ネイルレシピ

カルジェルウィーク 2019年5月開催!

令和時代 最初のカルジェルウィーク!5月は5日間連続開催!最新のCalgel情報をいち早くキャッチできるMOGA・BROOK主催イベント「CALGEL WEEK」。お待たせしました!201

Calgel無料体験&セミナー情報

「爪飾手帖 技巧の巻」特別出版記念セミナー「爪飾手帖 技巧の巻」特別出版記念セミナー

初心者でも簡単!カルジェルの混ぜ方テクニック!

地爪へのダメージが少なく、爪が弱い人でも無理なく使えるネイルケアシステムでおなじみのカルジェル。自宅でセルフネイルを楽しむ女性も増えています。カルジェルのカラーバリエーションは豊富ですが、一度にたくさんの色を買い揃えるのも大変です。しかし、カルジェルならジェルをミックスすることにより、ビギナーでも簡単にオリジナルカラーを作ることができ、色彩豊かなネイルを楽しめます。 混色の基本ルールをご紹介!カラージェルのミックスはこうすればOK! 複数の色を混ぜ合わせて新しい色を作り出すテクニックを混色と言いますが、大きく分けると2つのルールに分類されています。片方は、例えば舞台の演出に使われるスポットライトなどの光のミックスに活用され、もう一方は塗料やカラー印刷で色を作り出す方法として使われるのです。カルジェルを混ぜ合わせて新しい色をカスタマイズする際には、この後者のルールであり「減法混色」を活用して行います。 揃えたいのはマゼンタ・シアン・イエローの三原色! 減法混色にはベースになる3つのカラーがあり、その3色を混ぜ合わせて新しい色を作ります。マゼンタ、シアン、イエローが三原色となりますが、カルジェルのカラージェルに当てはめると、エンパイアローズ、モアナブルー、レモンイエローなども近い色味だと言えるでしょう。 この三原色にホワイトとブラックが加われば、初心者でも混ぜ方の加減次第で、原理的にはあらゆる色を作り出すことが可能になるわけです。一般的にカラージェルをミックスする時は、数センチ四方程度のペーパーパレット等の上でつまようじで混ぜていきます。 エンパイアローズ CGPI01S 容量: 4g カテゴリ: カラージェル>ピンク ショップ: Calgel Plaza モアナブルー CGBL09S 容量: 4g カテゴリ: カラージェル>ブルー ショップ: Calgel Plaza レモンイエロー CGYE01S 容量: 4g カテゴリ: カラージェル>イエロー ショップ: Calgel Plaza たとえばベージュ!大人の上品ネイルもセルフカスタマイズ! 肌なじみがよく、控えめな印象のためオフィスネイルにもふさわしいベージュ。カルジェルのカラージェルにも赤みのある優しいベージュからグレーがかったクールなタイプまで、豊富なカラーバリエーションが揃っている人気色です。ベージュは演出次第で知的な印象にもセクシーなイメージにも仕上がるので、自分でいろいろな種類を作ることが出来るのも楽しみの1つです。 慣れるまでは少しずつミックスするのが基本! カラージェルでベージュは多くありますので、まずは基本となるベージュを選んでみましょう。自分好みのベージュのカラージェルに、ホワイトやマゼンタ、ブラックを少量混ぜて肌の色に近づけたり、好みのパステルカラーを作るなど、自分のオリジナルカラーを楽しみながらミックスする事に慣れていけます。 チュールベージュ4g CGBB15S 容量: 4g カテゴリ: カラージェル>ベージュ/ブラウン ショップ: Calgel Plaza カルジェルでセルフネイル!色混ぜをマスターすれば楽しさ無限大! 混色のテクニックを使えば、いろいろなデザインに挑戦することが可能です。濃淡の違うカラーバリエーションを2~3種類用意すれば、自分だけのカスタムカラーで初心者でも素敵な天然石ネイルも作れます。クリアジェルを塗布した後、それぞれのカラージェルを爪の上にランダムに置き、きれいにワイプした筆でS字を描くようにうねらせるだけです。 地爪に優しいカルジェルは、柔軟性がありナチュラルな仕上がり。蒸散作用を妨げないので、3~4週間 美しい状態をキープすることも可能です。色混ぜのテクニックを覚えれば、ネイルのアイデアもますます広がるのではないでしょうか。 ▶カルジェルを購入する エンパイアローズ CGPI01S 容量: 4g カテゴリ: カラージェル>ピンク ショップ: Calgel Plaza モアナブルー CGBL09S 容量: 4g カテゴリ: カラージェル>ブルー ショップ: Calgel Plaza レモンイエロー CGYE01S 容量: 4g カテゴリ: カラージェル>イエロー ショップ: Calgel Plaza ピュアホワイト CGWH04S 容量: 4g カテゴリ: カラージェル>ホワイト ショップ: Calgel Plaza クラシックブラック CGBK01S 容量: 4g カテゴリ: カラージェル>グレー/ブラック ショップ: Calgel Plaza クリアジェル 25g CG00 容量: 25g カテゴリ: カルジェル>クリアジェル ショップ: Calgel Plaza もっと自分でデザインを楽しみたい方はこちら

