お悩み相談室

カルジェルウィーク2019 7月開催!

地爪をすこやかに保ち保護する爪化粧料ソフトジェルネイルのCalgel(カルジェル)。そのCalgelを深く知っていただくためのイベントです。MOGA・BROOK本社(原宿)で開催しております。来場者全員に新色のサンプルをプレゼント!入場無料ですのでお気軽にご来場ください!

Calgel無料体験&セミナー情報

爪をすこやかに保ち保護する爪化粧料ジェルネイル”カルジェル”の 【無料お試し・最新情報デモ・スキルアップセミナー】などを開催しております。 Calgel無料体験&セミナースケジュール 6月18日(火) カルジェル無料アート体験会 場所:Calgel House 6月20日(木) 新しいがいっぱいのカルジェル無料体験会 場所:ネイルパートナー名古屋店 7月2日(火) 匠なブラシワークを極める神業アートトレーニング 場所:TAT梅田店 7月3日(水) 匠なブラシワークを極める神業アートトレーニング 場所:TAT名古屋店 7月12日(金) 新しいがいっぱいのカルジェル無料体験会 場所:ネイルパートナー恵比寿 7月16日(火)~ 17日(水) 【Calgel Week】Calgel Houseに来て見て触って学ぶ 場所:Calgel House 7月23日(火) 匠なブラシワークを極める神業アートトレーニング 場所:TAT新宿店 7月26日(金) 新しいがいっぱいのカルジェル無料体験会 場所:ネイルパートナー大阪 8月1日(木) カルジェル無料体験会~10年後も爪を美しく保つためには~ 場所:TAT梅田店 8月6日(火) 新しいがいっぱいのカルジェル無料体験会 場所:ネイルパートナー新宿店 8月23日(金) 新しいがいっぱいのカルジェル無料体験会 場所:ネイルパートナー札幌店 8月23日(金) カルジェル無料体験会~10年後も爪を美しく保つためには~ 場所:TAT名古屋店 8月27日(火) カルジェル無料体験会~10年後も爪を美しく保つためには~ 場所:TAT新宿店 9月5日(木) 新しいがいっぱいのカルジェル無料体験会 場所:ネイルパートナー名古屋店 匠なブラシワークを極める神業アートトレーニング 日程 ・7月2日(火)TAT梅田店 田賀美鈴先生 【1部】予約申し込みはこちら【2部】予約申し込みはこちら ・7月3日(水)TAT名古屋店 田賀美鈴先生 【1部】予約申し込みはこちら【2部】予約申し込みはこちら ・7月23日(火)TAT新宿店 田賀美鈴先生 【1部】予約申し込みはこちら【2部】予約申し込みはこちら 時間 各会場とも、 【1部】 11時~14時 / 【2部】 15時~18時 費用 【1部】:6,000円 【2部】:6,000円 新しいがいっぱいのカルジェル無料体験会 日程 ・6月20日(木)ネイルパートナー名古屋店 南伸明先生 【1部】予約申し込みはこちら【2部】予約申し込みはこちら ・7月12日(金)ネイルパートナー恵比寿 薬王寺祥子先生 【1部】予約申し込みはこちら【2部】予約申し込みはこちら ・7月26日(金)ネイルパートナー大阪 南伸明先生 【1部】予約申し込みはこちら【2部】予約申し込みはこちら ・8月6日(火)ネイルパートナー新宿店 薬王寺祥子先生 【1部】予約申し込みはこちら【2部】予約申し込みはこちら ・8月23日(金)ネイルパートナー札幌店 杉谷綾子先生 【1部】予約申し込みはこちら【2部】予約申し込みはこちら ・9月5日(木)ネイルパートナー名古屋店 南伸明先生 【1部】予約申し込みはこちら【2部】予約申し込みはこちら 時間 各会場とも、 【1部】 11時~12時半 / 【2部】 14時~15時半 ※1部、2部ともに同じ内容 費用 無料 新しいがいっぱいのカルジェル無料体験会 予約申し込みはこちら カルジェル無料アート無料体験会 日程 ・6月18日(火)Calgel House Calgelエデュケーター 時間 各会場とも、 【1部】 11時~13時 / 【2部】 14時~16時 ※1部、2部ともに同じ内容 費用 無料 カルジェル無料アート無料体験会予約申し込みはこちら カルジェル無料体験会~10年後も爪を美しく保つためには~ 日程 ・8月1日(木)TAT梅田店 南伸明先生 予約申し込みはこちら ・8月23日(金)TAT名古屋店 南伸明先生 予約申し込みはこちら ・8月27日(火)TAT新宿店 薬王寺祥子先生 予約申し込みはこちら 時間 各会場とも、 11時~12時半 費用 無料 【Calgel Week】Calgel Houseに来て見て触って学ぶ 講師 ・fumi先生 × 田賀美鈴先生 ・杉崎千尋先生 ・大沼令奈先生 日程 ・7月16日(火)~17日(水)Calgel House 時間 10:00~17:00 費用 セミナー一部有料 【Calgel Week】Calgel Houseに来て見て触って学ぶ予約申し込みはこちら 最新のCalgel情報をいち早くキャッチ!「CALGEL WEEK」もオススメ♪

