二枚爪

カルジェルウィーク2019 9月開催!

地爪をすこやかに保ち保護する爪化粧料ソフトジェルネイルのCalgel(カルジェル)。そのCalgelを深く知っていただくためのイベントです。MOGA・BROOK本社(原宿)で開催しております。来場者全員に新色のサンプルをプレゼント!入場無料ですのでお気軽にご来場ください!

Calgel無料体験&セミナー情報

爪をすこやかに保ち保護する爪化粧料ジェルネイル”カルジェル”の 【無料お試し・最新情報デモ・スキルアップセミナー】などを開催しております。 Calgel無料体験&セミナースケジュール 8月23日(金) 新しいがいっぱいのカルジェル無料体験会 場所:ネイルパートナー札幌店 8月23日(金) カルジェル無料体験会~10年後も爪を美しく保つためには~ 場所:TAT名古屋店 8月27日(火) カルジェル無料体験会~10年後も爪を美しく保つためには~ 場所:TAT新宿店 9月5日(木) 新しいがいっぱいのカルジェル無料体験会 場所:ネイルパートナー名古屋店 9月20日(金) カルジェル無料体験会~10年後も爪を美しく保つためには~ 場所:TAT渋谷店 10月11日(金) 新しいがいっぱいのカルジェル無料体験会 場所:ネイルパートナー 恵比寿店 10月24日(木) 新しいがいっぱいのカルジェル無料体験会 場所:ネイルパートナー 大阪店 10月29日(火) カルジェル無料体験会~10年後も爪を美しく保つためには~ 場所:TAT新宿店 11月8日(金) 新しいがいっぱいのカルジェル無料体験会 場所:ネイルパートナー 札幌店 11月13日(水) カルジェル無料体験会~10年後も爪を美しく保つためには~ 場所:TAT梅田本店 11月19日(火) カルジェル無料体験会~10年後も爪を美しく保つためには~ 場所:TAT名古屋店 11月22日(金) 新しいがいっぱいのカルジェル無料体験会 場所:ネイルパートナー 新宿店 12月4日(水) 新しいがいっぱいのカルジェル無料体験会 場所:ネイルパートナー 名古屋店 新しいがいっぱいのカルジェル無料体験会 日程 ・8月23日(金)ネイルパートナー札幌店 杉谷 綾子 先生 【1部】予約申し込みはこちら【2部】予約申し込みはこちら ・9月5日(木)ネイルパートナー名古屋店 南 伸明 先生 【1部】予約申し込みはこちら【2部】予約申し込みはこちら ・10月11日(金)ネイルパートナー恵比寿店 薬王寺 祥子 先生 【1部】予約申し込みはこちら【2部】予約申し込みはこちら ・10月24日(木)ネイルパートナー大阪店 南 伸明 先生 【1部】予約申し込みはこちら【2部】予約申し込みはこちら ・11月8日(金)ネイルパートナー札幌店 杉谷 綾子 先生 【1部】予約申し込みはこちら【2部】予約申し込みはこちら ・11月22日(金)ネイルパートナー新宿店 薬王寺 祥子 先生 【1部】予約申し込みはこちら【2部】予約申し込みはこちら ・12月4日(水)ネイルパートナー名古屋店 南 伸明 先生 【1部】予約申し込みはこちら【2部】予約申し込みはこちら 時間 各会場とも、 【1部】 11時~12時半 / 【2部】 14時~15時半 ※1部、2部ともに同じ内容 費用 無料 新しいがいっぱいのカルジェル無料体験会 予約申し込みはこちら カルジェル無料体験会~10年後も爪を美しく保つためには~ 日程 ・8月23日(金)TAT名古屋店 南 伸明 先生 予約申し込みはこちら ・8月27日(火)TAT新宿店 薬王寺 祥子 先生 予約申し込みはこちら ・9月20日(金)TAT渋谷店 薬王寺 祥子 先生 予約申し込みはこちら ・10月29日(火)TAT新宿店 薬王寺 祥子 先生 予約申し込みはこちら ・11月13日(水)TAT梅田本店 南 伸明 先生 予約申し込みはこちら ・11月19日(火)TAT名古屋店 南 伸明 先生 予約申し込みはこちら 時間 各会場とも、 11時~12時半 費用 無料 最新のCalgel情報をいち早くキャッチ!「CALGEL WEEK」もオススメ♪

爪の形を整えるには爪切りよりファイル!方法教えます!

