お題ネイル

カルジェルウィーク 2019年5月開催!

令和時代 最初のカルジェルウィーク!5月は5日間連続開催!最新のCalgel情報をいち早くキャッチできるMOGA・BROOK主催イベント「CALGEL WEEK」。お待たせしました!201

Calgel無料体験&セミナー情報

「爪飾手帖 技巧の巻」特別出版記念セミナー「爪飾手帖 技巧の巻」特別出版記念セミナー

【月刊トレンドネイル】指先から春の訪れを! 華やかスプリングネイル〜ROSEROSE編〜

毎月、HOTなネイルデザインを人気のカルジェルサロンに紹介してもらうこのコーナー。今回は、自由が丘の地で20年以上の長きに渡って親しまれているネイルサロン「ROSEROSE(ローズローズ)」のオーナー/ネイルリストである寺木 智子さんが登場! 一足早く春の訪れを感じて頂くべく、華やかな春ネイルを考案してくださいました。まだまだ寒い日は続きますが、指先から春を先取りしてみませんか? 1. 桜舞うお花見ネイル まるで水彩画で描いたような桜模様が美しいこちらのネイル。「お花見をイメージして、ピンク、パープル、ホワイトを使い、ふんわりとしたニュアンスのフラワーアートネイルに仕上げました」と寺木さん。華やかながら、シンプルで落ち着いた印象のピンクネイルなので30代以上の大人女子にもぴったりですね。お花見が待ち遠しくなってしまいます! 2. 思わずうっとり…エレガントなレーシーフラワーネイル 「カラーは白だけを使って極力シンプルに、爽やかな印象のネイルに仕上げました」(寺木さん)よく見ると真っ白なフラワーやボタニカルが! とても繊細で美しいこちらのネイルは、まるで春風に舞うアンティークなレースカーテンのよう。オールホワイトの、シンプルかつエレガントなデザインなので、洋服を選ばず幅広い年齢層や様々なジャンルの女性に支持されそうです。 3.春の万華鏡!? シャイニーな大人系ピンクネイル 寺木さん曰く「万華鏡にインスピレーションを得た」のだとか! 細かいダイヤマークのホログラムやさり気なくあしらわれたラインストーンは、確かに万華鏡のオブジェクトのようにも見えますね。パール感のある3種類のピンクカラーと、きらきら輝くデコレーションが生み出すスイートな世界観にテンションが上がりそう! 春の定番とも言えるフラワーモチーフではなく、もう少し遊び心のあるデザインに挑戦したいという女性にぴったりですね。「40代、50代の方にも楽しんでいただけると思います」という寺木さんの言葉通り、肌馴染みもよくレディな印象ネイルなので年齢を選びません。指先を綺麗に見せてくれる効果もありそう。 カルジェルとお店に関する質問もしてみました! いつもカルジェルの商品をご使用いただきありがとうございます。カルジェルを気に入っていただいている点はどんなところですか? 日本にカルジェルが入ってきたばかりの頃から、いち早くサロンに取り入れさせて頂き今に至ります。特にベールジェルは密着性に優れていて、持ちの良さはどのジェルよりも良いですね。お客様にも「カルジェルは安心感がある」とおしゃって頂いています。 スタッフ方々は全てカルジェルエデュケーターの資格をお持ちとのこと。他にもお店のモットーや特徴、「ここだけは他の店舗に負けない」という点があれば教えてください。 開業22年目ですが、長いお付き合いをさせて頂いているお客様が多く、オープン当初からいらしてくださっている方の中には親子代々で通われている方もいるんです。お客様からのオーダーのほとんどが「お任せ」。派手すぎない、どの角度からも美しく見える大人っぽいネイルを提案しています。 お店で人気のデザイン、オーダーの傾向があれば教えてください。 当店では比較的40代以上の方が多く来店されています。手肌が綺麗に見えるよう色選びにはこだわっていますが、その上で1、2本の指だけにビジューやキラキラアートを取り入れるというシンプルなデザインが定番人気です。 様々なお話をお伺いさせていただき、ありがとうございました! 今後もカルジェルとカルジェリストを宜しくお願いします^^ シリーズ【月刊トレンドネイル】 ネイルサロン ROSEROSE ネイルサロン ROSEROSE お問い合わせ:03-3722-4133 営業時間:11:00~19:00 定休日:水曜日 webサイト:http://www.rose-rose.jp/ GoogleMap