カルジェルを使ったツイードネイルの作り方

冬の定番ツイードネイル 季節は冬真っ只中・・ネイルサンプルも冬仕様ですね。今回はそんなサンプル達にぜひ仲間入りさせたい、毎年冬に大人気のツイードネイルの作り方をご紹介します!使う色によって雰囲気が変えられ、何通りもの色の組み合わせができる飽きのこない万能デザインを今回はカルジェルの人気カラーベージュを使って工程ごとに分けて詳しく説明していきます。 基本的に人の爪に塗る場合は必ず最初にクリアジェルを塗りますが、今回はネイルチップに作成するためクリアジェルは省略していきます。 工程1 ベースカラーとなるジュリアベージュ(CGBB10)を基本形で2回塗る ジュリアベージュ CGBB10S 容量: 4g カテゴリ: カラージェル>ベージュ/ブラウン ショップ: Calgel Plaza ジェルポットからジュリアベージュ(CGBB10)をフラット筆にとります。 筆の片面にジェルを取るのが綺麗に塗るコツです! 量はこれくらい 基本形で1回塗り、硬化。 さらにもう1回基本形で塗り、硬化します。 -これでベースの出来上がり。- 工程2 ツイードの柄となるラインをモーヴ(CGPU05)、ダスティピンク(CGPI09)、ピュアホワイト(CGWH04)で縦に描いていく。 モーヴ CGPU05S 容量: 4g カテゴリ: カラージェル>パープル ショップ: Calgel Plaza ダスティピンク CGPI09S 容量: 4g カテゴリ: カラージェル>ピンク ショップ: Calgel Plaza ピュアホワイト CGWH04S 容量: 4g カテゴリ: カラージェル>ホワイト ショップ: Calgel Plaza 細筆に適量ジェルを取り、ランダムに線を描いていき、硬化します。 あまり筆圧が強いとラインが太くなってしまうので注意しましょう。 また、セルフレベリングが進むとラインが太くなってしますので、なるべくすばやく。 一色ずつその都度硬化するとシャープな線がキープできます。 ラインは重なっても大丈夫です。適当に全体が3色のラインで80%埋まるくらい描いていきます。 工程3 横のラインを描いていく。 縦のラインと同じ要領で、同じ3色を使いこんどは横のラインを縦のラインに交差するように重ねて描いていきます。 各色ごとに硬化をし、細いラインを保ちましょう。 縦も横も、ラインは不規則なほうが、ツイードの雰囲気がでていい感じに仕上がります! 工程4 バランスをみて縦、横のラインを書き足し、ラメライン(ハニーゴールド)を加える。 一通り縦、横とラインを描き終わったら、バランスをみて隙間や気になるところにさらに縦でも、横でも、ラインを書き足します。ここでも一度硬化します。 最後にクリアで混ぜたラメ(ハニーゴールド)で縦、横とラメラインを描き硬化します。 ラメは少し入れることによって締りがでます。 工程5 トップジェルで仕上げる。 仕上げにトップジェルを塗ります。 前の工程でラインをたくさん重ねたことによって、表面がデコボコしているので、フラット筆にジェルをたっぷりとり、まんべんなく塗っていきます。 表面がつるんとするまで少し待ち、クリスタランプで30秒硬化します。 (表面に大きく凹凸が残っている場合はトップジェルが少ない可能性があるので足して再度塗りなおしてみてください) 硬化後、表面の未硬化ジェルをカルガードで拭きとります。 ラインが重なることでツィードらしさが増します! 地道な作業ですが、とっても簡単なので、ぜひ試してみてください!

【開運ネイル】幸せ願ってやまない系女子に捧げる、開運要素てんこ盛りネイル/お題ネイルvol.5

「幸せになりたい」と願わない女性なんてこの世にいないはず。藁にもすがる思いで全国各地のパワースポットを訪れ、お守りを複数持ちしている筆者のような方も少なくないのではないでしょうか? 年の瀬を迎えるこの時期、今年あった出来事を振り返り来年こそはと決意を新たにしたりするものですが、今回のお題ネイルでは、そんな想いに彩りと勇気を添えるをご紹介したいと思います。 今回ネイルを担当してくださったのは、カルジェル・エデュケーターの杉崎 千尋(すぎざき ちひろ)さん。「とにかく幸せになりたい」という筆者の要望を汲み取って、オリジナリティ溢れる素敵なネイルを考案してくださいました。 全部盛りで開運効果マシマシ いきなり余談ですが、今回の施術にあたって事前に初のセルフオフを行った筆者。こちらの内容に関しては折を見て触れたいと思いますが、ツールを揃えず力技で行ったため少々爪を痛めてしまう結果に……。 杉崎さんのファイリングによってリカバーできたので特に問題はありませんでしたが、本来きちんとしたやり方さえ行えば難しくないので今回の敗因を踏まえて次回からは不備なく行いたいと思います。 さて、下準備を終えた後、今回のお題に沿ったデザインのネイルチップを拝見。 杉崎さん「開運に関係のあるパワーストーンをピックアップしてみました。ラピスラズリ(写真上段:濃紺のネイル)とタイガーアイ(写真上段:虎模様のネイル)、そしてルチルクオーツ(写真下段中央:白地にゴールドラインの入ったネイル)です」 おおお!!! 特にタイガーアイとルチルクオーツのクオリティがヤバイ(興奮)! 実は筆者、大の石オタクなんです。パワーストーンの魅力に取り憑かれて早20数年、自宅には大小様々な石を置いたパワーストーンコーナーがあるほど。そんな前情報は一切お伝えしてなかったので、このチョイスは嬉しい誤算です。 女性に大人気のパワーストーンですが、石の種類によって効果はそれぞれ異なります。今回杉崎さんが選んでくださった石は3種類。 別名・虎目石と呼ばれるタイガーアイは、金運・仕事運アップ&厄除けの効果があり、物事を見通す力や洞察力を授けると言われています。 ルチルクオーツ(針水晶)は名前の通り針状の内包物が入っている水晶で、集中力や精神力をもたらし、金運と勝負運をアップさせるそう。 また、ラピスラズリはあの『天空の城ラピュタ』に登場した飛行石のモデルになった石(諸説あります)なんだとか。邪気や邪念を払い、幸運を呼び込む強力なパワーストーンです。うん、これらを盛り込めば強力な開運ネイルが完成するに違いありません! ん? ちなみにこのオレンジ色の(写真中央)はなんですか? パワーストーンっぽくないですけど……。 杉崎さん「それ実は、富士山なんです。ほら、赤富士って縁起がいいっていうじゃないですか(笑)」 なるほど。クリスマスすっ飛ばして(※取材当時)いきなりの新年感! でも個人的に好きです。めでたさとヴィジュアルのインパクトはピカイチなのでぜひ採用したい! 杉崎さん「こちらだけ異色だったので、採用されるとは思っていませんでした(笑)。ではパワーストーンの種類はどうしますか?」 うーん、選べない……。全部盛りってできますか? 開運効果マシマシでお願いします。 杉崎さん「かしこまりました(笑)」 今回も複雑&高度なアシメネイルに挑戦 前回のハロウィンネイルもそうですが、今回も引き続き左右アシンメトリーなデザイン(いつも複雑かつ高度なオーダーで恐縮です)。 どの位置にどのデザインを持ってくるか、試行錯誤を重ねながらバランスを考えて配置を決定し、効率良く左右ランダムに仕上げていきます。多少順序は前後してしまいますが、この記事では右手と左手に分けてその手順をご紹介していきたいと思います。 まずはベースとなるクリアジェルを全体に塗ってUVライトで硬化させます。 右手編(タイガーアイ、ゴールド、ラピスラズリ) YE02とクリアジェルを混ぜて、タイガーアイの背景色を作っていきます。マスタード、というより納豆に付いてくる練り辛子のような色。 ▲イエロー CGYE02Sを使用 イエロー CGYE02S 容量: 4g カテゴリ: カラージェル>イエロー ショップ:Calgel Plaza 実際に塗ってみると意外と肌に馴染みます。杉崎さん曰く、クリアジェルを混ぜることで石の透け感やつるんとしたテクスチャーを再現しているんだそう。重ね塗りをして色味を濃くしていきます。 次にラピスラズリの濃い藍色を作るため、CGBL03SとCGBL04Sをミックス。 ▲コバルトブルー CGBL03Sとナイトブルー CGBL04Sを使用 コバルトブルー CGBL03S 容量: 4g カテゴリ: カラージェル>ブルー ショップ: Calgel Plaza ナイトブルー CGBL04S 容量: 4g カテゴリ: カラージェル>ブルー ショップ: Calgel Plaza しっかりとした発色で、イエローとのコントラストも素敵! 続いてBB09とBK01を混ぜてタイガーアイの濃い茶色を作ります。 ▲クラシックブラック CGBK01Sを使用 クラシックブラック CGBK01S 容量: 4g カテゴリ: カラージェル>ブラック ショップ: Calgel Plaza ココアブラウン CGBB09S 容量: 4g カテゴリ: カラージェル>ベージュ/ブラウン ショップ: Calgel Plaza イエローに茶色を重ね、グラデーションのストライプを作成。何度も重ねて微妙なニュアンスを表現していきます。 かなりリアルな虎目模様が出来上がりました。 中指には、クリアジェルと混ぜたラメ(クリスティーン・トゥインクルコレクション フレンチシュガー CHTFS)をオン。一度塗りだと結構控えめですが、重ね塗りをすることによってラメの濃度が調整可能。 筆者は金運アップ効果を狙って、キラッキラなゴールドネイルにしてもらいました。 ▲クリスティーン・トゥインクルコレクション フレンチシュガー CHTFSを使用 クリスティーン・トゥインクルコレクション フレンチシュガー CHTFS 容量: 1.6g カテゴリ: パウダー・ラメ>クリスティーン トゥインクルコレクション ショップ: Calgel Plaza さらなるリアリティと開運効果を求めて金粉をリクエスト。ラピスラズリに乗っけてもらいました。ちなみに実際のラピスラズリにはパイライト(黄鉄鉱)という金色の鉱物が混ざっていて、この部分が多いほど縁起が良いと言われています。 使ったのはこちらの金粉。 左手編(ルチルクオーツ、赤富士、ラピスラズリ) ルチルクオーツのベースには細かいラメが入ったシャイニーなCGM01を。薄い乳白色を重ねることによって微妙な透け感が生まれます。 ▲アイスパール CGM01を使用 アイスパール CGM01 容量: 4g/10g カテゴリ: カラージェル>シルバー/ゴールド ショップ: Calgel Plaza タイガーアイに使ったイエローを赤富士の背景にも使用。先端にはCGRE01と、グラデーション部分にはCGOR02を乗せていき、富士山の山麓部分を作っていきます。 ▲レッド CGRE01Sとオレンジカクテル CGOR02Sを使用 レッド CGRE01S 容量: 4g カテゴリ: カラージェル>レッド ショップ: Calgel Plaza オレンジカクテル CGOR02S 容量: 4g カテゴリ: カラージェル>オレンジ ショップ: Calgel Plaza その上から富士山の山頂に積もった雪、雲をWH01で描いていきます。 ▲ベールホワイト WH01を使用 ベールホワイト WH01 容量: 4g/10g カテゴリ: カラージェル>ホワイト ショップ: Calgel Plaza 強欲な筆者はここでも金粉をリクエスト。ラピスラズリ同様、赤富士にも金粉を散らして”ご来光“感を演出! ちなみにルチルクオーツには様々な針状の内包物があるんですが、その中でも黄金色のルチル(金線)が入ったものには金銭を呼び込むパワーがあるんだとか。髪の毛ほどの細いワイヤーをルチルに見立て、短く切って1本ずつ爪に乗せていきます。細かい! さらにラメジェルを乗せてワイヤーを馴染ませます。上品な輝きにうっとり。指を綺麗に見せてくれる効果もありそう! 使ったのはこちら。手芸用なんだとか。 ラピスラズリ、赤富士、ルチルクオーツ。一見すると方向性バラバラに見えますが、散りばめられたゴールドが統一感を生み出してくれました。 そうして完成したのがこちら。開運要素がてんこ盛りのおめでたネイルです。2018年も幸せがたくさん訪れますように。皆様、どうぞ良いお年を! 過去のお題ネイルはコチラ