爪が伸びてきた時は爪切りを使用するのが一般的ですが、爪のプロであるネイルテクニシャンはファイルを使用します。 今回は、なぜ爪切りよりファイルで整えた方が良いのか、どんな方法で整えるのかについてまとめてみました。 爪が傷む原因は爪切りを使用しているから!? 爪の形を整える際、爪切りよりもファイルの使用をおすすめするには理由があります。 そもそも、爪は1枚に見えて実は3層構造になっているんです。 その為、衝撃を受けると剥がれやすいのです。 二枚爪で悩む人も多くいますが、二枚爪は主に乾燥が原因で爪の一番上の層が剥がれた状態です。 空気の乾燥や水仕事などで爪が乾燥している時に爪切りで爪に圧をかけると、層がバラバラになり剥がれてしまいます。 特に、長年使用して切れ味が悪くなった爪切りを使用すると、爪にかかる圧が強くなり爪を痛めやすくなります。 一方、ファイルを使用すると、爪に圧をかけずに形を整えることができます。そこで、爪を傷めることなく形を整えるために、爪切りよりもファイルの使用をおすすめするのです。 ファイルで爪を綺麗に整える方法は? ▲「お題ネイル」のワンシーン。 ファイルで爪を整える時は、爪に負荷をかけないように一定方向に動かすことがポイントです。 まず、爪を整えたい方の手を軽く握るような形で、爪の先を自分の方に向けます。 爪の先端からファイルを当てて整えていくのですが、爪に対してファイルが45度位になるよう意識して当てます。 先端は平らになるよう整えましょう。 次はサイドです。サイドは外側から中心に向けてファイルを動かします。 45度を目安に斜めに整えます。最後は角が丸みを帯びるよう整えてください。 求める爪の形によって先端にファイルを当てる際の角度が違います。 ラウンド型の場合は上述のように45度ですが、スクエアネイルやポイントネイルにしたい場合は爪に対してファイルが90度になるように当てて動かします。 丸みを帯びたオーバルネイルにしたい場合は、30度程度で当てるのが理想の形に仕上げるコツです。 ▶モガブルックのファイルをチェック! ファイルには種類がある!?使い分けして美しい爪に! 80グリッド、120グリッドのファイルは爪やネイルチップの長さを整える用の物です。 目が粗い為、爪を傷めてしまうので長さを整える以外には使用しません。 ▶80グリッド、120グリッドのファイルを購入する クロワッサンファイル80 CRF80 カテゴリ: 筆・ファイル・バッファー>ファイル・バッファー ショップ: Calgel Plaza ブラックファイル120N WB120N カテゴリ: 筆・ファイル・バッファー>ファイル・バッファー ショップ: Calgel Plaza バケットファイル120ローズ BF120R カテゴリ: 筆・ファイル・バッファー>ファイル・バッファー ショップ: Calgel Plaza 180グリッド、240グリッドのファイルは爪の形を整えるのに使用します。 使い分ける場合は、粗めの180Gで形を大まかに整え、240Gで仕上げます。 爪の表面には使用しません。 ▶180グリッド、240グリッドのファイルを購入する バゲットファイル180チェリー BF180C カテゴリ: 筆・ファイル・バッファー>ファイル・バッファー ショップ: Calgel Plaza バゲットファイル240 BF240P カテゴリ: 筆・ファイル・バッファー>ファイル・バッファー ショップ: Calgel Plaza バッファーは爪の表面を整えるのに使用します。 ジェルを塗る場合には表面をなだらかにすることで定着を良くします。 こちらも使い分ける場合は粗めの180Gで大まかに整え、240Gで仕上げます。 ファイルタイプ・ブロックタイプの形の違いは使用者の好みです。 ▶バッファーを購入する オレンジスポンジスタンダード OBS カテゴリ: 筆・ファイル・バッファー>ファイル・バッファー ショップ: Calgel Plaza ブルースポンジスタンダード BBS カテゴリ: 筆・ファイル・バッファー>ファイル・バッファー ショップ: Calgel Plaza オレンジスポンジブロック OBB カテゴリ: 筆・ファイル・バッファー>ファイル・バッファー ショップ: Calgel Plaza ブルースポンジブロック BBB カテゴリ: 筆・ファイル・バッファー>ファイル・バッファー ショップ: Calgel Plaza 優しいケアで美しい爪をキープ! 爪を整える時は、爪に優しいファイルを使用してみましょう。 ファイルには種類があるので、爪を短くする時や表面を綺麗にする時など、用途に合させて使ってみてください。 ネイルテクニシャンのケアを真似して美しい爪をキープしましょう。 形をキレイにしたら、カルジェル塗りたくなりますよね♪

かみ爪、深爪、二枚爪、爪が薄い…あらゆる爪のお悩みをカルジェルでカバー!