爪のトラブルを解決!亀裂や折れなどの対処法とは

ネイルをする場合、短く切り揃えた爪よりも指先よりも少し長めのほうが長く美しい手に見えます。 そのため、ネイルサロンには爪を伸ばしてから行くという人も多いでしょう。 先端の爪は根元部分と比べると、薄くなっていたり乾燥して弱くなっていたりします。 そのため、衝撃や引っ掛けなどで爪が割れる、欠ける、折れるなどのトラブルが発生することがあります。 折れた爪は修復できる? ネイルサロンはハンドケアやネイルデザインを楽しむためだけではなく、爪のトラブル対処としても利用できます。 爪に亀裂が入ったり折れたりした場合は、なるべくそのままの状態でネイルサロンにて修復してもらいましょう。 爪に亀裂が入った場合、シルクラップという薄い補修シートを爪に貼り、その上からクリアジェルをコートすることで割れた部分をカバーして補強することができます。 また、伸ばしていた爪が折れて短くなってしまった場合は、スカルプチュアという技術で爪を付け足すことも可能です。 この場合、少しだけ爪の長さを足す程度であればソフトジェルで自然な柔らかさの爪を作ることができます。 ですが、長めの爪を付け足すのであれば強度のあるハードジェルを使うといいでしょう。 また、指先に近い部分で爪が折れてしまい、スカルプチュアで使うフォーム(土台)が爪に引っ掛からないようであれば、チップオーバーレイという手法で爪を足すこともできます。 チップオーバーレイとは地爪の先端部分に爪チップを付け、その上からジェルでコートをして爪の長さを出す方法です。 このように、ネイルサロンではどのような爪のトラブルであっても綺麗に修復することができますので、安心してネイルテクニシャンに任せましょう。 ▼お悩みの爪が見違えるほどキレイに!プロの施術をチェック! カルジェルで爪の補強 亀裂や欠けが無い状態でも、二枚爪になりやすかったりボロボロとして弱かったりするようであれば、カルジェルを塗って補強することができます。 カルジェルは爪に優しいことを目的として作られたソフトジェルで、爪から出る水蒸気を自然に逃がす作用があります。 そのため、ジェルが浮きにくく、爪とジェルの間で蒸れたり、雑菌が繁殖したりするようなことがありません。 また、ジェルを塗る前に行うバッフィングなどは最小限であり、ジェルの接着性を高めるプライマーという薬剤も必要としないので爪へのダメージがほとんどありません。 1度塗れば3週間から4週間程度は長持ちしますので、ネイルのオンオフを頻繁に繰り返さなくても良いという点でも魅力的な種類のジェルネイルです。 ▶カルジェルを購入する クリアジェル 25g CG00 容量: 25g カテゴリ: カルジェル>クリアジェル ショップ: Calgel Plaza 爪トラブルがあったときは? このように、ネイルサロンに行けば爪の亀裂や折れなどはすぐに修復できます。 爪にトラブルがあったときはあわてずに絆創膏などでカバーし、できるだけそのままの状態でネイルテクニシャンに見てもらいましょう。 お近くのおすすめサロンはこちら 指先のケアについて詳しく!

カルジェルで梅雨のジメジメにも負けない健康的な爪を

女性にとってネイルはファッションの一部であり、おしゃれには欠かせない要素であると言っても過言ではないでしょう。しかし、さまざまなデザインや技法で指先のおしゃれを演出してくれるネイルが引き金となって、爪にグリーンネイルと呼ばれるカビが生えることがあります。ここでは、グリーンネイルの原因や予防などについて説明していきます。 グリーンネイルにはカルジェルが良いってホント? カルジェルはマニキュアとは違い、特殊な樹脂に光を当てて硬化させるジェルネイルの一種です。ネイルジェルと言っても、実際はハードとソフトの2種類に分けられ、カルジェルはソフトジェルに分類されています。ソフトジェルはハードジェルに比べ、溶液などでオフができるので手間が掛らず、水や空気も通す特徴があります。ネイルを行う際には、爪との間に水分が溜まらない状態を保つことが、グリーンネイルの発生を予防する観点からも重要なポイントになるので、カルジェルが持つこの特徴は大きなメリットと言えるでしょう。 どうしてこうなった!?グリーンネイルの原因 グリーンネイルを引き起こす原因は緑膿菌というカビ菌です。緑膿菌は至る所に存在している菌で、人間の体内にも僅かにあります。通常は、人体に悪影響をもたらすほどの力はないので心配しなくても良いのですが、ネイルと爪の間に水分が残っていると増殖してしまうことがあるのです。グリーンネイルには痛みやかゆみなどの自覚症状はほとんど現れず、ネイルを落としたタイミングで認識するケースが多いようです。また、他者に感染することは稀であるため、人との接触に関しては特段の注意は必要ありませんが、免疫力の落ちた高齢者や赤ちゃんとの接触はできるだけ避けたほうが無難であると言えます。 グリーンネイルの予防法は? 指先は水に濡らさないで暮らすことの難しい部位であり、梅雨時ともなれば空気中の湿気も多くなるので、通常のネイルではグリーンネイルのリスクが高まってしまいます。グリーンネイルの発生を予防するためには、オイルなどで指先の乾燥を防いでネイルの浮き上がりが起きないように注意したり、カルジェルのような通気性に優れたネイルを使用したりするのが最も簡単で手っ取り早い方法です。しかし、これらの対策を講じたとしても、緑膿菌に感染する可能性を完全には否定できません。万が一、グリーンネイルになってしまった場合には、爪の表面を軽く削ってから消毒を行う必要があります。軽度であれば数週間で元の状態に戻りますが、治りが遅いようなら病院へ行くことも検討した方が良いでしょう。 大切なのは清潔さとカルジェル グリーンネイルは命に関わるようなものではありませんが、おしゃれを楽しむ上で邪魔になるのは確実です。カルジェルはグリーンネイルの発生にそれほど気を使わなくても良いので、純粋にファッションとしてのネイルを楽しむことができますし、健康的な爪を守るために大切となる「常に清潔な状態にしておく」という条件も達成できる可能性が高いので、梅雨時に限らずカルジェルの使用はとてもおすすめです。 ▶カルジェル(クリアジェル)を購入する クリアジェル 25g CG00 容量: 25g カテゴリ: カルジェル>クリアジェル ショップ: Calgel Plaza ▶ファイル・バッファーを購入する 自爪の表面には240グリットのブルーバッファーがオススメ! ブルースポンジスタンダード BBS カテゴリ: 筆・ファイル・バッファー>ファイル・バッファー ショップ: Calgel Plaza ブルースポンジブロック BBB カテゴリ: 筆・ファイル・バッファー>ファイル・バッファー ショップ: Calgel Plaza 爪のケアについて