男も爪を綺麗にしたい!?メンズネイル記事をまとめて紹介!

この記事を開いたそこの貴方、もしかして爪を綺麗にしたいですか? ここでは過去にCalgelistで公開したメンズネイル記事を一挙にご紹介致します! 爪のケア方法を知りたい方から、思いっきりアートを楽しみたい方まで、これらの記事を読めばきっと男性でも自分の爪を綺麗にしたくなるはずですよ! 社会人としてやっておきたい!男のビジネスネイル ネイルケアを行っていない男性は多いかと思いますが、よく考えてみれば男性こそ仕事の場でクライアントさんと名刺交換したり、プレゼンを行ったりと"自ら大切な相手に手を差し出す機会"が多いのではないでしょうか? クライアントさんに手元を見られていると思うと、自分の手や爪が気になってくる方も多いと思います。 この「男も爪は気にするべし!男のビジネスネイル」では、そんな社会人男性が「ネイルサロンで実際にネイルケアをしてきた」体験談をまとめていますので、ケアをするとどんなに爪が美しくなるのか、見た目と心の変化を是非シリーズ通してご覧になってみて下さい! ネイルサロンでケアして貰う! こちらで紹介したネイルサロンは女性専用(※今回特別に許可を頂きました)ではありますが、男性も気軽に行けるサロンもありますよ♪ ▼働く男性も訪れるトータルビューティーサロン「kakimoto arms」チーフ小手 麻菜美さんのインタビュー ▼メンズネイルのチャンピオンが在籍するネイルサロン「ミニカ・スルガ」オーナー田邉 薫さんのインタビュー ▼ヘアカット、ネイルケア、マッサージからオーダースーツまで!完全予約制プライベートサロン「AYOMOT」オーナー鈴木 朋弥さんのインタビュー 自分でケアする! 「個室があっても、男性客が多いと言っても、やっぱりサロンに行くのは恥ずかしい!」という方には、セルフでのケアがオススメです。 必要な道具は通販でも(会員でなくても)購入可能ですので、これなら誰にもバレずにネイルケアを行う事が出来ます。 ▶ケア用品一覧 ▶ファイル・バッファー(爪やすり)一覧 ▶トップコート一覧 ▶キューティクルオイル一覧 ただケアするだけじゃ物足りない、女性みたいにネイルアートを楽しみたい! 自爪を綺麗にケアするだけでなく、ネイルアートもやってみたいという男性にはこちら! 指の先まで美を追求した男性といえば、ヴィジュアル系バンドのアーティストさんではないでしょうか? ここでは、ユナイトのLiNさん、コドモドラゴンのmeN-meNさん、えんそくのJoeさんというそうそうたるV系ミュージシャンさん達に、ご自身のネイルに関してお伺いしました! LiNさんの独特なデザインや、meN-meNさんの男らしい黒ネイル、Joeさんの女型だからこその可愛らしいネイルなど、デザインの参考にしてみて下さい!   さてさて、メンズネイル記事如何でしたでしょうか? 元々ネイルに興味があった方も、この記事を読んで爪を綺麗にしたくなった方も、1ランクUPした男になるべく是非ネイルケアやアートを楽しんでみて下さい!

