのを覚えています。それからネイルスクールに通い、ネイルの資格を取りました。 カルジェルの凄さを身をもって実感 ——初めて行ったネイルサロンで転職を決意するほどの衝撃を受けたんですね! カルジェルとの出会いはどんなものでしたか? ネイルサロンで働き出した時に友人がカルジェルを教えてくれたのが最初。当時、今のようなソフトソークオフのジェルネイルはなかったので感動しました!「薄づきでマニキュアみたいなツヤと発色が出せるすごいジェル」というのが初めての印象。おまけに爪に優しいなんて素晴らしいと思い、早速カルジェルの知識を習いにMOGA・BROOKさんのスクールへ行き、自分が働くサロンでも取り入れることにしました。カルジェルが登場して間もない頃だったと思います。それからは私自身もずっとカルジェルをつけています。オフしたらすぐに新しいものをつけているので、よくよく考えたらネイリストとしてのキャリアと同じくらいの間付けっ放しにしています(笑)。 ——ということはほぼ14年間ずっと!? 昔は長い期間ネイルを塗ったらある程度爪を休めないといけないと言われていたのですが、カルジェルに出会ってから全然休めなくて平気になりました。自爪が傷んでないんですよ。まあ、傷んでいたらこんなに長い間付けてないと思いますけど(笑)。きちんと空気を通してくれるので爪に負担をかけずカビも生えにくい、それにオフがしやすいという点も大きいですね。自分の身をもって証明できます! ——そう聞くとかなり説得力ありますね! もちろん爪に良いだけではなく、カラーバリエーションも豊富なところも気に入っています。お客様の満足度もすごく高いですよ。 福岡はハワイ、大阪はNYを意識した空間に ——当時は東京のサロンで働いていたそうですが、福岡でサロンをオープンしたきっかけは? もともと私も福岡県内の出身なんです。上京してからはずっと東京のサロンで働いていましたが、出張などで福岡へ帰った際、友人が私の爪を見て「それ何!? 私もやりたい」ってカルジェルに興味を持ってくれて。友人限定で個人的に施術してあげることにしたんです。そしたらそこからどんどん話が広まっていってしまって、いつしか出張や帰省で帰った際は常にカルジェルの予約が入っているという状態に(笑)。そういった流れの中で、福岡でお店を出してみようかなと思うようになりました。当時、東京では流行っていたカルジェルですが、まだ福岡にはほとんど浸透してなかったんですよ。 ——今年で福岡にサロンをオープンして11年目だそうですが、お店にはどんな特徴があるのでしょうか? うちはトータルビューティと、ネイル専門、まつ毛専門のサロンを運営していて、福岡県内に3店舗出店しているんですが、ネイルのお客様がほとんどですね。自爪を大切にしている、意識の高いお客様が多いので、下準備やケアに力を入れています。オフのときにも絶対に負担をかけないよう心がけていますし、施術後に少しでも良い状態でネイルを保っていただきたいので、ホームケアの商品なども取り扱っています。他サロンで他のジェルに浮気したものの、爪が薄くなってしまって戻ってきてくださったお客様もいらっしゃいます(笑)。長いおつきあいのお客様が多いですね。また、お店の空間づくりにもこわっていて、本店はハワイのホテルをイメージし、ハワイアンミュージックを流しています。ネイルする時間って意外と長いですよね。2時間くらいの間ただネイルだけするっていうのではなく、お客様に極力リラックスしてほしいという願いから、壁紙からBGMに至るまでこだわっています。ちなみに、サロンによってコンセプトを変えているんですが、新店舗の大阪店はNYテイストを取り入れています。昨年自分が行っていてインスピレーションを受けたもので、ぜひサロンの要素として取り入れたいと思いまして(笑)。店舗のデザインをする際にも、「こんなデザインにしたい」と意見を出し、イメージ写真など参考資料をたくさん用意しました。 ——福岡と大阪ではかなり雰囲気が異なるんですね。 あと、福岡と大阪ではオーダーされるデザインの傾向も違いますね。大阪はオープンしたばかりなのでそんなにデータはないんですが、大きなパーツを載せるのが主流で色々な色を使うことが多い気がします。どちらかというと派手なデザインを好まれる方が多いですね。福岡はもっとシンプル寄りで東京と似ているような印象。色も割と控えめで、ピンクやグレージュが人気です。 ——ネイルデザインにも地域差があるんですね! 