今こそカルジェルデビュー! “脱マニキュア派宣言”すべき理由とは?

ネイルを取り巻く環境は日々、進化を遂げています。カラーやストーンのバリエーションが豊富になっていることはもちろん、日常のお手入れについてもさまざまな角度から研究が重ねられています。近年では、見た目や使いやすさの問題だけではなく、ネイルの健康状態などを意識する方も急増中。そこであらためて注目を集めているのがカルジェルです。実はすでに20年以上の実績があり、世界中に愛用者がいることをご存知でしょうか? 世界から指示されている「カルジェル」 少し前まで、ネイルと言えばマニキュアという公式が成り立っていました。現在でもマニキュアを愛用している方は多いのですが、はがれてしまうため長期的な美しさのキープが難しく、また匂いに悩まされることもしばしば。そんな諸問題を解決してくれるのがジェルネイルです。そのジェルネイルには「ハードジェル」と「ソークオフジェル」の2種類が存在します。ハードジェルは強度が高いため“長さ出し”に適し、透明感が強いという特徴があります。しかし、一般的なリムーバーの主成分であるアセトンでオフすることが難しく削らなければなりません。これでは、手間がかかるうえに地爪への負担が大きくなってしまいます。 一方の「ソークオフジェル」は分かりやすく言うと“ソフトジェル”というジャンルに当てはまります。ソフトである分、地爪との密着度が高くなり、より自然な仕上がりを実現。もちろん、プライマーも必要ありません。メリットの多いソークオフジェルはネイル業界の主流になりつつあります。そのソークオフジェルの中で世界的なブランドとして支持されているのが「カルジェル」です。 カルジェルは美しさと使いやすさを両立! 柔軟性が高く薄付きであることでナチュラルな美しさを実現するカルジェルは、カラーバリエーションも豊富で、さまざまなスキンカラーやTPOによる使い分けが可能です。しかし、カルジェルをオススメする理由は見た目の美しさだけではありません。多くのメリットがある中で、今回特に“メンテナンスのしやすさ”と“地爪への影響”についてご紹介します。 ジェルの上に塗るトップコートは1週間ほどで艶が弱くなります。これに対するメテナンスがご自宅で簡単にできるのです。 「カルクレンズ」を使ってポリッシュオフ。 トップコートを塗って仕上げ。 「VCキューティクルオイル」やハンドジェルで手を保護。 上記の3項目だけで艶出しのメンテナンスは完了。また、完全にオフしたい場合は、前記のとおり溶液(「カルリムーブ」)を使うだけで簡単に落とせます。 カルジェル カルクレンズ 600mL カテゴリ: 溶液・トップコート>溶液 ショップ: Calgel Plaza カルクリスタルUVトップコート CTCJ カテゴリ: 溶液・トップコート>トップコート ショップ: Calgel Plaza クリスタライン VC キューティクルオイル ローズS 2.7mL カテゴリ: 溶液・トップコート>キューティクルオイル ショップ: Calgel Plaza カルジェル カルリムーブ 600mL カテゴリ: 溶液・トップコート>溶液 ショップ: Calgel Plaza 美しさの先にある“地爪の健康”もケア これまでご説明した見た目の問題、メンテナンスの容易さについてはネイル愛用者として憂慮すべき第一段階かもしれません。ネイル上級者へのステップを一段上がるためには、ベースとなる地爪そのものの健康状態に気を配る必要がありそうです。カルジェルの大きな特徴として、地爪が持つ蒸散作用を妨げない“ガス・パーマブルシステム”が挙げられます。「パーマブル(Parmable)」とは、「透過性」という意味です。これによって、地爪とジェルの間に蒸気などの水分がたまることを防ぎ、カビや匂いの発生を抑えます。さらに、ジェルの“剥がれにくさ”への耐性も強くなるのです。 全国のカルジェルサロン一覧ジェルネイルが初めての方にもオススメ!カルジェルなら安心です。 カルジェル講習を修了したネイルテクニシャンが施術し、カルジェルを体験できるサロンは全国各地にあります。お近くのサロンで是非お試しください。 全国のカルジェルサロン一覧はこちら>> カルジェルの基本を押さえよう! まだまだある! カルジェルの魅力 ジェルコートやチップオーバーレイ、スカルプチュアネイルが可能であること、サンディングやプライマーが不要であることなど、今回ピックアップした意外の点でもカルジェルを使うメリットは多くあります。「百聞は一見にしかず」…本当の使用感は、実際にカルジェル専用サロンで味わってみてください。ハマること間違いなしです! ▶カルジェルを購入する カルジェル カルクレンズ 600mL カテゴリ: 溶液・トップコート>溶液 ショップ: Calgel Plaza カルクリスタルUVトップコート CTCJ カテゴリ: 溶液・トップコート>トップコート ショップ: Calgel Plaza クリスタライン VC キューティクルオイル ローズS 2.7mL カテゴリ: 溶液・トップコート>キューティクルオイル ショップ: Calgel Plaza カルジェル カルリムーブ 600mL カテゴリ: 溶液・トップコート>溶液 ショップ: Calgel Plaza ジェルネイルについてもっと知りたい方はコチラ!