難しい技術不要!カルジェルでガーリーなキャンドルネイルを作る方法

「MOGA・BROOK BEAUTY STUDIO」からの転載記事です。   こんにちは! Calgel エデュケーターの長橋です。 今回はCalgelを使った本物のような質感の『キャンドルネイル』をご紹介します! キャンドルネイルは色によって夏っぽくも冬っぽくもできるので一度マスターしてしまえば一年中楽しめるネイルです! 明確に柄を描くのではないので利き手でなくても可愛く仕上がり、セルフネイルにもとってもおすすめのデザインです!       Calgelを使ったキャンドルネイルの作り方 それではさっそく Calgel を使ったキャンドルネイルの作り方を、工程ごとに分けて詳しく解説をしていきます。慣れてくれば1本5分以内で塗ることができるようになります。 基本的に人の爪に塗る場合は必ず最初にクリアジェルを塗りますが、今回はネイルチップに作成するためクリアジェルは省略していきます。   手順1 - カラージェルをMIXしてパステルブルーを作る   コンペティションホワイト(CW)に少量カリビアンブルー(BL07)を加え、パステルブルーを作ります。 5:1くらいの割合で混ぜていきます。       手順2 - 手順1でMIXしたパステルブルーを1/3まで塗ります。   MIXしたパステルブルーを筆に少し取り、爪の根元から1/3まで塗ります。     だいたい3分の1なので面積が少し多かったり、少なかったりしても全く問題ありません!       塗り終わりがまっすぐでないほうがよりキャンドルっぽくなりかわいく仕上がるので、あえて適当に塗ってみてください!        ここでは硬化せず、このまま次の手順に進みます。   手順3 - ミントクリーム(GR04)を1/3に塗り、手順2との境目をぼかす   ミントクリーム(GR04)を筆に少し取り、パステルブルーの塗り終わりから3分の1程度塗ります。 ジェルのとる量は手順2と同じくらいです。     パステルブルーとミントクリーム(GR04)の境目を筆でぼかします。 筆の先端1mmくらいを使って筆をくるくる動かすイメージです。筆をチップに押し付けてしまうとジェルが取れてしまうのでジェルに触れているか触れていないかくらいで動かします。       端から端までぼかせたら、ここでも硬化せずに次の手順に進みます。     手順4 - キューティーピンク(PI03)を残り1/3に塗り、手順3との境目をぼかす   キューティーピンク(PI03)を筆に少り取り、手順3で塗ったミントクリーム(GR04)の下から先端まで塗ります。 ミントクリーム(GR04)とキューティーピンク(PI03)の境目をぼかします。 手順3と同じようにぼかしていきます。     手順3と同じように端から端までぼかしたらクリスタランプ(UVライト)で180秒硬化します。     手順5 - ピュアホワイト(WH04)を筆に少量取り、たたくようにおく   ピュアホワイト(WH04)を筆にほんの少量取ります。 かすれているような質感を出したいので、ジェルの量はかなり少なくて大丈夫です!   それぞれの色の境目、チップの先端、根本あたりに筆をたたくようにしてジェルをのせていきます。 ボーダーのようなイメージで、しかしきっちりとまっすぐではなくランダムな感じのほうがキャンドルっぽさが出ると思います。       ジェルの色のつき方も濃淡があるとかわいいので、たたく強さや回数を変えると変化がでます。        ここまで塗れたらクリスタランプ(UVライト)で180秒硬化します。   手順6 - トップジェルを1層塗る   仕上げにトップジェルを塗ります。 今回はより本物のキャンドルの質感に近づけるためにマットトップジェルを使用しています。 筆にしっかりジェルをとって、全面に塗っていきます。     表面がつるっとしたらクリスタランプ(UVライト)で60秒硬化します。         硬化後は、カルガードで未硬化ジェルを拭き取って完成です。     Calgelを使ったキャンドルネイルの完成   キャンドルネイルの完成です! とっても簡単に本物のキャンドルのようなネイルが完成しました! 今回はマットトップジェルを使いましたが、つやのでるトップジェルを使用しても雰囲気が変わって楽しめると思います。   使用カラーを変えるとバリエーションも広がります!   色々なカラーでチャレンジしてあなただけのキャンドルネイルをつくってみてください!   MOGA・BROOK 本社ではカルジェル体験会を不定期に開催しています 今回の記事でご紹介させて頂いたネイルレシピは 2016 年 4 月より定期的に MOGA・BROOK 本社一階のオープンスペースを使って開催している『カルジェル体験会』でもご紹介しているネイルデザインとなります。体験会では弊社専属のカルジェルエデュケーターがデモンストレーションをお見せして、どなたでも作品が完成するまで作成のお手伝いをさせて頂いております。   どなたでもご自由にご参加頂くことができるカルジェルのタッチアンドトライイベントになりますので、ご興味ございましたら次回開催の際にはご参加をお待ちしております。開催日程についてはこちらのブログでも定期的にお知らせをしております!     商品の販売も行っております ECサイトの他に、店頭でも商品の販売を行っております。カラージェルはご購入前に色味をご確認いただけます。 ご来店お待ちしております。