興味深いです(笑)。 そうですね(笑)。全体的なことをいうと、うちのサロンはカラーの種類をたくさん揃えているので、お客様から色に関するリクエストをされることが結構あります。カルジェルは複数の色を混ぜてオリジナルの色を作れるので、カラー+ニュアンスで遊ぶお客様が多いんです。同じ色でもその方の好みによってかなり表情が変わってくるので面白いですね。私もお客様と一緒に色々試してみています。 研修制度が半端じゃない!スタッフがデビューするまでの高いハードル ——吉井さんがネイリストとして大切にしていることは? 初めてネイルサロンに行った時、自分自身がすごく感動して幸せな気持ちになったので、お客様に私と同じように幸せな気分になってほしい。その想いを忘れずに今日までやってきています。ネイルが終わった後のお客様の嬉しそうなお顔を見ると私も幸せな気持ちになりますし、ネイリストの仕事って楽しいって思えるんです。今はサロンスタッフの指導に回ることも多いんですが、「なんでこの仕事を選んだのか」ってスタッフに聞くと、「お客様の笑顔がみたいから」っていう声が多いのが嬉しいです。そういうスタッフを採用できてよかったなと思いますし、そうやって同じ気持ちを共有できるスタッフを厳選していますね。スタッフミーティングでも常に、お客様の満足度をいかに上げていくかってことばかり話し合っています。 ——スタッフの方の教育にも力を入れているそうですね。カルジェルの資格を持った方も多いのだとか。 ほぼ全員がカルジェルの資格を持っています。カルジェルを適切に扱うためには、カルジェルメーカーが教えてくださるやり方を学ぶのが一番だと思うんですよね。レベルアップしたいスタッフばかりなので自主的に受けたいと言って学んでくれます。また、サロン内では勉強会やテスト制度を設けていて、外部講師を招くことも。個人差はありますが、デビューまでだいたい8ヶ月かかります。ネイルの資格を持っていてもお客様へのネイル施術経験がないと、もっと時間がかかる場合もあります。うちのサロンはサービスや接客の方にも力を入れていて、講習にも独自のカリキュラムを組んでいるんです。ロールプレイを行ったり、ネイルだけではなく爪や肌など美容の知識を教えたりと、それぞれの専門知識を持ったスタッフが研修を行っているんです。「このネイリストに担当してもらったら、色々な知識や情報を教えてもらえる」っていうくらいのスペシャリストを育てたいですね。なお、技術の他に接客の実技テストもあって、デビューする前に「ジュニアデビュー」という段階があるんです。ジュニアを経て最後の試験に合格して、ようやく一人前のプロになれるという流れです。 ——接客のテストまであるとは驚きです。デビューまではなかなかハードな道のりですが、その分スタッフの方はネイリストとして自信を持って対応することができそうですね。 お客様からお金を頂く以上は、プロとしての責任を果たして高い技術を提供しなければければ、満足度の向上には繋がらないですよね。ネイルサロンやセルフネイルが増えてきている時代なので、お客様の目も超えてきていますし。 ——最後に、これからの展望や挑戦してみたいことを聞かせてください。 大阪店に続いて店舗を増やして行きたいなと思っています。そして、子供もいるのですぐにというわけにはいきませんが、いつか海外でもやってみたいなというのが夢ですね。また、スタッフの育成にももっと力入れていきたいです。ネイリストってお給料が安いとか、それだけじゃ生計を立てていけないようなイメージがあるんですが、それを払拭したいと考えています。どこでもやっていけるような立派なネイリストを増やしていきたいし、お客様を幸せにして自分も幸せになって、ちゃんとしっかりお給料もいただいて生きていけたら最高ですよね! 店舗情報 Beauty&Nail Salon riche福岡市中央区大名1丁目2-37-1 Selva西大名Ⅱ 2F お問い合わせ:092-210-2921 定休日:不定休 webサイト:http://www.riche-nail.com GoogleMap 過去にはこんなカルジェリストさんにもインタビューしています

【カルジェリストインタビューVol.13】鴻上みゆきさん/APRIL