ニオイがなくてケアが簡単!カルジェルとは

ニオイや刺激の少ないカルジェル カルジェルは、従来のネイル製品にはつきものだった強いニオイがなく、爪表面のファイリングもネイルマシンを使わないのでダストが少ないです。そのため、花粉症や鼻炎のために過敏になっている人でも安心して使用できます。また、事前に爪を削るサンディングやバッフィングは最小限に止められ、はがれにくくする薬剤を下地として塗る必要もありません。その結果、爪を傷めずにネイルを楽しむことが可能になりました。しかも、地爪を補強する働きもありますから、割れやすい爪や二枚爪の保護もできます。刺激が少ないというのは、カルジェルの大きなメリットだといえるでしょう。 ▶カルジェル(クリアジェル)を購入する クリアジェル 25g CG00 容量: 25g カテゴリ: カルジェル>クリアジェル ショップ: Calgel Plaza 簡単なケアで長持ち!カルジェルのホームメンテナンスとは カルジェルの層は、通気性のある「ガス・パーマブルシステム」によって、地爪の水分を自然に蒸発させています。そのため、爪とネイル層の間に水分がたまってカビが生えるという不安から解放されました。また、爪とネイル層の密着度が増して、ネイルがはがれることも防止できます。サロン帰り直後のような美しいツヤを保つためには、家庭で週に1度のトップコートの塗り替えがすすめられています。たった10分ほどの簡単なホームメンテナンスで、3~4週間もの長い間、美しさを保持することが可能です。オフしたいときも、専用の溶液を使えば無理な力を加えることなく自分で簡単に落とせます。 ▶トップコートを購入する カルクリスタルUVトップコート CTCJ 容量: 10mL カテゴリ: 溶液・トップコート>トップコート ショップ: Calgel Plaza 美しさに妥協しない!カルジェルの豊富なバリエーション カルジェルは薄付きで柔軟性があり、自分の本来の爪のように自然に仕上げられます。カラーバリエーションも豊富で、ラメやストーンによるアレンジも自由です。長さを出すチップオーバーレイやスカルプチュアネイル、さらに3Dアートも楽しめます。柔軟なので折れたり欠けたりする心配が少ないのも、カルジェルの魅力です。 カルジェルで花粉症に負けずにオシャレを! 花粉症の人も鼻炎に悩んでいる人も、爪のオシャレをあきらめる必要はありません。花粉の飛ぶ季節でも、ニオイとダストの心配の少ないカルジェルで、華やかな指先のオシャレが楽しめます。ダメージが心配でネイルができなかった人も、爪を傷めにくいカルジェルを試してみましょう。 ▶カルジェル(クリアジェル)を購入する クリアジェル 25g CG00 容量: 25g カテゴリ: カルジェル>クリアジェル ショップ: Calgel Plaza ▶ファイル・バッファーを購入する 自爪の表面には240グリットのブルーバッファーがオススメ! ブルースポンジスタンダード BBS カテゴリ: 筆・ファイル・バッファー>ファイル・バッファー ショップ: Calgel Plaza ブルースポンジブロック BBB カテゴリ: 筆・ファイル・バッファー>ファイル・バッファー ショップ: Calgel Plaza カルジェルについてもっと知る