かみ爪さん・深爪さんは、まずはカルジェルで保護 長年かみ爪・深爪で悩んでいる方は結構多いもの。 つい手元を隠してしまってなんだか自信が持てない、なんて勿体ない! カルジェルで保護することで、爪を噛んだりむしったりする癖をカバーし、地爪を元どおりに伸ばすことができます。 カルジェルはオフがスピーディーで簡単なので、無理に剥す必要が無く、マシーンも要りません。 (マシーンでのオフも出来ますが、ジェルの表面は軽くファイリングするだけです。マシーンを使わなくても簡単にオフすることが出来ます。) 正しいリムーブ方法をすることで、地爪へのダメージがありませんので、爪にトラブルをお持ちの方も安心して使っていただけます。 伸びた後は地爪にデザインネイルを施して楽しむことも。 仕事中やお会計時のちょっとした手元を使うタイミングで、自信が持てるようになった! と、喜ばれる方も多数です。 では実際に、カルジェルを使用して深爪を克服された方のお写真を見てみましょう。 爪が伸びていく様子をすべて公開! <初回ご来店時> 爪が半分くらいまで小さくなっている状態です。 ここからカルジェルで保護をしていきます。 <1ヶ月経過> 2/3以上伸びてきました。 <その後3週間経過(初回より7週間目)> 写真は都度カルジェルをオフした後ですが、毎回長さだしをした後、お好きなデザインも楽しんでいただけます。 綺麗な爪を楽しみながら自爪が伸びるのを待てるので、モチベーションを保ちやすいのでは。 <その後11週間経過(初回より18週間目)> 見事に伸びきりました! <深爪が治った後は自爪でネイルアート> 数十年も深爪に悩まれていたお客様でも、3ヶ月程度で自爪にネイルアートを施せるほどになられる例も多数です。 二枚爪さん・薄爪さんはクリアネイルで強化! 二枚爪や爪が薄くなると、ちょっとした衝撃で爪が折れたり、裂けたりしますよね。 折れた爪が衣類に引っかかったり、肌を引っ掻いたりなど小さなストレスにもなります。 そんな時は、カルジェルのクリアネイルで補強してみましょう。 少しくらいの衝撃なら折れる心配もないでしょうし、思わず引っ掻けてしまうことも防げますね。 長さ出しで地爪の補強を強化デザインも楽しもう♪ また、カルジェルのスカルプチュア(チップオーバレイでも可能)でより補強を強化することが出来ます。 長さ出しをすれば、ネイルアートも存分に楽しんでいただけます。 <ジェルで長さ出し> 深爪でお悩みの方でもOK。 <デザインネイルを楽しむ!> 長さがあると大胆な柄も映えます! オフの時も、カルジェルなら専用のリムーバー カルリムーブで地爪を削らずにジェルが浮きベロンと取れるので、自爪にトラブルをお持ちでも安心してお使いいただけます。 View this post on Instagram これがカルジェルのインスタ映えするリムーブです♡ 後はもう触っただけでとれちゃいます! #カルジェル #ジェルネイル #リムーブ #爪に優しい Calgel since 1981さん(@calgel_japan)がシェアした投稿 - 2018年 8月月15日午後7時45分PDT カルジェルリムーブの様子 日頃のケアも忘れずに ジェルの強化 また、美しい手元を保つには日頃のケアが欠かせません。 乾燥を防ぐため、キューティクルオイルで保湿も忘れずに! 特にリムーブをした後は、必ずお手入れすることで美しい爪先を保てます。 写真提供元:ネイルサロン Ojas様 ブログ カルジェルおすすめサロン カルジェル使用のサロン様では、噛み爪やその他のネイルトラブルのお悩みに強いサロン様があります! ぜひお近くのカルジェルサロンへお問合せください。 全国のカルジェルサロン一覧 爪トラブルに対応する技術を学ぶなら また、ネイリストさんで爪にトラブルをお持ちのお客様のお悩みに応えたい!という方は、MOGA BROOKのネイルスクールで学ぶことができます。 カルジェルの正しい知識、施術方法が学べる「教育コース」 【関連記事】

ジェルネイルのなかでも爪に優しい!爪のケアにもなるカルジェルとは?

ジェルネイルがしたいけど、爪が弱いので心配という人や爪が痛みそうと思っているかたにおすすめなのが「カルジェル」です。 カルジェルなら、爪が弱い人でも比較的安心して、ネイルアートを楽しむことができます。 ここでは、カルジェル初心者が知りたい様々なメリットについて、ご紹介いたします。 カルジェルとは? ネイルアートに興味のある人であれば、一度は「カルジェル」というワードを聞いたことがあるのではないでしょうか。 カルジェルとは「自爪ケア」と「指先の美しさ」を両立させた、自爪にやさしいジェルネイルのことです。 そのため、爪が弱い人や、割れやすい人でも安心して楽しめるジェルネイルブランドとして注目を集めています。 他のジェルネイルとの違いは、爪に負担のかかるサンディング不要・プライマー不要、スピーディで簡単なジェルオフ、自然な装着感でダメージレスなことが特徴です。 ジェルが剥がれないけれど、オフもしにくいとされるジェルとは異なり、オフの時に自爪を傷めてしまうことは無く、剥がれにくいけど、オフはしやすい、という独自の設計をされたジェルネイルです。 また、カルジェルは爪にやさしいだけではなく、自爪のサポートもしてくれるので、二枚爪や爪が弱い、深爪、爪に筋があるなどのお悩みを抱えている人にもおすすめのジェルネイルブランドなのです。 カルジェルのメリットって? カルジェル最大のメリットの1つが「自爪を保護する」ということです。 ジェルネイルでは、それぞれのメーカーにより柔軟性が異なりますが、カルジェルは自爪の形に沿ってセルフレベリングする柔らかさで、硬化後は自爪の固さに近いジェルです。 そのため固いジェルと異なり、自爪にフィットし自爪の成長の負担になりません。 折れたり欠けたりしにくく自爪を保護します。 その他にも、ガス・パーマブルシステムで自爪の蒸散作用を妨げないため、自爪とジェルの間に水分が溜まってジェルが剥がれることが少なくカビの心配もほとんどありません。 爪への圧迫感が無く軽い付け心地で地爪を健やかに保ちます。 爪回りをきれいにケアできるウェットケアが出来るのも特徴です。 独自の設計のカルジェルは、医療博士が監修 安心の爪化粧料ソフトジェルで、つまり、爪が弱い人でも安心して、指先のケアとおしゃれを楽しむことができるのです。 さらに、カルジェルの美しい発色は3~4週間も長持ちするので、頻繁にネイルサロンに通えないという人にもおすすめだと言えます。 また、無理にジェルを剥がしてしまうと、自爪を痛めやすいジェルオフですが、カルジェルは「カルリムーブ 」という溶液で手早く落とせるのも、カルジェルのメリットの1つでしょう。 カルジェルはセルフで楽しめるの? カルジェルの商品はプロ(カルジェル講習修了者)しか購入できないと思われがちですが、実はそうではありません。 一部の商品を除いて、一般の方でもカルジェルを楽しめる、さまざまなアイテムを購入することができるのです。 カルジェル公式サイトのオンラインショップで購入できるカラーは非常に豊富なので、つい迷ってしまうかもしれません。 溶液も購入できますが、カルジェルをセルフで楽しむ際は、爪を痛めてしまわないためにも、ホームページで公開されている取り扱い方法などにきっちりと目を通し、全国のカルジェルエデュケーターに使い方を習うことをおすすめします。 カルジェルで地爪美人に爪のおしゃれを楽しもう カルジェルは、セルフでも正しい使い方を学ぶことで楽しめるうえに爪にやさしい、という画期的なジェルネイルブランドです。 最初からセルフにチャレンジするのはハードルが高いという人は、一度プロのカルジェリストから施術を受けてはいかがでしょうか。 カルジェルを熟知したプロフェッショナルな技術は、爪のケアからカルジェルの扱いまでセルフとは異なる美しい仕上がりを楽しめます。 カルジェルのメーカーMOGA・BROOK本社(原宿)では気軽に受けられるセミナーを予定しておりますので、未経験の方もこの機会に是非、カルジェルを体験してみてください。 爪に関する疑問をピックアップ!