【開運ネイル】幸せ願ってやまない系女子に捧げる、開運要素てんこ盛りネイル/お題ネイルvol.5

「幸せになりたい」と願わない女性なんてこの世にいないはず。藁にもすがる思いで全国各地のパワースポットを訪れ、お守りを複数持ちしている筆者のような方も少なくないのではないでしょうか? 年の瀬を迎えるこの時期、今年あった出来事を振り返り来年こそはと決意を新たにしたりするものですが、今回のお題ネイルでは、そんな想いに彩りと勇気を添えるをご紹介したいと思います。 今回ネイルを担当してくださったのは、カルジェル・エデュケーターの杉崎 千尋(すぎざき ちひろ)さん。「とにかく幸せになりたい」という筆者の要望を汲み取って、オリジナリティ溢れる素敵なネイルを考案してくださいました。 全部盛りで開運効果マシマシ いきなり余談ですが、今回の施術にあたって事前に初のセルフオフを行った筆者。こちらの内容に関しては折を見て触れたいと思いますが、ツールを揃えず力技で行ったため少々爪を痛めてしまう結果に……。 杉崎さんのファイリングによってリカバーできたので特に問題はありませんでしたが、本来きちんとしたやり方さえ行えば難しくないので今回の敗因を踏まえて次回からは不備なく行いたいと思います。 さて、下準備を終えた後、今回のお題に沿ったデザインのネイルチップを拝見。 杉崎さん「開運に関係のあるパワーストーンをピックアップしてみました。ラピスラズリ(写真上段:濃紺のネイル)とタイガーアイ(写真上段:虎模様のネイル)、そしてルチルクオーツ(写真下段中央:白地にゴールドラインの入ったネイル)です」 おおお!!! 特にタイガーアイとルチルクオーツのクオリティがヤバイ(興奮)! 実は筆者、大の石オタクなんです。パワーストーンの魅力に取り憑かれて早20数年、自宅には大小様々な石を置いたパワーストーンコーナーがあるほど。そんな前情報は一切お伝えしてなかったので、このチョイスは嬉しい誤算です。 女性に大人気のパワーストーンですが、石の種類によって効果はそれぞれ異なります。今回杉崎さんが選んでくださった石は3種類。 別名・虎目石と呼ばれるタイガーアイは、金運・仕事運アップ&厄除けの効果があり、物事を見通す力や洞察力を授けると言われています。 ルチルクオーツ(針水晶)は名前の通り針状の内包物が入っている水晶で、集中力や精神力をもたらし、金運と勝負運をアップさせるそう。 また、ラピスラズリはあの『天空の城ラピュタ』に登場した飛行石のモデルになった石(諸説あります)なんだとか。邪気や邪念を払い、幸運を呼び込む強力なパワーストーンです。うん、これらを盛り込めば強力な開運ネイルが完成するに違いありません! ん? ちなみにこのオレンジ色の(写真中央)はなんですか? パワーストーンっぽくないですけど……。 杉崎さん「それ実は、富士山なんです。ほら、赤富士って縁起がいいっていうじゃないですか(笑)」 なるほど。クリスマスすっ飛ばして(※取材当時)いきなりの新年感! でも個人的に好きです。めでたさとヴィジュアルのインパクトはピカイチなのでぜひ採用したい! 杉崎さん「こちらだけ異色だったので、採用されるとは思っていませんでした(笑)。ではパワーストーンの種類はどうしますか?」 うーん、選べない……。全部盛りってできますか? 開運効果マシマシでお願いします。 杉崎さん「かしこまりました(笑)」 今回も複雑&高度なアシメネイルに挑戦 前回のハロウィンネイルもそうですが、今回も引き続き左右アシンメトリーなデザイン(いつも複雑かつ高度なオーダーで恐縮です)。 どの位置にどのデザインを持ってくるか、試行錯誤を重ねながらバランスを考えて配置を決定し、効率良く左右ランダムに仕上げていきます。多少順序は前後してしまいますが、この記事では右手と左手に分けてその手順をご紹介していきたいと思います。 まずはベースとなるクリアジェルを全体に塗ってUVライトで硬化させます。 右手編(タイガーアイ、ゴールド、ラピスラズリ) YE02とクリアジェルを混ぜて、タイガーアイの背景色を作っていきます。マスタード、というより納豆に付いてくる練り辛子のような色。 ▲イエロー CGYE02Sを使用 イエロー CGYE02S 容量: 4g カテゴリ: カラージェル>イエロー ショップ:Calgel Plaza 実際に塗ってみると意外と肌に馴染みます。