爪を乾燥から守る!簡単にできるカルジェル保湿ケア

こまめに「ハンドクリーム」を使って乾燥予防しよう 指先や爪が乾燥する原因として「水仕事」や「栄養不足」「ストレス」などがあります。特に、水仕事は家事や育児をしている女性にとって、乾燥は避けて通れないものといえるでしょう。水仕事をするときにはゴム手袋を付けたり、こまめにハンドクリームを塗るなどして保湿することが大切です。また、女性は季節の変化による自律神経の乱れも乾燥を招くため注意が必要です。なぜなら、自律神経が乱れることによって血流が悪くなり、指先まで栄養が届かなくなってしまうからです。指先のマッサージやゆっくり湯船につかるなどして普段から血流を良くするように意識しましょう。 爪を乾燥から守ってくれる「ネイルオイル」とは 乾燥から守るためのセルフネイルケアとして欠かせないのが「ネイルオイル」です。ネイルオイルは別名キューティクルオイルとも呼ばれており、主な保湿成分は植物性のオイルやビタミン・ミネラルとなっています。ネイルオイルは、カルジェルをした後やハンドクリームを塗る前などに使うと良いでしょう。カルジェルの前にネイルオイルを使うと、油分でネイルがにじみやすくなる恐れもあります。ネイルオイルを使うタイミングとしては、寝る前や手洗い後、お風呂上がりなど乾燥が気になるときに使うのが効果的です。特に、寝ている間は乾燥しやすいので、寝る前にリラックスも兼ねてマッサージしてみてはいかがでしょうか。 クリスタライン VC キューティクルオイル ローズS 2.7mL カテゴリ: 筆・ファイル・バッファー>キューティクルオイル ショップ: Calgel Plaza 簡単セルフネイルケアで美しい指先を目指そう 指先や自爪がカサカサしていてはネイルアートも楽しめなくなってしまいます。乾燥しやすい冬だけでなく春先からの強い紫外線も爪にダメージを及ぼすため注意しましょう。また、指先は普段のシャンプーやクレンジングをするときなどにも触れるので、なるべく洗浄成分などにも、気を付けてみましょう。美しいネイルのために、毎日のちょっとした心がけや保湿ケアを習慣にしてみてはいかがでしょうか。 日常のケアで予防!

男性も爪は見られている!カルジェルで第一印象アップ

女性だけじゃない!男性の利用も増えているネイルケア ネイルサロンに通って爪のケアやハンドケアを行うのは女性だけ、と考えている方も多いのではないでしょうか。確かにネイルサロンの利用者は圧倒的に女性の比率が高いです。しかし、手指や爪のケアが大切な身だしなみの一つであることは女性も男性も同じ。特に、握手や名刺交換、プレゼンを行う機会が多い男性なら、爪が人の目に触れる機会は多くあります。営業や接客など、人と接することが多い職種の方を中心に、ネイルサロンに通う男性は増えてきています。 疑問を解消!メンズネイルケアの施術内容とは? きちんと整えられた爪は好感度アップにつながります。とはいえ、ネイルサロンを利用したことがない男性にとってはどんなことをされるのか不安に思うかもしれません。 女性のネイルというと、爪にカラージェルを塗布し、ラメやストーンを載せて、爪を目立たせるような装飾を施すというイメージがあります。一方男性の場合は、爪や手指のケアを行うなど、清潔感を出すための施術が中心となります。一般的なネイルサロンでの流れとしては、まずはファイル(爪やすり)を使って爪の長さを整えます。次に、甘皮と呼ばれる爪の根元の薄い皮膚の除去を行います。甘皮は、爪と指の皮膚をつなぐ大切な役割を持っている一方、ケアをせず伸び過ぎてしまうと爪の栄養不足や表面の凹凸の原因となります。甘皮をふやかして除去し、甘皮と爪の間にたまった角質を取り除くことで、丈夫な爪が生えてくる効果が期待できます。最後に、爪を磨いたり、トップコートを塗って爪にツヤを出す施術を行います。ネイルサロンによっては、ネイルケアの中にマッサージや保湿などのハンドケアが含まれている場合もあります。 ブラックファイル120N WB120N カテゴリ: 筆・ファイル・バッファー>ファイル・バッファー ショップ: Calgel Plaza 美しく丈夫な爪を手に入れるならカルジェルでのケアも 長さや形を整え、甘皮を処理することによって、清潔感のある美しい爪になります。しかし、爪が薄く硬度があまりない方は、せっかくネイルケアをしてもすぐに割れてしまったり爪の表層がはがれてしまうことがあります。丈夫な爪の方でも、ちょっとした衝撃や日常生活の指先を使う動作で爪にダメージを受けることは珍しくありません。 爪を補強し、割れにくくするために最適なのがカルジェルです。カルジェルは、ジェルネイルに使用されるジェルの一種で、爪によく密着して3週間から4週間ほど丈夫な爪を持続させることができるのが特徴です。女性が行うネイルに使用されることが多いのですが、男性のネイルケアの場合にはトップコートの代わりに使用します。ツヤを出すのみで爪を補強する効果がないトップコートに対し、カルジェルは薄く塗布するだけで爪を厚くし、適度なツヤを出してきれいに見せてくれます。 男性必見!ネイルケアなら簡単に好印象を与えられる ビジネスマンにとって第一印象を向上させることは、仕事をするうえで大変重要です。髪型や服装はもちろんですが、意外と人の目に触れるのが爪。ネイルサロンでプロによるネイルケアを受けることにより、清潔感のある爪を手に入れることができます。新年度、新たなスタートをきっかけに、ネイルケアの施術を受けてみてはいかがでしょうか。 男のビジネスネイルはこちらでチェック! 女性にはこちらのオフィスネイルがおすすめ!