水面ネイルがすぐに作れるカルジェルを使ったドロップアートの作り方

「MOGA・BROOK BEAUTY STUDIO」からの転載記事です。   こんにちは! Calgel エデュケーターの長橋です。 夏は海に、プールに、花火に、お祭りに、、!とたくさんイベントがあって、毎日暑いですがとても楽しい季節ですね。今回はそんな暑い夏をより盛り上げる、さらに涼しく過ごせる、指先からも涼が感じられるようなCalgelを使った『水面ネイル』の作り方 を公開したいと思います!簡単に作れるので、絵を描くのが苦手!という方でも大丈夫です。   Calgelを使った水面ネイルの作り方 それではさっそく Calgel を使った水面ネイルの作り方を、工程ごとに分けて詳しく解説をしていきます。慣れてくれば1本5分もかからず作業出来ると思います。 基本的に人の爪に塗る場合は必ず最初にクリアジェルを塗りますが、今回はネイルチップに作成するためクリアジェルは省略していきます。 手順1 - ベールホワイト(WH01)を爪の4分の1程度塗る ジェルポットからベールホワイト(WH01)をフラット筆にとります。筆の片面にジェルをとるのが綺麗に塗るコツです! (ジェルポットからジェルととる際に筆の両面にジェルがついてしまった場合は片面をキッチンペーパー等で拭き取れば大丈夫です) 量はこれくらいです。塗る面積はチップ4分の1程度なので全面を塗る時よりも少なめにとっています。     爪の根元側からだいたい4分の1程度ベールホワイト(WH01)を塗ります。     塗り終わりの部分がまっすぐよりもがたがたしていたり、斜めになっていたほうが水面らしさがでるので、あえて適当に塗っていきます。 また、後の手順で上にラメを重ねていくので多少ムラになっていても気にしなくて大丈夫です。   ここでは硬化せず、次の手順に進みます。 手順2 - カリビアンブルー(BL07)を残りの4分の3に塗る 手順1で塗ったベールホワイト(WH01)以外のまだ塗られていない残りの4分の3を塗っていきます。   量はこれくらいです。チップにジェルを塗っていてかすれるくらいだとジェルの量が足りないので、足りなくなったらたしながら塗っていきます。       チップと筆がなるべく平行になるように力をあまりいれずに塗ると綺麗に塗れます。       先ほど塗ったベールホワイト(WH01)とカリビアンブルー(BL07)が多少重なって混ざってしまっても問題ありません。       このように塗れたらまだここでも硬化せず次に手順に進みます。     手順3 - ベールホワイト(WH01)とカリビアンブルー(BL07)の境目をぼかす フラット筆に少量のベールホワイト(WH01)をとり、先ほど塗ったベールホワイト(WH01)とカリビアンブルー(BL07)の境目をぼかします。 筆はチップに触れているか触れていないかくらいのタッチで小さくくるくる動かすような感じです。     筆は全面を使うのではなく先端1mmほどを使って、端から端までぼかしていきます。   ここでクリスタランプ(UVライト)で180秒硬化していきます。 手順4 - ベールホワイト(WH01)をカリビアンブルー(BL07)を上に重ねる ここから水面模様をつくっていきます。 ベールホワイト(WH01)を筆にとります。量はこれくらいです。少し薄塗りのほうがより自然な水面模様になるため、ジェルの量は全面に塗るときよりも少なめにとります。     少し筆をたてて、カリビアンブルー(BL07)の上を完全に覆うように塗っていきます。     ムラになっていても気にしなくて大丈夫です! このようにカリビアンブルー(BL07)の上を覆えたら、硬化せずに次の手順へ進みます。 手順5 - クリアジェルをベールホワイト(WH01)の上におとしていく   マーブル筆にクリアジェルを筆の2分の1程度までとります。     手順4で塗ったベールホワイト(WH01)の上にクリアジェルをドット状におとしていきます。     筆で丸を描くのではなく、筆先に溜まっているジェルをチップ表面に落とすイメージです。 筆にたまったジェルがチップ上にのったら、筆をまっすぐ上に持ち上げ、ジェルが筆から離れたのを確認して次のドットをおとしていくと、綺麗な円になります!     次の丸を落とすときは再度、クリアジェルを筆にとってチップにおとしていきます。 丸のサイズはジェルの落とす量で大きいものだったり小さいものだったりしますが、均等なサイズではないほうがかわいく仕上がるので、あえて筆につけるジェルの量を毎回変えると良いと思います!     この作業をひたすら繰り返し、手順4で塗ったベールホワイト(WH01)全面にクリアジェルをおとしていきます。 端までクリアジェルがおとせていると、よりリアルな水面模様に見えますよ!     全面にクリアジェルをおとせたら、表面がつるっとなるのを少し待ってクリスタランプ(UVライト)で180秒硬化していきます。       手順6 - 根元にラメ(ブロンズィピンク)を散らす   いよいよ、この手順で水面ネイルが完成となります。 砂浜っぽさをだすために、手順1で塗ったベールホワイト(WH01)の上にラメ(ブロンズィピンク)を散らしていきます。   まずクリアジェルにラメ(ブロンズィピンク)を混ぜます。     フラット筆にラメ(ブロンズィピンク)をとります。量はこれくらいです。       手順1で塗ったベールホワイト(WH01)の上にラメ(ブロンズィピンク)を重ねて塗ります。 白の部分のみではなく、青の部分に少しかかっても全く問題ありません!       ラメが散らせたらクリスタランプで60秒硬化します。         手順7-トップジェルで仕上げる   仕上げにトップジェルを塗ります。トップジェルは筆にたっぷりととります。       全面にまんべんなく塗ります。       表面がつるっとするまで少し待ちます。 (表面に大きく凹凸が残っている場合はトップジェルが少ない可能性があるので足して再度塗りなおしてみてください!) 表面がつるっとしたらクリスタランプで30秒硬化します。   硬化後、表面の未硬化ジェルをカルガードで拭きとります。     Calgelを使った水面ネイルの完成   涼し気な水面ネイルの完成です! 一見複雑な模様も実はクリアジェルを落とすだけなので、見た目よりも簡単にできます。 この模様があるだけでぐっと夏っぽいネイルになるので、夏らしいネイルをしたいときに是非お試しください!   MOGA・BROOK 本社では定期的にカルジェル体験会を開催しています 今回の記事でご紹介させて頂いたネイルレシピは 2016 年 4 月より定期的に MOGA・BROOK 本社一階のオープンスペースを使って開催している『カルジェル体験会』でもご紹介しているネイルデザインとなります。体験会では弊社専属のカルジェルエデュケーターがデモンストレーションをお見せして、どなたでも作品が完成するまで作成のお手伝いをさせて頂いております。   どなたでもご自由にご参加頂くことができるカルジェルのタッチアンドトライイベントになりますので、ご興味ございましたら次回開催の際にはご参加をお待ちしております。開催日程についてはこちらのブログでも定期的にお知らせをしております!     商品の販売も行っております ECサイトの他に、店頭でも商品の販売を行っております。カラージェルはご購入前に色味をご確認いただけます。 ご来店お待ちしております。