卓越した技術と抜群のトレンド感覚で絶大な支持を集める、人気カルジェリストをインタビューするこのコーナー。今回は、二子玉川にあるネイルサロン/エステサロン/ネイルスクール・APRILのオーナー兼ネイリスト、鴻上みゆきさんにご登場いただきました。長らく一般企業の営業職だったという鴻上さんは、30代で一念発起しネイリストへと転身。自爪の健康を第一に考えた施術、スタッフ担当制によるきめ細やかな対応などが好評を得て、2005年にオープンしたサロンは、近隣在住の感度の高い女性を中心に愛され続けています。また、ネイルスクールも併設し、スタッフ育成にも力を入れているという鴻上さん。彼女のネイルに対するこだわりやちょっぴりユニークなAPRIL流・ネイリストの働き方など、興味深いお話を伺っていきましょう。 ネイリストを目指したのはご主人の一言 ——鴻上さんのキャリアについてお伺いさせてください。ネイリストを目指したきっかけは? 元々ネイルが好きでセルフネイルが趣味だったんですけど、大学を卒業した後は長く一般企業の営業職をやっていたので、ネイリストになったのは結構遅いです。30歳過ぎた時に、このままずっと会社で働き続けるのかなって悩んでいた時期があって、当時よく主人にストレスや不満をぶつけてたんですね(笑)。そしたら主人が「そんなにネイル好きならネイルの学校でも行けばいいのに」って一言。それがきっかけでネイルスクールに行くことになりました。会社勤めをしながらですけどね。そして、卒業した後に独立しました。 ——スクールを卒業した後、いきなり独立したんですか? 元々自分で何か事業をやりたいって願望はあったんです。でもその時すでに自分は33歳。その歳でネイルサロンに就職するって考えた時、周りはきっと若い人ばかりだしいじめられるんじゃないかなんて思っちゃったんですよね。今思えばただの被害妄想なんですけど(笑)。なのでサロンには就職せず、いきなり独立することにしました。趣味でセルフネイルをやっていた時、周りの方に爪を褒められることが多かったので、「私、結構できるのかも」ってなんとなく自信を持っていたのかもしれません(笑)。 ——鴻上さんをはじめ、お店にはカルジェルの資格を持ったスタッフの方が複数いらっしゃいますが、カルジェルとの出会いは? 先ほどお話ししたネイルスクールへ通っている間に、カルジェルの存在を知りました。当時、ネイル業界ではスカルプチャーなどが主流だったんですけど、せっかく爪を綺麗にするのに爪を痛めてしまうっていうイメージがあって。そんな中で爪にもっと優しくて良いものはないのかなって探している時に、出会ったのがカルジェルでした。当時カルジェルはもちろんのこと、ソークオフジェルっていう言葉自体もそれほど世の中に浸透してない時代でしたが、知れば知るほど間違いなく良い商品だって思うようになって。ネイルスクールを卒業した後にMOGA・BROOKさんで講習を受けに行ったんです。 予期していなかったジェルネイルブーム到来 ——現在、ご自身のスクールでもカルジェルを教えているんですよね? はい、基本的に教えているのはカルジェルのみです。実はジェルネイル専門サロンとしてオープンした直後に「ジェルネイルブーム」が到来してまさかの予約殺到。1人じゃ全然回らないくらい忙しくなってしまったんですよ。人手が足りなかったので新たな人材を採用したかったんですけど、まだカルジェル、ソークオフジェルのことをわかるネイリストがすごく少なくて。だったら自分のところで育てた方が早いって思ってスクールを設立したんです。 ——いきなり予約殺到なんて嬉しい悲鳴ですね。 そうですね。オープンして3ヶ月後くらいには予約がパンパンでした。こちらのビル(※取材場所)の1部屋を借りてエステを担当するスタッフと一緒に営業していたんですけど、スタッフも設備も増やしたかったので、たまたま隣の部屋が空いたタイミングでそこも借りて店を大きくすることにしました。現在3部屋を使ってサロンとスクール事業を行なっています。 ——スクールを卒業した元生徒さんの多くもサロンで働いているんですよね。なんでも雇用形態というか、ネイリストさんの働き方が少々変わっているそうですが? うちのお店ではフルタイムではなく、業務委託という形でフレキシブルに働いていただいています。お子さんがいらっしゃる方は平日の早い時間だけでもいいし、自分の働きたい時だけ来ていただくスタイルで運営しているんです。その方が色々なタイプのネイリストが集まるし、例えばお子さんが大きくなったりして生活環境が変わっても対応できるので長く働いている方が多く、10年以上勤務している方もいらっしゃいます。