カルジェルが映える爪に!食事で気をつけるポイント

身だしなみの一つとして常に気を遣っている女性も多いネイル。カルジェルは爪を健康に、また美しく保つことができるジェルとして、数多くのネイルサロンで使用されています。カルジェルでさらにネイルをきれいに見せるためには、食生活に気をつけて爪を丈夫にすることが大切です。普段の食事でどんなことを意識すればいいのか、解説していきます。 知ってた?意外な爪の主成分 爪は皮膚の表面の角質が硬化してできたものなので、皮膚と同じケラチンという成分から構成されています。皮膚に比べて硬い爪は、骨の主成分であるカルシウムでできていると思われることも多いですが、ケラチンはタンパク質が繊維状に硬く変化したものです。そのほか、爪には約15%の水分も含まれています。タンパク質や水分が不足していると、爪が薄く、折れやすくなる原因となります。 美しい爪を育てる!とるべき栄養素3つ 健康な爪を保つために最も重要な栄養素は、やはりタンパク質。爪に弾力を与えてくれる動物性タンパク質、爪を丈夫にする働きがある植物性タンパク質の2種類に分けられます。卵や乳製品、豆類、肉類、魚介類をバランスよく取り入れた食事を意識することが大切です。また、爪を形成する際に必要とされるカルシウム、鉄、亜鉛などのミネラルも意識的に摂取しましょう。このミネラルは、ひじき、レバー、大豆などに多く含まれています。爪が薄く、二枚爪や割れやすい爪に悩んでいる方は、ビタミンAが豊富な黄色野菜やウナギなどの食材をとることで改善が期待できます。 こういった普段の食生活の意識に加え、こまめな水分補給も爪の健康には欠かせません。正常な爪の水分含有量は15%前後ですが、水分が不足した爪の場合、5%にまで減少するといわれています。喉の渇きを感じてからではなく、2時間おきを目安に水を飲む習慣をつけることが大切です。 カルジェルは爪へのダメージが少ない ジェルネイルで爪をきれいに手入れすると、ツヤのある可愛らしいアートが目に入るたびに気分も上がります。しかし、ジェルネイルの施術やオフによって、爪に多少の負担がかかるのも確か。施術前にはサンディングという処理が行われることがあります。これは、ジェルがはがれにくくなるように爪の表面を削り、キズを付けるというものです。また、ジェルネイルのオフの際には爪をリムーバーに10分ほど浸します。このような処理が必要となることから、爪が薄かったり折れやすかったりするために、ジェルネイルを諦めている方も多いかもしれません。 爪への負担を気にせず、丈夫な爪を保ちながらネイルを楽しみたい方に注目されているのが、カルジェルです。カルジェルの特徴はジェルと爪の密着度がきわめて高いこと。施術前のサンディングが不要であるうえ、3週間から4週間ほどきれいな状態をキープできるのでオフして付け替える頻度が大幅に下がります。また、硬度が高く美しいツヤが出るため、見た目も美しいネイルに仕上げることが可能です。 ▶カルジェル(クリアジェル)を購入する クリアジェル 25g CG00 容量: 25g カテゴリ: カルジェル>クリアジェル ショップ: Calgel Plaza きれいな爪の第一歩はまず食生活の見直しから ジェルネイルによる爪へのダメージを払拭し、美しい見た目のネイルができるカルジェル。ネイルできれいな指先を保つためには、爪の健康を考えた食事を意識することが大切です。タンパク質、ミネラル、ビタミンなどの栄養素を多く摂取することで、カルジェルの美しさが映える丈夫できれいな爪を育てることができます。 爪をキレイに保つ秘訣はコチラ!

カルジェルでグリーンネイル(爪カビ)を予防しながらジェルネイルも楽しもう!