杉崎さん曰く、クリアジェルを混ぜることで石の透け感やつるんとしたテクスチャーを再現しているんだそう。重ね塗りをして色味を濃くしていきます。 次にラピスラズリの濃い藍色を作るため、CGBL03SとCGBL04Sをミックス。 ▲コバルトブルー CGBL03Sとナイトブルー CGBL04Sを使用 コバルトブルー CGBL03S 容量: 4g カテゴリ: カラージェル>ブルー ショップ: Calgel Plaza ナイトブルー CGBL04S 容量: 4g カテゴリ: カラージェル>ブルー ショップ: Calgel Plaza しっかりとした発色で、イエローとのコントラストも素敵! 続いてBB09とBK01を混ぜてタイガーアイの濃い茶色を作ります。 ▲クラシックブラック CGBK01Sを使用 クラシックブラック CGBK01S 容量: 4g カテゴリ: カラージェル>ブラック ショップ: Calgel Plaza ココアブラウン CGBB09S 容量: 4g カテゴリ: カラージェル>ベージュ/ブラウン ショップ: Calgel Plaza イエローに茶色を重ね、グラデーションのストライプを作成。何度も重ねて微妙なニュアンスを表現していきます。 かなりリアルな虎目模様が出来上がりました。 中指には、クリアジェルと混ぜたラメ(クリスティーン・トゥインクルコレクション フレンチシュガー CHTFS)をオン。一度塗りだと結構控えめですが、重ね塗りをすることによってラメの濃度が調整可能。 筆者は金運アップ効果を狙って、キラッキラなゴールドネイルにしてもらいました。 ▲クリスティーン・トゥインクルコレクション フレンチシュガー CHTFSを使用 クリスティーン・トゥインクルコレクション フレンチシュガー CHTFS 容量: 1.6g カテゴリ: パウダー・ラメ>クリスティーン トゥインクルコレクション ショップ: Calgel Plaza さらなるリアリティと開運効果を求めて金粉をリクエスト。ラピスラズリに乗っけてもらいました。ちなみに実際のラピスラズリにはパイライト(黄鉄鉱)という金色の鉱物が混ざっていて、この部分が多いほど縁起が良いと言われています。 使ったのはこちらの金粉。 左手編(ルチルクオーツ、赤富士、ラピスラズリ) ルチルクオーツのベースには細かいラメが入ったシャイニーなCGM01を。薄い乳白色を重ねることによって微妙な透け感が生まれます。 ▲アイスパール CGM01を使用 アイスパール CGM01 容量: 4g/10g カテゴリ: カラージェル>シルバー/ゴールド ショップ: Calgel Plaza タイガーアイに使ったイエローを赤富士の背景にも使用。先端にはCGRE01と、グラデーション部分にはCGOR02を乗せていき、富士山の山麓部分を作っていきます。 ▲レッド CGRE01Sとオレンジカクテル CGOR02Sを使用 レッド CGRE01S 容量: 4g カテゴリ: カラージェル>レッド ショップ: Calgel Plaza オレンジカクテル CGOR02S 容量: 4g カテゴリ: カラージェル>オレンジ ショップ: Calgel Plaza その上から富士山の山頂に積もった雪、雲をWH01で描いていきます。 ▲ベールホワイト WH01を使用 ベールホワイト WH01 容量: 4g/10g カテゴリ: カラージェル>ホワイト ショップ: Calgel Plaza 強欲な筆者はここでも金粉をリクエスト。ラピスラズリ同様、赤富士にも金粉を散らして”ご来光“感を演出! ちなみにルチルクオーツには様々な針状の内包物があるんですが、その中でも黄金色のルチル(金線)が入ったものには金銭を呼び込むパワーがあるんだとか。髪の毛ほどの細いワイヤーをルチルに見立て、短く切って1本ずつ爪に乗せていきます。細かい! さらにラメジェルを乗せてワイヤーを馴染ませます。上品な輝きにうっとり。指を綺麗に見せてくれる効果もありそう! 使ったのはこちら。手芸用なんだとか。 ラピスラズリ、赤富士、ルチルクオーツ。一見すると方向性バラバラに見えますが、散りばめられたゴールドが統一感を生み出してくれました。 そうして完成したのがこちら。開運要素がてんこ盛りのおめでたネイルです。2018年も幸せがたくさん訪れますように。皆様、どうぞ良いお年を! 過去のお題ネイルはコチラ