爪のトラブルを解決!亀裂や折れなどの対処法とは

ネイルをする場合、短く切り揃えた爪よりも指先よりも少し長めのほうが長く美しい手に見えます。 そのため、ネイルサロンには爪を伸ばしてから行くという人も多いでしょう。 先端の爪は根元部分と比べると、薄くなっていたり乾燥して弱くなっていたりします。 そのため、衝撃や引っ掛けなどで爪が割れる、欠ける、折れるなどのトラブルが発生することがあります。 折れた爪は修復できる? ネイルサロンはハンドケアやネイルデザインを楽しむためだけではなく、爪のトラブル対処としても利用できます。 爪に亀裂が入ったり折れたりした場合は、なるべくそのままの状態でネイルサロンにて修復してもらいましょう。 爪に亀裂が入った場合、シルクラップという薄い補修シートを爪に貼り、その上からクリアジェルをコートすることで割れた部分をカバーして補強することができます。 また、伸ばしていた爪が折れて短くなってしまった場合は、スカルプチュアという技術で爪を付け足すことも可能です。 この場合、少しだけ爪の長さを足す程度であればソフトジェルで自然な柔らかさの爪を作ることができます。 ですが、長めの爪を付け足すのであれば強度のあるハードジェルを使うといいでしょう。 また、指先に近い部分で爪が折れてしまい、スカルプチュアで使うフォーム(土台)が爪に引っ掛からないようであれば、チップオーバーレイという手法で爪を足すこともできます。 チップオーバーレイとは地爪の先端部分に爪チップを付け、その上からジェルでコートをして爪の長さを出す方法です。 このように、ネイルサロンではどのような爪のトラブルであっても綺麗に修復することができますので、安心してネイルテクニシャンに任せましょう。 ▼お悩みの爪が見違えるほどキレイに!プロの施術をチェック! カルジェルで爪の補強 亀裂や欠けが無い状態でも、二枚爪になりやすかったりボロボロとして弱かったりするようであれば、カルジェルを塗って補強することができます。 カルジェルは爪に優しいことを目的として作られたソフトジェルで、爪から出る水蒸気を自然に逃がす作用があります。 そのため、ジェルが浮きにくく、爪とジェルの間で蒸れたり、雑菌が繁殖したりするようなことがありません。 また、ジェルを塗る前に行うバッフィングなどは最小限であり、ジェルの接着性を高めるプライマーという薬剤も必要としないので爪へのダメージがほとんどありません。 1度塗れば3週間から4週間程度は長持ちしますので、ネイルのオンオフを頻繁に繰り返さなくても良いという点でも魅力的な種類のジェルネイルです。 ▶カルジェルを購入する クリアジェル 25g CG00 容量: 25g カテゴリ: カルジェル>クリアジェル ショップ: Calgel Plaza 爪トラブルがあったときは? このように、ネイルサロンに行けば爪の亀裂や折れなどはすぐに修復できます。 爪にトラブルがあったときはあわてずに絆創膏などでカバーし、できるだけそのままの状態でネイルテクニシャンに見てもらいましょう。 お近くのおすすめサロンはこちら 指先のケアについて詳しく!