カルジェルで誰でも簡単に出来るラインストーンアートのレシピ

「MOGA・BROOK BEAUTY STUDIO」からの転載記事です。   こんにちは! Calgel エデュケーターの杉崎です。 ゴールデンウイークまであともう少しですね、だいぶ暖かくなりました。 これからは、服装やネイルデザインも華やかになる季節ですね。   今回はそんな華やかさを題材にして、Calgelを使った『ラインストーンアート』の作り方 を公開したいと思います! 簡単に作れるので、絵を描くのが苦手!という方でも大丈夫です。 ラインストーンだけでなく、ベースにはフレンチとグラデーションの技法も使い、盛りだくさんの内容となっております!   Calgelを使ったラインストーンアートの作り方 それではさっそく Calgel を使ったラインストーンネイルの作り方を、工程ごとに分けて詳しく解説をしていきます。慣れてくれば1本10分以内で塗ることができるようになります。   手順1 - Calgel クリアを塗る まずはじめにベースとなる Calgel クリアを塗っていきます。この工程はデザインに関わらず、ネイルをする際には必要な工程です。この後に塗るカラージェルが塗りやすくなったり、爪への色素沈着を防ぐ役割があります。   下に見える黒い容器がジェルポットで、中の透明な液体がクリアジェルです。 ジェルネイル用の筆にジェルポットからジェルをとります。ジェルを取る量は爪のサイズにもよりますが、塗っていて少ないな~と思ったら足せばいいので少なめがおススメです。   ジェルを筆に取る際にもう1つ大切なのが筆の片面にジェルを取ることです。 筆の片側に取ることによって薄く、綺麗に塗ることができます。ジェルが皮膚につきにくくもなりますよ! まず最初に爪の真ん中あたりにに筆を寝かせて塗ります。まずはトップからサイドまできちんと塗ります。   続いて甘皮際の輪郭を塗ります。皮膚にジェルが付かないように筆はやや立て気味です。 最初に塗った爪の真ん中までつなげていきます。   爪の先端(爪の厚みの部分)にジェルを塗ります。かるく押さえるような感じです。   最後は根元から先端までのばしていきます。この時は、筆を寝かせて筆圧が強くならないように気をつけて下さい。 筆の形が変わらない程度の圧力です。 ここでUVライト60秒硬化します。   手順2 - BB01 を逆フレンチ1層塗り カラージェルは使用する前にしっかり混ぜておきます。   ジェルの量は、最初に塗ったクリアジェルよりも少なく取ります。足りなければ、後から足せば大丈夫です。   まずは、クリアジェルとの境目のラインをとり、それから爪先にのばします。   私は、硬化前に皮膚にジェルがついていないかスティック等でチェックしています。 ここで一度UVライトで180秒硬化します。   手順3 - PU03 をBB02の半分からぼかす(2回塗り) PU03をほんの少量筆に取り、爪の先端に置いてからBB02の半分まで少しずつぼかします。 この時、ジェルの量が多いとうまくぼかせません。   ぼかす時は、筆を立てて、先端までのばす時は、筆をやや寝かせて塗ります。 筆圧が強くならないように気をつけて下さい。 筆のが毛先が広がらないように、優しくなでるようにぼかします。 ここで180秒硬化します。 今回は、1回塗りだと色が薄いので、2回塗りしました。 2回塗りの場合は、同じことをもう1度繰り返します。 ほんのり色づく程度がお好みでしたら、1回塗りでも大丈夫です。   手順4 - ステラナイトをクリアジェルに混ぜ、フレンチの境目にラメラインを引く パレットにクリアジェルをとり、ステラナイトと混ぜます。   ラメとクリアジェルの割合は、1:1くらい。 持ち上げると一瞬、角が立つくらいです。   マーブル筆でフレンチの境目にラメラインを引いていきます。 筆を立てて、ジェルを置いたら、引っ張っていくように描きます。   左右の両方から、真ん中につなげると左右対称になりやすいです。   ここでUVライト60秒硬化します。   手順5 - クリアジェルを塗ってからラインストーンを乗せる ストーンを置きたいところに薄くクリアジェルを塗り、 その上にラインストーンを並べます。    ラインストーンの並べ方で、デザインも変わります。いろいろな組み合わせで試してみて下さいね。 ラインストーンにはサイズや色が豊富にあります。 同じサイズばかりだと動きが出にくいので、サイズをいくつか揃えておくのがポイントです。 ラインストーンを並べたら、UVライトで60秒硬化します。 1度、硬化することでラインストーンを固定し、トップジェルを塗りやすくします。   手順6 - トップジェルを塗り硬化させ、完成 最初に塗ったベースと同じように、トップジェルを1層塗ります。 トップジェルでコーティングしないとラインストーンがすぐに取れてしまいます。   でも、ストーンが置いてあるところは薄くコーティングする程度で大丈夫です。 ラインストーンの頭まですっぽり埋め込んでしまうと、せっかくのラインストーンの輝きが見えづらくなってしまいますので、 気をつけてください。     トップジェルを塗ったらUVライトで30秒硬化させ完成です。 硬化後は、カルガードで未硬化ジェルを拭き取ります。     Calgelを使ったラインストーンアートの完成   上記の手順で塗っていった結果、このような作品になりました。 ラメやラインストーンを使うだけで、誰でも華やかなネイルデザインを簡単に作ることが出来ます。   トップジェルでコーティングしてしまえば、ラインストーンが取れることもなく長い期間楽しめます。もちろん、炊事洗濯など家事をしても大丈夫です! ライン、ストーンをマスターできると、デザインの幅がグッと広がると思います。ぜひ皆様もCalgelを使ったラインストーンアートにトライしてみてください。    商品の販売も行っております ECサイトの他に、店頭でも商品の販売を行っております。カラージェルはご購入前に色味をご確認いただけます。 ご来店お待ちしております。