【痛ネイル】旬到来!「R」の月が食べ頃の◯◯をネイルに/お題ネイルvol.3

「R」がつく月は牡蠣の旬という説をご存知でしょうか? 英語にすると、1月(January)、2月(February)、3月(March)、4月(April)、そして9月(September)10月(October)、11月(November)、12月(December)がRのつく月で、牡蠣(正確にいうと真牡蠣)の美味しい時期。 つまり4ヶ月のお休みを経てまさに今月、シーズンの後半戦が到来したばかりなんです! と、のっけから全力でネイルと関係のない話で恐縮ですが、「お題ネイル」のお時間がやってまいりました。筆者の出したお題を元にネイルデザインしてもらうという無茶振り企画、待望の(?)第3弾です! そして、タイトルを読んでピンときたグルメな方々、あるいはこの企画の流れをなんとなく理解してきた隠れお題ネイルファンの方々、……そうです! 御察しの通り今回のお題は「オイスター(牡蠣)」。牡蠣に興味がある方もない方も、匠の技によって表現されるネイルアートの新境地、魅惑のオイスターネイルをお楽しみいただければ幸いです。 前回に引き続き担当は、無茶振りに卓越したスキルとセンスで応えてくださるネイリスト、カルジェルエデュケーターの小野内 咲(おのうち さき)さん。およそ想像もつかないオイスターネイル、一体どのような作品が完成するのでしょうか。 今回のお題は「オイスターネイル」 今回も無茶なお題を出してしまって恐縮です。引き受けてくれるか心配だったので、今回も担当してくださって本当に嬉しいです! 小野内さん「ネイルデザインでオイスターをオーダーされたのは初めての経験だったので、正直どんなデザインにするか悩みました(笑)。ネイルチップを2パターン作成したので、どちらがお好みか教えてくださいね。」 2パターンも! ありがとうございます。 小野内さん「ひとまず前回のネイルをオフしていきますね。」 ▲前回のモザイクネイルをオフ。まだ綺麗に残ってるので別れが惜しかったです そしていつものようにプレパレーション(下処理)。消毒後、ファイル(爪やすり)で爪の長さを整えて手湯(ゆるま湯を貼ったネイルボール)に指をチャポン。ふやかした後に甘皮の処理をしていただきます。