身だしなみは美爪から!メンズ向け爪の切り方とは

爪の弱い人は、なぜ爪が割れたり二枚爪になりやすかったりするのかを知っておくといいでしょう。爪がいつもボロボロの状態では、ビジネスマンとしての身だしなみにも影響してくるかもしれませんね。 そこで、このような爪トラブルを解消するためにも、まずは負担のかからない正しい爪の切り方を身につけましょう。 ビジネスマンの身だしなみ できるビジネスマンにとって清潔感のある身だしなみはとても大切です。ピシッとアイロンのかかかったスーツ、綺麗に整えられた髪の毛、丁寧に磨かれた靴であれば、ほとんどの人が身だしなみは完璧だと思うかもしれません。ですがそれだけでは見過ごされている部分があります。 手は意外と他人から注目されやすく、握手したときや名刺交換したとき、ホワイトボードや資料などを指差して発言したときなど、あらゆるビジネスシーンで見られています。このとき、爪が伸びすぎていたり、割れていたり二枚爪になっていたりしてはかなりのマイナスイメージです。 それを解消するためにも普段から爪を綺麗に整え、傷みのない健康的な爪で清潔感のあるビジネスマンを目指してみましょう。 ▼できる男のビジネスネイルシリーズ 爪を切るタイミングは? 爪は個人差や年齢などにもよりますが1日におよそ0.1mm伸びていきます。爪は伸ばしすぎると先が割れることもあるため、少なくとも2mm程度伸びたら切るようにします。そのため、爪を切る時期は2週間から3週間に1度を目安として考えておくといいでしょう。 また、1日のうちで爪を切るのに一番いいタイミングは、入浴後です。入浴後は爪が保湿され柔らかくなっているため、乾燥している状態で切るよりも割れやヒビが入りにくくなります。 もしも入浴後以外のタイミングで爪を切りたい場合は、ぬるま湯を用意して指先を3~5分ほどつけてから切ると爪が柔らかい状態で切ることができます。 爪に負担がかからない切り方とは? 一般的に「爪切り」を使って「ラウンド型」に爪を切る人が多いですが、この切り方では爪に大きな負担がかかります。爪切りは爪を挟んで一気にパチンと切ってしまうため、衝撃が大きく、割れやヒビの原因になることがあります。 爪に負担がかからず切るためには、ネイルニッパーや爪ヤスリなどを使うといいでしょう。また、ラウンド型に切るという方法は爪の先端だけに負担がかかるため、一番強度の高い「スクエア型」にすることをおすすめします。 スクエア型に切るには、まずネイルニッパーで爪を指先の皮膚の高さになるように端からまっすぐ横に切っていきます。このとき、あまり爪が伸びていないようであれば、ネイルニッパーではなく爪ヤスリを使ってもいいでしょう。次に爪の角を丸めていきますが、これは爪ヤスリを使って一定方向に優しく動かします。最後に爪ヤスリで引っかかりがないように全体を整えれば完成です。 ▼ファイルを使った爪の切り方 爪が弱い人の対策方法 爪が弱い人の場合、その原因として加齢によるものや遺伝によるもの、手が水に濡れたり洗剤を使う機会が多かったりすることが考えられます。 いずれの場合でも、爪に含まれる水分が減少し乾燥すると弱くなってきます。それを解決するためには、ハンドクリームやネイルクリームなどを小まめに爪に塗って保湿を心掛けるようにします。さらに爪切りの際は、ネイルニッパーや爪ヤスリを使ってスクエア型の爪に整えるようにするといいでしょう。 ▼ケアの方法をもっと知りたい方はこちら ▶ケア用品一覧 ▶ファイル・バッファー(爪やすり)一覧 ▶トップコート一覧 ▶キューティクルオイル一覧 男の身だしなみネイル

夏に注意!40代からの手と爪のケア

40代を過ぎるとそろそろ手のシミやシワなどが気になってきます。 ちょっとした日焼けが肌にダメージを与えてしまうこともあり、夏場は特に注意が必要です。 また、夏は海やプールなどで水に濡れる機会も多く、ネイルの劣化も気になることでしょう。 そこで、美しい手やネイルをキープするために、覚えておきたい40代からの夏のハンドケアとネイルケアについて紹介します。 紫外線予防でアンチエイジング 肌が老化する原因の多くは、紫外線によるダメージだといわれています。 紫外線は肌のシミやシワ、乾燥など引き起こすこともあり、割れ爪や二枚爪、縦スジなど爪のトラブルにも関係する場合があります。このため、アンチエイジングな美しい手や爪をキープするためには、紫外線を過度に浴びて老化が急激に進行することがないように気をつける必要があります。 外出の際は見落としがちな手にもしっかりと日焼け止めクリームを塗り、紫外線から守るようにしましょう。 また、手を洗うなど水に濡れた場合は、日焼け止めクリームが落ちてしまっている可能性があります。 その際は、日焼け止めクリームを再度塗り直すように心がけるといいでしょう。 すでにできてしまった手のシミやシワに対しては、顔用の美白化粧品やエイジングケア化粧品などを手に塗ることで、改善の方向へ向かうこともありますのでぜひ試してみてください。 40代女性に人気のジェルネイル 40代の女性は、仕事や家事、子育てなどでかなり忙しい年代です。 このような女性にとって、2~3日程度でメンテナンスが必要になるマニュキュアはかなり負担に感じる人もいます。 その点から比較すると、ジェルネイルは塗りたての美しい状態を2~3週間はキープできるため、マニュキュアよりもメンテナンスの負担がかなり軽くなります。このため、今までネイルにあまり時間をかけることができなかった40代以降の女性からも大きく支持されるようになってきました。 また、仕上がりについては一般的にはぷっくりとした厚みがありますが、カルジェルは薄付きで何もついていないような自然な付け心地と、濡れたようなツヤが美しいということでも評判です。 ジェルネイルの中には爪に負担をかけないことを目的に作られた種類もあります。 爪が弱くて割れやすかったり二枚爪になりやすかったりする人は、このようなジェルネイルを選ぶことでネイルデザインを楽しむと同時に爪の強化保護をすることができます。 ジェルネイルのメンテナンス 夏はプールや海などで水に濡れる機会が多い季節です。 水に濡れることで爪とジェルの間に水分が入り、爪から浮き上がって剥がれやすい状態になることがあります。 その点、カルジェルは水分を透過する「蒸散作用」という機能がありますので、水分に強いジェルです。 このような状態で何週間も放置していると、爪とのスキマに雑菌が入り込んで爪トラブルを起こすこともあります。 そのため、ジェルネイルが浮き上がってしまったら、なるべく早めにネイルサロンにてメンテナンスを行うようにしましょう。 このときにジェルネイルを無理に剥がしてしまうと、爪の表面を傷めてしまう可能性があります。ネイルはそのままの状態にしておき、ネイルサロンにて浮き上がったネイルをオフしてもらうようにしましょう。 また、ジェルネイルは見た目がキレイでも、3週間も経つと爪の伸びが目立ち始め、ジェルネイルのベースやデザインに傷みが出てきます。このため、3週間を目安にしてネイルサロンにてチェック及びメンテナンスをしてもらうといいでしょう。 ハンド&ネイルケアでいつまでも若々しさを 40代からは短い期間でオフを繰り返すマニュキュアよりも、爪に優しい種類のジェルネイルを選ぶようにすると、いつまでも丈夫で割れにくい爪をキープすることができます。 さらにアンチエイジングな美しい手や爪を目指すには、紫外線予防を意識し、保湿を中心としたエイジングケアも必須です。 このような手と爪のケアは、ネイルサロンにて行うこともできます。 セルフケアだけでは不十分と感じている人は、ネイルサロンでプロの手によるケアをぜひ体験してみてはいかがでしょう。 お近くのおすすめサロンはこちら 40代からジェルネイルデビュー