ジェルネイルを楽しみたくても、グリーンネイルになってしまうと一度ジェルネイルをお休みしなくてはなりません。きれいな指先を維持し、ジェルネイルを思いっきり楽しむためにも、グリーンネイルの対策はしておきたいものです。そこで、今回はグリーンネイルの原因と対策法を紹介していきます。 グリーンネイルの原因 グリーンネイルとは緑膿菌が感染・増殖することで、爪が緑色に変色してしまうことです。緑膿菌は人の皮膚や腸管などにも存在している細菌であり、健康な皮膚や爪で増殖することはありません。しかし、地爪とジェルネイルの間に隙間ができてしまうと、この隙間に水が溜まりやすくなります。水が溜まったまま放置すると隙間部分は湿った状態になりますから、緑膿菌が増殖し、グリーンネイルが発生しやすくなるのです。 緑膿菌による体への影響とは? 緑膿菌は爪を緑色に変色するだけであり、爪を侵食することはありません。そのため、グリーンネイルには痛みやかゆみなどの自覚症状が基本的になく、ジェルネイルをオフして初めてグリーンネイルに気づくというケースも多い傾向です。また、緑膿菌は弱毒細菌であり、健康な人であれば緑膿菌を持っていても体に症状が出る可能性は低いでしょう。ただし、免疫力が落ちている重病者や高齢者、新生児などに感染すると病原性を発揮し、命に関わることもあります。ゆえに、グリーンネイルの時には重病者や高齢者、新生児などと接触しないことが重要です。 グリーンネイルの予防法 ジェルネイルを浮いたまま放置すると、グリーンネイルになりやすくなってしまいます。爪に違和感を感じたらすぐにジェルネイルをオフすることはもちろん、違和感がなくても約3週間経ったら付け替えるようにしましょう。 また、ジェルネイルをしているときは爪切りで爪を切らないようにしてください。爪切りを使うとジェルネイルや爪が割れたり、ジェルネイルがはがれたりしてしまう危険性があるからです。ゆえに、爪の長さが気になるという場合は、ジェルネイルをオフしてから爪切りで爪を切るようにしてください。または、ジェルネイルをオフせずに、ファイルで爪を短くすることも可能です。この場合は、ファイルで力を入れずに優しく削ります。 グリーンネイル対策にはカルジェルもおすすめ カルジェルは蒸散作用が高く、爪とジェルネイルの間に水分がたまりにくくなっています。そのため、緑膿菌が増殖しにくく、グリーンネイル対策におすすめのジェルです。カルジェルで爪カビに悩まない、美しい指先を目指しましょう。 爪のケアについて

二枚爪は治る!正しいケアと必要な栄養素

二枚爪は見た目が悪いだけではなく、指先を刺激から保護する力も弱くなり痛みが出ることもあります。 なぜ、二枚爪になったのかわからない人もいるでしょう。 ここでは、二枚爪になる原因とその改善方法についてご紹介します。 二枚爪になる原因とは? 爪は背爪・中爪・腹爪と呼ばれる3層構造からなっています。 二枚爪はこの層が薄くはがれてしまう症状で、正式には「爪甲層状分裂症」といいます。 水仕事や指先を酷使する人、あるいは鉄欠乏貧血の人などがなりやすく珍しい症状ではありません。 二枚爪にはさまざまな原因が考えられます。 まず、最も大きな原因とされているのが「乾燥」です。 爪は乾燥するともろくなり、簡単に割れたりはがれたりします。 爪を乾燥させる要因は、生活の中に何気なく存在しています。 洗剤を使った掃除、除光液の使用、乾燥した空気、間違ったネイルケアなどが、知らないうちに爪をどんどん乾燥させているのです。 次に、偏った食生活による栄養不足も見過ごせません。 健康な爪の成長には、タンパク質やビタミン・ミネラルといった栄養素が必須です。 鉄分不足も、末端の血流が悪くなり爪をもろくしてしまいます。 外的衝撃も日常生活で注意が必要です。 爪をぶつけてしまったり、わずかなひび割れや爪切り後の断面から気になり、爪をはがしてしまう人もいます。 爪は健康のバロメータともいわれていますから、爪の異常とともに何らかの体調不良もある場合は、医療機関へ受診しましょう。 二枚爪の対策方法とは? 二枚爪のケア方法には、主に3つの方法が挙げられます。 1つ目はファイルで爪を削ることです。 二枚爪になった状態では衝撃に弱くなっているため、削る際にはファイル(やすり)を使いましょう。 ファイルは爪に対して45度の角度にあてがい、一定方向に動かして使用します。 爪切りは負担が大きいので控えましょう。 2つ目は乾燥対策です。 有効なのは、専用のキューティクルオイルで乾燥を防ぐことになります。 手を洗ったり乾燥が気になったりしたらこまめに塗りましょう。 そのとき、爪周囲の皮膚にもたっぷり塗ると、ささくれの予防にもなります。 キューティクルオイルには、乾燥の他に爪の健やかな成長を促す成分も配合されているため、お手入れにはぜひ取り入れたいアイテムです。 3つ目は、爪の保護や補強に、カルジェルやトップコートを利用することです。 二枚爪では、日常のちょっとした作業でも割れたりめくれたりします。 カルジェルは地爪にやさしく、保護すると同時に指先をきれいに見せてくれるのでおすすめです。 トップコートはネイルカラーを長持ちさせるだけではなく、爪表面を傷や摩擦から守る効果もあります。 また、爪を根本から健康にするには食事がとても大切です。 爪に必要な栄養素「たんぱく質・ビタミン・ミネラル」を摂取できるバランスの良い食事を心掛けましょう。 忙しくて料理ができない人は、「ラーメンにわかめや野菜をトッピングする」「添加物の少ないパウチや缶詰を使う」「おかずを作り置きする」など工夫次第で必要な栄養素がとれるようになります。 生活の中では、爪に外圧をかけないように注意します。 重い荷物を運ぶ際には「軍手をはめる」「食器洗いにはゴム手袋をつけて乾燥を防ぐ」など、小さなことから気をつけていきましょう。 カルジェルでカバーする「チップオーバーレイ」 強い外的衝撃で爪が損傷し、生え変わりの時にも「チップオーバーレイ」で対応する事ができます。 チップオーバーレイは読んで字のごとくチップを(爪に)かぶせるという意味ですが、爪噛みなどで傷んでしまったデリケートな指先の皮膚をカバーすることもできます。 施術は下地から作って行きますが、傷んでいる爪に作業するので衛生には十分気を配ります。 チップの接着にはレジンを使用し、目的が「補強」なので、チップの厚みを残しして長持ちする様にします。 チップの接着が出来たらジェルを塗り完成です。 またダメージネイルに施術した場合、どんなに長くても1か月以上付けっぱなしはオススメしません。 爪が伸びるのも以外と早いので、3~4週間で施術したサロンに見てもらいましょう。 チップオーバーレイについて(トップネイルアーティスト・田賀美鈴先生) 日本のみならず、世界中から注目を集めるトップネイルアーティスト・田賀美鈴先生も施術について記事を公開されてます。 日常のケアで二枚爪を予防しよう 二枚爪にできるだけならないようにするには、日ごろのこまめケアが重要です。 できることから少しずつ実践し、美しい爪先を目指しましょう。 Calgel/MOGA・BROOKの公式オンラインショップでは、ケア商品も取り揃えておりますので、ぜひ一度チェックしてみてください! 日常のケアで予防!