【個性的ネイル】ガウディの世界遺産をモチーフに/お題ネイルvol.2

先日スペイン・バルセロナへ行ってまいりました! バルセロナの観光名所といえばサグラダ・ファミリア。サグラダ・ファミリアといえばガウディ(建築家、故アントニオ・ガウディ)。 しかし、バルセロナにはそれだけではなく、グエル公園、カサ・ミラといった彼の遺した建造物が多く点在し、そのうち6箇所が世界遺産に登録されています。今回、限られた時間の中でその全てを見て回ることはできませんでしたが、いやもうね、本当にどれも壮観なんです。 絵画の世界にトリップしてしまったような幻想的な世界観、独創的なデザイン。建築のケの字も知らない筆者ですら感動で立ち尽くしてしまうほど美しい! ぜひ訪れて生で見て頂きたい場所です。 今回のお題は「ガウディのモザイクネイル」 ……っていうことでここからが本題。好評につき(?)第二弾を迎えることになったお題ネイル(筆者の出したお題を元に、ネイルをデザインしてもらうという無茶振り企画)、今回はバルセロナでの思い出をテーマにお届けしたいと思います。 前述のガウディ建築ですが、特に印象的だったのはグエル公園。 まるで『ヘンゼルとグレーテル』の物語に出てくるような、メルヘンな世界観が広がるこの場所を、かの芸術家サルバドール・ダリやジョアン・ミロは「砂糖をまぶしたお菓子のようだ」と表現したそう。 敷地内に見所はたくさんありますが、エントランスに入ってまず目を奪われたのは、一面に敷き詰められた超カラフルなモザイクタイル! バルセロナのシンボルであるトカゲのオブジェや、ベンチや壁面には使用された様々な色やパターンのタイルは「ガウディ・モザイク」と呼ばれ、バルセロナの人々に親しまれているそうです。市街のおみやげ屋さんでも、大量のモザイクグッズが販売されていて目がチカチカするほど。 色々なパターンの色や素材で彩られた、さながら万華鏡のような美しさ。すっかり心を奪われてしまった筆者は、ぜひこれをネイルで表現してもらいたい!! と閃き、いてもたってもいられなくなりました。 ……ということでなんとも難易度の高そうなお題ではありますが、今回は「ガウディのモザイク」をモチーフに、カルジェルエデュケーター・小野内さんにネイルデザインと施術を担当していただきました。ご協力、誠にありがとうございます! 難しそうなお題出しちゃってすみません 恐縮しつつ施術台に着席。そして、小野内さんが「早速ですが、こんなイメージで作ってみたんですけど……」と取り出したネイルチップがこちら。 ……す、すごい! モザイクです。紛れもなくモザイクタイル。 よーく見るとゴールドを背景に、赤・ピンク・ホワイト・水色が細かくパターンを成しています。まさに職人芸。 「いかがですか?」と小野内さん。 いや、もう何も申し分ないです。素晴らしいと思います! ……というわけで施術がスタートしました。 完璧なネイルは下ごしらえから うん、プレパレーション(下処理)って言うんですけどね。こちらは前回のカルジェルバージンを卒業した際に経験済み。消毒して爪の長さをファイル(ヤスリ)で整えて……ちゃぽん。 