爪のスジや変色の原因は?できる男の簡単ネイルケア

スポーツに親しむ男性ならば、何度か爪のトラブルを経験したことがあるかもしれません。割れや変色などは爪に強い力が加わることによりできることが多く、非常に痛い思いをすることがあります。 また、普段から爪が弱い人は二枚爪になりやすかったり、気づかないうちに縦や横のスジができてしまったりすることもあるでしょう。このような爪のトラブルには、さまざまな原因と対処方法があります。 爪が弱い人の正しいカット方法 仕事ができるビジネスマンというイメージを大切にしたいのであれば、身だしなみは非常に大切です。身だしなみに気をつける人は、仕事に対しても心配りができるという印象を得られやすくなります。 そのためには、服装や髪形を綺麗に整え、爪は清潔感のある長さにします。爪が弱いために二枚爪や割れなどを起こしやすい人は、爪の形はラウンド型ではなくスクエア型にするといいでしょう。スクエア型はラウンド型よりも爪の先端に圧力がかかりにくく、強度があります。カットするときに使用する道具は、爪切りよりもニッパーやエメリーボード(爪やすり)の方が爪への負担が少なくなります。 <スクエア型にする方法> ① まずは指の先端と爪の先端が同じ長さになるようにまっすぐに切ります。 ② 次に角を落としますが、このとき爪やすりを優しく動かしながらなめらかに整えると綺麗に仕上がります。 爪のさまざまなトラブル 爪にスジや割れ、変色などが生じることがあります。縦スジは、爪の乾燥や偏食が原因の場合は改善すればスジが薄くなる可能性もありますので、それほど心配する必要はないでしょう。 また、加齢と共に目立つようになることもあります。横スジができやすい場合は少し注意した方がいいと言われています。体調が優れなかったり、疲労がたまってなかなか解消できなかったり、栄養不足が続くと、その時期に爪の成長が悪くなり横スジが入ることがあります。気づいた時には、過去の体調や栄養状態を振り返ってみましょう。 また、シミやホクロを作るメラニン色素が爪の根元に存在すると、そこから爪の成長と共に黒い点や線が出てくることがあります。これはそれほど心配することはありませんが、この黒い線が急に濃くなったり、太くなったりした場合は、病気が隠れている可能性がありますのですぐに皮膚科を受診しましょう。 スポーツでの爪トラブル スポーツは健康的で若々しいカラダ作りのために大切ですが、これが思わぬ爪トラブルを招くこともあります。スポーツを行った際に、「爪を何かで挟む」、「爪を強い力で打ち付ける」、「爪に長い時間圧力が加わる」などが原因で内出血を起こして、割れたり色が赤黒く変色したりすることがあります。 このような内出血による変色の場合は、ほとんどは自然治癒で治ります。ですが、血液が多くたまってしまい痛みがなかなか引かないのであれば、病院で治療してもらうことをおすすめします。 爪が弱い人のセルフケア 爪が「すぐに割れる」、「二枚爪になる」という人は、乾燥が大きく影響していることがあります。このように爪の弱い人は、手洗いのたびにハンドクリームを爪や周囲にもみこむようにして塗っておきましょう。 それでもまだ乾燥が改善しないようであれば、就寝前などに爪専用のオイルを塗って十分なマッサージを行えば、次第に潤いが戻ってきます。また、過度な紫外線を浴びることにより乾燥が進むこともありますので、外出や外でのスポーツの際には必ず手にも日焼け止めを塗るようにしましょう。 丈夫で健康的な爪作りのために 仕事ができるビジネスマンであれば、爪の先まで身だしなみの一つとして丈夫で健康に保ちたいものです。そのためには、スポーツで健康的なカラダを作り、栄養バランスを考えた食事を摂取し、爪の乾燥を防ぐためのお手入れをコツコツと積み重ねていきましょう。 状態がすでに悪く、セルフでのお手入れが難しいのであれば、ネイルサロンなどでプロの手を借りてケアを行うと早めに改善することもありますので、ぜひ利用してみましょう。 お近くのおすすめサロンはこちら 男の身だしなみネイル