ただ、ネイリストに集客を求めるというスタイルではなく、あくまでお店が主体で集客しているので、お客様から見たら表向きは普通のサロンと変わらないんですけどね。また、ネイリストは基本担当制。スタッフ同士で協力しあうことはありますけど、基本的には1人のお客様に対して1人のスタッフが専任で対応させていただいています。 「絶対に爪を痛めない」という徹底したこだわり ——スタッフ全員が業務委託というのは珍しいですね。では、サロンとしてのポリシーについてお伺いしていいですか? 「絶対にお客様の爪を痛めない」ということを心がけています。お客様に対して「爪が痛んでしまったからしばらくネイルをお休みしましょう」といったご提案は今まで一度もしたことがありません。そもそもジェルネイルをつけているだけで爪を痛めてしまうということは絶対にないはず。もしそうなったとしたら施術のやり方や、無茶なオフのやり方に原因があると思うんです。ネイリストを担当制にしているというのは、お客様の爪の健康管理がしやすいようにという目的もあって。その都度担当者が変わってしまうとコミュニケーションもとりづらくなってしまいますし、その方の爪の状態を細かく管理するのが難しくなってきますよね。ただ綺麗にしてあげるだけではなく、爪の健康管理も行なっていくというのがポリシー。おかげさまでこれまで爪のトラブルなどはほぼありません。 ——サロンにいらっしゃる客層はどんな感じですか? 近所にお住いの主婦の方が多いですね。しかも、オープン当初からずっとリピートしてくださる方がほとんど。ご新規でいらっしゃる方は、色々調べて吟味されてサロンを探してこられる方が多いです。カルジェルを扱うサロンを検索してこられる方もいらっしゃいますよ。ちなみに、お客様だった方がネイルに興味を持ってうちのスクールに通い、そのままうちのサロンに就職するっていうパターンもあります。もちろんご自宅で開業される方もいらっしゃいますけど。 ——鴻上さんがネイリストとして大切にしていることは何ですか? ネイルは手をきれいに見せてくれるものが一番だと思いますので、デザインやディティールに凝るというよりはその方に合ったカラーを提案することに重きをおいています。パーソナルカラーに関する勉強もしているので、その方の肌に馴染む色を提案できるよう、既存のカラーを調合してオリジナルの色を作ることが多いですね。もちろんデザインの勉強もしていますけど。 ——どういったところからデザインの着想を得るんでしょうか? インスピレーションの源は? ファッション誌に載っている洋服のコーディネイトは参考にしています。色や模様といった洋服のデザインに関してではなく、トータルのコーディネイトやスタイルに合わせたネイルをイメージしてデザインすることが多いです。「爪だけ別の人」状態は良くありませんよね(笑)。その方のスタイルや雰囲気にきちんと溶け込むネイルがベストだと考えています。 ——今後の展望、これから挑戦してみたいことを教えてください。 私個人としては現在、ネイリストとして新規のお客様を受け付けていない状態なんです。これまで技術者として10年以上やってきたわけですが、今後は経営者として若手の教育などに力を入れていきたいなって思っています。現在、ネイリスト6名、まつげエクステ担当1名、受付3名、エステスタッフが3名。そのうちカルジェルのエデュケーターの資格を持っているのが3名、プレミアステイタスの資格を持っているのが2名なんですが、やっぱりきちんとした技術を持ったネイリストを増やすことがすごく大切。私自身、スクールやMOGA・BROOKさんの講習をきちんと受けていてある程度の知識があったので今があります。長い間共にやってきたスタッフはもちろんですが、新たな人材も増やしつつ、さらに充実した色々なサービスを行なっていきたいと思っています。 ——ありがとうございました! APRILで働く村野さんのネイル&使用品が知りたい! 過去にはこんなカルジェリストさんにもインタビューしています 店舗情報 APRIL東京都世田谷区玉川2-24-6シルク玉川7F お問い合わせ:03-3607-0448 営業時間:火〜金:9:30〜20:30/土:10:00〜20:00/日:10:00〜18:00 定休日:月曜日・祝日 webサイト:http://www.april-powers.com/aprilnail/aprilnail_top.htm GoogleMap