爪から分かる病状とは?健康チェックをして適切なケアを行おう

爪は体の末端にあり、栄養が届きにくいことから、栄養不足や体調不良などのサインが出やすい場所です。そのため、爪は健康のバロメーターともいわれており、健康状態を確認するのに役立ちます。今回は、爪の状態から疑われる病状を紹介していきます。 爪に筋が!中には黒っぽい筋も… 爪にできる筋のうち縦筋は主に加齢が原因であり、誰にでも起こります。肌にシワができるように爪にもシワができ、その爪のシワが縦筋になるのです。一方、横筋は体調不良やストレスなどにより爪母に栄養が届きにくくなることで生じます。爪母は甘皮の下にあり、ここで新しい爪が作られています。そのため、指をはさんだり、誤った甘皮処理をしたりして爪母を傷つけてしまった場合にも横筋が現れやすいです。また、筋の上にほくろができると、ほくろの黒色が筋を目立たせてしまい、黒い筋ができたように感じることもあります。通常は心配ないですが、ほくろの色が急激に濃くなったり、色調が不規則だったりする場合はガンの可能性も考えられます。心配な場合は、皮膚科で診察を受けましょう。 爪が割れやすい原因は? 爪が割れやすい主な原因は乾燥です。水仕事が多かったり、除光液をよく使っていたりすると爪が乾燥しやすくなってしまいます。ネイルオイルやハンドクリームで保湿ケアを行い、爪を乾燥から守ってあげましょう。また、爪の乾燥は栄養不足が原因となっていることもあります。ビタミンAは爪の主成分であるケラチンというタンパク質を作るのに欠かせない栄養素であり、不足すると爪が乾燥しやすくなるのです。他にも、ビタミンB2が不足すれば丈夫な爪が作れなくなり、ビタミンEが不足すれば爪の潤いや弾力がなくなるため少しの衝撃でも爪が割れやすくなってしまいます。これらの栄養素に加え、タンパク質や鉄分、カルシウムなどをバランス良く摂取することが、爪の健康のためには欠かせません。 また、爪が割れやすい原因として爪甲縦裂症や爪甲剥離症などの爪の病気も挙げられます。爪甲縦裂症は爪の表面部分である爪甲が縦に割れる病気であり、爪の根元に腫瘍があるケースもあります。爪甲剥離症は爪甲が指先部分で爪から浮き上がり、白い部分が増えたように見える病気です。浮いた爪と皮膚の隙間に緑膿菌が入り込むと、グリーンネイルになってしまいます。緑膿菌は湿った場所で増殖しますので、爪と皮膚の隙間まで流水や石鹸で洗って清潔にしたうえで、乾燥状態を保つことでグリーンネイルを予防可能です。 爪の色から分かること 健康な爪の色は薄いピンク色です。この爪の色が白濁している場合、肝硬変や腎不全などの病状が疑われます。他にも爪が黄白色だと新陳代謝の低下やリンパ系の病気、青紫色だと肺疾患や悪性の貧血、赤色だと多血症や炎症性の腫瘍が考えられますので注意が必要です。多血症は赤血球が増加することで起こる病気であり、放置していると脳梗塞や心筋梗塞を招くこともあります。 定期的に爪をチェックしよう 爪の状態からだけでも、自分の健康状態を確認するのに役立ちます。病状のサインにいち早く気づくことで早めに対処することができますから、爪のケアと一緒に爪の状態をチェックする習慣をつけると良いでしょう。 爪に難あり…どうすればいい?