夏の紫外線にご注意!老化防止ネイルケアの基本とは

夏の日差しはとても強く、油断しているといつの間にか日焼けしてしまうことがあります。日焼けは紫外線を長時間浴びることで起こり、皮膚の乾燥やシワ、シミなどの老化の原因になる以外にも、爪にさまざまなトラブルを起こすことがあります。 夏は皮膚の老化の危険性が?紫外線予防と乾燥予防でアンチエイジング 若いときは健康的なイメージがある日焼けですが、年齢を重ねた肌にとって日焼けはダメージが大きく、シワやシミ、乾燥などの原因となります。アンチエイジングを目指したい40代前後からは、これらは大敵ですね。日ごろから紫外線対策をしっかりと行い、早めの予防を心掛けましょう。   外出時には帽子や日傘を持参するようにし、日焼け止めクリームなどをしっかりと塗ってから出掛けます。汗をかいたら、こまめに日焼け止めを塗り直すといいでしょう。そして毎日の肌ケア時には、しっかりと保湿を心がけるようにします。   夏は鼻やおでこがベタつきやすくなりがちですが、頬は意外と乾燥していることがあります。皮膚の乾燥もシワの原因になりますので肌全体の乾燥度合いをしっかりとチェックし、いつでも潤いのある若々しい肌を目指しましょう。 ハンドケアもアンチエイジングには重要 人の年齢を判断する場合、もっとも注目される部分は顔ですが、手の皮膚の老化も年齢を判断されやすい部分の1つです。アンチエイジングを目指したいのであれば、顔と同じように手のエイジングケアもしっかりと行い、シワやシミを予防しましょう。   外出時は日焼け止めを塗る以外にもUV効果のある手袋をつけて、紫外線や乾いた空気から手を保護できればパーフェクトです。手は石鹸で洗ったり、食器洗いなどで洗剤に触れたりする機会も多く、皮膚の油分が奪われがちです。日ごろからハンドクリームを持ち歩き、小まめに手に塗るなどをして乾燥に負けない美しい手をキープしましょう。 爪の美しさもアンチエイジングには必須 また、手の美しさには爪の美しさも評価の基準になります。たとえシワやシミの無い手だとしても、爪が痛んでいたり、くすんでいたりするようではかなりのマイナスイメージですよね。   爪も肌と同じように紫外線の影響を受けます。爪は紫外線が当たっても日焼けすることはありませんが、乾燥状態になり、爪の縦シワが増えたり、硬くなったり、割れやすく二枚爪になったりします。このような爪にならないためにも、肌ケアと同じように爪のエイジングケアも毎日行いましょう。   まずは爪の乾燥を防ぐために、ネイル専用のオイルやクリームを使用して保湿を行います。オイルやクリームを爪に適量付けて、爪の周りが柔らかくなるまで十分に揉み込みます。この作業を指1本1本に対し丁寧に行い、最後にハンドクリームを手全体に塗って仕上げます。   また、外出する際は、できるだけ紫外線によるダメージを軽減させるために、顔やカラダなどに使用している日焼け止めを爪とその周辺、手全体にも塗りこんでおきます。さらに長時間日光を浴びる可能性がある場合は、日焼け止め以外にもさらにUV効果のある手袋をプラスして爪を紫外線や乾燥からしっかりとガードするといいでしょう。 爪に優しいネイルの楽しみ方とは? 40代からの指先は、爪に優しいジェルネイルで年齢を感じさせない美しさを演出してみましょう。カルジェルは爪から発散される水蒸気を通し、カビの発生や爪の痛みを予防できるものもあります。また、マニュキュアよりも長持ちしやすくはがれにくいため、オフする回数を減らすことができます。   爪が痛む原因の1つとして、オフするときのリムーバーの影響があります。リムーバーを使うと多少なりとも爪の油分も一緒に奪われてしまうため、オフの回数が増えれば増えるほど爪が痛み、乾燥が進む原因になることがあります。   カルジェルネイルの場合も、状態やデザインによってはリペア(修復)も可能です。そのため、リペアをすることで、さらにオフの回数を減らすことができます。ジェルネイルの選び方や使い方によっては爪に優しくネイルを楽しむことができます。 ケアとジェルネイルで若々しく健康的な爪を楽しむ! 以上のように、いくつになっても肌の老化を感じさせない手や指先をキープするコツは、まずは紫外線予防と保湿が重要です。さらにジェルネイルなどで美しい輝きを持つ爪先を作り、20代にも負けない若々しい手元を表現してみましょう。   ジェルネイルもマニュキュアと同じく、さまざまな種類のカラーやデザインにトライすることができます。その時々の装いやTPOに合わせてネイルをチェンジするなど、ジェルネイルの世界をいろいろと楽しんでみてはいかがでしょうか。 爪のケアについて