今回は特別にネイル専用のフィンガーボウルに入れて頂きました。うーん、適温。足湯ならぬ手湯って感じで気持ちが良かったです。 いい感じにふやけてきた甘皮をお掃除。筆者はどうやら爪が伸びるのが相当早い方らしいのですが、甘皮もやはり同様みたいです。1ヶ月半ほどの放置で甘皮がモリモリ出てきました。(人様にお見せするものではありませんが、モリモリ剥かれた私の甘皮写真をどうぞ) NO MORE甘皮。 まさに小さなアート作品 ネイルチップのデザインとカラーを再現することに。ベースは、温かみのあるパール系ゴールド(CGGD03Sアンティークゴールド)と華やかなオレンジ系のレッド(CGRE01Sレッド)。 アンティークゴールド CGGD03S 容量: 4g カテゴリ: カラージェル>イエロー ショップ: Calgel Plaza レッド CGRE01S 容量: 4g カテゴリ: カラージェル>レッド ショップ: Calgel Plaza 超個人的に赤ブームが再燃している近頃の私。この日履いていた赤パンと見事にシンクロ! 下書き一切なし。大胆に繊細なアート作品を生み出していきます。それにしても細かすぎる。 このタイミングでくしゃみとか出ちゃったらどうしよう、なんてことを考えてソワソワしてる間にどんどん出来上がっていきます。 上と違うパターンのモザイク。よく見るとゴールドとレッド以外に、ブルー(CGBL08Sパウダーブルー)・ピンク(CGPI07Sカシスピンク)も使われているんです。 カリビアンブルー CGBL07S 容量: 4g カテゴリ: カラージェル>ブルー ショップ: Calgel Plaza カシスピンク CGPI07S 容量: 4g カテゴリ: カラージェル>ピンク ショップ: Calgel Plaza モザイクを仕上げた後はラインストーンを並べます。3つ縦に並んだラインストーン。「なんか、私の中でスペインってこういうイメージなんですよね(笑)」と小野内さん。 トップコートを塗って最後のUVライト照射。 爪とジェルの細かい部分をファイリング、キューティクルオイルで仕上げたら完成です! アナザーショット。 赤パンとの相性もバッチリ! やっぱりプロはすごい! 今更ですが、やっぱりカルジェルエデュケーターさんの技術力は高い! セルフネイルが流行っている昨今、誰でも簡単にネイルアートできちゃいそうな錯覚に陥ってしまうけど、本当の意味でのアートなネイルデザインを仕上げるのはどう考えても至難の技。当たり前だけど、やっぱりプロってすごいんです! ちなみに今回のモザイクネイルは、小さくて短い爪の方は再現するのが難しい場合もあるんだそう(そりゃ、こんだけ細かければ物理的にそうですよね)。 小野内さんに「前回のお題ネイル記事で爪を見させていただいて、このキャンパスなら描けると確信しました」と絶賛(?)されるほど、大きな爪(期待されるほど馬鹿デカいわけではありません。あくまで“比較的大きめ”な爪です)を持つ私。爪がデカくてよかった〜と安堵したのは生まれて初めての経験でした。 前回のお題ネイルはこちら♪ 新色を使った公式Instagramのデザインもチェック!