カルジェルで誰でも簡単にできるタイダイを応用した宇宙ネイルレシピ

「MOGA・BROOK BEAUTY STUDIO」からの転載記事です。   はじめまして! Calgel エデュケーターの杉崎です。 今回は宇宙ネイルの作り方をご紹介いたします。   「宇宙ネイル」はタイダイの一種で、宇宙みたいな色合いのジェルネイルデザインです。色の混ざり具合がジェルネイル特有ですごくかわいいです。一見、作るのが大変そうですが、きっちり綺麗に塗る技術は必要ありません。適当に塗り塗りするだけなのでとても簡単ですよ。ビギナーさんは簡単に、上手な方は洗練されたアートが表現できる、マルチなジェルネイルデザインです。   出来上がると、こんな感じになります :-D カラーを変えてみても面白そうです (最後にご紹介します)。   では早速作り方をご紹介します。 詳しく書くので写真は多めですが、簡単なので、最後までお付き合いください。   準備 チップを準備してチップ台にセットします。   こうするとチップの端にジェルを塗っても手が汚れません。     手順 (1) -クリアジェルを塗る クリアジェル(CG0S)をチップ全体に塗ります。これくらいの量を筆にとります。これは繰り返し行うことで、だんだん感覚がつかめてきます。   足りなかったらまた筆にとればいいので少なめがおススメです。 多すぎるとモッタイナイですし、後工程に響くのでお気をつけください。   クリアジェルをチップ全面に塗っていきます。   透明なのでわかりにくいのですが、全面がツルっとなっていれば大丈夫です。(硬化はまだしません)   あまり細かいことは気にせずどんどんやってみてください。繰り返し行えば、だんだん感覚がつかめてきます。   (2) -BL04を塗る 筆にナイトブルー(BL04)を少しとって、2~3箇所に塗っていきます。ふわ~っと塗る感じです。   量はこれくらいです。手順(1)のクリアジェルよりも少なめにとるといいと思います。足りなかったら付け足せばよいので、適当で大丈夫です。     こんな感じです。   筆の動かし方のイメージです。   (3) -BK01、PU02、WH04を塗る クラシックブラック(BK01)/ アメジストパープル(PU02) / ピュアホワイト(WH04) をそれぞれ筆にとって、ふわ~っと塗っていきます。 (2) と同じ要領で一色ずつ塗っていきます   BK01を塗ったところです。   PU02、WH04を塗ったところです。   ※WH04以外の3色はそれぞれが重なり過ぎないようにしたほうが、それぞれの色が出て綺麗です。   (4)- シューティングスター、ミスティウインドを塗る シューティングスター、ミスティウインドをクリアジェル(CG0S)に溶きます。   それを、ふわ~っと塗ります。まずはシューティングスターから。   同様にして、ミスティウインドも。   今回の配置メモ 色の位置や範囲はお好みでアレンジしてください。参考までに今回の配置をメモしておきます。1層目はこのような感じです。 たくさん色を重ねたのでメモを2枚に分けています。   (5)- 硬化 クリスタランプで硬化します (180秒)   ここまで硬化作業が1度も無いことに驚くかもしれませんが、実際やってみると、色数が多いだけであまり時間はかからないと思います。   (6)-手順(2)~(4)を順番に繰り返します クリアジェル(CG0S)を塗ります。   BL04を塗ったところです。 図の部分にBL04を重ねています。   すべて塗り終わりました。   2層目は1層目にかぶせるように塗っていきます。   クリスタランプで硬化します。 (180秒)   (7) -トップジェルを塗る トップジェル(CGTG)を塗り、クリスタランプで硬化 (30秒)させて完成!   トップジェルを塗ることで、ジェルを傷から守り光沢を維持することができます。指によって色の配置を変えると動きがでてより可愛いと思います。ぜひ試してみてください。     配色を変えれば… 他のカラーで今回の技法を使えばよりガーリーなデザインも作成可能です。     終わりに 工程は少し多いので作り慣れないうちは頭が混乱する部分もあるかもしれませんが、慣れると作業内容自体は決して難しいものではないので、とても作りやすく作品を量産するのが楽しくなってくるのではないかと思います♪違うカラーバリエーションでの作品も最後に紹介をしましたがいろいろな配色で作れるので、ぜひアナタだけの宇宙を描いてみてください!     こちらのレシピもおすすめです!  商品の販売も行っております 店頭で商品の販売も行っております。カラージェルは色味をご確認いただけます。 ご利用お待ちしております。

カルジェルで誰でも簡単にできるデニムネイルのレシピ

「MOGA・BROOK BEAUTY STUDIO」からの転載記事です。   こんにちは!Calgelエデュケーターの長橋です。 春になり、今年もデニムが引き続きトレンドですね!去年は濃い目のインディゴブルーが目立ちましたが、今年は淡い水色のカラーも多くみられます。今日はそんな流行りのデニムをCalgelでつくっていきたいと思います!   カルジェルを使ったデニムネイルの作り方 それではさっそく Calgel を使ったデニムネイルの作り方を工程ごとに分けて解説をしていきます。慣れてくれば 1 爪あたり大体 10 分以内で描きあげることができるかと思います。とっても簡単なので作業時間は5分かからない程度ですよ! 基本的に人の爪に塗る場合は必ず最初にクリアジェルを塗りますが、今回はネイルチップに作成するためクリアジェルは省略していきます。   手順1ーコンペティションホワイト(CGCW)を2層塗り、それぞれ180秒硬化 ジェルポットからコンペティションホワイト(CGCW)をフラット筆にとります。筆の片面にジェルをとるのが綺麗に塗るコツです! 量はこれくらいです。チップにジェルを塗っていてかすれるくらいだとジェルが少ないので足りなくなったら足しながら塗っていきます。   ネイルチップと筆がなるべく平行になるように、力をあまりいれずに塗ると綺麗に塗れます。   このように均一にムラなく塗れたら、一度クリスタランプ(UVライト)で180秒硬化していきます。   硬化が終わったらもう一度同じようにコンペティションホワイト(CGCW)を塗っていきます。   筆の角度や圧力、ジェルの量を意識しながら塗るようにします。これくらい筆を寝かせて塗ると均等に塗れます。   2層目を塗ると色もはっきりとでてムラもなくなると思います!この状態でクリスタランプ(UVライト)で180秒硬化していきます。   手順2ースマートブルー(BL05)、ナイトブルー(BL05)をランダムにのせる。 今回はこのような配置で塗っていきます。塗る範囲や配置は好みですが、最初にメインとしたい色をのせると良いと思います。今回は淡い水色のデニムネイルにしたいのでスマートブルー(BL05)からのせていきます。   ジェルをとる量はこれくらいです。手順1のような全面を塗る場合の半分くらいの量をとります。かすれるくらいだと少ないですが、この工程ではジェルを多くのせすぎないほうが仕上がりがきれいになります。   この工程では色がのっていればムラがあっても大丈夫です。   スマートブルー(BL05)を塗り終えた状態です。   次に空いた部分にナイトブルー(BL04)をのせていきます。最終的に白い部分が大体なくなる位をイメージして塗っていきます。(少し白が見えてるくらいは全く問題ないです!) ジェルをとる量は先程のスマートブルー(BL05)と同じくらいです。これもムラがあっても大丈夫です。   2色塗り終わりでこのようになります。   ここではまだ硬化しません。 手順3ーバサバサの筆で表面を満遍なくたたく バサバサの筆を用意します。私はたくさん使ってもう使えないかな、というフラット筆を捨てずにバサバサにして使っています。 バサバサ筆にナイトブルー(BL05)を毛先だけにつけます。本当に少しだけで大丈夫です。   バサバサ筆をチップに垂直にあて、表面全体をたたいていきます。ここでは筆圧をしっかりかけてたたいて大丈夫です。   筆についているジェルの量が多いとぐちゃっとしてしまうので、ジェルが筆に多くついてきたらその都度ふいてジェルの量を調節しながらたたきます。   このように全面がたたけていれば大丈夫です。   クリスタランプ(UVライト)で180秒硬化します。 手順4-トップジェルを塗り、硬化させ完成 仕上げにトップジェルを塗っていきます。トップジェルはたっぷりとります。   塗り方は手順1と同じように塗っていきます。   表面がつるっとしたらクリスタランプ(UVライト)で30秒硬化します。   手順5-完成! これで完成になります。ちなみに画像左のチップは(ほぼ)初心者の方に作成していただいたネイルです。 色の配置や筆での叩き方に正解はないのでぜひいろいろなパターンをお試しください!色を変えてもかわいいですよ。      商品の販売も行っております 店頭で商品の販売も行っております。カラージェルは色味をご確認いただけます。 ご利用お待ちしております。