ニオイがなくてケアが簡単!カルジェルとは

ニオイや刺激の少ないカルジェル カルジェルは、従来のネイル製品にはつきものだった強いニオイがなく、爪表面のファイリングもネイルマシンを使わないのでダストが少ないです。そのため、花粉症や鼻炎のために過敏になっている人でも安心して使用できます。また、事前に爪を削るサンディングやバッフィングは最小限に止められ、はがれにくくする薬剤を下地として塗る必要もありません。その結果、爪を傷めずにネイルを楽しむことが可能になりました。しかも、地爪を補強する働きもありますから、割れやすい爪や二枚爪の保護もできます。刺激が少ないというのは、カルジェルの大きなメリットだといえるでしょう。 ▶カルジェル(クリアジェル)を購入する クリアジェル 25g CG00 容量: 25g カテゴリ: カルジェル>クリアジェル ショップ: Calgel Plaza 簡単なケアで長持ち!カルジェルのホームメンテナンスとは カルジェルの層は、通気性のある「ガス・パーマブルシステム」によって、地爪の水分を自然に蒸発させています。そのため、爪とネイル層の間に水分がたまってカビが生えるという不安から解放されました。また、爪とネイル層の密着度が増して、ネイルがはがれることも防止できます。サロン帰り直後のような美しいツヤを保つためには、家庭で週に1度のトップコートの塗り替えがすすめられています。たった10分ほどの簡単なホームメンテナンスで、3~4週間もの長い間、美しさを保持することが可能です。オフしたいときも、専用の溶液を使えば無理な力を加えることなく自分で簡単に落とせます。 ▶トップコートを購入する カルクリスタルUVトップコート CTCJ 容量: 10mL カテゴリ: 溶液・トップコート>トップコート ショップ: Calgel Plaza 美しさに妥協しない!カルジェルの豊富なバリエーション カルジェルは薄付きで柔軟性があり、自分の本来の爪のように自然に仕上げられます。カラーバリエーションも豊富で、ラメやストーンによるアレンジも自由です。長さを出すチップオーバーレイやスカルプチュアネイル、さらに3Dアートも楽しめます。柔軟なので折れたり欠けたりする心配が少ないのも、カルジェルの魅力です。 カルジェルで花粉症に負けずにオシャレを! 花粉症の人も鼻炎に悩んでいる人も、爪のオシャレをあきらめる必要はありません。花粉の飛ぶ季節でも、ニオイとダストの心配の少ないカルジェルで、華やかな指先のオシャレが楽しめます。ダメージが心配でネイルができなかった人も、爪を傷めにくいカルジェルを試してみましょう。 ▶カルジェル(クリアジェル)を購入する クリアジェル 25g CG00 容量: 25g カテゴリ: カルジェル>クリアジェル ショップ: Calgel Plaza ▶ファイル・バッファーを購入する 自爪の表面には240グリットのブルーバッファーがオススメ! ブルースポンジスタンダード BBS カテゴリ: 筆・ファイル・バッファー>ファイル・バッファー ショップ: Calgel Plaza ブルースポンジブロック BBB カテゴリ: 筆・ファイル・バッファー>ファイル・バッファー ショップ: Calgel Plaza カルジェルについてもっと知る

カルジェルが映える爪に!食事で気をつけるポイント

身だしなみの一つとして常に気を遣っている女性も多いネイル。カルジェルは爪を健康に、また美しく保つことができるジェルとして、数多くのネイルサロンで使用されています。カルジェルでさらにネイルをきれいに見せるためには、食生活に気をつけて爪を丈夫にすることが大切です。普段の食事でどんなことを意識すればいいのか、解説していきます。 知ってた?意外な爪の主成分 爪は皮膚の表面の角質が硬化してできたものなので、皮膚と同じケラチンという成分から構成されています。皮膚に比べて硬い爪は、骨の主成分であるカルシウムでできていると思われることも多いですが、ケラチンはタンパク質が繊維状に硬く変化したものです。そのほか、爪には約15%の水分も含まれています。タンパク質や水分が不足していると、爪が薄く、折れやすくなる原因となります。 美しい爪を育てる!とるべき栄養素3つ 健康な爪を保つために最も重要な栄養素は、やはりタンパク質。爪に弾力を与えてくれる動物性タンパク質、爪を丈夫にする働きがある植物性タンパク質の2種類に分けられます。卵や乳製品、豆類、肉類、魚介類をバランスよく取り入れた食事を意識することが大切です。また、爪を形成する際に必要とされるカルシウム、鉄、亜鉛などのミネラルも意識的に摂取しましょう。このミネラルは、ひじき、レバー、大豆などに多く含まれています。爪が薄く、二枚爪や割れやすい爪に悩んでいる方は、ビタミンAが豊富な黄色野菜やウナギなどの食材をとることで改善が期待できます。 こういった普段の食生活の意識に加え、こまめな水分補給も爪の健康には欠かせません。正常な爪の水分含有量は15%前後ですが、水分が不足した爪の場合、5%にまで減少するといわれています。喉の渇きを感じてからではなく、2時間おきを目安に水を飲む習慣をつけることが大切です。 カルジェルは爪へのダメージが少ない ジェルネイルで爪をきれいに手入れすると、ツヤのある可愛らしいアートが目に入るたびに気分も上がります。しかし、ジェルネイルの施術やオフによって、爪に多少の負担がかかるのも確か。施術前にはサンディングという処理が行われることがあります。これは、ジェルがはがれにくくなるように爪の表面を削り、キズを付けるというものです。また、ジェルネイルのオフの際には爪をリムーバーに10分ほど浸します。このような処理が必要となることから、爪が薄かったり折れやすかったりするために、ジェルネイルを諦めている方も多いかもしれません。 爪への負担を気にせず、丈夫な爪を保ちながらネイルを楽しみたい方に注目されているのが、カルジェルです。カルジェルの特徴はジェルと爪の密着度がきわめて高いこと。施術前のサンディングが不要であるうえ、3週間から4週間ほどきれいな状態をキープできるのでオフして付け替える頻度が大幅に下がります。また、硬度が高く美しいツヤが出るため、見た目も美しいネイルに仕上げることが可能です。 ▶カルジェル(クリアジェル)を購入する クリアジェル 25g CG00 容量: 25g カテゴリ: カルジェル>クリアジェル ショップ: Calgel Plaza きれいな爪の第一歩はまず食生活の見直しから ジェルネイルによる爪へのダメージを払拭し、美しい見た目のネイルができるカルジェル。ネイルできれいな指先を保つためには、爪の健康を考えた食事を意識することが大切です。タンパク質、ミネラル、ビタミンなどの栄養素を多く摂取することで、カルジェルの美しさが映える丈夫できれいな爪を育てることができます。 爪をキレイに保つ秘訣はコチラ!