【猫ネイル】大人系猫ネイルでカルジェルバージン卒業/お題ネイルvol.1

 いきなりですが、お恥ずかしながら筆者はカルジェル未経験者です。いや、もっと正直に言うならば、まともにジェルネイルをサロンでやってもらった経験すらありません。 こんな私が、カルジェルメーカーであるMOGA・BROOK社さんの記事を書いてて良いのだろうか……、そんな大声じゃ言えない悩みをこっそり打ち明けたところ、お優しいMOGA・BROOK社の方々は、私にカルジェルデビューのチャンスを与えてくださいました(涙)。 しかしながら、せっかくやるなら普通にやってもらうだけじゃつまらない! ちょっと変わったオーダーをして記事にしてしまえ! ということで、今回は「お題ネイル」と題して、超個人的な趣味嗜好に基づくお題(テーマ)に沿ったネイルを施していただくことにしました。  ドキドキのカルジェルデビュー戦に筆者が選んだお題、それはズバリ「猫」!しかもただの猫じゃない、モデルはうちの愛猫・たま子(エキゾチックショートヘア/サバ柄)です。 「カルジェル初心者がこんなオーダーしちゃっていいの?」「この人バカっぽいって思われない?」と少々ビビリながら企画を提案した筆者でしたが、MOGA・BROOKさんはこれを快諾! 公認カルジェルエデュケーターさんが「お題ネイル」を担当してくれることとなりました。 有難い機会を頂き感謝! 全身全霊を傾けて、カルジェル体験レポートをさせていただこうと思った次第です。  なお、筆者は三十ウン歳のそこそこ良いお歳なので、「できれば大人っぽいテイストで、どちらかと言うと可愛らしいというよりアートな感じのネイルにしてほしい」と事前にわがままをお伝えし、当日の施術を迎えました。 ドキドキの施術スタート  施術を担当してくださるのは、笑顔が素敵なカルジェルエデュケーター・薬王寺 祥子(やくおうじ しょうこ)さん。事前に作成していただいた見本チップを見せていただきつつ、カウンセリングでどんなイメージのネイルにしたいかを相談します。 うちのたま子は少々特殊な顔立ちをした「エキゾチックショートヘア」という種類なので、そのままリアルに再現するのは難しいと思いますが、何となく参考にしてもらえたらと、写メを見せることに。 「かわいー!!」と声をあげる薬王寺さんのリアクションに気分を良くした筆者は、「たま子フォルダ」からマイベスト・ショットを次々に披露。我に返るまでの数分間、完全なる猫自慢ショーを繰り広げてしまいました。お忙しいのに本当すみません!  結果としてネイルには、たま子の特徴的であるグレーベースの丸いフォルム、そしてちょっと両目の離れたゴールドアイを再現してもらうことになりました。 プロの鮮やかな手さばきと技術に感動 イメージが固まった後は、爪の下処理(プレパレーション)を行います。まずは手の汚れや油分を専用コットンでしっかりオフ。続いて甘皮の処理を行い、ファイル(ヤスリ)で爪の形と長さを均一に整えます。  雑談をしながらもテキパキと作業を進める薬王寺さん。当たり前ですが、さすがはプロ! 特にファイリングの時は早すぎて手元がよく見えませんでした。(ファイリングをする手元のブレを見て、何となくお分りいただけると思います。) 見事復活した人差し指の爪  さて、ここで問題が発生。数日前に左手の人差し指をやや深爪してしまった(爪の端に入った裂け目が広がって割れた)ため、そこだけ長さが他の指よりかなり短い! うーん、困った。この指に合わせると他の爪も相当短くしないと……。でも1本のために他をガッツリ短くにするのはちょっとやだなあ。とブツブツ言ってる私に、 「じゃあ、短い爪を伸ばしちゃいましょう!」 と提案する薬王寺さん。……い、いいんですか!?  短い爪はカルジェルを塗って補強しながら延ばすことが可能、ということを身をもって体験。切ったり貼ったりの、少々工作チックな工程を経て、あっという間に人差し指の爪が“復元”。全くもって自爪にしか見えません! ここからが本題! ジェルネイルの工程へ はじめに、イメージに合う色を決定していきます。  よくわからないのでお任せ! といいたいところですが、見本のチップと照らし合わせつつ、猫のグレーボディとゴールドアイに合う色を相談しながらチョイス。夏らしさ全開のパウダーブルー(新色)と、華やかな淡いイエローを選びました。  イエローの絶妙な色合いを出すため、既存のカラーを調合する薬王寺さん。  後はひたすら手際よく筆で爪にジェルを塗っていき、硬化と言う工程を繰り返す。  細い筆を使って、躊躇なく猫と模様を描いていきます。 職人技が炸裂! こだわりのストーン  お分りいただけるでしょうか。この砂のように細かいゴールドストーンの粒たちを。  この足跡部分、実は3種類の大きさが異なるストーンをくっつけて構成されているのです! 実に細かい! 細かすぎる!!  「やっぱり全部の指にストーンを乗せたほうが可愛いですね」「やはり猫の目は、他と色味の違うストーンにしましょう」 薬王寺さんのプロ意識はものすごい。妥協を許さない姿は職人そのものでした。なんかこんなに色々やってもらってすみませんと、謎に恐縮してしまうほどの見事な仕事っぷりを目の当たりにしました。 いよいよ完成!  形を整えた後は、キューティクルを整えるために「クリスタラインVCキューティクルオイル」(現在はローズのみ販売中)でケアして完成!    ネイル撮りに慣れていないので、そこらへんのぎこちなさはご容赦いただいたとして、ついに猫ネイルが出来上がりました! 甘すぎず辛すぎず、大人の女性でも取り入れやすいデザインに仕上がったんではないでしょうか? 仕上がりを見て気になった方は、ぜひ参考にして挑戦してみてください! 筆者みたいにペットの写真を持っていくお客さまも、少数派ではあるものの意外といらっしゃるみたいですよ。 ちなみに細かいストーンはがっちり固定&硬化されているので、自然に取れたりするケースは少ないそう。小さいので目立ちすぎないし、家事などの邪魔にもならないのでオススメです。カルジェルデビュー大成功! 薬王寺さんに聞く、フットネイルのあれこれ こちらの体験レポもどうぞ! MOGA・BROOKではどんな事をしているの?