カルジェルで誰でも簡単に作れるピーコックネイルのレシピ

「MOGA・BROOK BEAUTY STUDIO」からの転載記事です。   こんにちは! Calgel エデュケーターの長橋です。今日は『誰でも簡単に作ることができるピーコックネイル』のレシピを紹介しちゃいたいと思います♪   ちなみに前回公開したレシピはこちらの記事です。これからだと少し季節外れになってしまいそうなので重宝されるのは来年かもしれませんね(笑)     ピーコックネイルとは 手順を書き始める前に『ピーコックネイル』についておさらいをしておきたいと思います。ピーコックネイルとは線を引いていくだけで孔雀の羽根のようにゴージャスなデザインが作れるドラッグアートと呼ばれる技法の一種です。これをおさえておけば簡単な工程だけで作れる華やかなデザインの幅が広がるのでネイルアートの基本といっても過言ではないと思います。ダンスで言うところのランニングマンに近いかもしれません?   カルジェルを使ったピーコックネイルの作り方 それでは今回も Calgel を使ったピーコックネイルの作り方を工程ごとに分けて解説をしていきます。慣れてくれば1チップあたり大体10分以内で作ることができるかと思います。基本的に人の爪に施術する場合は最初に必ずクリアジェルを塗りますが、今回はネイルチップに作成していくため、最初のクリアジェルは省いています。   手順1 - シルキーホワイト(WH03)で一層目を塗り120秒硬化する 一層目にシルキーホワイト(WH03)を塗っていきます。ジェルはポットからたっぷりと、筆の片面にだけとるよう心がけます。ジェルがかすれるくらいだとジェルの量が少ないので、足りなくなったその都度ジェルを足しながら行ってください!   筆は爪と平行に近い角度で、力をいれずに塗ると筆跡も残らず綺麗に塗れます。(犬を優しく撫でるような感覚?です)   このような状態で均一にムラなく塗れていることを確認してクリスタランプ(UVライト)で120秒硬化します。   手順2 - クリアジェルを薄く塗る ピーコックはジェルを筆で引く作業(ドラッグアート)になるので、筆の滑りをよくするために、ピーコックのカラーをのせる前に薄くクリアジェルを塗っていきます。塗り方は手順1と同じように塗ります。 全体にまんべんなく塗れたことを確認します。   ここではまだ硬化はしません。   手順3-スイートベリー(PI04)/レモンイエロー(YE03)/ミントクリーム(GR04)/クリームピンク(CG46)をランダムにのせる クリアジェルを塗った上に4色のカラージェルをそれぞれのせていきます。多くのせたい色からのせていくといいと思います。(メインにしたい色)今回はピンクメインにしたいので スイートベリー(PI04) からのせていきます。   今回は画像のような配置でジェルをのせていきます。最終的に手順1で塗った色が大体隠れるくらいをイメージしながら塗ってください。大体なので完璧に隠れなくて大丈夫ですよ!色と色は多少重なっても問題無いです。   ジェルは手順1のように根元から先端まで塗る時よりの量よりも3分の1程度にします。あまりジェルを多くのせすぎると最後にピーコックを描くときに筆でジェルをひっぱるのが難しくなります。   ポットからとるジェルの量は大体これくらいです。   スイートベリー(PI04) を2ヶ所のせていきます。圧力をかけて塗ってしまうと下のクリアジェルまで筆で拭き取ってしまうので、優しくジェルを置くようにジェルをのせていきます。   大体このような配置になるよう塗っていきます。   次にレモンイエロー(YE03) をチップへのせていきます。まずはポットからジェルをとります。   スイートベリー(PI04) をのせていない部分にレモンイエロー(YE03) をのせていきます。   私はこのような配置になるよう塗りました。   次にクリームピンク(CG46) をチップの中央にのせていきます。   先ほどまでの作業で色をのせていないチップの空き部分に色をのせていきます。   クリームピンク(CG46) をのせたらこのような配置になりました。   最後にミントクリーム(GR04) をチップにのせていきます。   これまでの作業で塗らなかった部分 (空いている部分) に色をのせていきます。   最終的に白い部分が隠れるくらい全面にのせられるといいと思います。(少し見えているくらいは気にしなくて大丈夫です)   ここではまだ硬化はしません。   手順-4-ピーコックをマーブル筆で描き180秒硬化 これがマーブル筆です。   下に貼った画像のようにチップ端中央に中心点を設定して線を引いていきます。筆は端から端までしっかりとひききってください。   一ヶ所に線を集める場所を決め、そこに向かってマーブル筆で線を引くようにジェルをひっぱっていきます。線はまっすぐよりも少し湾曲していると可愛いと思います。   ジェルをひく間隔は均一でないほうが動きがでて可愛いです。全体に線が入るようまんべんなく筆をひっぱっていきます。   これがピーコックを引き終わった状態です。   ここまで作業をしたらクリスタランプで 180秒硬化 していきます。   手順5-トップジェルを塗り硬化させ、完成。 仕上げにトップジェルを塗っていきます。   塗り方は手順1と同じように塗っていきます。   表面がツルッとなったら 30秒硬化 させて完成です。      商品の販売も行っております モガブルック本社では商品の販売も行っております。ジェルは実際に試しながら色味をご確認いただけます。ご利用お待ちしております。